Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月13日

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

双子座の性格は少し複雑で「甘え上手」なのに「リーダー気質」のような、性格の二面性という独特な部分を頭の回転の早さで使い分けてきます。そんな双子座の性格の特徴を「性別」「血液型」「誕生日」「生まれ順」といった面から分析しました。

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

男女別で見た双子座の性格の特徴

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

双子座の性格の基本的な特徴の1つに「甘え上手」があります。男女どちらも甘え上手なのは同じですが、スタート地点が違うという差があります。

最終的には男女ともに甘え上手をうまく使いこなして、自分が甘えるのも相手に甘えさせるのも使い分けていくのが双子座ですが、相手に最初に見せる顔やその時の考え方といった部分で違いがあります。

そのため、結果は似たようなものになりますが、切り口やそこからの進め方に男女差が現れます。男性は、甘えさせるよりも自分から甘えるのが本当に好きで、人懐っこいのが特徴です。

女性は男性の逆で、どちらかといえばクールに他人と向き合い、必要に応じて甘え上手な部分を出していきます。

男女での特徴の違い

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

男性は人懐っこさから、見た目や他人の意見に注意を払う事が多いですが、女性はそういった事を重視しないため、自分の好きなように行動をします。そのため、新しい物好きな部分も女性の特徴になります。

甘え上手な部分を出すタイミングや相手を見極めるため、計算高い特徴もあります。双子座は元々頭の回転が早く、相手をよく見て行動を変えれる柔軟性と社交性がありますが、男性よりも女性の方がさらにその特徴は強くなります。

双子座の性格は悪いというのは本当なのか

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

双子の名のとおり、二面性のある性格というのは双子座の性格の中でも重要な部分です。

相手を見ながら自分の行動を変えれるため、他人に好かれたり仲良くなることが双子座の得意分野です。しかし、そういった行動の裏では、冷静に相手を見つめて、その相手と仲良くなることで発生する損得を考えていたりします。

行動力もあるため、一緒に居ることでマイナスになると判断すればすぐに縁を切り、持ち前の社交性を生かしてすぐに別の人に移ることも双子座にとっては簡単なことです。

こういった特徴から、性格が悪いとも思われがちですが、双子座はちゃんと相手を見ることができ、積極的に仲良くしようと考えます。それがうまくいかないなら、相手のためにも離れていきます。わがままなどで動く性格ではないので、決して悪い性格ではありません。

誕生日別で見る双子座の性格

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

星座と誕生日を合わせて見たときには、1つの星座を4分割にします。48期占いやカスプといわれる考え方です。

4分割した両端の2つは、隣の星座と近いためお互いに特徴が混ざり合います。双子座の場合、前は牡牛座で後ろは蟹座になります。

牡牛座カスプ

牡牛座カスプは5月19日~5月24日で、牡牛座の感情的な部分が混ざります。双子座の冷静な面とぶつかって葛藤が起きてしまったりする反面、牡牛座の精力的な面と双子座の行動力が合わさり、とてつもない作業をこなしてしまう爆発力も特徴です。

蟹座カスプ

蟹座カスプは6月19日~6月24日で、蟹座の最大の特徴の献身性が混ざります。元々人懐っこさや思いやりのある双子座に、さらに強い献身性が合わさることで、とても強い母性や優しさを持ちます。蟹座は感情で動くので、ここでも葛藤が起きてしまうのも特徴です。

血液型別で見る双子座の性格

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

性格は血液型にも大きく影響を受けます。血液型の特徴と双子座の特徴がぶつかって、弱点を補ったり長所がさらに伸びたりします。

血液型と星座の性格が相反していた場合

本人の中で矛盾や迷いが起きてしまいます。そこに自分なりに納得のできる答えを見付けることができれば、独特の価値観を生むなど、新しい長所にすることもできます。

血液型と星座の性格が同じだった場合

とても強い特徴となり本人も全く抵抗が無いどころか、真っ直ぐに突っ走れます。しかし、それは周りが見えなくなってしまったり、価値観が狭いものになってしまったりと、良いことばかりではありません。

