Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

パンツスタイルのコーデ10選|パンツスーツを着るメリット3つ

ファッションスタイルの中でもさまざまなコーデを楽しめるスタイルとして人気なのが「パンツスタイル」です。パンツスタイルはオフィススタイルからタウンユースまで色々なスタイルがあり、冬は防寒対策にもなります。今回はおすすめのパンツスタイルをくわしくご紹介いたします。

パンツスタイルのコーデ10選|パンツスーツを着るメリット3つ

最近の大人女子のスタイルはパンツスタイルが中心

パンツスタイルのコーデ10選|パンツスーツを着るメリット3つ

レディースファッションのボトムスは大きく分けて「スカート」と「パンツ」の2つに分かれています。女性らしいスタイルとして人気なのが「スカート」ですが、大人っぽいスタイルが好きな方には「パンツスタイル」が人気を集めています。

パンツスタイルはシルエットや色によってもスタイルのイメージが異なり、幅広い世代におすすめのスタイルです。

パンツスタイルのコーデ10選

パンツスタイルのコーデ10選|パンツスーツを着るメリット3つ

パンツスタイルはパンツの素材やシルエット、カラーによってもスタイルのイメージが異なります。オフィススタイルのようにかっちりとしたパンツスタイルは、ストレートタイプのシルエットでブラックやネイビーなどのカラーが多い傾向にあります。

カジュアルであれば、ベージュやカーキなどのアースカラーのパンツも人気です。それではおすすめのパンツスタイルのコーデをいくつかご紹介いたしましょう。

1:シャツ×パンツスタイル

パンツスタイルの中でも大人っぽいコーデとして人気が高いのが「シャツ×パンツスタイル」のコーディネートです。パンツスタイルの美しく着こなすためには、シャツはホワイトやブルーなどの淡い色でシンプルなデザインのものを選びましょう。

パンツをブラックやネイビーなどのベーシックカラーを使うとスタイル全体のまとまりがよくなるのでおすすめです。

2:スキニー×パンツスタイル

パンツスタイルの中でも足のラインをすっきり細く見せたい場合は、細身のパンツと組み合わせたコーディネートがおすすめです。

細身のパンツは足のラインがしっかり出るので、トップスは少しゆとりのあるシルエットのものを選ぶとスタイルのバランスが整いやすくなります。足のラインが気になる方はロングカーディガンなどを重ね着するといいでしょう。

3:ワンカラー×パンツスタイル

どんなトップスとボトムスを組み合わせてパンツスタイルを作ればいいかわからない方には、ワンカラーのパンツスタイルがおすすめです。

ワンカラーパンツスタイルの中でも人気のカラーは、ブラックやネイビーなどのベーシックなカラーです。スタイルにアクセントが欲しい場合は、バッグや小物などで色をプラスしてあげるといいでしょう。

4:ガウチョ×パンツスタイル

トレンドのパンツスタイルの1つといえば「ガウチョパンツ」です。ガウチョパンツは、裾幅がワイドなシルエットで少し短い丈が魅力のパンツシルエットです。

ドレッシー過ぎず、カジュアル過ぎないアイテムなので、幅広い世代の女性に人気のパンツです。ガウチョパンツはシンプルなカットソーやブラウスと組み合わせてシンプルに着こなしましょう。

5:オールインワン×パンツスタイル

パンツスタイルの中でも大人カジュアルなコーデとして人気が高いのは「オールインワン」です。オールインワンとは、胸元にも生地のある上下がつながったパンツスタイルのことを意味します。

オールインワンは比較的シンプルなデザインが多く、ボレロやカーディガンをプラスすれば簡単におしゃれなコーデが楽しめるおすすめアイテムです。

6:デニム×パンツスタイル

カジュアルなパンツスタイルの定番といっても過言ではないのが、「デニム×パンツスタイル」です。デニムはシルエットによってもスタイルのイメージが異なりますが、大人女子には細身のデニムパンツが人気を集めています。

春は少しデニムの裾をロールアップして着こなすのもおしゃれなのでおすすめです。シンプルなシャツやカットソーを合わせて大人っぽく着こなしましょう。

7:ハイウエスト×パンツスタイル

おしゃれなファッショ二スタを中心に人気なのが、「ハイウエストタイプのパンツ」です。ハイウエストタイプのパンツとは、通常のパンツよりもウエスト位置が高く、股上は深いのが特徴的なパンツです。

ハイウエストパンツはウエストの位置が高いため足長効果も期待できるコーデです。バッグなどでカラーをプラスしておしゃれに着こなしたいスタイルの1つです。

8:フリル×パンツスタイル

少しドレッシーにパンスタイルを着こなしたい方には、「フリル×パンツスタイル」がおすすめです。ドレッシーなスタイルの場合は、ペプラムのように裾にフリルがついているものや袖にフリルが付いたタイプのトップスがおすすめです。

色はネイビーやブラックなどで統一すると、シックで大人っぽいパンツスタイルに仕上がります。パールのネックレスやピアスをプラスしておしゃれに着こなしましょう。

9:ワイド×パンツスタイル

大人っぽいカジュアルなパンツスタイルが好きな方には、ワイドパンツを取り入れたパンツスタイルがおすすめです。ワイドパンツは裾幅の広いパンツで、上品で大人っぽいイメージを与えてくれるアイテムです。

春夏はコットンや麻の素材を使った涼しいものを、秋冬はウールなどを使用した素材のパンツを合わせるといいでしょう。

10:ニット×パンツスタイル

夏以外の季節で活躍するファッションアイテムの1つがニットです。ニットは少しボリュームのある素材ですがシンプルなデザインなのでどんなパンツでも合わせやすい素材です。

カジュアルなコーデが好きな方はケーブルニットなどのデザイン性のあるニットを、クールなコーデが好きな方はワンカラーのシンプルなデザインのものを選ぶといいでしょう。

買い物する時間のない方におすすめのサイト

いつもとは違うパンツスタイルに挑戦したいけど、なかなか買い物する時間がないという方も少なくありません。そんな方にはファッション通販サイト「SHOPLIST」がおすすめです。

「SHOPLIST」では、トレンドのスタイルから定番スタイルまでさまざまなシルエットのパンツを取り扱っています。移動や休憩などの空いた時間に気軽に買い物ができるのでおすすめです。

女性がパンツスーツを着るメリット3つ

パンツスタイルのコーデ10選|パンツスーツを着るメリット3つ

パンツスタイルはビジネスシーンでもよく見かけるスタイルの1つで、きりっとシャープな印象を与える服装です。ビジネススタイルの場合はジャケットと組み合わせた「パンツスーツスタイル」で出勤する方も多い傾向にあります。

パンツスーツにはいくつかのメリットがあり、ブラックやネイビーなどのベーシックなカラーのものを3着程度持っていると便利なのでおすすめです。

メリット1「アクティブな印象を与えられる」

パンツスーツスタイルは、スカートスタイルと比べて少しボーイッシュでアクティブなイメージを与えるスタイルです。

スカートスタイルは女性らしいイメージが強く、スカートの裾幅があまり広くないため行動も必然的に大人しくなる傾向にあります。相手先の企業に元気なイメージを与えたいときはパンツスーツスタイルがおすすめです。

メリット2「動きやすい」

パンツスーツスタイルの大きなメリットの1つが「動きやすさ」です。どこか高いところに登ったり、何かをまたがなければならない状態のようなときはパンツスタイルが便利です。

たとえば、営業職で色々な企業に出向く方や出張などの時にはパンツスーツスタイルが動きやすいのでおすすめです。

メリット3「冬はスカートよりも暖かい」

寒さが厳しくなる冬の季節はスカートスタイルだと足元が寒いと感じる女性も少なくありません。特に多くの女性の悩みの1つである「冷え性」の場合は、温かなパンツスーツスタイルがおすすめです。

パンツスーツの場合は裏地が付いていることもあります。ウール素材のパンツスーツであれば足元も温かく、防寒対策としても役立つビジネススタイルです。

パンツスタイルを上手に着こなしましょう

パンツスタイルのコーデ10選|パンツスーツを着るメリット3つ

レディースファッションの中でも定番スタイルの1つとして人気を集めているのが「パンツスタイル」です。パンツスタイルはパンツの素材やカラー、シルエットによってもスタイルのイメージが異なります。

パンツスタイルはビジネスからタウンユースまでさまざまなコーディネートを楽しめるので、小物やアクセサリーをプラスしながらおしゃれに着こなしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

パンツスタイルはシーンやシチュエーションによってもスタイルを変える必要があります。

たとえば、デートのときは少しゆるめのテーパードパンツに、ゆるふわ系のシャツをインして着こなすのがトレンドスタイルの1つです。このようにシーンやシチュエーションに合わせてどんなパンツスタイルコーデがおすすめなのがしっかり把握しておきましょう。

Related