Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

長芋を知ろう

長芋は、生のままでも、加熱調理をしても、すりおろしてもとても美味しく食べることができる野菜です。色々な料理に使用することができる長芋を、少しでも長く保存しておきたいでしょう。そのようなときに便利なのが、長芋の冷凍保存です。冷凍保存については、後の項目で詳しくご紹介いたします。

まずは、長芋そのものについて、ご紹介していきます。

長芋の栄養って?

長芋には、どのような栄養があるのでしょうか。長芋には、体内のバランスを整えるカリウムや、胃の粘膜を守るぬめり成分を含んでいます。

また、水分が多く、粘りの強さは少なく淡泊な味わいだといえます。長芋は、すりおろして「とろろ」にするように、生のまま食べることができます。また、加熱することで主成分であるでんぷんに熱が伝わり、ふわふわでホクホクの食感となり、また違った食感を楽しむことができます。

長芋は冷凍してもいい?

ここで気になるのが、長期間保存させておくための方法として、冷凍保存をすることができるのかどうか、ということです。長芋は、冷凍保存をすることができます。

栄養たっぷりの食材としても人気の長芋ですが、たくさんすりおろしてしまい使い切ることができず、困ってしまった経験はありませんでしょうか。余ってしまった長芋は、冷凍することで長持ちさせることができると覚えておくよいでしょう。

長芋の保存あれこれ!

さきほど、長芋は冷凍保存して長持ちさせることができると述べました。そのままの状態でも、すりおろした状態でも、カットした状態でも、長芋を冷凍保存することができますが、その保存方法にはちょっとしたコツが必要となります。

長芋の保存について、以下の項目で詳しくご紹介いたします。せっかくの長芋のおいしさを失わないためにも、正しい長芋の保存方法を知っておきましょうh。

おすすめ冷凍保存法!

長芋を長い間保存させておくのには、冷凍保存するのがおすすめです。では、長芋をどのような状態で冷凍保存させておくのがよいのでしょうか。長芋のおすすめの冷凍保存方法を、パターンごとにご紹介いたします。長芋が余ってしまったときなどには、覚えておくと便利です。

そのまんま冷凍

使いかけの長芋などを冷凍保存する際には、皮のついた、そのままの状態の長芋を冷凍保存することをおすすめします。

長芋を切ってしまっている場合には、長芋の断面に、濡らしたキッチンペーパーをきっちりとあてます。そのキッチンペーパーが外れないように、輪ゴムやラップで止めておくと、断面の乾燥を防ぐことができるため、おすすめです。さらに、長芋全体をラップやビニール袋で包んでから、冷凍庫で保存してください。

すりおろして冷凍

長芋は、すりおろした状態でも冷凍保存することができます。長芋をすりおろして冷凍する場合には、密封できるようなフリーザーバックに入れ、しっかりと空気を抜いて口を閉じましょう。

その際、半解凍の状態で、フリーザーバックの上から長芋に線を付けて分けておくと、使うときに小分けにすることができ、とても便利です。すりおろした長芋は、できるだけ平になるようにフリーザーバックに入れてください。

カットで冷凍

長芋は、切った状態でも冷凍することが可能です。切った状態の長芋を冷凍保存する場合には、カットした長芋をしっかりとラップで包むことが大切です。

このときに、まとめて切った長芋を包んでしまっては、空気に触れる部分が多くなり、おいしい状態で保存することができなくなります。空気に触れないように、しっかりとラップで包みましょう。ラップで包んだ長芋は、さらにフリーザーバックに入れて、冷凍庫で保存しましょう。

冷蔵保存はどうする?

長芋を長期保存させておくためには、冷凍保存をおすすめしますが、冷蔵でも保存することは可能です。

使いかけの長芋や、切った状態の長芋を冷蔵保存する場合には、長芋の断面が空気に触れないように、濡らしたキッチンペーパーで断面を覆い、ラップに包んで冷蔵保存しましょう。冷蔵保存する場合には、乾燥してしまいますので、乾燥を防ぐためにも断面をしっかりと包むことが大切です。

常温でも保存は大丈夫?

