Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

冷凍した食材を食べる時に、パサパサした食感が気になる事はありませんか。それは食材の劣化による冷凍焼けが原因です。この冷凍焼けはちょっとしたコツで防ぐ事ができます。冷凍焼けを防ぐための食材別のコツや、冷凍焼けしてしまった食材の復活方法を紹介します。

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

冷凍焼けとは

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

肉や魚を長く保存するためにも、冷凍保存をする人も多いでしょう。しかし冷凍した事によって、食感がパサパサになったり風味が落ちたりする事はありませんか。それは食材を冷凍した事によって起こる冷凍焼けが原因です。

実は冷凍焼けはちょっとした工夫で防ぐ事ができます。原因や冷凍焼きについて知り、予防していきましょう。今回は冷凍したものを美味しく食べられるコツや解凍方法、食材の使用期限まで全て紹介します。

長期間の冷凍による食材の劣化

冷凍しているのに焼けているとは、どういう事だろうと疑問に感じる人もいるでしょう。冷凍焼けとは決して食材が焼けているわけではなく、長い期間冷凍する事により見た目や味、食感が衰えてしまっている事を言います。

冷凍焼けの他に、フリーズドライ現象とも表現します。1度冷凍焼けを起こしてしまった食材は、どう調理してもなかなか美味しく仕上がりません。美味しく食べるためには、冷凍焼けを防ぐ事が一番です。

原因

冷凍焼けは食材の水分が抜けて参加した油脂により、食感が損なわれた事による現象です。毎日開閉する事で、温度が一定に保たれる事が少ない家庭の冷凍庫では、凍る事と少し溶ける事の繰り返しなので、冷凍焼けの原因となる酸化が進みやすくなります。

乾燥や酸化を完全に防ぐ事は難しいですが、冷凍焼けを防ぐコツを実践してみたり、ちょっと意識するだけでなるべく防げるので原因をできるだけ取り除いていきましょう。

健康に害はない

冷凍焼けした食材は食感や風味、見た目は衰えるものの健康に害はありません。しかし冷凍ヤケした食材は食べていても美味しいと感じられる物ではないので、できる限り冷凍焼けを防いで新鮮な状態で食べるのが望ましいです。

1度冷凍焼けしてしまうと、元の新鮮な状態には戻らないので気をつけましょう。著しく風味や食感が落ちてしまっているものは、健康に害は無いと分かっていても食欲をそそるものではありません。

冷凍焼けを防ぐ方法4つ

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

新鮮な状態で食材を使い切るのがベストと分かっていても、食費を節約したい時やまとめ買いをしたい時には冷凍保存がやはり便利です。肉や魚を美味しい状態で長持ちさせるためには、冷凍焼けを防ぐ4つの方法を覚えておくと良いでしょう。

これから紹介する4つのコツは、ほとんどがちょっとした意識ですぐに実践できるものばかりです。食材が劣化する原因が分かれば、色々な食材にも応用できるので冷凍保存がしやすくなります。

方法1:食材が空気に触れないようにする

冷凍焼けを防ぐ方法2つ目が「食材を空気に触れさせないようにする事」です。空気に触れると食材の酸化が進みやすくなります。

食材を使い切れるサイズに分けてラップでしっかりと包んだり、密封できる袋を浸かったりして冷凍保存をしましょう。ラップに包んで密封できる袋やタッパーに入れると、さらに空気を触れる事を防ぐ事ができます。食材を包む時にも水分を拭き取ってから、空気も一緒に包まないように気をつけましょう。

方法2:急速冷凍する

冷凍焼けを防ぐ方法1つ目は「食材が空気に触れないようにする事」です。市販の冷凍食品が鮮度を保てているのは、急速に冷凍を行っているからです。

家庭では急速冷凍できる冷蔵庫が限られています。今は急速冷凍機能が付いていなくても買い換えるきっかけで、意識して選んでみても良いでしょう。解凍した後の食材の美味しさが変わるので、冷凍保存も楽しくなります。

方法3:冷凍庫の開け閉めは最小限に

冷凍焼けを防ぐ方法3つ目が「冷凍庫の開け閉めは最小限にする事」です。冷凍庫を開ける度に冷たい空気が逃げて、室内の空気が入り温度があがります。冷凍している食材がそれにより少し溶けて、また凍るの繰り返しになるので冷凍焼けが加速します。

