Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープは冷凍して便利に使えます

たくさん作ってしまったスープは冷凍して保存しましょう。スープづくりは時間と手間がかかるものも多く、なかなか作ることができない方もいるのではないでしょうか。時間がある時にスープを作っておけばそのまま温めて食卓に出すことはもちろん、調理にも使えます。

意味ではスープを冷凍した食品もスーパーなどで手に入れることが可能なのでストックできる食材としてキープしておくと便利でしょう。

スープを冷凍するメリット

スープを冷凍するメリットは 調理の手間を省けることが一番でしょう。一からスープを作るとなると、具材をカットし、炒めたり煮たり、ミキサーにかけたりと行程も複雑で時間もかかります。 特にスープは煮込めば煮込むほど美味しいものなので、なかなか作るのには時間を要します。

スープを冷凍しておけば使いたい時にすぐ使うことができ、また小分けにしておけば調理に使ったり 赤ちゃんの離乳食に使うことも可能です。

具材だけを冷凍しておいても便利

スープなどによく使う野菜は冷凍しておいて使うと時間短縮ができることがあります。特に野菜は冷凍保存しておくと余計な水分が抜け調理をする時に早く火がとおりやすかったり、余計な水分が出ず旨味が凝縮したりすることもあります。

かぼちゃやサツマイモなどポタージュによく使われる具材は先にペーストにして冷凍保存しておくとすぐ使えて便利です。葉物野菜は細かくカットしてそのままスープに入れるとスピード調理できます。

スープを冷凍するときのポイント

スープを冷凍する時は ポイントを押さえて、上手に冷凍しましょう。スープを冷凍する時に気を付けなければいけないことは冷凍する方法と冷凍する期間です。適当に冷凍してしまうとせっかくの美味しいスープの味が落ちたり、場合によっては食べることが駄目になってしまうこともあります。

ここからはスープを冷凍保存する上で大切なポイントを4つ紹介します。しっかり押さえておきましょう。

ポイント1:熱いまま冷凍しない

スープは熱いまますぐ冷凍庫には保存しないようにしましょう。業務用の急速冷凍庫があるなら話は別ですが、家庭用の冷凍庫ではすぐにスープが凍るということはありません。

熱を持ったままのスープを冷凍庫にそのまま保存してしまうと、冷凍庫の温度が上がってしまい他の食品を傷めてしまったりすることがあります。 冷たくなるまで待つ必要はありませんが人肌に冷めるまでは放置しておき、冷めてから保存するようにしましょう。

ポイント2:作ったその日に冷凍する

作ったスープは必ずその日に冷凍するようにしましょう。スープを作って一晩放置し朝に直そうと思う方もいるでしょう。でも、それは食中毒の原因になってしまう場合があります。 食中毒を起こす細菌は20℃から50℃がもっとも繁殖しやすいと言われています。

また長く放置してしまうとスープの風味が抜けてしまい、味が落ちてしまうこともあります。 美味しくスープを楽しむためにも、その日のうちに保存するようにしましょう。

ポイント3:密封容器を使う

スープを冷凍保存するときは必ず密封容器を使うようにしましょう。一番使いやすいのは密閉できるジッパー付きの冷凍保存袋です。 一食分ずつ小分けでき、そのまま お湯や電子レンジで温めて使うことも可能です。

スープは平らにして保存することでストックもしやすくなり、表面積が広くなることで早く冷凍することが可能です。また、保存袋なら平らに保存することでスペースも確保しやすく数を収めることもできるのでとても便利です。

ポイント4:早めに食べきる

スープは冷凍保存できますが、なるべく早めに取り切るようにしましょう。もともと冷凍スープとして スーパーなどで売られているものとは違い、自分で作って冷凍スープの消費期限はおよそひと月ほどです。

スープの材料にもよりますが、ものによってはもう少し早い間に食べ切った方がいいものもあります。特に具材が入っているスープは、あまり日持ちもしないのでなるべく早めに消費するようにしましょう。

冷凍できるスープのレシピ4選

ここからは冷凍できるスープのおすすめレシピを4つ紹介します。スープは冷凍保存しておくと忙しい朝などにとても重宝します。その中でもストックにすると美味しく便利なスープです。

寒い日の朝はスープを食べることで体が温まり、動きやすくなります。特に野菜たっぷりのスープはそれだけでも朝食人気なるのでぜひ、ストックしておきましょう。

レシピ1:冷凍スープ

たくさんの野菜が入った具だくさんのスープです。野菜は冷蔵庫にある、あまった野菜で作れます。中途半端に残っている野菜を使って冷蔵庫の整理+スープストックをしましょう。

