Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは冷凍しても大丈夫?

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

スーパーなどに行けばいつでもじゃがいもは」売り場に並んでいます。じゃがいもはそれほど高い食材ではなく、いろいろな料理に使えるので非常に使い勝手が良いです。また、じゃがいもは日持ちするのでストックしておくこともできます。

ですが、じゃがいももいつまでも日持ちするわけではなく、また保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存がオススメです。

ホクホク感を保つには?

じゃがいもをさらに長く保存するためには冷凍保存がオススメですが、正しい方法で冷凍しないとじゃがいものホクホクとした美味しさも保存することはできません。

じゃがいものホクホク感を保つためには皮は向いておく必要があります。冷凍したときに食感が変わってしまうのは氷が食材の細胞を破壊してしまうためです皮を剥かないとじゃがいもの細胞が氷に破壊されやすいため、食感がザラザラになってしまいます。

保存期間は約1か月

じゃがいもは環境が整っていれば、何ヶ月も保存することができます。しかし、環境を整えることができずに傷み始めるとすぐに食べられなくなってしまいます。また、料理の手間を省くために、あらかじめ下ごしらえをしておくこともあります。下ごしらえをされたじゃがいもはすぐに傷み始めます。

ですが、冷凍をすれば傷みの進行を遅らせることができます。じゃがいもの状態が良ければ冷凍で1ヶ月ほど保存できます。

じゃがいもの正しい冷凍保存方法

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

先に述べた通り、じゃがいもを冷凍保存する場合には、じゃがいもの細胞が少しでも氷に破壊されることを抑えるために、皮を剥いておく必要があります。また、氷からじゃがいもの細胞を守る方法は皮を剥く以外にもいくつかあります。

じゃがいもの美味しさを少しでも保つためには氷にじゃがいもの細胞を破壊されないようにすることがコツとなります。

カットして冷凍する

じゃがいもの冷凍のコツはできるだけ氷を成長させないことです。氷の霜がじゃがいもにできてしまうと、その霜が成長してじゃがいもの細胞を破壊してしまいます。

霜には成長しやすい温度があるため、その温度の範囲を少しでも早く抜けることで霜の成長を抑えることができます。そのため、食材を急速冷凍させる必要があります。なので、じゃがいもは丸々1個で冷凍するのではなく、カットして小さくすると急速冷凍しやすいです。

マッシュポテトにして冷凍する

小さくカットするとじゃがいもの温度を急速に温度を下げることができるため、氷に細胞が破壊されにくくなります。

他にも、マッシュポテトにすればラップや袋などで薄くして小分けにすることができます。この方法でも急速冷凍ができます。ただし、冷凍をする前にはしっかりと覚ましておく必要があります。また、急速冷凍をしても完全に食感を守れるわけではありません。

美味しい冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは冷凍保存をすることはできます。特に、あらかじめ仕込んでおいたり、使い切れないと事前にわかっているじゃがいもは冷凍保存してしまうことは有効です。

ですが、どれだけ正しい方法で冷凍をしても、どうしても食感は少し変わってしまいます。なので、冷凍したじゃがいもは冷凍したじゃがいもに適した料理に使う必要があります。

1:鶏肉と じゃがいもの スパイシー炒め

冷凍したじゃがいもはどうしても食感が変わってしまいます。そのため、冷凍したじゃがいもはポテトサラダのようなじゃがいもの食感が重要となる使い方には向いていません。

なので、煮物やスープなどでじゃがいもの失った水分を補ったり、炒め物で濃いめの味付けをすることなどに使うと良いでしょう。なので、お肉とスパイシーな味付けは冷凍したじゃがいもとは相性が良いです。

材料
鶏もも肉 1枚
じゃがいも(小) 2ヶ
玉葱(中) 1/2ヶ
オリーブ油 適宜
塩こしょう 適宜
ブラックペパー 少々

作り方
1.オリーブ油を 熱し、鶏肉と、その周りに、じゃがいもと玉葱を 入れて炒める
2.全てに火が通ったら塩こしょうと ブラックペパーで味付けしてできあがり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/14358/recipe/1321732 |

