Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

たこを冷凍するときのポイント6つ|メリットや保存期間ご紹介

たこを冷凍すると嬉しいメリットがあることをご存知ですか。意外にもたこは冷凍保存向きの食材です。上手に冷凍保存すれば、いつでもたこの料理を作って楽しむことができます。たこの冷凍保存のコツをマスターするためのポイントや、保存期間をご紹介しますのでどうぞご覧下さい。

たこを冷凍するときのポイント6つ|メリットや保存期間ご紹介

たこは冷凍保存に適している

たこが冷凍保存に適した食材だとされる理由は、冷凍しても味や風味、食感がほぼ変わりなく、美味しく食べることができるからだとされています。また、下処理が楽になるなどのメリットもあります。

たこのおいしさは鮮度が大事ですが、冷凍保存をうまく使えばたこをいつでもおいしく食べることができます。たこを美味しく冷凍する方法や、冷凍保存したたこを美味しく解凍するポイントなどをご紹介しましょう。

たこを冷凍するメリット

たこを冷凍するメリットは2つあり、1つ目は長期間保存ができること、2つ目は冷凍するだけでぬめりが簡単に取れることです。

ちなみに、たこを冷蔵保存した際には1〜2日までしか鮮度を保てず、生で食べることはおすすめできません。しかし冷凍保存をすれば、たこの風味や食感を損なわずに保存することができます。また、冷凍したたこは解凍しただけでぬめりが取れるため、面倒なもみ洗いが必要なく、下処理が楽になります。

冷凍したたこの保存期間

冷凍したたこの保存期間は、3〜4週間だとされています。うまく保存できていた場合は1ヶ月以上持つ場合もあるとされていますが、保存のやり方や、保存環境の変化などにより早く劣化する場合もあります。

保存状態をよく確認し、霜がついている場合などは早めに食べたほうがよいでしょう。正しい保存のやり方と適切な保存環境でたこを保存し、なるべく保存期限よりも早めに調理して食べてしまうことがベストだといえるでしょう。

たこを冷凍するときのポイント6つ

たこを冷凍するときには、冷凍するタイミングや、たこの形状を整えること、冷凍するときのスピードがポイントだとされています。これらの簡単なポイントを守るだけで、たこの鮮度と味を損なわずに長期間の冷凍保存ができます。

適当に冷凍保存したものとは比べ物にならないほど、たこを美味しく食べることができるでしょう。たこを冷凍するときのポイントを以下に詳しくご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

ポイント1:買った日に冷凍する

たこは買ってきたその日に冷凍しておきましょう。なるべく早い段階で冷凍したほうが、鮮度を保ったまま保存できるため、解凍したときにもおいしく食べることができます。生のたこは、冷蔵保存だと1〜2日しか鮮度が持たないとされています。

冷蔵庫内で数日過ぎてしまったたこは、冷凍してもおいしく食べることはできないため、加熱して食べてしまいましょう。たこは買ったその日に新鮮な状態で冷凍するのが大事なポイントです。

ポイント2:ぬめりを取らない

生のたこを冷凍する場合、たこについているぬめりを取る必要はありません。冷凍保存する際にはぬめりを取らないほうが、たこのうま味を逃さずに保存することができます。また、冷凍したたこのぬめりは、水で洗い流すだけで簡単に取れ、刺身にして食べることもできます。

生のタコをすぐに調理する場合は、塩で揉み洗いし、ぬめりを取り除いてから調理しますが、冷凍保存する際にはぬめりを取らずにそのまま冷凍しましょう。

ポイント3:水分を拭き取る

たこを冷凍する場合は、茹でたたこについている水分はきちんと拭き取り、生のタコは水気をきってから冷凍しましょう。水分がついたままのたこを冷凍すると、凍るまでに時間がかかり、おいしく冷凍することができません。

また、凍らせたたこに霜がついてくっついてしまうので調理がしにくくなることもあります。茹でだこはキッチンペーパーで水分を拭き取り、生のタコはザルでしっかりと水をきってから冷凍しましょう。

ポイント4:使いやすい大きさにカットする

茹でたたこを冷凍保存する場合は、使いやすい大きさに切って冷凍しましょう。切らずに大きなサイズのまま冷凍すると解凍に時間がかかり、解凍ムラができて切りにくく、調理しづらくなります。

また、生のたこを冷凍する際は塩で揉み洗いし、使いやすい大きさに切って冷凍します。ちなみに、生のたこは下処理せずにそのままの形で冷凍する方法もあり、解凍した時にぬめりが自然に取れるため、刺身として食べられるとされています。

ポイント5:真空状態にする

たこを冷凍する際には、必ず真空状態にしてから冷凍保存しましょう。切ったたこをフリーザーバッグなどの保存袋に入れたら、袋に入っている空気をしっかり抜いて密閉します。

