Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

食べられる山菜の種類12種|山菜を使ったおすすめレシピ5選

山菜の種類は「いくつ」と限定することはできません。自然界にはまだまだ、知られていないけれど食べられる山菜の種類が、たくさんあるに違いありません。まずは先人が食用可能と証明してくれた種類を知って、山菜の美味しさを楽しんでみましょう。

食べられる山菜の種類12種|山菜を使ったおすすめレシピ5選

山菜とは

山菜とは、何らかの形で食用として利用できる山野草のことですが、日本に自生する山菜の種類は多く、採れる旬は春夏秋冬にまたがっています。

昨今家庭で食べられている野菜も、かっては山菜でしたが、食用として人の手によって栽培・改良されるようになったものもあり、野菜と山菜の種類が区別されています。山菜の歴史上の変化では、「あざみ」などのように、平安時代は栽培されていたものが、野生に戻った種類もあります。

山菜の旬

山菜とは野山に自生する、食用になる種類の野草のことですが、種類によって旬が違います。代表的な旬の山菜(種類)は次のとおりです。

1.セリ(1月~4月)
2.蕗のとう(2月~5月→冬から初春にかけて)
3.わらび(5月上旬〜6月下旬)
4.ウワバミソウ(4月~10月)
5.山ワサビ(10月~11月)
6.アサツキ(12月~3月)
7.ノビル(鱗茎は1年中)

以上がそれぞれの旬に収穫される代表的な山菜です。

山菜の種類

山菜の種類は、春が旬のもの、夏が旬のもの、秋が旬のもの、冬が旬のものという分け方と、根菜類や葉類や果菜類、きのこ類や香辛類といった種類の分け方があります。

1.山ウド(根菜種類)
2.せり(葉種類)
3.あけび(果菜種類)
4.あみたけ(きのこ種類)
5.山椒(香辛種類)

以上がそれぞれの代表的な山菜です。

山菜の種類35種

山菜の種類はたくさんありますが、ここでは比較的名前の知られている種類を取り上げ、その特徴や食べ方などを紹介していきます。

ここで紹介する山菜は、田舎ではよく見かける35種類になりますが、都会でも目にする機会のある種類もあるでしょう。もし食用として採ろうと考えた時は、種類を間違えないこと(似た種類で毒性のものもある)や、周りで除草剤などを散布した形跡がないかなどを確認して採るようにしましょう。

山菜1:カタクリ

カタクリの種類はユリ科カタクリ属に属し、葉はチューリップの葉に似ていて、花は濃い紫色や赤みがかった紫、土地によっては白い花を咲かせる種類もある山菜です。

かってカタクリから抽出したデンプンを片栗粉として使用しましたが、天然の片栗粉の量は減少しています。食用部分は葉や花ですが、クセがないのでサッと茹でた後、「ゴマ和え」にしたり「お浸し」にしたり、後は「天ぷら」や味噌汁の具にしたりして食べられています。

山菜2:のびる

「のびる」は、ユリ科ネギ属の多年草で、繁殖力の強い種類の山菜です。のびるは臭いがキツイということで敬遠されていた時期もありましたが、最近は酢のものや、お浸しとしての食感が好まれていますし、天ぷらも美味しいと好評です。

ラッキョウのような根の部分は甘みがあり、醤油漬けにして食べられることが多い山菜です。

山菜3:ふきのとう

蕗のとうの種類はキク科フキ属の多年草で、日本原産の山菜の一つであり、全国どこにでも自生しています。

古くから食用として利用され、春の味覚としても良く知られています。天ぷらで食べるのが一般的ですが、独特の苦みと香りがあるので、香辛料としても利用される山菜です。

山菜4:タラの芽

たらの芽の種類は、タラの木(ウコギ科の落葉低木)の新芽で、天ぷらやゴマ和えなどでいただくことの多い山菜です。

たらの芽は「山菜の王様」と呼ばれるくらい、ポリフェノールを豊富に含んでいて栄養価も高く、名前を知らない人がない位良く知られていますが、天然物は貴重で、スーパーなどで見かけるものはほとんど「栽培されたもの」です。