血液型の特徴は親の血液型の組合わせなど、深く突き詰めることもできますが、今回は基本的な血液型の特徴です。

A型の場合

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

A型の特徴は「引っ込み思案」や「周囲に合わせる」「本心で仲良くなりたい」といった、内気な協調性です。

双子座は多くの部分が真逆で、自分から行動を起こして行くタイプであり、二面性ともぶつかる部分が多くあります。

周囲の人間と仲良くなりたいという部分は最高に合っているため、その目的に向けて、相反する性格を自分の中でコントロールしなければなりません。

血液型の特徴である内気な性格に片寄ることもあれば、二面性を最大限に生かして、多くの顔を使い分けるようになるなど、人それぞれの答えによって大きな変化があるというのが特徴です。そのため、4つの血液型の内一番複雑な組み合わせがA型です。

複雑ではありますが、性格が求めている目標は素晴らしいものなので、悪い性格にはなりませんが、他人に理解してもらうのに苦労してしまうのが難点です。

B型の場合

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

B型の特徴は「理屈っぽさ」「鋭いセンス」といった部分です。

細かい部分までこだわったり、理屈で固めたりと、自分の道を突き進むのがb型の特徴ですが、ムラのある性格というのも特徴にあります。

双子座の性格と合わさることで、二面性をはじめとした、理解されにくい性格の特徴を、理屈で説明できるようになります。共に計算高いのが特徴なため、頭で考えて行動するのはもっとも得意な組み合わせです。

しかし、そこまで計算をしたうえで行動すると、感情で動くタイプの性格とは逆に溝が深まってしまうこともあります。そういった場面ですら計算で乗り越えてしまえおうと思うb型と、二面性や甘え上手で対処する双子座が合わさることで、すんなり対処することができます。

O型の場合

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

O型の特徴は「感情的」「気まぐれ」「リーダー気質」が挙げられます。大まかに言うと双子座と似たような部分が多いですが、やり方や考え方には差があります。

集団のなかで自分の立ち位置を作るのは双子座も得意としますし、リーダー的な立ち位置を目指すのも共通します。しかし、その目的のための行動で、感情的なo型と計算高い双子座はぶつかります。

気まぐれな部分と、うまくいかないと判断したらすぐに切り替える部分も、結果は似たようなものになりますが、行動の理由に差があり、ここで葛藤が起きてしまいます。

周囲を引っ張っていく存在になるには一番適していますが、行動やその理由に揺れがあるため、周囲に混乱を起こすこともありますが、共通点である社交性を生かすことで切り抜けることができます。

AB型の場合

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

AB型の特徴は特に双子座と似ています。そのため、一番組合わせとしては理想的と見ることもできます。

「自分の世界観」「二面性」「抜け目なさ」がab型の特徴ですが、双子座もほぼ同じ特徴があります。

自分の世界観を持っていて、その実現のためならさまざまな手を使い分けることができ、血液型と星座のぶつかり合いも少ないため迷いやミスも少ないです。

しかし、よく言われるAB型や双子座の難点や理解されにくい部分も強くでてしまうため、合わない相手とは徹底的にぶつかってしまいます。

ミスは少ないとはいえ、B型と違い計算高さが完璧ではないのと、目的が自分の世界観なために発生する周囲との衝突は避けて通れません。

一番双子座らしい血液型がAB型と言えます。

血液型と合わせた相性をまとめると

血液型と双子座の特徴を合わせて考える時に重要になってくる部分は、「特徴の一致」「行動は感情的か計算高くか」「リーダーに向いてるか」の3点です。

特徴が一致しているかどうかで、双子座らしさを発揮できるかどうかが大きく変わってきます。双子座の特徴である計算高さやリーダー気質といった部分も、血液型と合わさって発揮しやすさに差がでてきます。そういった特徴の相性でまとめました。

特徴の一致の割合

特徴が最も一致するのはAB型で、一番かみ合っていないのがa型です。

ab型が一番双子座らしさを発揮しやすく、a型はぶつかりが多くて葛藤しやすい組み合わせです。o型とb型はぶつかる部分もありますがそれぞれ一致する部分もあるので、4種類の中では中間のような一致具合です。

行動は感情的か計算高くか

感情的に動くのがO型で、計算高く行動するのはB型です。双子座の特徴は計算高さですので、O型とは特徴がぶつかり薄まってしまいますが、B型は合わさることで大きな特徴になります。

リーダーに向いてる組み合わせ

最もリーダーに向いているのはO型で、一番向いてないのはA型です。

B型とAB型は計算した結果、リーダーになる必要があると判断すればリーダーになります。A型はリーダーよりも部下になりたがる特徴ですので、リーダーになるには葛藤を越えなければいけません。