たこだけでなく、ほぼすべての食材は空気に触れると劣化を起こしやすいとされています。たこを冷凍保存する時にも、空気に触れさせずに冷凍すれば、解凍した時にも劣化を感じずにおいしく食べることができるでしょう。

ポイント6:急速冷凍する

たこを冷凍する際には、急速に冷凍させた方がよいとされています。ゆっくり冷凍すると、時間がかかる分だけ鮮度が失われることになります。生のものを重ねて入れたり、庫内でも冷凍に時間がかかる所には置かないようにしましょう。

たこを入れた保存袋を平らにならし、金属トレーの上で冷凍すると素早く冷凍することができます。たこだけに限らず、食材を上手に冷凍する際の共通のポイントとなるので覚えておくと便利です。

冷凍したたこの解凍方法3つ

一度冷凍したたこをおいしく食べるためには、解凍のやり方、食べごろの解凍状態の見極めがポイントです。せっかく適切な保存状態で冷凍したたこでも、適当に解凍したのでは残念な状態になってしまうこともあります。

上手に冷凍保存したたこは、上手に解凍して食べることが大切です。解凍方法には次の3つのポイントがありますので、詳しくご紹介しましょう。

方法1:冷蔵庫で解凍

冷凍したたこを冷蔵庫で解凍する際には、たこを調理する4時間前までに冷凍庫から冷蔵庫に移動させましょう。これは、食べやすい大きさに切って冷凍したたこを冷蔵庫で解凍する際の時間の目安です。

大きめに切ったたこの場合は、4時間以上の解凍時間が必要となりますので、大きさに合わせて調節しましょう。また、完全に解凍してしまうと、うま味が水分と共に抜けてしまうので、半解凍で調理するのがベストだとされています。

方法2:流水解凍

冷凍したたこを流水で解凍する場合には、冷凍する際に入れた袋や容器のまま、流水に当てて解凍します。薄く切ったたこであれば30分前後で解凍でき、大きく切ったたこなら1時間前後で解凍できるとされています。

こちらの解凍方法でも、完全に解凍させてしまうのではなく、半解凍の状態まで解凍することが目安とされています。半解凍の方が調理もしやすく、料理をおいしく仕上げることができます。

方法3:凍ったまま使ってもいい

冷凍したたこは、凍ったまま調理に使うこともできます。加熱して調理する際には、たこを解凍せずに凍ったまま使い、調理の時間を短縮をすることが可能です。

食べやすい大きさに切って冷凍されていたたこは、すぐに火が通りおいしく食べることができますが、大きめに切って冷凍したたこや、生の状態で冷凍されたたこは、しっかりと加熱し、中まで火を通すように調理したほうが良いでしょう。

豊富なサイズとポップなデザインが嬉しい保存袋です

 IKEA ISTAD プラスチック袋 アソート

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

サイズが色々あって使い分けに便利です。1枚ずつ引き出しやすく、丈夫です。デザインも気に入りました。

豊富なサイズ展開と、ポップなデザインが嬉しい保存袋をご紹介します。保存袋に入れたものが、すべて同じに見えたり、ちょうどよい大きさの保存袋がなくて困ったという経験はありませんか。

そんな時にはこちらの保存袋が便利です。4種類の色とデザインで見分けやすいうえ、大きさも1.2リットル~6リットルまで4段階に分かれていて使いやすく、素材はポリエチレンプラスチック製なので冷凍にも使える丈夫な保存袋です。

冷凍したたこのおすすめレシピ4選

冷凍したたこは、冷凍しないものとほぼ変わらない状態で調理することができます。たこを使用した料理は、たこのうま味と食感をいかしたものが多く、大人から子どもまでみんなに愛されています。

たこを多めに買って冷凍しておけば、皆が好きなたこの料理をいつでも作ることができ、たいへん喜ばれるでしょう。冷凍したたこのおすすめレシピをご紹介しますので、おいしいたこ料理の参考にしてみてください。

レシピ1:たこの唐揚げです☆

カリッとしてジューシーなたこの唐揚げをご紹介します。しっかりとした味付けで、ご飯にもビールにも合いそうなたこの唐揚げです。

たこに醤油・みりん・にんにく・味の素で下味をつけ、片栗粉をしっかりとまぶして180℃の油でカラッと揚げたらでき上がりです

★材料
ゆでたこ(刺身用) 1パック
*醤油 小2
*みりん 小1
*にんにくチューブ  2センチ
*味の素 3振り
片栗粉 大2
青海苔 マヨネーズ お好みで

★作り方(15~30分)

1.ビニール袋に片栗粉を入れる。たこは大きめの乱切り。ボウルに*とたこを入れて混ぜる。10分以上おく。

2.軽く水気をきり、ビニール袋に入れ、シェイクした後、ぎゅ!っと粉を押し付けるように、まんべんなくつける。

3.粉が馴染んだら、180度の油で、カラッと色づくまで揚げる。衣がはがれやすいのであまりいじらずに1分半位。出来上がり☆
★ワンポイントアドバイス
*たこの下味は、長く漬けるほどよく味が染みます♪♪
*油が爆ぜる時があるので、あまり近づき過ぎないでね。私は蓋でガードしながら揚げてますw☆
*たこは揚げ過ぎないようにね。硬くなってしまいます☆

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/202403/recipe/1037933 |

レシピ2:たことセロリのガーリックオリーブオイル

たことセロリのガーリックオリーブオイル炒めをご紹介します。サッと炒めたたことセロリの歯ごたえが、何ともいえない噛み応えの美味しさとなっているでしょう。

フライパンにオリーブオイルを熱し、ぶつ切りのたこを入れて表面に熱が通るまで炒め、薄切りにしたセロリも加えて炒めたら、塩コショウとガーリックパウダーを振って完成です。

★材料(4人分)
たこ 150g
セロリ 1本
ガーリックパウダー 小1/2
オリーブオイル 大1
塩胡椒 少々

★作り方(5~15分)
1.たこをぶつ切りにしてキチンペーパーで水分をきり、セロリは根元の筋をピーラーで剥き、斜め薄切りにする。

2.フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、タコを炒め、表面が加熱出来たらセロリを葉ごと加える。

3.セロリにツヤが出たら塩胡椒とガーリックパウダーをふって出来上がり。
★ワンポイントアドバイス
余分な水分が出ないよう、中火でパパッと仕上げます。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/244907/recipe/1279559 |

レシピ3:たこと花びら茸の香草パン粉焼き

たことにんにくの風味がよく合うパン粉焼きをご紹介します。材料を切って耐熱皿に入れたら焼くだけの簡単さです。

耐熱皿に、ぶつ切りにしたたこ・半分に切ったミニトマト・ほぐした花びら茸を並べ、にんにく・パン粉・パセリ・塩を混ぜたものを散らし、オリーブオイルをふってトースターでこんがりと焼き色がつくまで焼いたら完成です。

★材料(2人分)
ゆでたこ(足)1本
プチトマト 2個
花びら茸 1/2袋 
にんにく(すりおろし) 1/2片分
パン粉 大さじ1 1/2
刻みパセリ 少々
塩 少々
オリーブオイル 大さじ1

★作り方(5~15分)
1.たこは、ぶつ切りにする。
ミニトマトは半分に切る。
花びら茸はほぐす。
にんにく・パン粉・刻みパセリ・塩を混ぜておく。

2.耐熱皿にたこ・ミニトマト・花びら茸を並べ、1のパン粉を散らし、オリーブオイルをふり、トースターで焼き色がつくまで焼く。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/34299/recipe/1045959 |

レシピ4:たこと大根の煮物です☆

たこのうま味が具材に広がる、ほっこりしとした煮物をご紹介します。たこは大きめに切って冷凍しておき、半解凍したものを使うとよいでしょう。

鍋に茹で玉子・水洗いしたたこ・水・みりん・砂糖・だしの素を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にして5分煮た後、下茹でしておいた大根を入れ、さらに10分コトコト煮たらでき上がりです。

★材料
たこの大きめぶつ切り 足2本分
大根の3センチの輪切り 12センチ分
ゆで卵 2~3個
*水 200CC
*だしの素 小1
*みりん 酒  醤油 各大2
*砂糖 大1

★作り方(30分~1時間)
1.大根は半分に切り、お米のとぎ汁で硬めに下茹でし、洗う。たこは軽く水洗い。鍋に*とたこ・ゆで卵を入れる。

2.落し蓋をし強火。沸騰すれば火を弱めコトコトで5分、大根を入れコトコトで10分煮る。

3.火を止めそのままおく。一度冷ますと味がしみます。食べる時に再度温めて盛り付け。出来上がり☆
★ワンポイントアドバイス
*大根は、下茹でひと手間でふっくらして味がしみやすくなるのでぜひ☆

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/202403/recipe/1037629 |

たこを冷凍して長期間おいしくいただこう

たこは鮮度が命とされる食材です。そんなたこが冷凍保存に向いている食材だという事に驚かれた方も多いのではないでしょうか。しかし、冷凍保存をすれば、今までのように「早く食べなければいけない」と慌てずに済みます。

これからは、安売りの日に多めにたこを買ってきて冷凍保存しておき、たこのレシピを長期間楽しむことができます。ヘルシーで栄養たっぷりのたこを使って、おいしく健康なレシピ作ってみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

たこは長期保存ができないと考えていた人も、これからは鮮度を気にすることなく長期間の保存ができるのですから、冷凍保存を利用しない手はないでしょう。上手に冷凍保存ができたら、たこを使ってどんな料理を作りたいですか。

たこのレシピに迷った時には、おすすめのたこのキムチや、たこのパスタなどはいかがでしょうか。たこ料理の参考になる情報を以下にご紹介していますので、ぜひごチェックしてみてください。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