Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げの冷凍とは

油揚げは冷蔵庫では3日くらいしか持たないです。使おうと思ったら、傷んでいたではもったいないです。

油揚げは冷凍保存しても食感は損なわれず「最も冷凍保存に向いている食品」だといっても過言ではありません。

みそ汁の具にはもちろんですが、白菜と油揚げを少量の出汁と醤油で煮るだけでもとても美味しい1品になります。いざという時にとても便利ですから、良い状態で常に冷凍庫にストックしておきましょう。

油揚げを冷凍するのは油抜きの前?後?

結論からいうと、どちらでもOKですが、油抜きをしてから冷凍する方法がお勧めです。その方が保存期間が長くなります。油抜きしないで冷凍すると1週間から10日ほどで、油抜きをしてから冷凍すると3週間くらい持ちます。

冷凍ですから腐るということはありませんが、酸化した油は体によくありません。できれば
3週間を目処に早めに使い切るようにしましょう。

油抜き前の油揚げの冷凍方法と保存期間

油抜き前に冷凍する場合は、買ってきたらそのまま冷凍保存することができますが、油が酸化しやすいため、保存期間が短く、1週間~10日くらいでしょう。熱湯をかけて油抜きをしてから使いましょう。

原材料に植物油と書かれていることが多いですが、植物油はピンキリです。お勧めは「こめ油」です。クセがなく、抗酸化力が優れており別名「若返りの油」とも言われています。

新鮮なこめ油で揚げた油揚げは、油抜きも不要です。

油抜き前に冷凍する方法

油抜きをする前に冷凍します。買ってきてそのままを、さらにプラスチックの袋に入れて密閉し、冷凍するだけなので簡単ですが、この方法だと酸化が早いので1週間程度を目処に使い切るようにしましょう。

調理の前には油抜きが必要です。油抜き不要という商品もありますが、やはり油抜きはしたほうがいいでしょう。味がしみ易くなりますし、古い油(酸化した油)の一部を落とすこともできます。またカロリーダウンにもなります。

1:切るかそのままラップする

油抜きをする前にそのままラップして冷凍するか、切ってから小分けしてラップし、さらにタッパーウェアなどに入れて密閉し冷凍保存します。

いずれも油抜きはしていない状態なので、使う時に熱湯をたっぷりかけて油抜きをしましょう。しかし、油揚げは鮮度のいいこめ油で揚げたものなら酸化しずらいので、油抜不要と書かれています。安心して食べられる品質の良い油揚げを選ぶようにしましょう。油抜きをすればさらに安心です。

2:冷凍庫に入れる

買ってきた油揚げを冷凍庫に入れて保存しますが、油抜きしてないのであまり日持ちがしません。

日付を目立つように記入し冷凍庫に入れ、新しいものを奥に入れるなど、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

こめ油(米ぬか油)で揚げた油揚げは、抗酸化力に優れ、非常に酸化しずらいので、そのまま冷凍しても3週間位は持ちます。調理前に油抜きしても、しなくてもOKです。味をしませるためには冷凍後に油抜きをします。

油抜き前に冷凍する保存期間

油抜きをする前に冷凍保存をすると、酸化した油が残ったままなので、腐るわけではありませんが、冷凍保存といえども1週間~10日くらいとあまり日持ちはしません。

できるだけ1週間を目処に使い切るようにしましょう。

ただこめ油(米ぬか油)で揚げた油揚げは、抗酸化力に優れ、酸化しずらいので、そのまま冷凍しても3週間位は持ちます。油抜き不要ですが、調理前に油抜きしてもいいです。こめ油で揚げたものを使いましょう。

油抜き後の油揚げの冷凍方法と保存期間

油抜きしてから冷凍すると保存期間は倍くらいに延びますので、この方法がお勧めです。

コツとしては、油抜きの後によく水分を拭いてから、冷凍しましょう。解凍後に使う時にも、しっかり水分を拭きとるようにしましょう。このひと手間で美味しさが全然違ってきます。