冷凍庫を開ける前に取り出す食材やある場所をイメージしてから開ける事を心がけて、開け閉めを素早く行う事が大切です。日頃の冷凍庫の整理整頓も重要になってきます。

方法4:長期間冷凍保存しない

冷凍焼けを防ぐ方法4つ目が「長期間冷凍保存しない事」です。しっかりと下準備をして冷凍していても、家庭用の冷蔵庫では鮮度を保ち続ける事ができません。

適切な保存期間で食材を消費するためにも、計画的に購入してなるべく早く使い切る事を第一に心がけましょう。どんなに食材が安くても、2~3週間以内で全て使いきれる量を買う事や鮮度が良いうちに下処理をして冷凍する事がおすすめです。

食材別冷凍焼けを防ぐ方法3つ

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

次に食材別に冷凍焼けを防ぐ方法3つを紹介します。冷凍する前にちょっとした工夫をするだけで、肉・魚・米が解凍した後でも美味しい状態で食べられます。

冷凍する前のコツだけではなく、正しい回答方法や保存期間の目安も合わせて紹介するので日々の生活に役立ててください。肉・魚・米全般に当てはまるので、このコツを掴めばほとんどの食材を上手に冷凍保存する事ができるようになります。

方法1:肉

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

食べきれないとは分かっていても、特売日に肉をまとめ買いする家庭も多いでしょう。肉を保存する時には使い切れるサイズに小分けして保存する事、凍りやすいように薄く平らにして保存する事の他に、冷凍焼けを防ぐコツを紹介します。

このちょっとしたひと手間で、冷凍した肉の乾燥を防ぐ事ができるので必見です。肉を買ったままの状態で、パックに入ったまま冷凍してしまうのはNGなので避けましょう。

砂糖水にくぐらせて冷凍する

肉の冷凍焼けを防ぐコツは「砂糖水にくぐらせて冷凍する事」です。砂糖水は水1リットルに対して、砂糖1グラムの濃度でかまいません。肉を軽く漬け込んだ後に、素早くラップで包んで冷凍するだけでOKです。

長時間砂糖水に漬け込む必要が無いので、手軽に実践する事ができます。このちょっとしたひと手間で、砂糖水が肉の乾燥を防ぎます。ラップでくるむ時には、厚みをもたせると冷凍に時間がかかるので平らに薄く形を整えましょう。

保存期間

冷凍した肉のベストな消費期限は、2週間以内と言われています。通常なら2週間が目安と言われている消費期限も、冷凍する前に砂糖水につけるだけでさらに1週間長持ちします。

冷凍してもなるべく長い期間風味を守りたい時や、解凍した時のパサパサとした肉の食感に悩んでいる時にもおすすめの方法なので、ぜひ活用してみてください。

解凍方法

肉の正しい解凍方法を知っていますか。この解凍方法次第で、肉の美味しさは大きく変わります。冷凍した肉を使う時には、冷蔵庫にいれてゆっくりと解凍していいましょう。食材と外気との温度差が低いので、菌が繁殖する事なく安心して解凍できます。

凍ったまま焼くなどして加熱すると、火のとおりにムラができて風味が落ちてしまうので注意が必要です。朝の時点で、夜に使う肉を冷蔵庫に入れておくとスムーズに使えます。

方法2:魚

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

肉とおなじように魚も、冷凍保存をする事が多い食材のひとつです。切り身になっているものなら、1枚ずつ包んで冷凍すれば済みますが、1匹丸々購入した時にはしっかりと下処理をする事が必要になります。

頭・エラ・内蔵や骨を取り除いて3枚におろして水分を拭き取る事が、必要最低限の下処理です。この下処理をした後にちょっとしたコツを付け加えるだけで、冷凍焼けを防ぐ事ができます。

下味をつけて冷凍する

魚を冷凍する時には、下味をつけてから冷凍すると食材の乾燥を防ぐだけではなく、調理時間の短縮になります。肉とおなじように砂糖水に冷凍前に砂糖水に漬ける方法でも良いですが、醤油や味噌、みりんなどの調味料で下味をつけて冷凍保存する事がおすすめです。