2:じゃがいもとチキンのデミグラスソース煮込み

上記で述べた通り、煮込みでも冷凍したじゃがいもは使うことができます。また、冷凍したじゃがいもを使うのであれば、濃いめの味付けの料理が適しています。

そのため、冷凍したじゃがいもはあっさりした煮物に使うよりも、カレーやデミグラスソースなどのように、濃いめの味付けがしやすい料理に使うと良いうでしょう。

材料
鶏胸肉 250g
じゃがいも 6個
にんじん 1本
サラダ油 適量
塩・胡椒 少々
デミグラソース缶 1缶
インスタントコーヒー(粉末) 小さじ1
水 600cc

作り方

1.にんじん、じゃがいもは皮をむき、食べやすい大きさに切っておく
2.鍋に油を入れて熱し、鶏肉を炒める。ある程度、狐色に色づいてきたら、1の野菜を加えてよく炒める。
3.デミグラソースの缶を開け、水を加えて中火で煮込む。(20分程度)
途中で、インスタントコーヒーの粉末を小さじ1入れる。
4.にんじん、じゃがいもに竹串を刺し、すっと通ったら火を止める。
塩・胡椒で味を調える。
*お好みで、バターを少量入れるとコクがます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241666/recipe/1316388 |

3:じゃがいもクリームスープ

冷凍したじゃがいもはスープに使うこともできます。冷凍したじゃがいもをスープに使うときも炒め物や煮物と同様で、コンソメスープなどのあっさりしたスープよりも、クリームスープのように少し味の付いたスープに使うと良いでしょう。

また、じゃがいもが柔らかくなるまで火を通しておくと食感が気になりにくくなります。

材料
ジャガイモ 1個
玉ねぎ 1/4個
スライスベーコン 2枚
オリーブオイル 適量
水 200ml
ローリエ 1枚
牛乳 200ml
バター 大さじ1
塩・黒コショウ 少々
粉チーズ 適量
ドライパセリ 適量

作り方

1.ジャガイモは皮をむき一口大に切ってレンジアップする。
2.玉ねぎはスライス、ベーコンは短冊きりにする。
3.鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ・ベーコン・ジャガイモを炒める。
4.ジャガイモが透き通ったら水・ローリエを入れて煮込む。
5.ジャガイモを崩し、牛乳を加える。
6.バターを混ぜて乳化させる。
7.塩・黒コショウで味を調える。
8.一旦冷まして再び火にかける。
9.お皿に盛り付け粉チーズ・パセリを散らす。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1268810 |

4:鶏肉とじゃがいものマカロニグラタン

グラタンも炒め物などのように、しっかりとじゃがいもに火を通すため、冷凍したじゃがいもを使うことができます。また、バターやチーズなどの濃いめの味付けにもなるため、冷凍じゃがいもと相性の良い料理となります。

ただし、冷凍じゃがいもをあまりゴロッと大きくしてしまうと食感に違和感を感じてしまう可能性があるため、小さくスライスして使うと良いでしょう。

材料
鶏もも肉 300g
玉ねぎ 1/2個
じゃがいも 2個
グラタン用マカロニ 80g
バター 30g
薄力粉 大さじ2.5~3
牛乳 400cc
塩・こしょう 各適量
ピザ用チーズ お皿の表面を覆う程度
パン粉 適量

作り方

1.鶏もも肉はひと口サイズにカットし、塩少々をまぶす。
玉ねぎは薄くスライスする。
2.じゃがいもは皮を剥いて5mm幅にスライスし、水にさらたものを皿に並べ、ラップをかけてレンチンする。(500W 4分)
3.バターを入れたフライパンを加熱し、バターが溶け始めたら鶏肉炒め、表面に焼き色がついてきたら玉ねぎを加える。
4.火を止めて薄力粉をふるい入れ、粉気がなくなるよう具材にしっかりからめる。
5.牛乳の1/3量を加えて加熱し、具材に馴染ませる。残りの牛乳を加え、とろみが出るまで混ぜながら加熱を続ける。
6.塩こしょうを加えて味をととのえたら、茹であがったマカロニとじゃがいもを加えて混ぜる。
7.火を止めて耐熱皿に6を分け入れ、ピザ用チーズとパン粉をまぶす。
8.200度に温めたオーブンで表面に焼き色がつくまで加熱したらできあがり♪

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/256950/recipe/1223101 |

5:豚肉、じゃがいもともやしのシャキシャキ炒め

じゃがいもは千切りにして炒めるとシャキシャキとしたような食感を楽しむことができます。ですが、冷凍したじゃがいもではシャキシャキとした食感は落ちてしまいます。しかし、しっかりと火を通ることでホクッとした食感を出すことができます。

