Logo
menu
靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選
更新日:2020年08月28日

今回は「靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選」と題して、「靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で役立つ「靴下を使うおしゃれなコーデ」をご紹介します。

靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選

靴下の合わせ方

靴下の合わせ方についてですが、基本的に靴下コーデというのは「ボトムスと靴とのバランス、色あい、デザインなどと見比べた上でコーデする」というのが基本です。

靴下というのは一般的に「見えない部分のオシャレ」といった感覚が持たれやすいですが、多くのファッションを眺める場合には「靴下の色調やデザインはそのファッションの土台を担う」と言ってよい程、そのファッションコーデの基本的な印象を操作します。

ボトムスの丈を考慮する

先述でもご紹介しましたが、靴下のコーデを工夫する際には「ボトムスとのデザイン・色調とのバランスに十分配慮した上でコーデする」というのが基本になるため、とにかくボトムスに関するデザイン項目はひととおり押さえておく必要があります。

そのデザインの中でも特に注意したいのがこの「ボトムスの丈」で、ボトムスの裾をどれだけ下ろせば靴下のデザインや色調が映えるかについて、具体的に考慮することが大切です。
関連
靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選
ジーンズに似合うおすすめの靴18選|ジーンズの種類 - cutee

靴下を使うおしゃれなコーデ25選

一般的に宣伝されているファッションカタログなどを見るとき、どうもボトムスの色調が冴えなかったり、また全体的なファッションコーデの魅力が冴えなかったする場合があるでしょうか。

このような場合に注目してほしいのが「靴下とボトムスとの組み合わせ・スと靴下の色調とのバランス」で、靴下のデザインというのは先述のように「そのファッションの全体的なバランスを組み立てている土台的なコーデ」となります。

コーデ1:フレアスカート×ミュール靴下コーデ

まずは「フレアスカート×ミュール靴下コーデ」の取り合わせです。基本的にフレアスカートのデザインはふんわりしたイメージを先行して与えるため、この場合の靴下はなるべく謙虚な「軽い印象」を与えるコーデが望ましくなるでしょう。

とにかくこの場合は「スカートのイメージを映えさせる」という点にポイントがあるため、靴下のコーデはそのデザイン・色調をなるべく質素な感じで見せることがポイントになります。

コーデ2:チノスカート×カラー靴下コーデ

次に「チノスカート×カラー靴下コーデ」の取り合わせです。この場合の靴下コーデのポイントはまず「チノスカートのしっとりとした穏やかな印象を映えさせるために、靴下をあえてカラフルな色調に仕上げるコーデ」となります。

特にチノスカートの色あいで多い物がベージュやブラウン系、またネイビー系やブラックなどがありますが、靴下コーデの基準としてスカートの場合は「色調を派手にするか質素にするか」の2択になります。

コーデ3:ガウチョパンツ×レース靴下コーデ

次は「ガウチョパンツ×レース靴下コーデ」の取り合わせです。この場合の靴下コーデの魅力はまず「レース系靴下のコーデによってオシャレ感を引き出しておき、ガウチョパンツのデザインをより一層引き立てる形のコーデ」となります。

ガウチョパンツというのは主に「全体的なデザインがマッチしてなければまったくその魅力が発揮されない」という難点があるため、この場合は靴下コーデによってその魅力を引き立てます。
関連
靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選
ガウチョパンツを使った冬コーデ10選/ガウチョパンツの足元 - cutee

コーデ4:デニムパンツ×レース靴下コーデ

次は、先述の引き続きレース靴下コーデを魅力的にデザインすることの延長で、「デニムパンツ×レース靴下コーデ」の取り合わせです。この場合の靴下コーデのポイントは「同じくレース系靴下コーデの身軽なデザインをもってオシャレ感を引き出し、その上でデニムパンツの魅力をさらに引き立てる」という形になります。

デニムパンツは単品でもその魅力を発揮しますが、靴下コーデによってはさらに味わいが引き立てられます。

コーデ5:キュロットスカートと白靴下コーデ

次は「キュロットスカートと白靴下コーデ」の取り合わせです。この場合の靴下コーデのポイントはまず「キュロットスカートの可愛らしさを引き立てるために白靴下を選び、その上でキュロットデザインに注目させる」というやや奇抜な靴下コーデになります。

キュロットスカートの魅力はデニム系生地の場合と同じく、その特異なデザインによって単品でも魅力を発揮しますが、魅力的な靴下コーデによってさらにその印象を強めます。

コーデ6:トレンチコート×サンダル靴下コーデ

次は最近流行りの「トレンチコート×サンダル靴下コーデ」の取り合わせですが、この場合のトレンチコートの色調はベージュか黒色がよいでしょう。コートと靴下のコーデというのはあまり聞かれませんが重要で、特にこの場合、サンダルをアイテムにする点がコツです。

サンダルは基本的に靴下コーデの魅力を一層引き立てるポイントがあり、それによって全体的なファッションバランスが活性化されることが多々あります。

コーデ7:ロングスカート×シースルー靴下コーデ

次は「ロングスカート×シースルー靴下コーデ」の取り合わせです。この場合の靴下コーデのポイントはまず「清楚で可憐な魅力を引き立てるのに最適な靴下コーデ」になる点です。

特に20代から30代、また最近では40代の女性の間で流行り始めている靴下コーデですが、この場合のコツはスカートの色調をなるべくベージュやグレーなどの落ち着いた色あいにしておくとベターでしょう。

コーデ8:ショートパンツ×黒靴下コーデ

次は「ショートパンツ×黒靴下コーデ」の取り合わせです。この場合の靴下コーデのポイントは「全体的なファッションバランスを豊かに仕上げる点」に魅力的な特徴があり、さらに帽子や小物アイテムなどを使用することによって、靴下コーデの魅力がさらに引き立ちます。

ショートパンツというのは特に「足を魅力的に見せるためのアイテム」でもあるため、この場合は黒靴下で足のラインをくっきり目立たせる点にポイントがあります。

コーデ9:モノトーンワンピース×青靴下コーデ

次は「モノトーンワンピース×青靴下コーデ」の取り合わせです。最近ではこの場合の靴下コーデに「赤色の靴下」をチョイスする場面がよく見られていますが、ここをあえて青靴下にすることによって、さらにファッション全体のバランスが引き立ちます。

どちらかというとモノトーンの色調は「一色感の統一」が先行するため、特に足元の色調に視線が向くことになります。この際に、全体的な色調を整えるのがポイントです。

コーデ10:デニムパンツ×スポーティー靴下コーデ

次は「デニムパンツ×スポーティー靴下コーデ」の取り合わせです。先述でもご紹介しましたが、デニムパンツというのは単品の演出で上手くデザインを仕上げられる魅力がありますが、また同時に「スポーティーな印象」を強く与える魅力が備わります。

この場合の靴下コーデでは「スポーティー感」を一色で統一する印象を大切にしておき、女性らしい活発さ・元気さ・明るさを一層引き立てる魅力があります。

コーデ11:ネイビーワンピース×黒靴下コーデ

次は「ネイビーワンピース×黒靴下コーデ」の取り合わせです。ネイビーワンピースというのは基本的に、先述しました「モノトーンの色調」が一層照り映える印象・魅力を備えているため、この場合もその印象を念頭に置き、そのイメージに合わせた靴下コーデの魅力に迫ります。

この場合は黒靴下をコーデすることでさらに「モノトーン感覚」が強まり、その一色感をもって魅力につなげていきます。

コーデ12:レトロワンピース×赤靴下コーデ

次は「レトロワンピース×赤靴下コーデ」の取り合わせです。レトロな色調・デザインが施されたワンピースの特徴は、やはり「古き良き時代を演出してくれる落ち着いた印象」がウリとなるため、その落ち着き感を一層引き立てる際に選ばれる靴下コーデを基本とします。

この場合は赤靴下のコーデとなりますが、赤色の靴下の魅力は実に多くあり、たとえばこのレトロ調の清楚な感覚をグラマラスに引き立てる実力を備えています。

コーデ13:ストレートデニム×赤靴下コーデ

次は「ストレートデニム×赤靴下コーデ」の取り合わせです。この場合の赤靴下の魅力は何と言っても「若々しい印象」を大切にした特徴があるため、デニム生地系の活発な印象をそのまま引き立てる役割を十分果たしてくれます。

しかしこの点での注意点は、デニムの裾をやや折っておくことが大切で、裾上げせずにそのまま履いてしまうと赤靴下の魅力は半減してしまい、なんとなく野暮ったい印象になります。

コーデ14:タイトスカート×パンプス靴下コーデ

次は「タイトスカート×パンプス靴下コーデ」の取り合わせです。今回はパンプスの魅力も取り入れた靴下コーデになりますが、この場合のタイトスカートの魅力は「キャリアウーマン系の服装コーデ」から引用した特徴を持つため、靴下コーデの魅力は活発さを引き立てる点にあります。

パンプスの色あいは黒かブラウン系がよく、なるべく靴下と靴との色調バランスをはっきりさせるよう配慮しましょう。

コーデ15:オールインワン×白靴下コーデ

今度は「オールインワン×白靴下コーデ」の取り合わせです。オールインワンの魅力は一般的に「やや奇抜なファッションスタイル」と言われますが、基本的にはサロペット系ファッションと同じく、着こなしによっては落ち着いた感覚を引き立てるファッションとなります。

この場合の靴下コーデはやはり清楚な感じを引き立てる白靴下がよく、同時に清潔な印象を与えることができます。

コーデ16:サロペット×青靴下コーデ

次は「サロペット×青靴下コーデ」の取り合わせです。先述しましたオールインワン系ファッションに引き続く内容となりますが、サロペットの魅力は何と言っても「奇抜さと可愛らしさを同居させたイメージ」となるでしょう。

この場合の青靴下コーデの魅力はまず「ファッションバランスを全体的に壊さず、そのままサロペット系ファッションの愛らしさ」を十分引き立てるためのアイテムとして起用する点です。

コーデ17:デニム×スニーカー靴下コーデ

次は「デニム×スニーカー靴下コーデ」の取り合わせです。この場合のスニーカーはなるべくハイカット系がベターでしょう。スニーカーと靴下の取り合わせはまず定番中の定番とも言え、さらに白靴下、黒靴下のどちらでも似合う実用的なファッションとなります。

デニム系ファッションとスニーカーの取り合わせにより元気さを引き出しておき、女性特有の明るさを思いきり引き出すための小物アイテムとして靴下コーデを工夫します。

コーデ18:フレアスカート×スニーカー×白靴下

次は「フレアスカート×スニーカー×白靴下」の取り合わせです。この場合の靴下コーデのポイントはまず「スニーカーと白靴下コーデ」による明るさ・元気さを引き出すコーデの特徴と魅力で、その活発的なファッションをさらにフレアスカートの身軽な印象で引き立てておきます。

この際のファッションの魅力はとにかく「明るさ・ふわふわ感」を引き出す愛らしさにあります。

コーデ19:ブラックデニム×ベージュ靴下コーデ

次は「ブラックデニム×ベージュ靴下コーデ」の取り合わせです。一般的には「ベージュの靴下コーデにはホワイトデニム」が取り揃えられる場合が多いですが、この場合はホワイトデニムとベージュの色あいによってややぼやけた印象が目立ちます。

このホワイトデニムをあえてブラックデニムに置き換えることでシックな色調が発揮され、それによって靴下コーデの魅力をさらに引き立てることができるでしょう。

コーデ20:サンダル×ボーダー靴下コーデ

次は「サンダル×ボーダー靴下コーデ」の取り合わせですが、この場合のサンダルはフレンチサンダルかグラディエーターサンダルなどがよいでしょう。一般的にグラデュエーターサンダルの場合は靴下を履かないことが多いですが、春や秋のシーズンではあえて靴下コーデを楽しむために、靴下を履く人も多く見られます。

この場合はボーダー靴下のコーデが魅力で、一風変わった色調感覚が見えるでしょう。

コーデ21:コート×パンプス×シースルー靴下

次は「コート×パンプス×シースルー靴下」の取り合わせですが、この場合の「コート」はジャケットやカーディガンなどに置き換えてもOKです。とにかくビジネス上で着用するアウターを意識して靴下コーデをすることを心掛けましょう。

この場合は特にキャリアウーマン系の服装コーデになりますが、シースルー靴下コーデによって足元がスマートに見え、さらにスと靴のデザインによってその活発さが引き立ちます。

コーデ22:マキシスカート×靴下コーデ

次は「マキシスカート×靴下コーデ」の取り合わせですが、この場合はサンダルかミュールなどを履くとベターでしょうか。とにかくマキシスカートのデザインは靴下を見えにくくしてしまうデザインとなるため、足元をできるだけ映えさせておく必要があります。

この場合、靴下の色調は白か赤がよく、その上でサンダル・ミュールによって、できるだけ靴下を見せるデザインに仕上げましょう。この際の靴は靴下の引き立て役です。

コーデ23:ワンピース×白靴下コーデ

今度は「ワンピース×白靴下コーデ」の取り合わせで、非常に定番の靴下コーデになります。ワンピースのデザインはそれだけで清楚・可憐な印象を与えることが多くあるため、その落ち着いたしっとり感をさらに引き立てるための白靴下コーデにしておきます。

この場合の靴下コーデではボーダー系・柄系の靴下でもOKで、とにかく白を基調とした靴下をチョイスしておきましょう。

コーデ24:バレエシューズ靴下コーデ

次は「バレエシューズ靴下コーデ」の取り合わせですが、この場合のボトムスのコーデではデニムパンツかタイトスカートなどがよいでしょう。バレエシューズの魅力はボトムスから靴の辺りの印象を引き締める視覚効果があるため、そのタイト感をさらに引き伸ばすための靴下コーデになります。

コーデ25:ベージュパンツ×白靴下コーデ

今度は「ベージュパンツ×白靴下コーデ」ですが、この際に着用するスは白を基調にしたデザインの物を選んでおくとよいでしょう。この場合の靴下コーデでは「全体的なファッションバランスを白色系で統一する」というねらいがあり、それによって清楚さ・清潔感をさらに引き立てるための靴下コーデになります。

この場合も女性らしい純潔なイメージを保つことができ、見栄えの印象はとてもよいでしょう。

靴下コーデの魅力をさらに追究したいあなたに

さて、先述では「いろいろな場面で役立つ靴下コーデの魅力」についてご紹介してきましたが、ここでは「さらに靴下コーデの魅力を追究したい」と言うあなたに一品をご紹介します。

今回ご紹介するのは「ファッション通販サイト(SHOPLIST)」で、当サイトでは四季折々のファッションチョイスをはじめ、スから靴下コーデの魅力的な方法まで、丁寧に紹介しています。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

可愛い靴下が買えるサイト3選

靴下コーデを勉強する際には、やはり自分のセンスに見合った情報を提供してくれる「お役立ちサイトや雑誌」などを参考にすることが大切です。それによって「自分らしいオリジナルの靴下コーデ」をさらに速く身に付けることができ、いろいろな場面で役立つ靴下コーデの方法を把握できるでしょう。

サイト1:靴下屋

まず「靴下屋」ですが、当サイトではメンズ・レディース・キッズなどのカテゴリー項目を設けており、その上で「独自のセンスをフルに発揮できる、いろいろな靴下コーデの魅力と方法」を紹介してくれています。

その週間ごとのファッションなども取り入れ、「どのファッション・靴下コーデが現代の流行か」などについて一目瞭然でわかります。

サイト2:marimekko

次に「marimekko(マリメッコ)」ですが、当サイトではまずス・ボトムスのファッションアイテムを主流に紹介していて、その上でそれぞれのファッションスタイルに見合った靴下コーデの方法を紹介しています。

ファッションを全体的に把握した上で、自分に合った靴下コーデを勉強したい人にとっては最適なサイトとなるでしょう。

サイト3:WEGO

次は「WEGO」ですが、当サイトの特典は「シーズンごとのファッションアイテム」を独自に取り入れた情報提供をしており、その上で先述の場合と同じく、それぞれのファッションスタイルに見合った靴下コーデの魅力を提供しています。

小物アイテムを駆使したスタイリングを踏まえた靴下コーデの魅力も提供しているため、特にアイテム系・小物系を駆使したファッションを知りたい人にとっては打ってつけのサイトです。
関連
靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選
ソックスのおすすめコーデ10選|おしゃれソックス購入しよう - cutee

靴下はおしゃれのアクセントになる

先述では「靴下コーデの魅力」をご紹介する上で、靴下コーデがスタイリングに影響するさまざまなニュアンスと特徴・特典についてご紹介してきましたが、靴下コーデというのは基本的に「全体的なファッションスタイルの土台となるもの」です。

そのため、靴下コーデを自分なりに勉強し、独自のスタイリングに最適の靴下コーデの方法を身に付けた際には、それまでのファッションアイテムの使い方が大きく変わるでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

「自分らしい靴下コーデ」を勉強する際には、やはりその靴下コーデを学ぶためのいろいろな情報をさらに知っておくことが大切です。

現代ではいろいろなファッションスタイルを勉強できるサイト情報が飛び交っているため、そのうちから「自分に見合った(自分が学びやすい)情報サイト」を見付けておき、そこで得られる具体的な情報をもって靴下コーデの方法を充実させることが大切です。
関連
靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選
ごちゃごちゃ靴下の収納アイデア5つ/たたみ方・おすすめ商品 - cutee
関連
靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選
使いやすい下着の収納アイデア7コ・下着のたたみ方 - cutee
初回公開日:2018年10月25日

記載されている内容は2018年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED