Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

皆知らない砂糖の賞味期限!保存する上で大切な6つのポイント

砂糖に賞味期限があるのか皆さんご存知でしょうか。今回は、砂糖の原料や性質、正しい保存方法など知られざる豆知識を6つのポイントに分けて詳しくご紹介します。また、開封した砂糖を保存するおすすめの方法やアイテムなどもご紹介します。

皆知らない砂糖の賞味期限!保存する上で大切な6つのポイント

どの家庭にもある調味料「砂糖」

どの家庭でも最低限常備されている調味料があり、昔から、お料理の基本調味料「さ・し・す・せ・そ」で表されています。その基本調味料の「さ」にあたるものが白くて甘い「砂糖」です。

砂糖の原料は「さとうきび」や「てん菜」と言う植物で、光合成によって甘くなる成分を蓄える植物のため、昔から砂糖の原料として使用されています。これらの植物が加工され、白い粒子となって店頭で販売され、各家庭などの元で消費されています。

一般的な砂糖の使われ方

砂糖は、甘味を加えることができる調味料ですので、あらゆる料理に使われていますが、一般的に砂糖が使われるレシピは、煮物やスイーツが多いです。一般的な砂糖の使われ方は、甘味をつける時に用いられますが、砂糖は甘味を加えるだけではなく、ほかの働きもしてくれるので覚えておきましょう。

・トロミをつける
・コクをだす
・柔らかくする
・保存性を高める
・美味しさや香りを引き出す

砂糖はこんなことに使われる

砂糖は、料理に甘みを加えたりトロミを少し加えたいときなどに使われます。和食やスイーツ作りには、欠かすことができない砂糖ですが、中華や他のジャンルの料理にも砂糖は使われています。

砂糖には賞味期限がない!?

日本では、砂糖に賞味期限や消費期限の表示する義務はありません。したがって、砂糖には賞味期限はないと認識されているのでしょう。

賞味期限とは、未開封で正しく保存した場合に表示されている期限までは美味しく食べられることを保証するのが「賞味期限」です。砂糖は、未開封で長期に渡り保存しても劣化しづらい食品のため、賞味期限の表示の義務が省略されています。

保存に気をつければ賞味期限を気にせず使える

砂糖は、正しい保存をしていれば腐りづらい食品なので、賞味期限を気にせず半永久的に使うことができます。販売されている砂糖の袋にも、「砂糖は長期保存が可能な食品ですので賞味期限は記載しておりません」と明記されており、賞味期限を気にせず使えることがわかります。

砂糖は水に溶けやすい性質を持っているため、吸水性が高い調味料です。砂糖の性質を理解して正しく保存すれば、賞味期限を気にする必要はありません。

砂糖の保存気を付ける6つのポイント

砂糖は正しく保存すれば、賞味期限を気にすることなく長期保存ができることは、先ほどご紹介しました。そこで砂糖の正しい保存方法で大切な6つのポイントをご紹介します。

すぐにでもはじめられる保存方法ですので、早速実践してみてください。また、保存に適したアイテムもご紹介しますので参考すると良いでしょう。

1:湿気の多い場所に置かない

砂糖の保存に適した場所は冷暗所です。砂糖は吸収力が高いため、湿気があまりにも多い場所に置いてしまうと水分を吸収しすぎて表面が蜜状になってしまいます。

開封していない砂糖の場合には、もともと出荷工場で糖蜜をふきかけて固まることを予防しているので、そのまま放置しておいても固まりにくいのですが、1度開封してしまうと、湿気と乾燥を繰り返し、砂糖はカチカチに硬くなってしまうので保管場所には気を付けましょう。

2:不衛生な場所に置かない

開封した砂糖には虫がつきやすくなるため、不衛生な場所には置かないようにしましょう。未開封の場合は、虫の侵入経路がないので、そこまで慎重に保管場所に気を付ける必要はありませんが、1度開封してしまった砂糖の場合、袋のままで保管しておくと小さな隙間から虫が入る恐れがありますので注意しましょう。