山菜5:コシアブラ

山菜として食用にする「コシアブラ」の種類は、ウコギ科ウコギ属の落葉高木の新芽になります。最近は「タラの芽」よりも人気がある位、「通」に愛されている山菜で、たらの芽と同じくアクがありますが「山菜の女王」とも呼ばれています。

以前この木の樹脂を絞って濾したものを、塗料として使っていたのが名前の由来といわれています。天ぷらにするのが一番ポピュラーですが、アク抜きしてお浸しや胡麻和えで食べても美味しい山菜です。

山菜6:ゼンマイ

「ゼンマイ」の種類はゼンマイ科の多年生シダ植物で、不溶性食物繊維(腸の働きを整え、便通を良くする)などがたくさん含まれているので、健康食材としても見逃せない山菜です。

ゼンマイには男ゼンマイ(形が丸い)と女ゼンマイ(形が扁平)があり、女ゼンマイの方が美味しいといわれています。ゼンマイはアクがとても強いので、アク抜きが必須です。山菜ご飯にしたり、ナムルにしたり、煮物にしたりと食べ方はいろいろあります。

山菜7:ワラビ

ワラビの種類はシダ目コバノイシカグマ科の野草ですが、根茎から採れるデンプンは「ワラビ粉」として、わらび餅などに利用されています。

ワラビはアクが強いので、食用として使用する場合は必ずアク抜きが必要です。藁を燃やした灰を使ってアク抜きするのが一番良いといわれていますが、綺麗な灰は中々手に入らないので、重層などの炭酸でアク抜きをすると良いでしょう。お浸しや漬物、味噌汁や野菜ご飯に使われることの多い山菜です。

山菜8:山ウド

山うどの種類はウコギ科タラノキ属の多年草で、独特の香りを持った山菜です。山ウドは日当たりのよい場所や半日陰の傾斜地などに自生し、大きいものだと1.5mくらいになります。

本来は捨てるところのない山ウドですが、大きくなり過ぎると食べるところがなくなり、「ウドの大木」という言葉の由来にもなっています。ウドの根を乾燥させたものを煎じて飲むと、頭痛や顔のむくみに効用があるといわれ、薬用としても使われる山菜です。

山菜9:ウワバミ草

ウワバミ草の種類はイラクサ科ウワバミソウ属に分類される多年性植物で、名前の由来は、ウワバミ(大蛇)の住みそうな所に生える草、という意味だという説があります。

ウワバミ草は4月~6月に緑白色の小さな花をつけ、秋には葉の根元が肥大してむかごとなり、このむかごも食べられます。食用部分は主に茎ですが、アクもクセもないので、お浸しや和え物、炒め物や煮物や味噌汁の具などに使われます。

山菜10:ハコベラ

はこべら(ハコベ)は春の七草の一つで、ナデシコ科ハコベ属になり、一年草のものもあれば越年草のもの、多年草のものもあり、自生する土地によって変わりますが、春の七草に入るハコベラは、コハコベやミドリハコベを指しています。

繁殖力も強く雑草として扱われることの多いハコベは、若葉や花や根を食用としますが、整腸効果もあるので、和えものやサラダで食べても、リンゴなどと一緒にジュースにしても美味しくいただけます。

山菜11:ナズナ(ぺんぺん草)

ナズナはペンペン草とも呼ばれ、種類はアブラナ科ナズナ属に入る越年草で、春の七草の一つになっている山菜です。ペンペン草の名前の由来は、三味線の音を「ペンペン」と表現することがありますが、ナズナの果実が三味線の「バチ」に似ている所からきているという説もあります。

水菜のようにシャキシャキした食感が特徴のナズナは、茹でて胡麻和えにしたり、お浸しにしても美味しい山菜です。

山菜12:ハハコグサ(ゴギョウ)