冷凍したじゃがいもを炒め物に使う際には、冷凍したじゃがいもが持っている水分が出てくる場合があるので、味付けに注意しましょう。

材料
豚肉 300g
じゃがいも 中3個
もやし 1袋
酒 大さじ2
中華スープの素 大さじ2
塩コショウ 適量
ごま油 大さじ1

作り方

1.じゃがいもは皮をむき千切りし水にひたしておく
2.豚肉は細切りにし、軽く塩こしょうする
3.フライパンにごま油を熱し、2を炒める
4.肉の色が変わったら1ともやしを加えて炒める
5.酒、中華スープの素を加えてひと混ぜしたら火をとめて出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8253/recipe/1190259 |

6:もちもち♪じゃがいものチヂミ(韓国料理)

もちもちのチヂミを作るために、すりおろしたじゃがいもを入れると言う人もいます。このような場合はじゃがいもをすりおろして使うため、冷凍したじゃがいもの食感を気にする必要がありません。

ただし、冷凍しているため、多くの水分が出ることがあるため、しっかりとザルなどで水分をきってから使う必要があります。

7:じゃがいもと玉ねぎの豆乳ポタージュ

じゃがいもをポタージュにする場合も、チヂミと同様にじゃがいもを形がなくなるまで潰して使うことになります。そのため、じゃがいもの食感を気にする必要がありません。また、ポタージュも味の強いスープのため、冷凍じゃがいもと相性が良いです。

ブレンダーで混ぜ合わせる場合には、冷凍じゃがいもが固すぎると刃を傷めてしまうため、しっかりと解凍するようにしましょう。

材料
じゃがいも 2個
玉ねぎ 1個
バター 5g
水 400ml
ブイヨン 2個
豆乳 200ml
塩・こしょう 少々
パセリ 適宜

作り方
1.じゃがいもを茹で、熱いうちに皮をむいてつぶす。(ブレンダーなどを使用するときは小さめに切るだけでもよい)
2.バターを熱したフライパンで玉ねぎの薄切りを炒め、水、ブイヨンを入れて煮立てる。
3.2に1を入れ、ブレンダー等でよく混ぜ合わせる。(ミキサー・フードプロセッサー)使わない場合はそのままでもOKです。
4.器に入れ、パセリをトッピングして出来上がり♪

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/9561/recipe/1047372 |

8:鶏とじゃがいものガーリックしょうゆ炒め

冷凍したじゃがいもだからと、使い方を気にせずにサッと使いたいという人は簡単に醤油炒めにすると良いでしょう。炒め物で濃いめの味付けもしやすいため、手軽に冷凍したじゃがいもが使えます。

ただし、冷凍したじゃがいもを使う場合は、食感が気にならないようにゴロッとした大きさよりも、火が通りやすく、味がつきやすいように、少し小さめにすると良いでしょう。

材料
鶏胸肉 1枚
ジャガイモ 2個
アサツキ又は万能ねぎ小口切り 適量
サラダ油 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
にんにく 1片
片栗粉 大さじ1

作り方
1.鶏胸肉は輪切りにしたあと縦にきって細切りにする。
2.1をボウルに入れて片栗粉を加えてまぶす。にんにくはみじん切り、アサツキ又万能ネギは小口切り、ジャガイモは千切りにする。
3.フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、にんにく、鶏肉を入れて中火でさっと炒め色が変わったら取りだす。
4.3のフライパンにサラダ油大さじ1を加えじゃがいもを強火で炒めてしんなりしたら3を加えて更に炒める。
5.4を中火にして、しょうゆを回し入れ、全体になじんで香ばしく焼けたら火を止めて盛り付けてアサツキ又は万能ねぎを散らし完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8283/recipe/1041326 |

9:【簡単時短】子供が喜ぶ♡ポテトチップス

じゃがいもはスライスして油で揚げてポテトチップスにしてしまえば、冷凍した物でも冷凍していない物でも、パリパリの食感にすることができます。

また、スライスをして冷凍をしておけば、すぐにポテトチップスを作ることができます。ただし、冷凍しているときにじゃがいも同士がくっついてしまうことがあります。

なので、冷凍の際にじゃがいもがくっつかないようにするか、解凍してくっついたじゃがいもを剥がす必要があります。

材料
じゃがいも 1個
塩 少々

作り方
1.スライサーでじゃがいもを薄くする。
2.数分水に浸す。
3.野菜の水切り器でうちはしていますが、キッチンペーパーで拭いても大丈夫です!
4.180℃の揚げ油で揚げこんがりと揚がったら塩を振って完成です!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/220830/recipe/1126092 |