冷凍している間に食材に味が染み込み、より美味しく仕上がります。調理する時には焼くだけで、美味しい料理に変身するので時間が無い時の食事作りにも便利です。

保存期間

魚を冷凍保存した時の、通常の保存期間は2~3週間が目安と言われています。冷凍前に下味をつけると冷凍焼けを防ぐので、約1ヶ月ほど持つようになります。

冷凍焼けをしてしまうと魚の水分が抜けてパサパサしてしまったり、味が落ちてしまったりするので、丁寧に下処理をしてから冷凍しましょう。

解凍方法

冷凍した魚を美味しく食べたい時も、冷蔵庫にいれてゆっくりと溶かす方法がおすすめです。しかし時間はかかるので、すぐに使いたい時におすすめの方法も紹介します。

それは凍った魚をビニール袋に入れて氷水につけて解凍する方法です。時間が短縮できるだけではなく、風味を損なわない状態で解凍する事ができます。

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

炊きすぎてしまった米を冷凍する人は多いでしょう。炊いた後のご飯は冷凍するけれど、炊く前の米も冷凍保存できるのでしょうか。

主食となる米を美味しく冷凍保存するちょっとしたコツを、炊く前・炊いた後、それぞれで紹介します

炊く前に冷凍する場合

食材のほとんどが冷凍保存に適していますが、炊く前の米は冷凍保存に適していません。なぜなら米の中にある水分が、凍った事によりひび割れを起こす可能性があるからです。

もしも炊く前の米を冷凍する場合には、しっかりと密閉する事でひび割れを防ぐ事ができます。ひび割れした米を炊くと、水分を多く含みすぎて柔らかくなり味も落ちるので気をつけましょう。

炊く前の米はできる限り、冷凍よりは冷蔵保存がおすすめです。

炊いてから冷凍する場合

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

炊く前の米は冷凍に不向きですが、炊いた後のご飯は冷凍保存がおすすめです。炊きたてのご飯を空気にふれないように一膳ずつラップして冷凍すると、解凍した後も美味しく食べられます。ラップで包む時には凍りやすいように、平らにして形を整えていきましょう。

また形を整える時には強く握らずに、空気を抜きながらふんわりと包む事がちょっとしたコツです。これを意識するだけでふんわりしたご飯に仕上がります。

解凍方法

肉や魚は冷蔵庫でゆっくりと解凍する事がベストですが、ご飯は電子レンジの解凍でも十分美味しく食べられます。電子レンジに冷凍ご飯の解凍モードが表示されていればその表示に従って、無ければ一番低いワットで3分ずつ解凍していきましょう。

電子レンジで回答できますがムラはできるので、途中で一度ラップをはがしてお椀に移してご飯をほぐすと良いでしょう。そのひと手間を加えるだけでムラ無くふんわりと解凍できます。

冷凍保存のレパートリーを増やしたい時に

冷凍保存ですぐできる絶品おかず

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

時間があるときにまとめて冷凍しておけば、とても便利です。冷凍したお肉を夜冷蔵庫に入れて解凍し、朝はそれを使ってお弁当のおかずを作ります。時短でおいしく簡単にできます!

仕事と家事を両立していると、どれだけ効率よく家事をこなせるかが大切なポイントになります。時間がある時に下味をつけて冷凍すれば、毎日の食事作りも簡単に行えます。

時短家事を目指したいあなたの強い味方となるのが「冷凍保存でできる絶品おかず」です。料理のレパートリーを増やしたい時にも重宝する1冊となりそうです。

冷凍焼けの肉を復活させる方法

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

美味しい状態で食べようと冷凍したはずのお肉が、使う事を忘れてしまい冷凍庫に長時間眠ったままという経験は誰でもあるでしょう。肉がパサパサになっていると分かっている状態で調理するのは、なかなか億劫です。

しかし、実は冷凍焼けしてしまった肉の食感を、取り戻すコツがあります。時間はかかりますが簡単に実践できるので、冷凍庫に眠ったままになっている肉を復活させたい時にトライしてみましょう。

方法1:塩水を作る

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

肉の冷凍焼けを復活させるための救世主となるのが、塩です。肉の量に適した塩水につけるだけで、冷凍焼けしてしまってパサパサになった食感を復活させます。

まずは肉の量を計り、その3%の量の塩を肉と一緒に袋に入れます。その後に肉が浸る位の水を入れてください。計りが無い時には、水1リットルに対して、小さじ3杯の塩水でもOKです。