ハハコグサ(ゴギョウ)は、キク科ハハコグサ属の越年草で、春の七草の一つになっていますが、食用部は茎葉の新芽になります。

平安時代以前は草餅の材料として使われましたが、「ハハコグサ」という名前なので、母と子を臼で搗くというのは良くないということで、ハハコグサの代わりにヨモギが使われるようになったという説もあります。ハハコグサ全体を天日干しして、お茶として飲むと、咳止めの効果があるといわれています。

山菜13:田平子(仏の座)

田平子(タビラコ)は別名を「仏の座」ともいい、種類はキク科オニタビラコ属に入る越年草で、この山菜も春の七草の一つです。

田の畔(あぜ)などに生える山菜で、若葉を茹でて食用にします。見た目はタンポポに似た花を咲かせますが、藪タビラコ、コオニタビラコ、オニタビラコがあり、山菜として食用になるのはオニタビラコです。

山菜14:イタドリ

イタドリはタデ科の多年生植物で、生命力の旺盛なことで知られる山菜です。若い茎は柔らかいので、食糧難だった戦時中は、田舎の子供達は生で塩をつけて食べたり、大人も塩漬けにして、漬けものとしてご飯のお菜にしました。

イタドリの別名はスカンポで、地方によっても呼び名が違い、イタズリ(高知県)、さしぼ(秋田県)などと呼ばれます。秋田蕗に似た食感があるので、皮をむき煮物としても食べられる山菜です。

山菜15:つくし

山菜として食用にするつくしは、スギナの胞子茎のことで、スギナの種類はシダ植物門トクサ綱トクサ目トクサ科トクサ属になります。

スギナは雑草としては嫌われ者で、生命力と繁殖力の旺盛さで、難防除雑草に指定されていますが、つくしは山菜としては抗酸化成分(βカロテンやビタミンEなど)を多く含む、栄養価が高い山菜として知られています。つくしはアクが強いので、アク抜きをしてから、きんぴらなどでいただきます。

山菜16:セリ

セリは種類としてはセリ科に入る多年草で、別名をシロネグサ(白根草)といい、水辺の浅瀬や、湿原などに生育する湿地性植物です。セリは春の七草の1つであり、七草粥には欠かせない山菜です。お浸しや胡麻和えなどにして食べられることの多い山菜です。

山菜17:青こごみ

青こごみは別名をクサソテツといい、種類はイワデンダ科(メシダ科)シダ類に入る多年草で、ワラビやゼンマイほどアクがなく調理しやすい食材として、古くから良く知られている山菜です。

こごみの名前の由来は、芽が出る時の様子が、人が前かがみに縮こまっている姿に似ている所からきているといわれています。アクが少ないので、茹でるとすぐに食べられるので、お浸しや天ぷらや和え物にして食べるのがおすすめです。

山菜18:赤こごみ

赤こごみは青こごみと同じ種類のイワデンダ科クサソテツ属に入る多年草ですが、青こごみが群生する性質があるのに対し、赤こごみは単体で生えるので、貴重な山菜といわれています。

赤こごみは青こごみよりも美味しさは数段上という評価もあり、お店にもあまり出回りません。一般的に「こごみ」と呼ばれるのは青こごみ(クサソテツ)のことで、「赤こごみ」と区別されています。油炒めや味噌汁の具、お浸しなどがおすすめです。

山菜19:ニリンソウ

ニリンソウの種類はキンポウゲ科イチリンソウ属に入る多年草で、1本の茎から2輪ずつ花芽をつけるのでこの和名がついています。

ニリンソウの根は地烏(ジウ)と呼ばれる漢方薬として知られ、食用部は若葉で、アイヌ族は冬場の備蓄食料にしていたというデータもあります。ニリンソウの若葉はトリカブトに似ているので、山菜採りの際は充分注意が必要です。塩茹でしおひたしや味噌汁の具、ごま和え天ぷらなどがおすすめです。

山菜20:アカザ

アカザの種類はアカザ科アカザ属に入る一年草で、秋になると茎は木質化し、中国では仙人が杖にして使っていたという説もあります。

中国では今も高級杖として販売している所もあるということです。原産国はインドといわれていて、中国経由で渡来したものとおもわれます。もともとは食用種として栽培されていたものが野生化したのでは、といわれています。葉は茹でてお浸しにしたり和えものにしますが、種も食べられます。

山菜21:シロバナタンポポ(在来種)

タンポポの種類はキク科タンポポ属に入る多年草で、在来種と外来種がありますが、近年は交配が進んでいるという説もあります。ここでは在来種のタンポポ(シロバナタンポポ)について紹介します。

シロバナタンポポは、食用にする場合捨てるところのない山菜です。花や葉っぱはそのままサラダにしてもよく、下茹でして天ぷらやお浸しにして食べると美味しいです。また根はきんぴらなどにすると美味しく食べられます。

山菜22:カンゾウ

カンゾウ(萱草)の種類はススキノキ科ワスレグサ属に入る多年草で、「カンゾウ(甘草)」とは別種になります。萱は忘れるという意味もあり、ワスレグサ属はキスゲ亜科の種類に属し、キスゲ属とも呼ばれます。

萱草(カンゾウ)は花が大変美しいので、愁いを忘れるという意味で「忘れ草」とも呼ばれます。食用部は花と若芽で、酢味噌和えや炒めものがおすすめです。根は利尿効果があるとして生薬として使われます。

山菜23:青みず(ヤマトキホコリ)

みずという山菜には、青みず(ヤマトキホコリ)と赤みず(ウワバミソウ)があり、近縁種ですが別種です。

赤みず(ウワバミソウ)は比較的採取しやすい山菜ですが、青みずは限られた場所にしか自生しないので、赤みずより見つけにくい山菜です。青みず(ヤマトキホコリ)はビタミンCが非常に多く含まれていて、自然な甘味が洋食用の食材として人気があります。青みずの食用部は茎で葉は食べません。パスタの具などがおすすめです。

山菜24:山ワサビ

山わさびの種類はアブラナ科セイヨウワサビ属に入る多年草で、別名を西洋わさび(ホースラディッシュ)と呼ばれ、比較的寒い土地を好むといわれ、日本では北海道などに多く自生している山菜です。

山ワサビをすりおろしたものは白色で、ローストビーフやステーキを食べる時には欠かせない薬味になっています。

山菜25:ニセアカシヤの花

ニセアカシヤは、マメ科ハリエンジュ属の落葉高木という種類に入る外来種で、もともとは街路樹や公園樹、砂防や土止めに植栽されたものが野生化したといわれ、最近は河川や野山のいたるところに自生しています。

ニセアカシヤの食用部は花で、甘い香りがして蜜が豊富なので、ミツバチが好んで蜜を採ることから「アカシヤはちみつ」も作られています。花は天ぷらにするととても美味しいです。

山菜26:藤の新芽

藤の種類はマメ科フジ属のつる性落葉木本になり、蔓は右巻きと左巻があって、右巻きの藤の和名を「フジ(ノダフジ)」、左巻きの藤の和名は「ヤマフジ(ノフジ)」となっています。

食用にするのは新芽で、癖が全くないので、茹でて胡麻和えにしてもよし、天ぷらにしてもとても美味しいです。

山菜27:山蕗(やまぶき)

山蕗はキク科フキ属の種類に入る多年草で、山蕗は味も香りも良いので、山菜採りの対象として人気があります。

山蕗はワラビほどではありませんがアクが強いので、調理の前にはアクを抜きますが、葉の部分を切り落としてまな板の上に並べ、塩をかけ板ずりし、塩が付いたまま熱湯で4~5分茹でて冷水につけた後皮をむくと良くむけます。葉っぱも刻んでから炒めても、醤油や砂糖で味付けしても美味しく食べられます。

山菜28:ヨモギ

ヨモギはキク科の多年草で、別名を「もち草」ともよばれ、草まんじゅうや草餅などに用いられます。

繁殖力の強い山菜で、いたるところに自生し、お灸の原料である「もぐさ」は、ヨモギの葉を乾燥させて作ります。薬草としても効能がたくさんあり、乾燥させたものを煎じてお茶代わりに飲むと、健胃や腹痛、下痢や貧血、冷え性などにも効果があるといわれています。

食用部は主に新芽ですが、天ぷらやお浸しにしても美味しいです。

山菜29:三つ葉

三つ葉は和名のとおり、葉が三つに分かれている山菜で、種類はセリ科の多年草になり、江戸時代から栽培種としても知られている野菜で、山菜としての旬は春から初夏にかけて、山地の日影に自生します。

とても香りの良い山菜で、和食には欠かせない食材になっています。胡麻和えやお吸い物、他の野菜と合わせた和風炒めなど、いろいろの料理に使われる山菜です。

山菜30:ニワトコ

ニワトコの種類は、スイカズラ科ニワトコ属の落葉低木または小高木に入っていましたが、新しい植物分類体系では、レンプクソウ科になっています。

ニワトコは湿気があって日当たりのよい所に多く自生する山菜で、食用部は若芽になります。天ぷらなどにして食べられることが多いですが、食べ過ぎると下痢や嘔吐をおこすので注意が必要です。果実は糖尿病に効果があるという事で、果実酒などにして飲用されます。

山菜31:アキノノゲシ

アキノノゲシの種類は、キク科アキノノゲシ属に入りますが、一年草と二年草があり、アキノノゲシは、春に咲くハルノノゲシに似た花を秋に咲かせるので、この名前が付いたといわれています。

ノゲシはレタスの仲間といわれていて、お浸しや胡麻和えなどで食べられることが多い山菜です。

山菜32:ノヂシャ

ノヂシャの種類は、スイカズラ(オミナエシ)科ノヂシャ属に入る1〜2年草で、山菜としてはサラダの食材として利用されることの多い山菜です。

ノヂシャはサラダ用に栽培もされますが、道端にふつうにみられる山菜でもあり、旬は4月~6月になります。

山菜33:セイヨウタンポポ(外来種)

セイヨウタンポポは、キク科タンポポ属という種類に入るヨーロッパ原産の帰化植物(多年草)で、繁殖力が強く、在来種のニホンタンポポを駆逐(追い払う)してしまったといわれ、侵略的外来種ワースト100に入っている山菜です。

とはいえニホンタンポポと同様に捨てるところがない山菜ですが、ニホンタンポポよりアクが強いので、サラダなどにする場合は葉だけにして、花は天ぷらにするのがおすすめです。

山菜34:行者にんにく

ギョウジャニンニクの種類は、ネギ属の多年草に入り、葉っぱは名前のとおりニンニク臭が強く、地下茎はラッキョウに似ています。

自生地は混合樹林帯の水湿地で、公園などの自然保護区に多く繁殖しています。成長速度が極めて遅く、食べられるまでに5年以上かかるといわれる珍しい山菜です。食用部は葉や茎ですが、醤油漬けにして保存したり、生のままサラダにしたり、ギョウザや卵焼きに混ぜて使うなどして食べられる山菜です。

山菜35:ツリガネニンジン

ツリガネニンジンは別名をトトキといい、種類はキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草に属し、排水が良く日当たりの良い所を好む性質があり、良く整備された河川や堤防などに自生する山菜です。

山菜で美味いのはオケラにトトキ(ツリガネニンジンの若芽)といわれるくらい、山菜好きには見逃せない山の幸です。根茎は朝鮮人参に似ていて、偽物として扱われたこともあり、健胃薬や痰きり、鎮咳や強壮効果もあるといわれます。

この一冊を手元に置いて山菜通になろう

<新版>おいしく食べる山菜・野草 (採り方・食べ方・効能がわかる)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

3年前から山菜取りに行くようになり購入。 ひと目でわかる!知らない山菜こんなにあったんだ、ウムと勉強になるし見てるだけで楽しいです。

近年山菜人気が高騰していて、身近にもたくさん自生している山菜ですが、安心して採取し、美味しく食べられる知識が豊富な人は少ないでしょう。

「<新版>おいしく食べる山菜・野草 (採り方・食べ方・効能がわかる)」は、山菜に興味があり、山菜採りに挑戦したい人や、美味しく山菜を食べたい人にもってこいの一冊です。手元に置いて山菜通になり、山菜ライフを満喫してください。

山菜を使ったおすすめレシピ5選

ここまで比較的よく知られている山菜について説明してきましたが、以下では山菜を使った料理のレシピを5品ほど紹介します。これまで何気なく見過ごしてきた雑草が、山菜という食材になることを知ったところで、山菜料理にも挑戦してみてください。

1:山菜おこわ

山菜を使ったおすすめレシピ①の紹介は「山菜おこわ」になります。この料理で使っているのは「わらび」です。ワラビはアク抜きしたものは市販されていますが、自分で採ったワラビを使うとさらに美味しい「おこわ」になるでしょう。

材料(4人分):1.もち米(1.5合)
2.白米(1.5合)
3.あく抜きしたわらび(1袋分)
4.人参(小1本)
5.鶏胸肉(1枚)
6.醤油(大さじ2)
7.みりん(大さじ29
8.塩(小さじ1)
9.だし(3.5合)
作り方:1.もち米と白米をとぎます。
2.鶏胸肉は小さくカット、人参は千切りにします。
3.炊飯器に材料を全て入れて、お水はメモリまで入れます。
4.炊き上がったら、さっくり混ぜて完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/194612/recipe/1277552 |

2:こごみのくるみ和え

山菜を使ったおすすめレシピ2としては、「こごみのくるみ和え」を紹介します。こごみはアクもクセもないので、調理が楽な山菜として知られています。こごみも市販もされていますが、自分採りのこごみを使えば、料理も一段と格上げできそうです。挑戦してみましょう。

材料(2人分):1.こごみ(100g)
2.★くるみ(30g)
3.★みりん(大さじ1)
4.★しょうゆ(大さじ1/2)
5.★豆乳(大さじ1/2)
6.★砂糖(少々)
7.好みで 仕上げに炒りゴマ(適量)
作り方:1.こごみ:切り口が黒いようであれば切り取り、食べやすい長さに切る。
2.さっと塩ゆでし(2分弱程度)、ざるに上げ重ならないように広げて冷ます。
3.クルミをトースターで1~2分程度ローストし、すり鉢で荒くすりつぶす。
4.衣の調味料を加えよく混ぜ、こごみと和える。
好みでいりごまを散らす。
5.*醤油:控えめ量ですので好みで増やして下さい。
*豆乳の代わりに練りごまを使うと、濃厚に仕上がります。こちらもおすすめ。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/45408/recipe/1049674 |

3:山菜とったぞ~ふきの煮物

山菜を使ったおすすめレシピその3は、「山菜とったぞ~ふきの煮物」になります。ここで紹介するのは、山菜の中でも人気のある「フキ」を使った料理になりますが、フキはアクもありますが、ほど良い苦みを好む人は多いです。

フキの旬は4月~5月ですが、この頃のフキは柔らかくてとても美味しいです。アクも比較的抜きやすいので美味しく食べられます。

材料(2人分):1.ふき(180g)
2.エリンギ小(2本)
3.さつま揚げ(70g)
4.だし汁(150cc)
5.★酒(大さじ1)
6.★砂糖(大さじ1)
7.★醤油(大さじ2)
8.★みりん(大さじ1)
作り方:1.ふきを茹でます。
山で採ったふきは灰汁が強いので、しっかり茹でます。
茹でたら皮をむき、縦半分に切り、斜めに切っておきます。
2.エリンギやさつま揚げはふきと同じくらいの大きさに切ります。
3.だし汁を温め、エリンギを煮て、次にさつま揚げ・1を入れ、材料の★を入れて5分ほど煮ます。食べるまでアルミホイルで落としぶたをします。
4.食べる直前に3をアルミホイルをはずして再度温めます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/96345/recipe/749729 |

4:赤こごみと鴨肉の醤油炒め

山菜を使ったおすすめレシピ4の紹介は、「赤こごみと鴨肉の醤油炒め 」になります。山菜としての人気の高い赤こごみですが、採りたてを食べる方が美味しい青こごみと違って、乾燥させて食べるとより美味しくなるといわれています。

赤こごみは手に入りにくい山菜ですが、乾燥したものが市販されることもあるので、目についた時に買い置きしておくと重宝します。

材料(2人分):1.干し赤こごみ(5g)
2.鴨肉(3切れ)
3.酒(大さじ1)
4.醤油(大匙1)
5.塩(少々)
作り方:1.赤こごみは半日以上かけて水に浸して戻しておいて、よく流水で洗っておく。
2.赤こごみは適当な大きさに切り、鴨肉は2等分して塩をふっておく。
3.フライパンに油をひいて、赤こごみを良く炒めたら、鴨肉を入れて火が通るまでいためます。
4.火が通ったら酒・醤油・塩を加えて水気がなくなるまで炒めて完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/20752/blog/10696622 |

5:山菜のアヒージョ

山菜を使ったおすすめレシピ5は、「山菜のアヒージョ 」になります。「アヒージョ」とは、野菜をニンニクとオリーブオイルで煮込んだスペイン料理のことです。

山菜料理というと和風というイメージになりますが、ここで紹介する料理は、自分で採って来た山菜を全て入れて、ニンニクとオリーブオイルで煮込んだ洋風の一品です。

材料:1.シーフードミックス(100g)
2.ウド(1/3)
3.タラの芽(4本)
4.こごみ(5本)
5.うるい(1本)
6.タケノコ(穂先1/2)
7.ニンニク(5片)
8.塩(小さじ1)
9.オリーブオイル(100ml)
作り方:1.タケノコのアク抜きを行う。
2.食材を切ってスキレットに並べる。
3.調味料を入れて加熱する。
4.10ー15分弱火で煮て完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/241064/blog/17408271 |

天ぷらに合う山菜

コシアブラは山菜の女王と呼ばれる人気の山菜ですが、天ぷらに合う山菜のナンバーワンといえばやはり「コシアブラ」でしょう。

コシアブラの料理レシピはたくさんありますが、ここでは「筍と山菜(こしあぶら)の天ぷら」のレシピを紹介します。

材料(4人分):1.筍(4分の1本)
2.こしあぶら(ひとつかみ)
3.小麦粉(適量)
作り方:1.筍は薄切りにし、こしあぶらははかまを取ります。
2.冷水に小麦粉を溶いて、1に衣を付けます。
3.油でカラリと揚げます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/18369/recipe/237771 |

山菜の種類を知って食べてみよう

普段何気なく見過ごしていた雑草の中に、意外に美味しい山菜(食べられる野草)があることを、知っているのと知らないのとでは、生活の潤いという点でかなり違いが出てきます。

山菜の種類や食用部分を知ったら、身近で山菜のありそうなところを探し、除草剤散布の可能性や、犬・猫の糞の有無などを調べ、安全に採取できる山菜を見つけてみましょう。そして採ることの楽しみや、食べることの楽しみを満喫してください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ここまで山菜についていろいろ検証し紹介してきましたが、以下のブログも関連性があるので、大いに参考にしてください。「食べることができる花」も「アイヌネギ」に関する情報も、山菜の知識と併用すれば、自然食ライフがさらに広がる事でしょう。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