Logo
menu
ワンピース厳選コーデ8選と着こなしテク5選
更新日:2020年08月28日

ワンピースは女子の必須アイテムですが、ワンピのデザイン任せのコーデではすぐに飽きてしまいます。こちらの記事では、ワンピースのコーデと着こなしテクをご紹介します。トレンドを押さえて新鮮なワンピースコーデにトライしましょう。ワンピの追加購入前にはぜひご覧ください。

ワンピース厳選コーデ8選と着こなしテク5選

ワンピースとチュニックの違い

1着でコーデが決まるワンピースは、女性のファッションに欠かせません。種類も豊富で、スカートタイプの他にパンツタイプもあります。こちらの記事では、ワンピースのコーデをご紹介します。

ワンピースに似たチュニックも便利なファッションアイテムですが、ワンピースとチュニックの違いをご存知でない方も多いのではないでしょうか。ワンピースを買ったつもりがチュニックだった、なんてことがないように覚えておきましょう。

ワンピースとは

ワンピースは、1枚の生地繋がりスとボトムスが一体化した洋服です。日本では、女性用のファッションドレスを指します。上下の生地を変えてワンピースの形にしている物もあります。

ワンピースは、1枚でコーディネートがほとんど完成します。デザイン次第で、フォーマルとカジュアルのどちらにも対応でき、結婚式などパーティードレスでの着用率が高いのも特徴です。
関連
ワンピース厳選コーデ8選と着こなしテク5選
冬におすすめのワンピースのコーデ例8つ・ワンピースに合う髪型 - cutee

チュニックとは

ワンピースと同じく1枚の生地から作られているアイテムですが、1枚でコーディネートは完成しません。チュニックはワンピースと違い着丈が短くお尻が隠れるくらいの長さで、他のボトムスと組み合わせて着用します。「長めのス」と覚えておきましょう。

1枚で着る予定だったのにレギンスを合わせなければ着れない、というミスが起こりやすいので、購入の際にはきちんと確認しましょう。

ワンピースコーデ8選

ここからは、ワンピースコーデをご紹介します。ワンピースをお呼ばれパーティーの時にしか着ない、という方は必見です。

普段使いのワンピースは、とても便利でおしゃれな優秀アイテムです。たくさんの種類を持っておくとシーンに合わせてチョイスできますので、お好きなコーデを見つけてください。

1:シャツワンピでゆるカワコーデ

シャツワンピースをゆるかわにコーディネートします。ポイントはウエストマークを作ることです。細目のベルトでスにゆとりを持たせ、シャツのボタンを広めに開けて、抜け感を出します。

ベージュやカーキなどのナチュラルカラーは、柔らかいゆるかわコーデにぴったりです。
関連
ワンピース厳選コーデ8選と着こなしテク5選
シャツワンピのかわいいコーデの仕方とおすすめ理由5選 - cutee

2:色っぽ巻きワンピ

巻きワンピは、ラップドレスと言われます。布をを身体に纏わせて、ウエストベルトで巻き付けます。そのまま着るだけで、ヘルシーな色気が出るのが魅力です。

上半身はタイトで下半身にボリュームが出やすい巻きワンピは、リゾート風コーデに取り入れたい1着です。ロング丈で大胆なスカーフ柄は、アーバンリゾートスタイルになります。

3:レトロ系ドットワンピ

ドット柄はどの世代の女子からも支持されるものの、扱いにくく敬遠されがちな模様の1つです。ドット柄のワンピは、とろみ系ラインの物を選びましょう。レトロな雰囲気が漂いレディライクな印象になります。

大きめのドットは若々しいので、大人女子は若作りと言われないよう注意が必要です。お淑やかで品のある小さ目のドットが好印象ではないでしょうか。

4:チェックワンピで甘辛コーデ

チェック柄のワンピは甘辛コーデに最適のアイテムで、特に黒との親和性の高さは失敗がありません。黒のスと合わせるワンピは、ブラウンやグレーベースチェックにすると一体感があります。

秋から冬は、レザーのジャケットを上から羽織りブーツで足元を引き締めると完璧なコーディネートになります。

5:ジャケットワンピでモード気分

ジャケットワンピースは、ス部分がジャケットのようなデザインが特徴です。共布のベルトがセットになている物が多く、1枚でモード感のあるコーディネートができます。流行色のベイクドカラーをチョイスして、落ち着いた深みのある佇まいを演出してはいかがでしょうか。

ミモレ丈でソックスと合わせると、チラッと見える素肌が抜け感になります。アンティークのドレスシューズと合わせるのもおしゃれです。

6:上品プリーツワンピ

スカートとしてもの高いプリーツワンピースは、柔らかく艶のある素材のワンピースがです。風になびくスカートが女性らしく、ドレッシーで素敵なコーデが完成します。上半身を弛ませて、ウエストでメリハリをつけてスタイルアップを狙いましょう。