長芋は常温でも保存することができます。全く手をつけていない状態の長芋を保存する場合には、直射日光が当たらないような冷暗所で保存するようにしてください。皮がついたままの長芋は、新聞紙で包み、さらにビニール袋に入れて保存することで、1ヶ月ほど日持ちします。すりおろしてしまったり、カットした状態の長芋は、冷蔵保存、冷凍保存をおすすめいたします。

長芋の冷凍保存におすすめのアイテム

ジップロック フリーザーバッグ M 45枚入

¥ 972

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

野菜や肉を下ごしらえして冷凍するのに使っています。メーカーのホームページを見るまでは洗って繰り返し使えるのかと思っていましたが、『衛生面から使い捨て推奨』と知って、それからは消耗品として使い捨てています。数がいるのでこの枚数でこのお値段は助かります。サイズも私はMが一番使いやすいです。

長芋を冷凍保存するときに使用する、ジッパー付きのフリーザーバックをご紹介いたします。ジッパーが付いているため、中の空気を抜いて密封状態にして、長芋を冷凍保存することができます。また、すりおろした状態の長芋を冷凍保存する際にも、とても便利です。

冷凍長芋アレンジレシピ6選

長芋の冷凍保存方法はいかがでしたでしょうか。長芋は、そのままの状態でも、すりおろした状態でも、カットした状態でも冷凍することができるため、冷凍長芋を使って簡単に料理を作ることができます。

ここでは、冷凍長芋を使ったアレンジレシピを6選ご紹介いたします。冷凍長芋がある際には、ぜひ参考にしてみてください。

1:長芋ときのこのバター醤油焼き

まず最初にご紹介するのは、シャキシャキの長芋ときのこを使って作る、長芋ときのこのバター醤油焼きです。

こちらのレシピには、切った状態の冷凍長芋を使用すると、より簡単で、時間を短縮して作ることができます。短い時間で簡単に作ることができるため、朝の忙しい時間にも作ることができる一品です。ぜひ、お弁当のおかずに作ってみてはいかがでしょうか。

材料 2人
◎長芋 170g
◎しめじ 1パック
◎エリンギ 1本
◯バター 大さじ1~
◯醤油 大さじ1
・刻み海苔 、細ネギ(小口切り)適量

1.しめじは石づきをとりほぐし、エリンギは食べやすい大きさに切る。
長芋は皮をむいて短冊切りにする。
2.フライパンを熱しバターをとかしたら、切るしめじ、エリンギから炒める。
しんなりしたら長芋も加えて
さーっと炒めたら、醤油を加えて
お皿に盛り付けして
刻み海苔と細ネギをちらしたら
はい!出来上がりー

出典: https://ameblo.jp/onya20121217/entry-12165780883.html |

2:長芋のからあげ

こちらは、ほくほくの食感がたまらない、長芋のからあげのレシピです。からあげにする長芋は、乱切りに切った冷凍長芋がおすすめです。味をつけるために、材料を入れて少し置くのですが、あらかじめ材料を入れて冷凍しておくのもよいでしょう。ホクホクの食感が嬉しい、おかずにもおつまみにもなる一品です。

1.長芋 350g
2.★醤油 大さじ3
3.★酒 大さじ2
4.★卸し生姜 小さじ1/2
5.★卸しニンニク 小さじ1/2
6.片栗粉 適量
.
1.長芋は皮をピューラーで剥いて食べ易くカットする(細ければ輪切り、太ければ乱切りがオススメです)
2.★の材料を混ぜてカットした長芋を30分以上漬けておく
3.片栗粉を塗して油で揚げたら出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/1212156 |

3:海老と長芋の柚子こしょう炒め

ぷりぷりの海老とシャキシャキとした長芋の食感が楽しい、海老と長芋の柚子こしょう炒めのレシピをご紹介いたします。レシピでは、冷凍の海老を使用することで、より簡単に作ることができるようになっています。柚子こしょうの風味がきいた、少し大人の味付けとなっています。

【材料(2人分】
冷凍むきえび 100g(中10尾くらい)
海老下処理用  
●片栗粉 大さじ1
●塩 少々
●水 大さじ1
☆片栗粉 大さじ1
☆サラダ油 大さじ1/2
長芋 100g
わけぎ 2本
★酒   大さじ1
★みりん 大さじ1
★塩   小さじ1/4
★柚子こしょう 小さじ1/2

1.海老の下処理をする。海老は自然解凍したら、●とともにボウルに入れてよくもみ、流水でよく洗って、キッチンペーパーで水気をしっかりふきとる。
  海老の背中に切り込みをいれ、あれば背わたを取り☆の片栗粉、サラダ油の順にまぶしておく。
2.長いもは5mmくらいの厚さのいちょう切り、わけぎは、約4cm長さの斜め切りにする。
3.フライパンにサラダ油小さじ1を熱して、海老を入れあまりいじらないで片面焼いたら裏返し、ピンク色になったら一旦取り出す。
4.同じフライパンにサラダ油少々をたして長いもをいれ、強めの中火で片面ずつこんがりと焼き色を付ける。
5.3の海老を戻しいれ、わけぎも入れてさっといためたら、あらかじめ混ぜておいた★を加えてふたをして2~3分蒸し焼きにしたら出来上がり!

