Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月27日

ささみの冷凍方法と解凍方法|おすすめのささみレシピ5選

鶏のささみはカロリーが低くてヘルシー食材と言われています。食品売り場では何本かまとめ売りされていることもあり、使い切れないと悩む方も多いです。ささみの下処理や冷凍保存や解凍の仕方、冷凍保存したささみの美味しいレシピについて紹介します。

ささみの冷凍方法と解凍方法|おすすめのささみレシピ5選

ささみの栄養成分

ささみの冷凍方法と解凍方法|おすすめのささみレシピ5選

ささみは鶏むね肉の周辺にあり、タンパク質が多く、脂肪や炭水化物が少ないのが特徴です。1本を43gくらいとするとカロリーは45kcalで、100gあたりのカロリーに換算すると105kcalになると言われています。

肉類の割には高タンパク低脂肪で、ヘルシーな食材と言われています。美容や健康を気にする女性や、脂肪を付けずにタンパク質を取り入れたいアスリートの方を中心に人気があります。

ささみはダイエット向き?

ささみは高タンパク、低脂肪で低カロリーなことから、食材自体はダイエットに向いていると言えるでしょう。炭水化物の含まれる量も少ないことから、糖質制限ダイエットを試みる方も利用しやすいです。

ただし、カロリーが低い食材だからと言って、フライやチキンカツなどの揚げ物料理に利用すると、衣が揚げ油を吸収するのでカロリーが上がります。美味しいですが、ささみを揚げ場合は食べ過ぎに気をつけるとよいでしょう。

栄養を引き出す調理方法

ささみには、タンパク質以外に水溶性のビタミンB1・B2とB群の一種ナイアシンが豊富に入っているため、茹でるには注意が必要です。

沸騰した湯に入れて30秒後に火を止め、ふたをして1時間ほど放置すると、低脂肪によるパサつきも防げ、ゆで汁は出汁になるためスープとして摂取できます。

水溶性のビタミンをとどめておくなら、ささみを酒蒸しする方法もおすすめです。電子レンジで加熱して、余熱で火を入れれば簡単です。

ささみの上手な冷凍方法

ささみはまとめて特売しているスーパーが多く、1度に使い切れない場合があります。使い切れない場合は、冷凍保存をおすすめします。冷蔵よりも冷凍の方が持ちがよくなります。すぐに使わなくても2~4週間は持ちます。

加熱処理をしたささみなら3~4週間程度持ち、生のささみをそのまま冷凍すると2~3週間程度と保存期間が短くなります。長く持たせたいなら、冷凍前にささみを加熱処理することをおすすめします。

下味して冷凍

ささみを2~3週間のうちに使う予定があるなら、塩こしょう、マヨネーズや味噌類、ハーブミックスなどの調味料、おろしたしょうがやにんにくなどの香味野菜などにつけ込んで冷凍すると、すぐに調理に焼き物や蒸し物などの調理に取りかかれて時短になります。

すじを取って観音開きにする、そぎ切りや一口大に切っておくなどして、すぐに調理に取りかかれるようにすると、時間がない時にも便利でお弁当作りにも役立ちます。

加熱後の冷凍

ささみの加熱処理をしてから冷凍すると、保存期間が延びます。冷凍前の加熱方法はささみの筋を取ってから観音開きにして火が入りやすいようにし、沸騰した湯の中に1時間浸け置きして全体に熱が入るようにすると、しっとりと仕上がります。

水気を切ってから好きな大きさにほぐしてラップに包み、密封袋に入れて冷凍します。ゆで汁はスープや中華がゆにするとだしが利いて美味しく、汁の中にでたビタミンを効率良く取れます。

冷凍する際の注意点

冷凍する際には、しっかりとラップや袋で包まれているか確認をしましょう。少しでも外に出ている部分があると、ささみが「冷凍焼け」してしまいます。変色して味が落ちたり、食感が変わって固くなったりするので注意してください。

生や生のままで調味液に浸けて冷凍した物も、加熱処理して冷凍したささみも期間内に食べきるようにしないと味が落ちてまずくなります。密閉袋などに日付を書いたシールを貼り、食べ忘れを防ぎましょう。

ささみのおすすめ解凍方法

ささみを解凍するには、冷蔵庫を利用した自然解凍や、電子レンジの加熱モードを使った解凍方法があります。調理をする時間などを考えて上手に使い分けをしましょう。

下味を付けて冷凍したささみは、解凍せずにそのままフライパンなどで焼いて調理ができる場合があります。

自然解凍

時間はかかりますが、ささみを調理に使う前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍する方が、美味しく仕上がります。常温で解凍すると、冬場の寒い時期でも傷んでしまう恐れがあるので、やめてください。

冷凍ささみを自然解凍させると中まで全体的に解凍されるため、茹でる工程が必要な場合も火の入りが均一になり、外側だけがパサつく心配がありません。

電子レンジで解凍する

電子レンジで解凍する場合は、解凍モードや弱加熱モードを使って解凍状態にします。電磁波がささみに当たりやすいように、平たい耐熱皿に広げるように置くようにするとよいでしょう。