賞味期限を気にしないで砂糖を長期保存するためには、不衛生な場所に置かないことは絶対条件になります。

3:密閉した容器に入れる

開封した砂糖は、袋のままで保管せず空気が触れないように密閉した容器に入れて保管しましょう。

砂糖の性質上、湿気を吸収することは、これまで何度もご紹介してきましたが、湿気は砂糖が空気に触れただけでも起こってしまいます。湿気を吸収した砂糖が乾燥することでカチカチに固まっていくので、空気に触れさせないことが砂糖を賞味期限を気にせず保管する大きなポイントになります。

4:フロストシュガーを入れる

顆粒状糖とも呼ばれるフロストシュガーを1粒入れると固まりづらくなります。フロストシュガーと聞いてピンとこない方もいることでしょう。

フロストシュガーとは、プレーンヨーグルトに付属されていた砂糖を顆粒状にした砂糖のことを言います。フロストシュガーは水に溶けやすく固まりづらい性質を持っているため、1粒砂糖に入れるだけでも全体の固まりを防いでくれるので賞味期限を気にせず使うことができることでしょう。

5:電子レンジで加熱する

すでに固まってしまった砂糖を、電子レンジでサラサラに戻して保存する方法です。なぜか買ったばかりなのに、すでに固まってしまっている砂糖も中にはあります。その場合、固まってしまった砂糖を耐熱皿に移し電子レンジで1分ほど加熱してサラサラに戻してから保存しましょう。この時、砂糖から目を離さず、溶けないように注意しましょう。

砂糖は加熱しても味に変化が起きないので、賞味期限が早まることもありません。

6:霧吹きで水を吹きかける

開封して固まってしまった砂糖を元に戻して保管する方法にはもう1つやり方があります。それは、霧吹きで水を吹きかけることです。

乾燥しすぎて固まってしまった砂糖に水分を与えることで、固まってしまった砂糖がサラサラに戻り、賞味期限が守られます。霧吹きがない場合は、水を1滴かけることでもサラサラに戻すことができます。

砂糖が固まらないストレスフリーのシュガーポット

イシガキ産業シュガーポットホワイト300ml素焼きスプーン付

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

すぐにカチカチになる砂糖。 急いで入れたい時に限ってカチカチでイライラ。ダメ元で買ったこのポットがホームラン ストレスフリーのお砂糖生活始まりますよ!

小分けして砂糖を使う場合にも、砂糖が固まってしまいイライラすることも少なくないでしょう。そこで、砂糖が固まらずに保存できる「イシガキ産業シュガーポット」をおすすめします。

イシガキ産業シュガーポットは、素焼きで作られているため容器の中の水分を吸収し外へ放出してくれるため、容器中の温度と湿度を上手に調整してくれるため砂糖が固まりません。賞味期限を気にせず使うためには湿気は大敵ですので、注意しましょう。

砂糖を使ったスイーツレシピ3選

スイーツには砂糖は欠かせないと言っても過言ではないくらい必要な調味料ですが、近年ではご家庭で作ることができる砂糖を使ったオシャレなレシピがたくさんあります。

今回は、ご家庭で作れて砂糖を使ったオシャレなスイーツレシピの中で選りすぐりの3つのレシピをご紹介します。

1:和スイーツ!!さつま芋の茶巾と串ダンゴ

秋といえば「さつま芋」が美味しい季節ですが、さつま芋と砂糖を使って色とりどりな和スイーツの「さつま芋の茶巾と串ダンゴ」はいかがでしょうか。

定番のさつま芋の茶巾は黄色いカラーをイメージしますが、今回ご紹介するレシピでは抹茶と紫芋のパウダーを使用するため、ピンクや緑といった色とりどりのカラーを楽しむことができます。インスタ映え間違いなしのさつま芋の茶巾と串ダンゴの詳しい作り方は、以下のレシピをご覧ください。

さつまいも 2本(300g)
砂糖 大さじ2
塩 ひとつまみ
抹茶 小さじ1/2
紫芋パウダー 小さじ2

1.さつま芋は皮を剥いてザックリカットしてレンジに5~6分(600wの場合)かけて軟らかくしてから、裏ごしをする
2.裏ごししたさつま芋に砂糖と塩を混ぜて7等分ぐらいに分ける
1つに抹茶、もう一つに紫芋パウダーを混ぜる(5つはそのままプレーンで使う)
3.小さく丸めて好みの配色で串に刺す
4.布巾の上にプレーンのさつま芋と少量の抹消(もしくは紫芋)をのせて一緒に絞って茶巾にしたら出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/1122952 |