方法2:肉を2~3日つける

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

肉を塩水につけたままの状態で、袋の口をしばり2~3日冷凍庫に寝かせましょう。これだけで肉に水分が戻り、調理後はジューシーな食感を楽しめます。

時間はかかるので余裕を持って準備をする事と、1度解凍した肉は再冷凍できないので必ず使い切る事が大切です。食感は戻りますが、先述したとおり冷凍焼けしたものの鮮度は戻らないので、冷凍焼けを防ぐ事がベストでしょう。

冷凍焼けする前に食材を使い切ろう

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

共働きの家庭が増えて、時短家事を目指す人も多くなってきました。時短家事をするための一番のポイントは、いかに鮮度を保ち使いやすい状態で食材を冷凍できるかになります。

下準備をしっかりとしておけば風味が落ちる冷凍焼けを防げるだけではなく、毎日の家事も楽になります。脂があるものや水分が多いものは特に、冷凍焼けしやすいので注意が必要です。それぞれの食材に合わせたひと手間加えて、冷凍焼けを防ぎましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

冷凍焼けを防ぐ7つの方法|冷凍焼けした肉の復活方法

今回紹介した肉や魚、米以外にも冷凍保存に適している食材があります。冷凍する事で食べる時のバリエーションが増えたり、より美味しく食べられたりする事もあるので、どんどん活用していきましょう。

冷凍保存する事で食感をより楽しめる食パンの冷凍保存方法や、低カロリー低脂肪が嬉しい鶏肉のささみを冷凍するためのコツをまとめた記事を紹介します。

冷凍

Related

オクラの冷凍保存方法と注意点|冷凍オクラのレシピ6選

オクラはヘルシーで豊富な栄養成分が含まれているので健康のためにもたくさん摂り入れましょう。おくらは常温や冷蔵室では日持ちのしにくい野菜なので長期保存なら冷凍保存がおすすめです。今回は、オクラの冷凍保存方法と注意点、さらにオクラのレシピをご紹介します。
レシピ冷凍
2019年02月01日
オクラの冷凍保存方法と注意点|冷凍オクラのレシピ6選

冷凍チャーハンおすすめ21選|冷凍チャーハンをアレンジしよう

私たちが日常生活の中で親しんでいる冷凍食品の中に「冷凍チャーハン」というものがあります。冷凍チャーハンは電子レンジやフライパンで温めるだけでその出来立て熱々の味を頂くことができます。今回の記事は、冷凍チャーハンのおすすめ21選とアレンジレシピを紹介します。
冷凍チャーハンおすすめ21選|冷凍チャーハンをアレンジしよう

納豆を冷凍保存する方法や保存期間|おすすめ納豆レシピ6選

納豆は毎日食べたい食材なので、冷蔵庫に常備してあるという家庭も多いでしょう。思ったより賞味期限が短い納豆は、うっかりしていると賞味期限を過ぎてしまいます。そんな人には冷凍保存がおすすめです。ここでは納豆の保存方法や解凍方法、おすすめのレシピを紹介します。
レシピ冷凍保存
2019年01月31日
納豆を冷凍保存する方法や保存期間|おすすめ納豆レシピ6選

冷凍餃子のおいしいアレンジレシピ10選|おすすめ冷凍餃子5選

冷凍餃子はそのまま焼いて食べてもおいしいですが、アレンジ次第でグラタンになったりスープになったりチャーハンになったり自由自在です。冷凍餃子のおいしいアレンジレシピ10選と、おすすめの冷凍餃子5選をご紹介します。冷凍餃子をうまく使いこなしていきましょう。
冷凍餃子のおいしいアレンジレシピ10選|おすすめ冷凍餃子5選

おからの冷凍保存方法と解凍方法|おすすめレシピ5選

豆腐屋さんに行くと、おからを無料でいただくことができる場合もあります。たくさんもらえるのは良いですが、意外と使い道がなく、原料が豆腐と同じですので日持ちしないイメージがあります。日持ちさせる方法やおからを使ったレシピはあるのでしょうか。見ていきましょう。
レシピ冷凍
2019年01月31日
おからの冷凍保存方法と解凍方法|おすすめレシピ5選