Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月26日

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすのアクってなに

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすは食卓で利用される定番食材の1つです。煮たり、焼いたり、揚げたりなど、いろいろな使い方ができるため、使い勝手も良いです。

そのなすを美味しく食べるために、なすのアク抜きをする人がいます。しかし、このナスのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。

クロロゲン酸

なすのアクの正体はクロロゲン酸というポリフェノールの一種です。なので、なすのアクにはポリフェノール効果である美肌効果や動脈硬化の予防、などがあると言われています。

また、当然ながらアクはポリフェノールのため、体には無害です。そのため、なすのアクは必ずしもアク抜きをしなければいけないということはありません。

なすのアク抜きのメリット・デメリット

先述べた通り、なすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。これはなすのアクには良い面と悪い面があるためです。なので、なすのアク抜きをする際には、その場面に合わせてアク抜きが必要かどうかを判断する必要があります。

その判断をするためには、なすのアク抜きに対してのメリットとデメリット内容を把握しておく必要があります。

なすのアク抜きのメリット

なすを食べるときには必ずアク抜きをするという人もいます。それだけなすはアク抜きをすることにメリットがあるということでもあります。なすを美味しく食べるためにも、アク抜きの作業は必要となります。

味が染みこみやすい

なすのアク抜きには塩を利用する方法があります。塩を使うことで、なすの水分が抜けて、料理をしたときに味が染み込みやすくなります。

また、なすのアク抜きはエグミを取り除くことを目的とする人もいます。しかし、旬の夏前のなすであればエグミが少ないため、アク抜きが必要ないこともあります。他にも、水なすのように元からエグミの少ない種類のなすもアク抜きが必要ありません。

仕上がりがきれいになる

なすはカットして置いておくと、断面が変色していきます。この変色の原因はアクです。アク抜きをしていないなすは変色してしまい、見た目が悪くなってしまいます。

なので、料理の仕上がりを綺麗に見せるためにもアク抜きは必要となります。特に、漬物などの色味が重要となる場合にはなすのアク抜きが重要となります。

なすのアク抜きのデメリット

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすはアク抜きをすることで、味が染み込みやすくなったり、変色を防いだりなどのメリットがあります。しかし、なすのアク抜きにはデメリットもあります。なので、なすのアク抜きはメリットとデメリットを把握して、アク抜きを行うべきかどうかを判断する必要があります。

栄養素が減る

先に述べた通り、なすのアクの正体はポリフェノールです。そのため、なすのアクを食べても体に害はありません。むしろ、アク抜きをすることで、そのポリフェノールが失われてしまい、美肌効果や動脈硬化の予防などの抗酸化作用がなくなってしまいます。

そのため、なすは煮たり、焼いたりなどして、あまり色味を気にしなくて良い場合や、エグミが少なくて気にならないなすであれば、アク抜きはしなくても良いでしょう。

時間がかかる

なすのアク抜きにはいくつかの方法があります。これらのアク抜きはどの方法であっても、5分から10分はかかります。

なすのアク抜きをしているうちに他にすることがあれば、効率良く、時間を無駄にすることはありませんが、毎日料理をしていると、その5分や10分も面倒に感じてしまいます。

また、アク抜きをするために使った道具も洗わないといけないため、アク抜きには意外と手間がかかります。

なすのアク抜きの方法2つ

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすのアク抜きの方法はいくつかあります。その方法は大きく分けると水に浸ける方法と、水に浸けない方法になります。

水に浸けない場合は塩を振る方法と、焼くという方法があります。なすを焼く場合はそのまま料理の過程に入れるため便利です。

塩を振る方法はなすから出た水分を切るという手間がかかりますが、なすを放置しておけるため便利です。水に浸ける方法も、なすを水に浸けて放置できるため、その間に他のことができます。

1:水に浸ける

なすのアク抜きで簡単な方法はカットして水に浸けておくことです。簡単な方法で、水に浸けてしまえば放置できるため、アク抜きをしている間に他のことができます。

なすを水に浸けてアク抜きをする場合には10分ほどが目安となります。なすをあまり長く水に浸けておくと、色味が悪くなってしまったり、風味が落ちてしまうことがあります。また、炒め物や揚げ物に使う場合には水気をしっかり切らないと危険です。

2:塩水に浸ける

カットしたなすを水に浸けているだけでもアク抜きを行うことはできます。しかし、その水に塩を入れておくと、より早くアク抜きをすることができます塩水でアク抜きをする場合の時間の目安は5分ほどになります。

また、塩の効果によって、なすの色味が悪くなってしまうことを防ぐこともできます。ただし、あまり塩を入れすぎると、なすに塩味が付いてしまうため、なすの風味を無くさないように塩加減には注意しましょう。

なすを美味しく食べる

ぜんぶ美味しい なすレシピ (Neko mook)

¥ 504

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

買ってよかったです。 茄子のレシピが増えます。

なすは食卓に欠かせない定番食材です。また、いろいろな調理方法にも対応しているため、使い勝手も非常に良いです。なので、なすを使ったレシピはできるだけ多く知っていた方が、美味しくなすを食べ続けることができます。

そのため、1冊だけでもなすに特化したレシピ本を用意しておくと良いでしょう。なすは定番食材のため、なすのレシピ本は多くあります。

アク抜き不要のなす

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすのアク抜きにはメリットとデメリットがあるため、その両方を把握して、料理の内容や作る環境などによって、アク抜きをする、しないを決めなければなりません。しかし、先に述べたように、なすによってはアク抜きが必要ない物もあります。

アク抜きが必要ないなすにアク抜きをしてしまうと、なすの風味を失ってしまったり、栄養素を失ってしまったりなどすることがあるので注意が必要です。

水ナス

水ナスはもともとアクの少ない種類のなすになります。そのため、アク抜きが必要ありません。また、水ナスはアク抜きが必要ないため、旬で新鮮な物であれば、生でも美味しく食べることもできます。なので、サラダなどに利用されることもあります。

ただし、旬野の時期がすぎてしまうと、皮が硬くなり、アクも出てくるため、水ナスもタイミングによってはアク抜きが必要となることもあります。

6月頃の旬のなす

なすの種類にもよりますが、多くのなすの旬は夏が本番となる前の6月頃です。この旬の時期のなすは、水ナスと同様にアクが少ないです。そのため、旬のなすはアク抜きが必要ありません。

しかし、旬の時期がすぎるとアクが出てきます。また、旬のなすであっても、収穫から時間が経って入ればアクが出てくるため、アク抜きが不要なのは新鮮ななすだけとなります。

なすのアク抜きをして仕上がりの良い料理を作ろう

なすはアク抜きをしないと、色味が悪くなったり、うまくなすに味が染み込まなかったりなどします。

しかし、アク抜きをすることで、せっかくの栄養素を落としてしまったり、水に浸けることでなすの風味が薄れてしまうこともあります。特に、アク抜きの不要ななすにアク抜きをしてしまうとなすの良い部分が減ってしまいます。

なので、美味しいなす料理を作るためにも、なすとアクについて知っておくようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

なすは食卓に欠かせない定番食材です。また、いろいろな調理方法に使えるので使い勝手が良いです。そのため、なすを使ったレシピは多くあります。

なすを飽きることなく食べ続けるためにも、なすのいろいろなレシピや知っておくようにしましょう。その際にはアク抜きのことも意識するようにしましょう。

Related