出典: https://blog.goo.ne.jp/rei_ymg0212/e/109f463db4a93904b4e6... |

4:長芋&豆腐ソースのとろろグラタン

長芋と豆腐のヘルシーなソースで作る、長芋と豆腐ソースのとろろグラタンをご紹介いたします。

こちらのグラタンでは、牛乳や小麦粉を使用せず作るため、よりヘルシーなグラタンとなっています。こちらのレシピでは、すりおろした冷凍長芋を使用すると、より簡単に作ることができるためおすすめです。子供にも大人にも喜ばれる、とろろのグラタンです。

(4人分)
○長芋(すりおろして)…400g
○絹ごし豆腐…200g
○冷凍枝豆(さや付きで)…150g
○ハム…8~10枚
○和風だしの素(顆粒)…小さじ1弱
○しょうゆ…大さじ1
○みりん…小さじ2
○とろけるチーズ…適量

①冷凍枝豆(さやつきで150g)を解凍しておく。
ハムを食べやすい大きさに切っておく。
②長芋の皮をむいてすりおろす(すりおろしたものを400g)
③豆腐を泡だて器で混ぜてなめらかにする。
④②、③、和風だしの素、しょうゆ、みりんを混ぜ合わせる。
⑤グラタン皿にさやから出した枝豆とハムを入れる。
⑥④のソースを加えてひと混ぜする。
⑦とろけるチーズを適量のせ、トースターでチーズに焦げ目がつくまで焼く。

出典: https://ameblo.jp/shinku06z04/entry-12306306080.html |

5:長芋と豆腐のもち麦おやき

長芋と豆腐、もち麦ご飯を使用して作る、お好み焼き風のおやきをご紹介いたします。

全ての材料を混ぜ合わせて焼くだけで作ることができる、簡単なレシピです。こちらのレシピでは、すりおろし長芋を使用するため、冷凍しておいたすりおろし長芋を使用するとよいでしょう。加熱した長芋のふわふわとした食感が楽しい一品です。

1.もち麦ご飯(炊いたもの) 200g
2.絹ごし豆腐 半丁
3.すりおろし長芋 100g
4.薄力粉 15g
5.海苔 適量
6.青のり 適量
7.いりごま 適量
.
1もち麦ご飯、豆腐、長芋、薄力粉をよく混ぜ合わせ弱火でじっくり両面に焼き色がつくまで焼き上げれば完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/240994/recipe/1229109 |

6:肉巻き長芋の味噌照り焼き

最後にご紹介するのは、ご飯とぴったりな、肉巻き山芋の味噌照り焼きです。肉に巻く長芋には、カットした長芋を使用するとよいでしょう。こってりとした味噌照り焼きがご飯にぴったりで、子供から大人まで万人うけする味付けとなっています。お弁当のおかずとしても、おすすめです。

◯4人前♪
・豚薄切り肉 ── 300g
・山芋 ── 20cm
・◯酒 ── 大さじ2
・◯みりん ── 大さじ2
・◯醤油 ── 大さじ2
・◯砂糖 ── 大さじ1
・◯味噌 ── 大さじ1

詳しい作り方
01山芋は皮を剥き長さを3等分に切り、拍子切りにする。
02豚肉をぐるぐる巻き付け、手でぎゅっと握ってしっかり引っ付ける。
(豚肉はバラでもロースでも切り落としやこま肉でも❤今回はバラ肉を使っています。)
03フライパンを火にかけ、薄く油をしいたら豚肉を並べ転がしながらこんがり焼いていく。
04その間に◯を混ぜておく。
05こんがりしっかり焼けたら~
06◯を混ぜた物を1度に加えしっかりと絡めたら出来上がり(#^.^#)♪

出典: https://ameblo.jp/natumomo1205/entry-12262585469.html |

長芋を冷凍で常備しよう!

いかがでしたでしょうか。長芋は、そのままの状態でも、すりおろした状態でも、カットした状態でも冷凍保存することができます。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。長芋を冷凍して常備しておくことで、色々な料理にアレンジすることができるでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

長芋の冷凍保存についての記事はいかがでしたでしょうか。長芋の便利な冷凍保存とその工夫に関連する記事もたくさんあります。色々な情報をチェックして、正しい知識と情報を取得しましょう。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。
料理
2019年01月26日
ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