兄弟別で見る双子座の性格

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

性格にはもう1つ大切なポイントがあります。性格を形成する期間の大半は幼少期で、その時期に長く生活を共にする人との繋がりです。

特に兄弟や姉妹といった存在は、家の中で上下関係や役割分担などを理解する重要な役割があり、その経験が性格を大きく変える事は間違いありません。

双子座はこれまでに説明したとおり、周囲の人とのつながりに特徴があります。しかも、甘え上手とリーダー気質の両面を兼ね備えているため、どちらに片寄ってもうまくやっていくことができるので、集団の上でも下でもうまく立ち回ることができます。

兄弟の有無で大きく差がつくのは上下間系の考え方です。そのため、双子座の性格は兄弟の構成で大きく変化します。

長男の場合

妹や弟が居てなおかつ兄弟の長の場合、小さい頃からリーダーとしての自覚が芽生えるため、人を引っ張っていく性格になり、この部分は双子座の性格とも合わさっているため、リーダーになるのは難しい問題にはなりません。

双子座は集団が大きければ大きいほどその特徴が発揮されるため、部下が多いほど双子座らしさが増します。3人以上弟や妹が居る双子座の統率力は、会社の上司にはうってつけです。

感情的な弟と内気な妹との3人兄弟のように、特徴のある兄弟が居た場合、二面性の扱いも上手くなります。

しかし、幼少期を集団のトップで過ごしてしまうと、自分が部下になったときに心地よくなく感じてしまうこともあります。甘え上手な面をどうやって表に出していくかを学ぶことで、より良くなることができます。

長女の場合

年下の兄弟の存在から受ける影響は長男とほぼ一緒になりますが、女性の特徴であるクールな一面がさらに強くなります。

長男のリーダーが和気藹々のようなものだとすれば、長女のリーダーは冷徹な絶対君主です。常に冷静で計算高く、損得勘定がきっちりしていて、切るときはしっかり切る。利益を最優先しがちで、部下に回った場合は長男より苦労します。

しかし、甘え上手な面が学べれば非の打ち所の無いリーダーになることができます。リーダーを学ぶ条件は揃っているため、もう片方である甘えを学ぶ機会さえあれば、自然と良い性格になっていきます。

末っ子の場合

末っ子の一番の強みは甘え上手です。双子座が末っ子になった時点で、ほとんどの星座や血液型などの組み合わせより甘え上手に育ちます。

兄弟が多ければそれだけ甘える技術も培われるため、さらに特徴が強まります。ただベタベタとくっつくだけではなく、頭を動かして甘えるため嫌がられないというのは、双子座の末っ子の最大の特徴です。

リーダーの動きを見て学ぶ頭の回転の早さもあるため、甘えながらも甘えられる側をイメージトレーニングすることができるうえに、双子座が元々リーダーの気質は備わっているため、長子ほどではありませんが、リーダーを任せてもこなせてしまいます。

ですがやはり一番の特徴は甘え上手なところです。

一人っ子の場合

一人っ子の場合、一般的には自己中心的な性格になりやすいというイメージがありますが、双子座にはそれは当てはまりません。

年上の兄弟に甘えたり年下の兄弟を引っ張ったりと、相手に合わせて行動を変える事ができる双子座は、甘えたりする相手が親になったとしても、甘え一辺倒になったりはしません。

親が甘やかし放題な場合は末っ子のようになりますが、どちらかといえば、学校などで出会う他の子供達とのつながりに影響を受けやすくなります。二面性やリーダー気質は集団の中で育つため、友達の間でどういった立ち位置だったかで一人っ子の性格は決まってきます。

長子や末っ子は兄弟で形成された性格を集団で発揮しますが、一人っ子の場合は集団の中で集団での立ち回りを学んでいきます。

双子座の性格は基本的にはいい子

双子座の性格の特徴|男女別/誕生日別/血液型別/末っ子/悪い

さまざまな角度から双子座の性格を見てきましたが、どの部分をとっても双子座はいい子である印象が強いです。

そもそも、集団の中で協調性やリーダー性をうまく使い分けて行けるというだけで、周りからすればすごくありがたい子ですし、ちゃんと計算をする冷静さや頭の回転の早さはどんな時でも有効です。

もし周囲に居る双子座の人に何か誤解があった場合は、一度本人と目的としていることを話をしてみましょう。そうすれば、やっぱりいい人だったと再認識することができます。

自分が双子座だった場合、周囲から疑問視される理由は自分の目的がうまく伝わってないからです。しっかり説明したり、やり方を少し分かりやすくしてあげることで、すぐに解決に向かいます。

Related