Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

卵は日常生活に必要な、大切な栄養源です。卵は毎日のように食事やお弁当の材料として使用されています。大量に購入する食材のひとつです。卵の保存方法は、なにがいちばん良いのでしょうか。今回は、卵は常温保存できるのかどうかなど、上手な保存方法をお教えします。

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

意外と知らない卵の事実

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

卵は常に食卓にのぼっていて、わたしたちの生活と密接に結び付いている食材ですが、詳しい事実はよく知られていません。

日本で流通している卵は、イタリア原産でアメリカで改良された白色レグホンが80パーセントを占めています。卵は人間に必要なたくさんの栄養分(タンパク質やビタミン・亜鉛・鉄など)を多く含む、完全食品として有名です。

そんな卵の、常温での保存方法に着目して追求していきましょう。

卵の賞味期限は生食できる期限

卵の賞味期限は生食できる期限です。

卵は安心して生で食べられる期限が、賞味期限です。卵はサルモネラ菌の増殖で腐ります。卵の賞味期限は、イギリスのハンフリー博士の研究を基準に算出されています。常温保存に家庭で冷蔵する7日間を加えて、夏は産卵後16日以内、春と秋は産卵後25日以内、冬は産卵後57日以内とされています。

流通している卵は、2週間・14日間を目安に、業者の間で常温で取引されています。

茹で卵は古い卵の方が剥きやすい

茹で卵は古い卵の方が剥きやすいといわれています。

新しい卵には生育に必要な二酸化炭素がたくさん含まれているため、茹でると二酸化炭素が抜けて、卵の薄皮に白身が貼り付くからです。古い卵は二酸化炭素が抜けているため、その心配がありません。

新しい卵は、でっぱっている側に画鋲や針で穴を空けてから茹でると、そこから水が浸みこむので、殻が剥きやすくなります。

黄身はなぜ黄色

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

卵の黄身が黄色いのは、鶏が食べる飼料に含まれるカロテノイドと鶏の種類が影響しています。鶏の種類によって、黄身の色は違ってきます。同じ飼料を食べても、鶏の種類によって黄身の色は違ってきます。

一般的には、パプリカなどを飼料に混ぜると赤い色の黄身になり、とうもろこしなどの黄色い飼料を与えると黄身は黄色くなります。色の濃い飼料をやめると、卵の黄身は白っぽくなります。

卵は洗わない方が良い

買ってきた卵は洗わない方が良いとされています。

卵は洗ったり拭いたりすると、表面のクチクラ層という部分が剝がれ落ち、菌が入りやすくなってしまいます。一般で販売されている卵は食品衛生法により、常温のまま洗卵する際に殺菌剤が使われます。(150ppm以上の次亜塩素酸ナトリウム溶液もしくは同等以上の殺菌剤)

卵の保存方法

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

卵の保存方法は冷蔵が基本です。

しかし、スーパーなどでは通常、常温で売られています。卵が常温で販売されている理由はなんでしょう。卵の効果的な置き方など、卵の常温保存の秘密に迫ります。

スーパーの卵が常温で売られている理由

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

スーパーの卵が常温で売られている理由は、結露を防ぐことが目的です。

卵はとてもデリケートなので、水滴がつくと気孔から中に水分が入り、傷みやすくなってしまいます。水分は食品が傷む原因になるので、卵は常温で売られています。寒暖差による結露を防ぐためです。

もしも卵が常温でなく冷蔵で売られていた場合は、必ず冷蔵で保存しましょう。卵の環境を変えないことが、傷みを防ぐ原因です。

常温より冷蔵保存

卵は傷みやすいので、常温より冷蔵保存が正解です。

常温で売っていても、家に帰ったらなるべく冷蔵保存をしましょう。売られている段階や仕入れの段階から冷蔵保存がされている卵もあります。そのような形態で売られている卵は、夏場は特に安心して購入できますが、持ち運びに注意して、卵の環境を変えないことが長持ちをさせるコツです。

尖った方を下

卵は尖った方を下にして保存してください。

理由は2つあります。卵が尖った方が殻が厚くて強度があって割れにくいからです。もうひとつの理由は、黄身を保護できるということです。

卵の尖っていない方には、気室という空気が溜まった空間があります。卵を立てたときに黄身が上に浮いてきても気室があれば、殻に触れずに外気を防ぎ、痛みを防止することができるからです。

ドアポケットは使わない

卵の保存に、冷蔵庫のドアポケットは使わない方がいいです。

ドアポケットは、冷蔵庫の開閉時に外気にさらされやすく、震動が伝わるので卵が傷みやすくなります。卵はとても繊細なので、温度差は禁物です。卵を長持ちさせるために、ドアポケットは使わない方が無難です。

卵はパックのまま、冷蔵庫の奥に保存してください。他の食品にサルモネラ菌が移らず、衛生的です。

卵の保存に興味がある人はこちら!