10:大人のフライドポテト

ポテトチップスと同様に、フライドポテトも揚げてしまうため、じゃがいもの冷凍とそうでない物を意識する必要はありません。

ただし、フライドポテトにするのであれば、フレンチフライなどの厚切りのタイプの物より、シューストリングのように細いタイプのフライドポテトの方が良いでしょう。また、細い方が冷凍するときに急速冷凍しやすいというメリットもあります。

材料
冷凍フライドポテト 200g
ローズマリー(フレッシュ) 4本程度
にんにく 3片
塩 少々
ブラックペッパー 少々

作り方

1.にんにくを皮のまま180℃の油で素揚げします。同様にローズマリーも軽く揚げます。
2.冷凍フライドポテトを揚げます。
3.ボールにフライドポテト、にんにく、ローズマリーを入れてよく混ぜ合わせ、塩で味付けします。
4.あっつあつをハフハフしながら食べてね!

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201605/recipe/1028635 |

じゃがいもを使った料理

使えるじゃがいもレシピ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

すごく気に入りました。野菜を使ったレシピの本は他にもありますが、これほどじゃがいもに特化したものはないと思います。

じゃがいもは使い勝手が良く、美味しくて人気の高い食材です。そのため、いろいろな料理に使うことができ、じゃがいもを使った料理が好きという人も多いです。

ですが、作れるじゃがいも料理が少ないと、毎回同じようなじゃがいも料理に偏ってしまう場合もあります。なので、できるだけ多くのじゃがいも料理が作れるように、1冊でも手元にじゃがいも料理に特化したレシピ本を用意しておくと便利でしょう。

冷凍保存に向いている野菜

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは冷凍保存をすることができます。しかし、美味しさも保存するためには、正しい冷凍の仕方をしないといけません。じゃがいも以外にも冷凍できる野菜はいろいろとあります。

基本的に冷凍に向いている野菜は、水分が少なく、繊維質ではない物です。水分が多いとそれだけ氷が成長しやすく食材の細胞も破壊されやすいです。また、繊維が多い野菜は解凍後の食感に筋が残ってしまいます。

冷凍保存とは?

食材を保存するときは基本的に常温保存、冷蔵保存、冷凍保存のいずれかを選ぶことになります。冷凍保存では食材を凍らせることで保存期間を大幅に延ばせるというメリットがあります。

ただし、冷凍をすると、食材の細胞を氷が破壊してしまうため、食感が変わってしまったり、冷凍焼けをして色味が変わってしまったりなどすることがあります。このようなデメリットを抑えるために、食材に合わせた正しい冷凍方法が必要になります。

野菜を冷凍保存する方法

冷凍に向いている野菜は、水分が少なく、繊維質ではない物です。しかし、その食材に適した方法で冷凍をすることで冷凍保存できる野菜も多くあります。

食材に合わせて冷凍するので、その方法は食材によって変わります。ですが、急速冷凍が食材を守るための重要な要素になることは、どの食材を冷凍するときにも共通します。

なので、食材を小さくしたり、アルミバットに乗せたり、アルミホイルで包むなどして、急速冷凍しましょう。

じゃがいもは冷凍保存して賢く使おう

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは冷凍保存をすることができます。ただし、じゃがいもに合わせた正しい冷凍方法を用いなければ、その美味しさを保存することはできません。

また、他の食材であっても、冷凍をするときにはその食材に合った冷凍方法をする必要があります。冷凍保存をすれば、食材を長く保存することができるようになるので、賢く冷凍保存を使うようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

冷凍保存をすれば食材を長く保存できるようになります。ですが、冷凍保存ができるのは食材だけではありません。料理も冷凍保存をすることができます。

料理を冷凍すれば、解凍するだけで食べることができるため、非常に便利です。ですが、食材と同様に、料理を冷凍保存する場合にも正しい冷凍方法が必要となります。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。
料理
2019年01月26日
ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