美味しいと喜ぶ家族の顔を思い浮かべて、丁寧に調理しましょう。

油抜き後に冷凍する方法

買ってきたらすぐに、冷凍する前に油抜きを済ませてしまいましょう。その方が、倍くらい保存期間が延びます。

その後、水分をよく拭きとります。ラップして、さらにタッパーウェアのような密封容器に入れて冷凍保存します。

この方法だと、油抜きが済んでいるので、調理の時にすぐに使えて便利です。

1:油抜きする

1.油揚げをざるにのせ、両面にたっぷり熱湯をかけます。

2.鍋に熱湯を入れ、その中に油揚げを入れて2、3度振ります。この方法の方が1.のざるを洗うより、後片付けが楽です。

3.鍋に油揚げを入れ、2~3分煮だす方法もあります。稲荷ずしなどには味がよくしみていいでしょう。この方法だと、酸化した油がかなり少なくなるので、ダイエット中の方には特にお勧めです。

2:水分を取る

熱湯で油抜きをした場合、キッチンペーパーなどで念入りに水分を拭きとります。このひと手間がコツです。

1回分づつ小分けしてラップし、さらに臭いが移らないようにするため、ジップロックやタッパーウェアなどに入れて密閉してから冷凍保存します。

水分を拭きとらないと美味しくないです。冷凍する前にも、解凍後にも水分をしっかり拭き取りましょう。これがコツです。このひと手間で美味しいか不味いかが決まります。

3:切るかそのままラップする

油抜きをしたら、よく水分を拭きとってから、そのまま1枚づつラップしてもいいですし、用途に合わせて切ってからラップし保存すると、切らずにそのまま調理できて便利です。

さらにジップロックやタッパーウェアなどに入れて、冷蔵庫の臭いが移らないように密閉してから冷凍保存しましょう。美味しくいただくためのひと手間です。

4:冷凍庫に入れる

油抜きをしてから冷凍する場合には、冷凍庫に入れる前に必ず水分をよく拭き取るようにしましょう。

また油揚げに冷凍庫の臭いなどが移らないようにするために、ラップしてから、さらにジップロックや密閉容器などに入れて冷凍庫に保存しましょう。

美味しくいただくためのひと手間を惜しまないようにしましょう。

油抜き後に冷凍する保存期間

油抜き後に保存する期間は、油抜き前に冷凍するより少し長くなり、2~3週間ほど保存することが可能です。ですから、この方法をお勧めします。またこの方法ですと、調理する時にすぐに使えて便利でもあります。

用途に合わせて切り小分けにしてから冷凍保存すれば、そのまま使えてさらに便利です。

こめ油(米ぬか油)で揚げた油揚げは、酸化しずらいので、そのまま冷凍しても3週間位は持ちます。

タイシの「日光国産油揚」は、こめ油で揚げています

タイシの日光国産油揚げ2枚入り

Amazonで見る

国産大豆をこめ油で揚げている油揚げで2枚入りです。他に肉厚で大きい1枚入りの「日光国産いろは揚げ」もあります。

米ぬかから絞ったこめ油は、抗酸化力がビタミンEの50~60倍といわれるスーパービタミンE(トコトリエノール)を多く含み、「若返りの油」ともいわれています。

新鮮なこめ油で揚げていますので油抜きは不要ですが、カロリーを気にされる方、稲荷ずしなどよく味がしみた方がいい料理には油抜きをしましょう。

油揚げを使ったおすすめレシピ5選

上記画像は、油揚げをピッツァの生地に使っている糖質オフのメニューです。その上にピッツァソース、チーズや薄く切ったお好みの具材を載せるだけで、フライパンでできる簡単メニューです。ぜひお試しください。

もっとたくさんのメニューをご紹介したかったのですが、以下、ヘルシーな油揚げを使った厳選5種類ですので、ぜひとも作ってみてください。ご家族の健康のために、「こめ油で揚げた油揚げ」をお勧めします。