スケーター たまごまもるくん 卵ケース 玉子キャリーケース 玉子ケース 日本製 EGCP1

¥ 626

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

自転車でタマゴを買うと、必ず2~3個は割れていたのに、これにパックごと入れるだけでウソのように割れなくなりました。 自転車で買い物をするときの必需品です。

「スケーター たまごまもるくん 卵ケース 玉子キャリーケース」は、卵の持ち運びにたいへん便利なケースです。

購入した卵は、ケースのまま持ち運ぶと割れる可能性があります。特に、上に重い荷物を置いたり、自転車の載せて運んだ場合に割れる頻度が高くなります。6個用のパックでも使用できます。

使わないときは重ねて収納できるので、スペースも気になりません。アウトドアにも便利に利用できます。卵はパックごと入れられます。

卵の栄養

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

卵はスーパーフードといわれるぐらい、栄養素がたくさん詰まった食材です。

近年では、卵は毎日食べても害がないことがわかってきました。完全食品である卵は、いろいろな料理に使えることもその特性のひとつです。

卵は加熱することで栄養素が変わってきます。半熟ていどの卵が、いちばん栄養価が高く吸収が良いとされています。

卵の栄養成分

卵には良質なタンパク質とビタミン・ミネラル・必須アミノ酸がバランスよく配合されています。

ビタミンも豊富に含まれていて、ウイルスの除去や免疫力の向上、老化防止などに役立っています。黄身に含まれるレシチンという栄養成分は、コレステロールの値を正常にもどすといわれています。

卵に足りないカルシウムなどの栄養素は、他の食品から摂取しましょう。

卵とコレステロール

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

卵とコレステロールはいままで、密接な関係にありましたが、近年ではそれは間違いで、卵は毎日食べても大丈夫であることがわかってきました。

コレステロールは人間に不可欠な栄養素です。卵をおいしく食べて、コレステロールを上手に摂取していきましょう。

卵は肌に良い?

卵は肌に良いといわれています。

特に朝は、良質なタンパク質の宝庫である卵を摂取することで、美肌の元であるコラーゲンの構成に役立ちます。肌に良いとされるビタミンや鉄が入っている卵は、美容にたいへん良いされている食べ物です。

卵は状況によって常温保存できる

卵は常温保存できるのか?上手な保存方法おしえます

卵は状況によって常温保存できることがわかりました。

卵はスーパーなどで売られているので、購入して家に運び込んだら、他の食材と一緒に冷蔵保存するのが通常です。卵は生の繊細な食材なので、冷蔵庫の奥に冷蔵保存するのがいちばん安全です。

しかし、卵は結露を防ぐために常温で運ばれてきて販売されているので、常温でも保存できると覚えておきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

卵の保存方法がわかったところで、卵に関する他の情報もチェックしておきましょう。

以下に、温泉卵を炊飯器で作る手順6つとポイント・温泉卵に合う料理と、ゆで卵の人気アレンジレシピ8選・ゆで卵を料理にトッピングする方法の記事のリンクが貼ってあります。

卵を上手に保存して、おいしい卵料理をたくさん食べてください。

Related

小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

小松菜の冷凍方法についてご紹介いたします。ほうれん草に比べて鉄分やカルシウムが豊富で、アクが少ない小松菜ですが、冷蔵庫で保存すると早い段階でしんなりしてしまうのが気がかりです。今回は生で冷凍する方法とゆでてから保存する2つの方法を説明しています。
料理
2019年03月08日
小松菜の冷凍方法2つ|保存期間やおすすめ解凍方法のご紹介

なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

なすを料理する際には、美味しく食べるために必ずアク抜きはするという人がいます。しかし、このなすのアク抜きにはメリットとデメリットがあります。そのため、なすは必ずアク抜きをした方が良いとも限りません。なので、なすのアク抜きはする、しないの判断が必要になります。
料理
2019年01月26日
なすのアク抜きって必要?|なすのアク抜き方法2つご紹介

ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

ズッキーニは夏が旬の淡色野菜になります。外見からキュウリの仲間と誤解されがちですが、実はカボチャの仲間で、カロテンやビタミンCなどが豊富で栄養価も高い野菜です。今回はズッキーニの保存方法や保存期間、ズッキーニの活用レシピをご紹介します。
料理
2019年01月25日
ズッキーニの冷凍保存方法|ズッキーニ活用レシピ6選

魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

スーパーや魚屋さんで魚を買うときには「これを3匹ください」で注文が完了する魚ですが、本当は魚の形や大きさ、調理方法でそれぞれ数え方が違うのをご存知でしょうか。こちらでは魚の数え方について、関連する歴史や由来についても広く浅くご説明いたします。
料理
2019年01月26日
魚の数え方7種を覚えよう!日本独特の魚の単位を解説

ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

おいしくてヘルシーな肉料理として人気のローストビーフの保存についてご紹介します。自家製ローストビーフは余ったときにどうすればいいか困ります。そんなときにローストビーフを上手に保存できるおすすめの保存法や、アレンジレシピをご紹介します。
料理
2019年01月26日
ローストビーフの保存法|ローストビーフを使ったレシピ5選

賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

食パンの賞味期限って意外と早くていつの間にか切れてしまってたり、食べきれなかったりということはないでしょうか。せっかく買った食パンを最後までおいしく食べきりたいものです。そんなあなたのために食パンの上手な保存方法と活用方法をご紹介します。
料理
2019年01月25日
賞味期限の近い食パンの打開策4つ|冷凍食パンの解凍方法

炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

お米の水加減は分かっているようでなかなか難しいですが、こちらの記事を読むと米と水の割合を知ることができます。炊き込みご飯の水加減も同じく食感を左右するものなので、しっかりと水加減を覚えて美味しい炊き込みご飯にチャレンジしましょう。レシピも色々紹介しています。
料理
2019年01月25日
炊き込みご飯の水加減の手順6つ|おすすめレシピ5選

パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

パンを長持ちさせるポイントや、パンの賞味期限のことについて、ためになる情報をたくさんお届けします。他にもすぐにでも作りたくなるパンのレシピもたくさん紹介します。世界中で愛されているパンを美味しく食べるためにぜひ知っておいてください。
料理
2019年01月25日
パンの賞味期限とは?パンを長持ちさせる6つのポイント

スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

スープを作るときどうしてもたくさん作ってしまいませんか。そんなときは冷凍でストックしましょう。大量に作っても冷凍保存するだけでいつでも使うことができます。この記事では上手なスープのストック方や冷凍できるスープのレシピを紹介します。
料理
2019年01月25日
スープの冷凍方法とレシピ4選|保存期間と解凍手順のご紹介

油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

油揚げは最も冷凍に適した食材です。冷蔵庫で腐らせるのはもったいないので、上手に冷凍して便利に使いきりましょう。油抜きは冷凍前後のどちらがいいのか、保存期間や油抜きの方法とコツ、お勧めの油揚げなど、美味しく体に良いレシピやマクロビ料理のコツもご紹介しています。
料理
2019年01月25日
油揚げの冷凍方法と保存期間|油揚げを使ったおすすめレシピ5選

じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

じゃがいもは日持ちする食材ではありますが、いつまでも日持ちするわけではなく、保存状況によってはすぐに傷んでしまうこともあります。なので、傷んでしまう前に、じゃがいもを、より長く保存するためには冷凍保存をすることがオススメです。
料理
2019年01月25日
じゃがいもの冷凍保存方法とは?冷凍じゃがいもレシピ10選

にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

にんにくは少量しか使わないことが多く余ってしまいがちです。にんにくは保存方法が主に3つあります。中でも長期保存が可能な冷凍がおすすめです。適切な冷凍保存方法を選べば、調理の手間が省けます。にんにくのレシピと併せてお読みになり、日々の料理にお役立て下さい。
料理
2019年01月26日
にんにくの冷凍方法4選|にんにくを使ったおすすめレシピ6選

おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

冬のシーズンになると何となく恋しくなってくる料理の一つが鍋料理です。日本の冬の定番料理を土鍋で作ると美味しいです。今回はおすすめの人気な土鍋について12選をご紹介しつつ、土鍋で作れるおすすめな料理のレシピを5選お送りします。
料理
2019年01月26日
おすすめの人気の土鍋12選|土鍋で作る料理のレシピ5選

長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

生のままでも、すりおろしても、加熱調理しても食べることができる長芋。長芋は色々な料理に使うことができる、万能食材です。そんな長芋を長持ちさせるためにも、便利な冷凍保存の方法をご紹介いたします。また、冷凍長芋のアレンジレシピもご紹介いたします。
料理
2019年01月25日
長芋の便利な冷凍保存とその工夫|冷凍長芋の活用術6選

鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

手軽に使うことができ、中華料理を作る時に欠かせない鶏ガラスープの素の特徴や、鶏ガラスープの素がない時に代用できるもの7つを紹介しています。また鶏ガラスープの素の代用品で作るレシピ5選や関連している記事も併せて紹介しています。
料理
2019年01月25日
鶏ガラスープの素の代用品7つ|代用品を使ったレシピ

切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ

冷凍した切り干し大根を使って、バリエーション豊かなおかずを作ってみませんか。適切な方法で冷凍保存をしておけば水で戻す必要もなく、使いたいときにすぐに使える食材に変身させることができます。切り干し大根を便利に使える冷凍保存法を紹介しますので活用してみてください。
料理
2019年01月26日
切り干し大根の冷凍方法|保存期間やアレンジレシピ6つ