2:玉子焼き器deイチゴの和スイーツ

2つ目の砂糖を使ったレシピでご紹介するのは、ひな祭りなどにもピッタリの見た目がとっても可愛らしい「玉子焼き器deイチゴの和スイーツ」です。

玉子焼き器で、包んである皮を焼くので手軽に簡単に作ることができ、桜もちの皮と同じ配合で作ることができますので、半分は違うレシピを作るのも良いでしょう。パーティーやお友達の家に、お土産で持っていっても喜ばれるおすすめレシピです。

★白玉粉 35g
★水 100cc
★薄力粉 45g
★砂糖 大さじ1
★食紅 少々
あんこ 150g
イチゴ 8個

1.ボウルに白玉粉と水を入れて泡立て器でよくかき混ぜてから★の全ての材料を入れて、さらに混ぜる
2.玉子焼き器に材料外のサラダ油を薄く敷いて①の生地を流して表面が乾いたら、裏返して裏も焼く
(13センチ×18センチ玉子焼き器で2枚焼ける分量です)
3.焼いた皮を8等分して、丸めたあんことイチゴをのせて包んだら出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/997531 |

3:レアチーズケーキ大福

3つ目の砂糖を使ったレシピでご紹介するのは、和風のような洋風のような不思議なスイーツ「レアチーズケーキ大福」です。焼いたり、ねかせたりする必要がなく電子レンジでチンするだけの簡単調理なので15分から30分くらいの時間で作れるスイーツレシピです。

まるでチーズケーキのような大福な「レアチーズケーキ大福」は、不思議で新しい食感と味を楽しむことができます。

A:クリームチーズ 75g
A:砂糖 10g
A:牛乳 大さじ1〜1.5
A:レモン汁 少々
白玉粉 50g
砂糖 25g
水 50cc
卵黄 1個分
苺やぶどう 4個
1.※苺は、ヘタを取ります。

Aの材料であんを作ります。
室温で柔らかくしたクリームに、砂糖、牛乳、レモン汁を加え、ホイッパーでよく混ぜます。
2.ラップに❶を20gのせ、苺やぶどうを上にのせてラップで包みます。
3.クリームチーズ餡が全体に行き渡るようにします。 これを、全部で4個作ります。これを、冷凍庫に1時間くらい入れて固くし、包みやすくします。
4.白玉粉、砂糖、水を耐熱容器に入れ、ホイッパーで玉がなくなり滑らかになるまでよく混ぜます。更に、卵黄も加えて混ぜます。 ラップをして、600wで30秒レンチンします。取り出して、よく混ぜます。もう1度、30秒レンチンし、取り出して木べらで混ぜます。これを、後4〜5回繰り返し、艶が出るまで練ります。
5.お皿やバットに片栗粉を敷き、❹をのせます。上にも片栗粉をふり、4等分に切ります。
6.❺に❸をのせて包んでいき、上を手でつまみとじます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/163961/recipe/1183695 |

かしこく保存して賞味期限を気にせず使おう

賞味期限を気にせず使うための豆知識はいかがでしたでしょうか。砂糖は正しく保存すれば賞味期限を気にすることなく使い続けられることがお分かりいただけたことでしょう。

ちなみに、砂糖だけの保管では賞味期限を気にせず使うことができますが、調理することで砂糖以外の食品が混ざるので、砂糖のおかげでスイーツが賞味期限が伸びることはありませんのでご注意ください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

砂糖に賞味期限がないことはわかりましたが、グラニュー糖や他の種類の砂糖の賞味期限はあるのでしょうか。また、砂糖と同じくらい甘いチョコレートには賞味期限があるのでしょうか。

1つ気になると、いろいろ知りたくなる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。この記事に関連する情報もチェックして豆知識を増やしましょう。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。
料理
2019年01月26日
ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