レシピ1:かぶと油揚げの煮物

旬のかぶが手に入ったら作りたい、簡単で油揚げのうまみがかぶにしみ込んで美味しいです。かぶの葉は最後に入れましょう。美しいみどりとシャキッとした歯ごたえが楽しめます。

かぶは、みそ汁に入れても煮ものでも漬物にしても本当に美味しいです。油揚げとの相性も抜群です。作り方はとっても簡単ですし、シンプルで美味しいです。かぶが一番おいしい時期、春(3-5月)と秋(10-11月)には、ぜひ作ってみましょう。

<材料> 2人分

・かぶ…6個
・油揚げ…1枚

・だし汁…1/2カップ
・みりん…大さじ1
・薄口醤油…大さじ1
・塩…少々

<作り方>
1.かぶは皮をむき、さっと下ゆでする。
油揚げは湯通しし、水気をきる。

2.だし、みりん、醤油で煮含め、塩で味をととのえる。

出典: https://blog.goo.ne.jp/subarasikiseikatu/e/e8e0b162235d3d... |

レシピ2:油揚げの巾着煮☆

具だくさんで栄養、ボリューム満点、美味しく食べて体にも良い1品です。

美味しさが無くなってしまうので、ごぼうのあく抜きは不要です。砂糖は使わず「本みりん」にしましょう。

爪楊枝で口を止めていますが、少し長めのスパゲティで代用すれば、そのまま食べることができます。

材料
鶏ひき肉 200g
ごぼう 1/2本
にんじん 1/2本
長ねぎ 20cm
椎茸 3個
ひじき(乾燥) 大さじ1
うずら卵(ゆでたもの) 10個
油揚げ 5枚
★だし汁 5カップ
★醤油 大さじ4
★酒 大さじ3
★みりん 大さじ3
★砂糖 小さじ2
★生姜(すりおろし) 小さじ2

作り方
1.
鶏ひき肉は塩・胡椒少々(分量外)をふって混ぜる。
ごぼう・にんじんは3〜4cm長さの千切りにし、それぞれレンジで加熱して少ししんなりさせる。
長ねぎは小口切り、椎茸は石づきを取りみじん切りにする。
ひじきは表示時間通りに水につけて戻し水気をきる。
油揚げは熱湯をかけて油抜きし、半分に切って中を開いて袋状にする。

2.
ボウルに鶏ひき肉・ごぼう・にんじん・長ねぎ・椎茸・ひじきを入れてよく混ぜる。10等分にする。

3.
油揚げに2とうずら卵1個を詰めて、爪楊枝で口をとめる。同様に残り9個作る。

4.
鍋に★を入れて強火にかけ、煮立ったら弱火にして3を並べ入れ、落し蓋をして15〜20分煮る。

5.
器に盛る。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/66737/recipe/1010298 |

レシピ3:お揚げの生姜醤油がけ

最もシンプルで簡単だけど美味しく、すぐに作れるので、あと一品欲しい時や酒の肴にも最高です。生姜とネギでサッパリといただきます。両面を網で焼いて、おろし生姜ときざみネギだけ、焼きたての熱いうちに醤油をかけていただきましょう。

タイシ食品の「日光いろは浮かし揚げ 1枚入り」がこの料理には特にお勧めです。適当に肉厚で大きいサイズの油揚げです。こめ油で揚げているので、油抜きしないでカリっと焼きましょう。

材料 (2人分)
薄揚げ 1枚(10×20cm)
生姜(すりおろし) 1片
万能ねぎ(小口切り) 2本
醤油適宜

作り方
1
薄揚げの両面を網でお好みに焼く。

2
生姜と万能ねぎをのせ、醤油を回しかけたら出来上がり☆

出典: https://cookpad.com/recipe/4529805 |

レシピ4:切り干し大根の煮物☆基本マクロビおかず

切り干し大根、油揚げ、人参のレシピ、マクロビで必ず覚えてほしい基本のおかずです。調味料は、油と醤油だけで美味しい切り干し大根ができます。冷凍保存も可能なので常備菜として最適です。