一部が冷凍状態のままという事態が避けられます。生の調味液に浸けていないささみを冷凍した場合、加熱しすぎてドリップが出ないように注意しましょう。ムラなく解凍できると調理をする際も火が均一に入るので、食感も良い状態で食べられます。

冷凍ささみの解凍や調理に!レンジ用調理器具

ルクエ スチームケース レギュラーサイズ

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

調理はガスコンロで頑張ってきましたが、時短ために買ってみたルクエ。 正直、コンロ要らないんじゃないかってくらい何でも作れます。

こちらは、レンジで加熱調理ができるシリコン製のおしゃれな耐熱容器です。ささみを蒸し鶏にしたり、調味液ごと加熱したりして焼き物や煮物料理を作ることもできます。冷凍したささみを解凍するのにも使いやすいです。

汚れても洗剤でそのまま洗え、乾かして使えるため手入れの手間もかかりません。シリコンで型ばなれもよく、食材がこびりつきにくいです。ビタミンカラーで形もおしゃれなため、そのまま食卓にも出せます。

おすすめ!ささみを使ったレシピ5選

ささみの冷凍方法と解凍方法|おすすめのささみレシピ5選

冷凍保存したささみでも、購入してそのまま使う場合でも美味しくできるレシピを5つ紹介します。調理に慣れていない方、あまり時間をかけたくないという方でも満足できる美味しいレシピがあるので、ぜひ参考にしてください。

1:お弁当に困ったときの「ささみぐるぐる」

こちらは、ささみの中に大葉を巻いて、電子レンジで加熱したおかずのレシピです。調理をした後に冷凍保存して、食べたい時にレンジで解凍できます。

ささみを多めに購入した時に作っておくと便利です。すぐに冷凍庫から出してレンジで解凍調理ができるため、お弁当のおかずが足りない時や、帰宅後にご飯の支度をする時間がない時にも役立ちます。

鶏のささみ 4枚
大葉 4枚
岩塩・黒こしょう 適宜
1.ささみは指で軽く押し広げ、均一の厚みにし、塩こしょうをする。大葉を半分に切り、ささみの形状に沿ってささみの上に乗せる。
2.ささみの細い側からくるくる巻いていき、ラップで固くくるむ。電子レンジで、表面が白くなるまで加熱し、内側は余熱にまかせる。
3.②の粗熱がとれたら、ラップをはがし、適当な大きさにスライスする。残った分は冷凍保存し、必要なときに解凍加熱して使用する。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/202340/recipe/1036683 |

2:朝ごはん!具だくさんチキンスープ茶漬け

こちらは、ささみを加熱したゆで汁を使って、チキンスープのお茶漬けにしたレシピです。ささみを茹でてからほぐし、お茶漬けの具として使います。多めに茹でて冷ましてから全てほぐして冷凍しておくこともできます。

錦糸卵やシイタケの甘煮の細切りも冷凍できます。一緒に多めに作って冷凍すると、お茶漬けを作りたい時に具材としても使いやすいでしょう。忙しい朝にぴったりのレシピです。

ごはん 適量
鶏ささみ 1つ
セロリ 5㎝
きゅうり 5㎝
生姜 小さい1かけ
ガラスープ顆粒 大さじ1
醤油 少々
白ゴマ 適量
酒 少々
紅生姜 少々
錦糸卵 適量
しいたけの甘煮 1~2つ
白髪ネギ 適量
1.白葱で白髪ネギを作っておきます。
作り方は「朝ごはん!山菜ごはんでチャーハンの白髪ネギ添え&簡単海苔スープ」を御覧になってください!
2.錦糸卵を用意します。
作り方は「基本編!錦糸卵」をご覧ください。

(私は、まとめて作って小分け冷凍しているので、前夜から冷蔵庫で解凍)
3.しいたけの甘煮を細切りにします。
作り方は「基本編!しいたけの甘煮」をご覧ください。

(私は、まとめて作って小分け冷凍しているので、前夜から冷蔵庫で解凍)

4.400ccの沸騰したお湯に、酒少々と細切り生姜を入れ、沸騰したらささみを入れ、20~30秒経ったら火を止め2分待ち、ささみを取り出し、ほぐしておく。
5.ささみを取りだしたスープに、ガラスープ顆粒と醤油をいれ、味を調える。少し濃い位の味加減にする。
6.セロリ・きゅうりを細切りにしておく。
7.最後にアツアツのスープをかけ、白ゴマをふり、紅生姜をのせて完成。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/75664/recipe/556681 |

3:ささみのみそ&チーズ入りのり巻き焼き

こちらは、生のまま冷凍して保存したささみを使って焼いたお弁当レシピです。前の晩に調理をしていて、翌日の朝に焼くだけになっています。

味噌とスライスチーズ、大葉を内側に敷いてくるくると巻き、外側を板のりで包んで焼いているので、味付けがしっかり付いていて良い香りがするでしょう。小麦粉で衣を付けて揚げ焼きにしているため、水分が出てささみがぱさつかないように工夫されています。