豚肉や鶏肉以外ではベーコンなどを使ってもいいでしょう。野菜はすべて小さくカットしましょう。大きく勝つしてしまうと上手に冷凍保存できません。小口切りやさいの目切りをしましょう。

材料(2人分)
玉ねぎ 適量
ネギ 適量
人参 適量
大根 適量
ジャガイモ 適量
パプリカ 適量
ブロッコリー 適量
葉っぱ系(キャベツレタスほうれん草) 適量
豆 適量
きのこ 適量
卵 適量
豚肉や鶏肉 適量

★作り方(5~15分)
1.冷蔵庫にある消費したい材料の全てをさいの目切り、小口切りにする。ブロッコリーも細かくカットする。葉っぱは大きめでもOK。
2.気持ち固めに茹でてコンテナジップロックに1人前づつ入れる。スープで具材が隠れるように整え冷凍する。
3.食べたい時にレンジでチン。目安は1ヶ月以内ぐらいかな。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/144116/recipe/1024567 |

レシピ2:つぶつぶコーンポタージュ

コーンスープは子供も大好きなスープの定番です。コーンスープは粉を溶かして作る物もありますが、1から作ったコーンスープに比べれば全体的に薄く感じる方もいるのではないでしょうか。

コーンスープは作るのに煮込み時間がどうしてもかかるので、時間のあるときにたくさん作って冷凍保存しておくといつでも美味しいコーンスープを楽しめます。レトルトではない、とろっしたコーンスープは体も温まって美味しいでしょう。

(4〜5人分)
玉ねぎ......................1個
バター.......................10g
A牛乳.......................400ml
Aコーンクリーム缶....2缶(380g)
塩.............................小さじ1/4
コーン(ホール)...........100g

1 玉ねぎは半分に切り薄切りにする

2 鍋にバターを入れて中火にかけ
玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める
3 Aを加えてひと煮立ちさせ火を止め
ブレンダーなどで攪拌し
ザルなどで濾して鍋に戻し入れ
塩、コーンを加えて弱火で混ぜながら
温め直して出来上がり♪

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/115170/blog/16904803 |

レシピ3:ミネストローネ 飲むホット野菜

トマトがしっかりきいたミネストローネはおもてなしですぐ出せば、食卓も華やかになるでしょう。ミネストローネはトマトや野菜を、しっかり煮込んだ具だくさんのスープです。鮮やかなトマトの赤は食卓に彩りを添えてくれます。

また、ミネストローネはアレンジしやすいスープです。レシピにあるようにショートパスタを入れればランチにできたり、パンを添えれば写真のような仕上がりになります。

材料(4人分)
チョップドトマト 1缶
オリーブオイル 大匙3
赤ワイン 45ml
コンソメスープ 適量(好みの濃さに調節)
塩、コショウ 適宜
GABAN ブーケガルニ 1ティーバック
ハム 3枚
紫玉ねぎ 1/2個
人参 1/2本
冷凍グリンピース 1/2カップ
ぶなしめじ 1パック

★作り方(15~30分)
1.ハムは適度に小さく切り
しめじはほぐし
玉ねぎと人参はスライス
しておきます
2.鍋にトマト缶、オリーブオイル、赤ワインを入れ中火でアルコール分を飛ばしたら
弱火にし、10分ほどかき混ぜながら煮詰めます
3.2に他全ての材料を入れ、中火で煮込み
人参と玉ねぎが柔らかくなったら、ブーケガルニを取り出し、火を止め
ハンドブレンダーで好みの滑らかさにします。(我が家は少しつぶつぶが残る程度)
4.お好みでショートパスタを追加すると
腹持ちもばっちり(その場合、あらかじめ茹でたショートパスタを入れ、再び弱火でひと煮たちさせます)
写真は、ブラックオリーブのスライスと、ロメスコソースで顔をかき
焼いたフランスパンと
ガーリックオリーブオイルを添えています

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/84505/recipe/851681 |

レシピ4:冷凍保存のピー&レタススープ

グリーンピースが苦手な人もスープにすれば楽しめます。ピーはグリーンピースのピーでレタスと合わせて食物繊維たっぷりのグリーンスープを作りましょう。

グリーンピースは苦手という方は結構います。青臭さや歯ごたえに苦手意識が出る方が多いです。このレシピではグリーンピースや、他の野菜を全てミキサーにかけるので苦手な方でも、食べやすくなります。青臭さが苦手な方におすすめです。

パンチェッタまたはブロックベーコン、細かく刻む...80~100g
たまねぎ、適当な大きさに切る...中1個
レタス、ざっくりと切り分ける...2分の1個
冷凍グリーンピース、解凍しておく...300~350g
チキンストックまたはコンソメスープ、パッケージの分量を湯でとく...1リットル
塩こしょう...適宜
刻みネギ...少々(お好みで)

<作り方>
1.キャセロール鍋に油をひかずにベーコンを炒める。ベーコンからしっかり湧き出た出て全体にカリッとするまで炒める。炒めたベーコンはキッチンペーパーの上に取り出し、余分な脂を取り除いておく。

2.ベーコンを炒めた鍋でたまねぎを炒める。ベーコンから湧き出た脂だけでは足りないようですあれば、少しサラダ油(分量外)を加える。

3.ベーコンの脂だけでたまねぎを炒めると、すぐに鍋底が焦げ付いて来るので、鍋底の色が濃くなりだしたら、レタスとグリーンピースを加え、鍋底の焦げ目を拭くようにしながら3~4分炒める。

4.3にスープを加える。煮立ったら火を弱め蓋をして、30~40分じっくりと煮込む。

5.4を火からおろし10分程度あら熱をとる。バーミックスを使って撹拌し、スムーズなリキッド状にする。

6.5を再び火にかけ、1で炒めたベーコンを戻す。塩こしょうで味を整え煮立ったら出来上がり。熱湯で温めておいたスープ皿に注ぎ、お好みで刻みネギをガーニッシュする。

出典: http://s.recipe-blog.jp/profile/16787/blog/12761595 |

液体も保存可能なおすすめの冷凍保存パック

GEEKHOM 食品収納袋 保存バッグ 鮮度長持ち 密封袋 液体保存 冷凍・真空保存 キッチン用品 電子レンジに適用 繰り返し使える シリコーン製 1000ml 23*18CM (4枚)

Amazonで見る

口コミ

ネットで見て一目惚れして購入しました。凄く可愛いです、冷蔵や冷凍で使えます。冷蔵した程度なら使い回しも。 しかも4枚入ってるので、お得です。

スープのストックに適した保存パックです。このまま電子レンジでチンできるので忙しい朝に重宝します。また、真空保存できるので鮮度を保ったまま冷凍保存してくれます。繰り返し使えるので経済的です。

冷凍保存はタッパーでもいいですが、場所を取ってしまうためストックできる数が限られます。この商品は袋なので、平たくして保存すればスペースをたっぷり確保できます。

冷凍スープの解凍手順

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

冷凍保存したスープは効率よく解凍しましょう。冷凍保存のスープは保存方法によって解凍手順は違います。また、手順を守って解凍しなければ味が落ちたり、風味が損なわれたり、場合によっては傷んでしまうこともあります。

解凍手順の方法は次の2つです。保存方法に適した解凍手順をしっかり踏まえて、スープを美味しく食べましょう。

手順1:半解凍させる

スープは食べる前日に冷蔵庫で半解凍しておきましょう。氷水で半解凍してもいいでしょう。手で触ってかき氷ぐらいの硬さになったら、ある程度崩しておきましょう。

触った感触はシャリシャリとした感触です。朝、スープを使うときは寝る前に冷蔵庫に入れておくと半解凍できます。

手順2:鍋や電子レンジで温める

半解凍したスープは鍋や電子レンジで温めましょう。電子レンジで解凍する場合はお皿に平たく盛って、鍋には袋ごとゆっくりと解凍していきます。あまり急いで解凍すると具が変色したり、固くなったりすることもあるのでできるだけゆっくりと解凍しましょう。

冷凍スープで手短に食卓をいろどりましょう

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

時間のある時にたくさんスープを作ってストックしておきましょう。スープづくりはどうしても時間がかかるので、なかなか作ることができません。時間がある時にスープを作って冷凍保存しておけば時短になるし、いつでもスープを楽しむことができます。

スープはそれだけでも一品になり、パンと一緒にすれば朝食にできます。スープをアレンジしてランチにしてもいいでしょう。冷凍スープは時短でいろんな楽しみかたができます。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

スープは保存もいいですが、作ったその日に食べるのが一番美味しいでしょう。下記の記事では鶏肉を使ったスープの素敵な記事が紹介されています。

その中にはストックできるレシピもあるので、ぜひスープづくりの参考にしてください。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。
料理
2019年01月26日
ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