砂糖を使っていないとは思えないほど甘く仕上がります。コツは、必ず切り干し大根の戻し汁を使うこと、5分くらい戻し汁だけで煮ること、その後、しょうゆを入れて煮ますが、少し焦げ始まったくらいで火を止めると最高に美味しくできます。

材料
切り干し大根1/2カップ
たまねぎ1/4カップ
人参1/4カップ
油揚げ1/2枚
お醤油小さじ1〜
切り干し大根の戻し汁適宜

作り方
1.
切り干し大根をたっぷりの水に入れて戻します。

2.
たまねぎを薄く回し切りにします。人参は細い千切りにします。

3.
切り干し大根がもどったら、食べやすい大きさに切ります。油揚げも細い千切りにします。

4.
お鍋にたまねぎ、切り干し大根、人参を重ねていれ、切り干し大根の戻し汁を含めて2カップの水をいれます。

5.
蓋をしてクツクツと煮込みます。人参がやわらかくなったのを確認したら、油揚げを加えます。

6.
ひと煮立ちしたら、煮汁を味を確認し、お醤油をいれます。このとき煮汁にお醤油を加えましょう。

7.
全体を混ぜ合わせるイメージで天地返しをします。

8.
煮汁が少なくなるまでクツクツの火加減で煮込んで出来上がり。

出典: https://cookpad.com/recipe/3062520 |

レシピ5:我が家の絶品いなり寿司

油揚げといえば、「稲荷ずし」です。甘辛く煮た油揚げのお寿司です。一時コンビニの「おいなりさん」が大変な人気でした。油揚げを甘辛く煮て、酢飯を詰めるだけの簡単寿司ですが、お弁当にも最適なメニューです。

酢飯に人参、レンコン、生姜、いりごまなどを入れてちらし寿司風にしても美味しいです。砂糖に黒糖を使ったり、お揚げを裏返して詰めたものもあります。

簡単で安上がり、おいしいくてヘルシーな人気メニューです。

材料
油揚げ
5枚
★砂糖
大さじ2〜3
★みりん
大さじ2
★醤油
大さじ3
★水
200cc

1
油揚げを半分に切り油抜きをします。ザルに油揚げをいれてお湯をかけるだけでいいです。

2
鍋に★の材料を入れて一煮立ちさせて油抜きをした油揚げを入れます、その際に少し絞ってから入れて下さい。

3
中火よりも少し弱めの火で10分程煮ます。10分たったら火を消して蓋をして味をしみこませます。

4
ある程度冷めたら油揚げを軽く絞ってから酢飯を詰めて出来上がり。

出典: https://cookpad.com/recipe/2832929 |

油揚げの冷凍方法を知って上手に保存しよう

油揚げは、最も冷凍に適した食材です。上手に冷凍して便利に使い切りましょう。油揚げには簡単なメニューも幾つかあります。1品足りない時にも、油抜きしてあるものが冷凍されていれば、すぐに使えて便利です。

国産大豆を使い、こめ油(こめぬか油)で揚げたものは油抜き不要で最高品質です。冷凍保存なので腐ることはありませんが、油の酸化を考えて、3週間を目処に使い切るようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

油揚げは大豆から作られていますから、とても健康的な食品です。大豆には「イソフラボン」が含まれていますが、女性には特にうれしい働きがあります。女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをしてくれ、若さ美しさをサポートしてくれます。

女性は加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少し、更年期や閉経を迎え、「更年期障害」と呼ばれる心や体のトラブルが多くみられますが、大豆イソフラボンは、トラブルを予防してくれます。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵

ゆで卵を多めに作って余ってしまったことはありませんか。冷めたゆで卵を温めて食べたいですよね。この記事では、ゆで卵が電子レンジで爆発することなく、温められる方法をまとめています。また、一から電子レンジでゆで卵を作る方法もあります。必見です。
料理
2019年01月26日
ゆで卵を電子レンジで温める2つの方法|レンジで作るゆで卵