今日は冷凍ストックしておいたささみを使ったお弁当♪

ささみ(4本)は解凍してから観音開きにして、
みそ(全部で大さじ1ほど)を内側にぬりぬりします。
これで去年作った自家製みそを全部使いきった・・・・・

そこにこんなふうにチーズをオン。
溶けるタイプじゃない、プロセスチーズをのせてるわよ~。
1組につき1個のプロセスチーズ(クリームチーズ入り)の厚みを半分にして
のっけています。
4個100円のやっすいチーズだよ(笑)

で、2枚を一組にして、全体に塩・コショウを。
塩はいつもよりちょっと控える感じ。

次に上に大葉を2枚それぞれにのっけって、
のりで全体をクルッと巻きます。
これを前の晩にしておいて冷蔵庫に朝まで保存。

朝、薄力粉に水を加えてドロっとさせたものを全体に付け、
ちょっぴり多めの油でじっくり揚げ焼きに。
火加減は最初だけちゃんと油をあっためて、あとはずっと弱火です。
何せけっこう厚みがあるので、
中のチーズがトロっとしてくるまで(すきまから分かる)
じっくり弱火で火を通すのよ。

あとはキッチンペーパーにとって冷まします。
ある程度冷めた状態で切れば、中のチーズはきれいに切れるよ(^-^)
何もかけなくてもこれだけでおいしいです。

出典: http://juna.officialblog.jp/archives/29189971.html |

4:栄養たっぷり鶏ササミの白ゴマ焼きのレシピ

こちらは、フライパンを用意せずに、オーブントースターで加熱して作れるささみの白ごま焼きのレシピです。コンロをふさがずにできるため、キッチンにコンロが1つしかない場合にも気軽に取りかかれます。

冷凍保存する場合は、材料を浸け置きして密閉袋に包んで冷凍庫に入れます。解凍後に使う場合は、白ごまをまぶす手順から始めるとよいでしょう。必要な時に気軽に作れ、調理が進められます。

鶏ササミ・・・6~8本
白ごま・・・50~60g
しょう油・・・大さじ2~3

1ササミは筋を取り2~3等分にカットしてボウルに入れる
2①にしょう油を入れ全体に絡め10~15分漬け置く
3②に白ごまを入れ衣を付けるように全体に絡める
4オーブントースターにアルミホイルを敷き予熱する
5④に③のササミを並べ上からアルミホイルを乗せ1300Wで15分前後焼く
6⑤が出来たら火が通ってるか確認し器に盛り付けて完成!

手順②まで作ってから漬け込んだしょう油ごとジップロックに入れて冷凍すれば作り置きとして大活躍します!次回作る時は解凍して③から始めればOK!

出典: https://happiness-dish.com/sasaminoshirogomayaki |

5:ささみ唐揚げ

こちらは、下味を付けておいたささみを解凍して、衣を付けて唐揚げにしたレシピです。前日に冷蔵庫に移して自然解凍させてから、調理しています。

完全に中まで解凍がされていなくても、衣を付けて揚げるには構わないということです。しかし、表面が凍っていると衣が付かないので注意が必要です。ささみは加熱しすぎるとぱさつくので、3~4分を目安に油から出すようにしましょう。

ささみ
おろし生姜

醤油
天ぷら粉
片栗粉
揚げ油

作り方
生姜、酒、醤油で味付けしておいたささみに天ぷら粉と片栗粉をまぶして180℃の油で上げたら出来上がり
ポイント
ササミはあらかじめ味付けして冷凍して置いたものを使っています。

前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍。完全に溶けきっていなくても揚げてしまえば火はとおりますが、表面が溶けていないと粉が付かないので要注意。

フリッターやてんぷらなどドロドロした衣をつける時は凍ったままでも行けるかもしれませんが、やはりある程度解凍してから使った方が無難だと思います。

ササミなので揚げすぎるとパサつくので3~4分が目安かな。
お弁当にはもちろん普段の献立にも。

出典: http://riffxraff.ciao.jp/dining/archives/3214 |

ささみは健康と美容にいい!

ささみの冷凍方法と解凍方法|おすすめのささみレシピ5選

ささみは高タンパク低カロリー低糖質で、ビタミンAやB群が多く含まれ、ダイエットや体調の維持にも役立てられます。淡泊なあっさりした味わいなので、味付けも自由にきまります。

野菜と合わせた献立にするとかさ増しされて満足感があります。また、ビタミンCや食物繊維も一緒に摂取しやすく栄養バランスが整えられるのもメリットでしょう。毎日の食卓に取り入れることをおすすめします。

この記事に関連する情報をチェックしよう!

ささみの冷凍や解凍の方法を覚えて、冷凍後のささみでも美味しく食べられる方法を知ると、栄養を効率良く取る方法を身に付けたり、他の鶏料理に挑戦したくなったりする方もいるでしょう。

紹介するサイトには詳しい情報が記載されていますので、確認してみてください。役に立つ情報が満載です。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