黒はシックに白はピュアにベージュはエレガントにと、シーンに応じてセレクトします。キレイ目の華奢なパンプスがプリーツワンピースの優しさを引き出します。

7:大人かわいいキャミワンピ

キャミワンピは、大人カワイイの代表格です。スをプラスしてワンピースと重ね着します。春夏はシフォン、秋冬はコーデュロイなどワンピースの素材を選んで季節感を出しましょう。

インナーは、ワンピースが映える色にします。白×黒ワンピや、黒×ブラウンワンピがです。カワイイが大好きな大人女子はぜひトライしましょう。

8:愛されニットワンピ

ニットワンピは、冬のマストアイテムの1つです。男女ともに好感度が高く王道の愛されコーデです。もこもこ感がとってもフェミニンで愛らしいファッションです。

タイトからオーバーサイズまで、豊富なシルエットもニットワンピースの魅力の1つです。試着して自分を最高に可愛く見せるニットワンピースを探して、年齢を問わないカワイイを手に入れましょう。

ワンピースを探している方はこちら

ワンピースを探している方は、こちらのサイトをご利用ください。「ワンピース」と検索するだけで、たくさんのワンピースから選ぶことができます。お目当てのブランドがある方は、ブランドで探すこともできますので、雑誌で気になっていたブランドを確認してはいかがでしょうか。

これまでにご紹介したワンピースのコーデを参考にして、自分好みのワンピースを見つけてください。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

ワンピース着こなしテク5選

こちらでは、ワンピースをおしゃれに着こなすテクを5つご紹介します。手持ちのワンピースをワンランク上のイマドキコーデにしましょう。

季節の変わり目などでコーディネートに迷ったら、ワンピースの着こなしテクを活用して流行りのスタイルに変身させましょう。

1:ワンピースをアウターとして

ワンピースをコートのように着こなします。シャツワンピや、ジャケットワンピなどボタンがついたロングワンピースで、一気に今年のスタイルになります。

普段のインナーにワンピースをプラスして、こなれ感を出しましょう。

2:ニットと合わせる

ワンピースのインナーにニットをプラスします。キャミワンピやジャケットワンピで使える着こなしテクです。薄手のタイトなニットは着ぶくれの心配もありません。

プチプラでニットをゲットして、組み合わせてみてはいかがでしょうか。
関連
ワンピース厳選コーデ8選と着こなしテク5選
ニットのおすすめコーデ例8つ・季節に合わせた着こなしのコツ - cutee

3:パンツをプラス

ロングワンピとパンツの重ね着は、ワンピースの雰囲気をガラっとチェンジする着こなしです。シーンを選ぶ白ワンピとデニムを組み合わせれば、カジュアルコーデに変身します。

出番が減ったワンピースの弱点を補う、優秀な着こなしテクです。

4:スカートを重ねる

カットワンピやスキッパーワンピなど、短め丈のワンピースはスカートと合わせてマンネリから脱却しましょう。ベルトでウエストをシェイプして、ゆったり長めのスにすればレンドの着こなしになります。

緩くてメリハリのある、新鮮なワンピ×スカートコーデにトライしましょう。

5:アウターと合わせる

相反するイメージのアウターと合わせて、ワンピをアップデートしましょう。ガーリーなワンピとハードなジャケットは、甘辛コーデのお約束です。スタイリッシュなワンピとカジュアルなジャケットで、大人カジュアルコーデを楽しめます。

アウターの数だけおしゃれの幅が広がる、レイヤードワンピースの鉄板テクです。

ワンピースはカーディガンとの相性も抜群

ワンピースはカーディガンとの相性も抜群です。ビッグシルエットのカーディガンはこなれ感のあるスタイリングにうってつけです。

ご自身に似合うアイテムをプラスして、ワンピースを着こなしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

こちらの記事では、ワンピースとカーディガンのコーディネートをご紹介しています。ワンピースの着こなしテクはたくさん覚えておいて損はありません。ぜひご覧ください。

プチプラで女子の高いブランド「しまむら」は、シーズン毎に押さえておきたい情報です。こちらの記事で、おススメワンピを確認しておきましょう。
関連
ワンピース厳選コーデ8選と着こなしテク5選
ワンピースとカーディガンのコーデ10選|おすすめサイト6選 - cutee
関連
ワンピース厳選コーデ8選と着こなしテク5選
しまむらのワンピースのオススメ5選|秋冬のコーデ例 - cutee
初回公開日:2018年12月03日

記載されている内容は2018年12月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED