Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

季節の変わり目である春や秋の季節は気温20℃に達する日が多い傾向にあります。気温20℃は最高気温か最低気温かによっても服装に気をつける必要があります。今回は気温20℃におすすめの服装や気温によって気をつけるポイントなどをくわしくご紹介いたします。

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

気温20°C とは

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

気温20°Cとは、日本では4月から6月にかけての春の季節と9月から11月まで秋の季節によくある気候です。

気温20°Cといっても最高気温20°Cなのか最低気温20℃かによっても日中や夜間の気温の感じやすさは異なります。出先で急に冷え込み寒い思いをしないように、その日の最高気温と最低気温に気をつけながら服装を考える必要があるといえるでしょう。

春の季節は4月から6月にかけて気温20°Cになる日が訪れます。冬から春に変わる4月の季節はまだ肌寒い日が続くことが多く、平均気温では最高気温20°C前後のことが多い傾向にあります。

また春から夏にかわる6月の季節は日差しも強くなってくる季節のため、最低気温20°C前後の暖かな気候が続く日が多いでしょう。春でも4月と6月では気温の差があるため、服装選びにも注意する必要があります。

秋の季節に気温20°Cになる月は、9月から11月にかけてシーズンとなります。9月は夏から秋に変わる初秋のため、まだ夏の日差しが残る温かな気候になる日が多い傾向にあります。

また冬に変わる11月の季節はアウターが必要なほど肌寒くなる日もあるため、平均気温では最低気温20°Cになる日が多い傾向にあります。秋の季節は気温に合わせながら季節に合った服装を選ばなければならないという点に注意が必要です。

気温20°Cの快適な服装35選

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

春や秋の季節の変わり目によくあるのが気温20°Cの気候です。気温20°Cと聞いても温かいのか寒いのかよくわからず服装に悩む人も少なくありません。

気温20°Cにおすすめの服装は、まず最高気温20℃なのか最低気温20°Cなのかをチェックすることが大切です。気温の流れをしっかり理解した上で、季節感のあるおしゃれなコーディネートにするのがポイントです。

気温20°Cのレディース春の服装

春の季節は冬から春になった4月頃は肌寒い日が多い傾向にあります。日中は気温20°Cと温かく感じていても、夜間に急に冷え込むことが多い季節といえるでしょう。また6月の季節は日中汗ばむほど日差しが強いこともあるため、着脱可能な服装をプラスしておくのがおすすめです。

春のファッションは比較的明るいカラーを使用したものが多いので、気温の変化に対応しながらも春らしい爽やかな服装に仕上げることが大切です。

1:ミドル丈スカートコーデ

春の季節の中でも平均気温が20°C程度になるのが5月のシーズンです。5月のシーズンがゴールデンウィークなどの連休もあるので外に出かける機会が多い傾向にあります。この時期の気温20°Cの服装は、ミドル丈スカートを取り入れた服装がおすすめです。

ミドル丈スカートは膝よりも少し長めの丈なので程よい温かさもあり、オフィスからお出かけスタイルまで幅広い服装に使えるファッションアイテムです。

2:カジュアルコーデ

気温20°C前後の春の季節は、4月と6月では寒暖の差が異なります。特に4月の季節は最低気温20°Cの日が多いため、薄手のアウターやコートが欠かせません。

カジュアルな服装が好きな方は、ショート丈のジャケットやブルゾンにシンプルなボトムスを合わせた服装がおすすめです。日中気温が上がってきた場合はジャケットを脱いでも大丈夫なように、脱ぐことを考慮した上でトップスを選ぶといいでしょう。

3:オフィスカジュアルコーデ

気温20°C前後の春の季節は、通勤スタイルも何を着ていけばいいのか悩む傾向にあります。最近はジャケットスタイルではなく、オフィス向けのカジュアルスタイルとして「オフィスカジュアル」と呼ばれる服装で通勤していることも増えています。

オフィスカジュアルの場合は、柔らかな素材のブラウスにシンプルなパンツやスカートを組み合わせた服装がおすすめです。肌寒い日は薄手のコートを着て通勤するといいでしょう。

4:ジャケットコーデ

オフィススタイルやちょっとおしゃれな場所に出かける場合は少しドレッシーな服装を選ぶ傾向にあります。気温20°C前後であれば、シンプルなジャケットを組み合わせたコーディネートがおすすめです。

少し肌寒いと感じる日はインナーにニットを重ねたり、ストールをプラスするなどして調整するといいでしょう。春の季節はネイビーやグレーなどのベーシックなカラーを基調としてコーデすると春らしい服装になります。

5:ストール×アウターコーデ

春の季節でも最高気温が20°C程度という寒い日もあります。最高気温20°Cの場合は夜間さらに冷え込むことが予想されるので、ブルゾンやコートなどでしっかり防寒対策する必要があります。

ブルゾンやアウターだけでは足りない方は、ストールやスヌードなどの小物をプラスするとより温かな服装に仕上がります。春のコーディネートなので色の配色などが冬っぽくならないように注意しましょう。

気温20°Cのレディース秋の服装

夏から秋に変わる9月は、ファッションのテイストも大きく変化する季節です。秋のファッションは夏のファッションと比べてダーク系カラーのアイテムが多い傾向にあります。

9月はまだ夏の気温を引きずり温かな日も多く、服装選びが難しいシーズンといえるでしょう。また冬にかわる11月の季節は最高気温20℃の日が多いため、しっかりとした防寒対策も必要になります。

6:ニットカーディガンコーデ

夏から秋にかわる初秋の季節は、気温20°Cといってもそこまで肌寒さを感じない気候です。9月ごろの気温20°Cであれば、ニットカーディガンを取り入れた服装がおすすめです。

秋のファッションには欠かせない素材でもあるニットや柔らかな素材で女性らしい雰囲気を演出してくれるアイテムです。まだ温かい気候では着脱できるカーディガンタイプで秋の装いを演出するのがいいでしょう。

7:シンプルなデニムコーデ

秋の季節もシーズンによって最高気温20°Cと最低気温20°Cの日があります。そのため、朝は温かくても、夜になると寒くなることも多い傾向にあります。カジュアルなスタイルで悩んだ場合は、デニムにロングカーディガンを組み合わせた服装がおすすめです。

デニムは生地が厚い素材なので、少し肌寒い日でもしっかり保温してくれます。ロングカーディガンはお尻まで隠れる丈なので、腰回りも温かくおすすめのアイテムです。

8:アウターコーデ

秋のファッションに欠かせないアイテムといえば「アウター」です。気温20°Cの気候でアウターをプラスする場合は、少し薄手のトレンチコートのようなスタイルがおすすめです。

トレンチコートは丈も長いので、少し肌寒さを感じても寒さをしっかりガードしてくれます。秋らしくベージュやブラウンなどのカラーを選び、暖かな気候でも秋らしい服装に仕上げましょう。

9:ラフなカジュアルコーデ

少し暖かさを感じる気温20°Cでは、スウェットやトレーナーなどのアイテムを使用したラフなカジュアルコーデがおすすめです。

ブラウンやグリーン、グレーなどのアースカラー系のアイテムを取り入れ、キャスケットやニット帽などの小物を上手に取り入れながらコーディネートするといいでしょう。また少し肌寒いときは厚手のタイツを重ねれば足元が温かくなるのでおすすめです。

10:おしゃれなレザーコーデ

秋の季節の中でも最高気温20°Cの場合は、夜間は10°C以下に冷え込むことがあります。11月ごろの秋の服装では、レザーのショートジャケットやライダースジャケットを取り入れたコーディネートがおすすめです。

レザー素材は秋らしい季節を感じる素材の1つで、しっかりとした保温力のあるファッションアイテムです。少し細身かジャストサイズのシルエットを選ぶとよりおしゃれなコーデに仕上がります。

気温20°Cのレディース晴れの日の服装

気温20℃の日でも晴れ間が続く日は、しっかりとしたUV対策も必要です。気温20°Cで日差しが強い場合は、少し汗ばむこともあるので着脱できるアイテムを持っておくといいでしょう。

またUV対策をしっかり行いたい方は、少し薄手のシャツやカーディガンなどで日焼けしないようにするのもおすすめです。首元が気になる方はストールを巻いて日焼け対策をするとおしゃれなスタイルになります。

11:ネイビージャケットコーデ

気温20°Cで晴れ間の場合は、心地よい暖かな気候ですが気温の変化により肌寒さも感じやすい傾向にあります。晴れ間だからといってカットソーだけ着用して出かけるのではなく、ジャケットやカーディガンをプラスしてコーディネートがおすすめです。

春や秋におすすめなのが「ネイビージャケット」です。ネイビージャケットは程よい上品さとカジュアルさを併せ持つアイテムなので、さまざまな服装に使えるアイテムです。

12:アースカラーコーデ

気温20°Cの中でも難しいのが9月ごろの服装選びです。9月は初秋と呼ばれる時期で、ファッションが夏から 秋へ移行するシーズンです。しかし、9月は最低気温が気温20°Cの日も多く、ニットなどの本格的な秋な素材を着用するには暑さを感じやすいでしょう。

9月ごろの晴れ間の場合は、アースカラーで服装をまとめると秋らしい服装に仕上がります。またバッグなどの小物で季節感のある素材を使用するといいでしょう。

13:フレアスカートコーデ

気温20°Cでも最低気温20°Cの場合で晴れ間の場合は暑さを感じやすい気候です。春や秋は季節の変わりめなので気温を考慮しながら季節に合わせて服装にコーデすることが大切です。

気温20°Cの晴れ間でもおすすめなのが「フレアスカート」です。フレアスカートは裾にむかって広がったシルエットが特徴的なアイテムです。春の場合はホワイトやペールカラーを、秋の場合はブラックやブラウンなどを選ぶといいでしょう。

14:可愛いブラウスコーデ

気温20°Cの晴れ間は暑さと寒さをともに感じやすい気候です。晴れ間が続き少し暑さを感じやすい気候の場合は、ブラウスを取り入れた服装がおすすめです。

ブラウスは柔らかな素材のものを選ぶと、程よく通気性もあるので長袖だからといって暑さを感じることはありません。春の季節であればホワイトやブルーなどの明るい色を、秋の季節はブラウンやグレーなどの季節感のある色を選ぶようにしましょう。

15:大人のスウェットコーデ

気温20°Cでも晴れ間でも日中出かける場合は暑さを感じることもあります。気温20°Cの中でもカジュアルな服装で外に出かける場合は、スウェットを取り入れた服装がおすすめです。

スウェットは伸縮性があり、少し厚手の生地が特徴的なアイテムです。気温が上がりそうだと感じた場合はフルジップタイプのスウェットを着用すれば、いつでも着脱が可能なので便利なアイテムです。

気温20°Cのレディース曇りの日の服装

気温20°Cでも曇りがちな日は、日差しがないためすこし肌寒く感じることが多い傾向にあります。曇りの日でも風が強い日などは特に寒さを感じやすくなります。

気温20°Cの日でも曇りがちな日は、少し薄手のコートやアウター、シャツなどを着用して出かけるのがおすすめです。季節によっても服装は異なりますが、少し肌寒く感じることを想定して服装を考えるといいでしょう。

16:コート×パンツコーデ

気温20°Cでも曇りの場合は少し肌寒さを感じやすい傾向にあります。気温20°Cでも曇りの日におすすめなのが「薄手のコート」です。薄手のコートの中でもある便利なのがトレンチコートです。

トレンチコートは春や秋などの季節の変わりめに人気のアイテムで、まだ少し暖かな気候だけだと少し肌寒くなってきた時期におすすめです。カラーはベージュやカーキなどのアースカラーを選ぶと季節を問わず楽しむことができます。

17:ロングカーデ×パンツコーデ

気温20°C前後でも曇りの場合は少し肌寒く感じることもあるので羽織ものをプラスした服装がおすすめです。気温20°Cで曇り日は、ロングカーディガンと取り入れた服装にすると程よい温かさのある服装に仕上がります。

カーディガンの中でもロングカーディガンがお尻をすっぽり隠す程度の着丈なので、ショート丈のカーディガンよりも温かさのあるアイテムです。

18:カジュアルジャケット×パンツコーデ

気温20°Cで曇りの場合でも最高気温20°Cでは寒さの感じ方が違います。最高気温20°Cの場合は、少し厚手のジャケットやアウターをプラスした服装がおすすめです。

カジュアルな服装の場合は、ニット素材のカジュアルなジャケットやライダースジャケットなどでもいいでしょう。ブラックやネイビーなどのベーシックなカラーであればコーディネートしやすいので1枚持っておくと便利なアイテムです。

19:サロペットコーデ

気温20°Cで曇りでも最低気温20°Cの場合は服装選びもやや難しい傾向にあります。気温20°Cで曇りでも暖かな気候の場合は、サロペットを取り入れた服装がおすすめです。

サロペットは胸あてのある上下がつながったファッションアイテムです。比較的生地も薄いものが多く、春や秋のファッションに欠かせないアイテムです。少し肌寒さを感じた場合はカーディガンを重ね着しておしゃれにコーディネートするといいでしょう。

20:シャツ×カーデコーデ

気温20°Cでも曇りの場合は寒さを感じることもあるので、少し軽めの重ね着コーディネートがおすすめです。気温20°C程度であればシャツとカーディガンを組み合わせた服装にすると気温や気候に合った服装に仕上げることができます。

カジュアルな服装の場合はデニム素材のシャツにカーディガンを合わせ、少しドレッシーな服装にしたい場合はホワイトやブルーなどのワンカラーシャツを組み合わせるといいでしょう。

気温20°Cのレディース雨の日の服装

気温20°Cでも雨の日が多い6月の季節は、雨対策もしっかりする必要があります。雨が降っている日は風が吹くとより寒さを感じやすくなるため、着脱可能なシャツやアウターをプラスした服装がおすすめです。

また足元は雨に濡れると滑りやすくなるため、レイン用のシューズを用意しておくといいでしょう。出かける際は折り畳み傘を持つなど、レイングッズを常に常備しておくことも大切なポイントです。

21:ワンピースコーデ

気温20°Cでも雨の日は衣類が濡れないように服装に配慮する必要があります。雨の日におすすめのファッションアイテムの1つが「ワンピース」です。

ワンピースの場合はパンツなどとは異なり、地面に衣服の裾がつかないので比較的雨に濡れにくいアイテムです。春はピンクやブルーなどの爽やカラーを選び、秋はブラックやグレーなどのダーク系カラーを選ぶといいでしょう。

22:フレアスカートコーデ

気温20°Cで雨の日でも上品さのある可愛い服装にしたい方は、「フレアスカート」と取り入れた服装がおすすめです。上品なスタイルが好きな方は膝より少し長めのミドル丈フレアスカートを、ガーリーな服装が好きな方は膝上のフレアスカートを選ぶといいでしょう。

23:パンツコーデ

気温20°Cで雨の日にパンツを取り入れたコーディネートにしたい方は、パンツの丈選びに注意が必要です。パンツの場合は、裾の長さが長いと裾部分が雨に塗れたり、汚れたりする場合があります。

雨の日にパンツを履く場合は、クロップド丈などのやや短めのパンツか、裾を少しロールアップして着用するといいでしょう。

24:シンプルカジュアルコーデ

気温20°Cは春や秋の季節に訪れることが多く、特に秋の季節で雨の日はアイテム選びにも注意が必要です。秋の季節はファーやツイードなど、独特の素材感のあるアイテムが多い傾向にあります。雨の日は雨に濡れてしまうことも考え、あまり季節感のある素材などを使わず比較的シンプルなコーデに仕上げるのがおすすめです。

25:レイングッズコーデ

雨の日は雨に濡れたくないと感じる方も少なくありません。雨から衣類や体をしっかり守るためには、レイングッズやアイテムを取り入れたコーディネートがおすすめです。

現在のレインコートはトレンチコートのようなおしゃれなアイテムも数多く展開されています。雨の日でもおしゃれなコーデが楽しめるアイテムを事前に見つけておきましょう。

最高気温20°Cの日のレディースコーデ

最高気温20°Cの日は、4月や11月の上旬のような季節の変わり目に訪れます。最高気温20°Cの場合は、日中はやや温かな気候になりますが、夜間の冷え込みに注意が必要です。

この季節は薄手のアウターやシャツなどの重ね着した服装がおすすめです。外出先で寒くて困ったということが起きないように、事前に防寒対策を踏まえた服装にすることが大切なポイントです。

26:カジュアルジャケットコーデ

最高気温20°Cの場合は、夜間15°Cぐらいまで下がるため寒さ対策も重要です。カジュアルなコーディネートが好きな方には、カジュアルなジャケットをプラスした服装がおすすめです。コットンとナイロンが混合された伸縮性のある素材やニット素材などのジャケットはこの季節に1枚あると便利なアイテムです。

27:デニムジャケットコーデ

少し肌寒い気候だけどどんなアイテムをプラスすれば悩む人も少なくありません。カジュアルなコーディネートで悩んだ場合は、デニムのジャケットをプラスしたコーディネートがおすすめです。

デニムのジャケットは比較的どんなボトムスでも合わせやすいアイテムです。春は明るめのボトムスに、秋はダーク系のボトムスに合わせて季節感のあるコーデに仕上げましょう。

28:ロングトレンチコーデ

春や秋の季節で少し肌寒さを感じた場合は、ロングトレンチコートを取り入れたコーディネートがおすすめです。トレンチコートはやや襟の大きなシルエットが特徴的なコートで、さまざまなボトムスと組み合わせが可能なアイテムです。秋の季節はブラックやカーキなどのカラーをスタイルに取り入れると秋らしいコーデに仕上がります。

29:ロングカーデコーデ

最高気温20°Cにおすすめのアイテムの1つが「ロングカーディガン」です。ロングカーディガンが長めの丈のカーディガンで、どんなボトムスとも相性のいいアイテムです。

ロングカーディガンは薄手のものから厚手のものまでさまざまな素材があります。季節に合わせて生地の厚さや素材を選ぶようにするといいでしょう。

30:小物×カジュアルコーデ

最高気温20°Cの場合は夜間に頭部や足元に冷えを感じることもあります。部分的に寒さをカバーしたい場合は、耳あてやニット帽などの小物をスタイルにプラスするのもおすすめです。

足元はムートンブーツやロングブーツを組み合わせると足元が比較的冷えづらいのでいいでしょう。ショートブーツやパンプスの場合はデニールが高めのタイツを組み合わせてコーディネートしましょう。

最低気温20°Cの日のレディースコーデ

最低気温20°Cになる季節は、6月下旬から9月の上旬に多い傾向にあります。この季節は夏の日差しを感じやすい季節なので、日中は25°Cを超えるような暑さを感じる場合もあります。

日差しが強い季節は、着脱可能なアイテムをプラスして気温に合わせて体温調節することも大切です。カジュアルな服装の場合は、フルジップのパーカーやシャツなどをトップスに重ねておくのがおすすめです。

31:スカートコーデ

最低気温20°Cの日は日中25°C近くまで気温が上がるので、比較的薄着の服装で問題ありません。最低気温20°Cの日は足元も軽やかなスカートを取り入れたコーディネートがおすすめです。

上品なコーディネートにしたい場合はロング丈のフレアスカートがおすすめです。季節に合わせてカラーを選べば気温と気候に対応した可愛いコーデに仕上がります。

32:ショートパンツコーデ

最低気温20°Cぐらいの気候の場合は、ショートパンツを組み合わせたコーディネートもおすすめです。ショートパンツという夏のイメージが強い傾向にありますが、6月の初夏や9月の初秋などでも使えるアイテムの1つです。初秋の場合はダークカラー系のアイテムを選び、薄手のタイツなどと組み合わせると季節感のあるコーデに仕上がります。

33:ロングカーデコーデ

最高気温20°Cのコーデでも紹介した「ロングカーディガン」は、最低気温20°Cの場合でも活躍するアイテムの1つです。

最低気温20°Cの場合は日中の気温が上がることが予想されるので、透け感のある薄手のロングカーディガンを取り入れるといいでしょう。ブラックやネイビーなどのベーシックなカラーであれば季節に関係なくコーディネートすることができます。

34:カジュアルデニムコーデ

最高気温20°Cの中でもカジュアルなコーディネートが好きな方には、デニムを取り入れたスタイルがおすすめです。デニムは少し生地が厚めのボトムスですが、クロップドタイプなどの短い丈のものもあります。

デニムは1年中使えるファッションアイテムなので、1本持っておくと便利なアイテムです。少し暑さを感じた場合は裾をロールアップすると涼やかなスタイルに仕上がります。

35:大人のモノトーンコーデ

最高気温20°Cでも初秋の季節はコーディネートが比較的難しい傾向にあります。まだ気温は高いけど秋のファッションを楽しみたい方には、モノトーンコーデがおすすめです。

モノトーンはホワイトとブラックで構成されたカラーリングで、秋冬のファッションに多いスタイリングです。ファッションアイテムが短い丈や袖のものでも色をモノトーンにすることで秋らしいコーデに仕上がります。

買い物する時間のない方におすすめのサイト

気候や気温に合わせてコーディネートをしたいけど、仕事が忙しくて買い物をする時間はないという方も少なくありません。買い物をする時間のない方には、ファッション通販サイト「SHOPLIST」がおすすめです。

SHOPLISTは、定番アイテムからトレンドアイテムまでさまざまなアイテムを展開しているので、季節やスタイルに合ったアイテムをすぐに見つけることができます。空いた時間にぜひチェックしてみましょう。

気温20°Cのおすすめファッションアイテム

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

気温20°Cの春や秋の季節はシーズンやその日の気候によっても服装や注意すべき点が異なります。気温20°Cは暑いと感じることもあれば、寒いと感じることもあるので着脱できるアイテムは必要不可欠です。

たとえば、晴れの日が続く場合は、カットソーで日中いることを考えて荷物にならないシャツやパーカーなどを持っておくといいでしょう。では気温20°Cのおすすめファッションを気候別にくわしく見ていきましょう。

1:初夏

初夏とは、夏の初めの季節で6月ごろの季節のことを意味します。初夏は日中の気温が25°Cを超える場合もあるので、夏のような日差しを感じることもあります。しかし、他の月とは異なり雨の日も多いので6月の特徴です。

降水量が高いときはレイングッズをコーデにプラスするのも必要です。晴れ間の場合は比較的暖かな気候なので、暑くても着脱しやすいシャツを羽織っておくと便利なのでおすすめです。

2:秋

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

秋の季節で気温20°Cというと9月から11月の季節です。9月はまだ夏のような日差しが強い日も多く、最高気温が25°Cを超える日もあります。初秋は夏のような季節ではありますが、秋らしいファッションのカラーを取り入れた服装にするのがおしゃれのポイントです。

気温が暖かいからといって夏らしい服装にするのではなく、ブラックやブラウンの7分丈のカットソーにボトムスを合わせるなど、服装の色選びに注意しましょう。

3:晴れの日

気温20℃でも比較的晴れ間の多い季節といえば、5月や10月のシーズンです。夏のような照り付ける日差しではないものの、意外と紫外線が強いのもこの季節です。

日中は暖かな気候が多く日差しも強いので、カーディガンやストールなどで適度に紫外線対策をするのも重要なポイントです。季節に合った色のファッションアイテムを選びながら、上手に服装をコーディネートしましょう。

4:曇りの日

気温20°Cでも日差しがあまりない曇りの日は、少し風が吹くと肌寒く感じることもあります。カジュアルな服装の場合は、パーカーやシャツなどの着脱可能なアイテムを服装にプラスするといいでしょう。

また秋の季節は体の末端である頭や足などかた寒さを感じることもあります。ニット帽やキャップをプラスしたり、足元はブーツでしっかり寒さ対策することも大切です。

5:雨の日

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

気温20°Cでも雨が降る日は、雨と一緒に風が伴うこともあるのでしっかりとした寒さ対策が必要です。雨に濡れた場合も寒さを感じやすいので、いつもよりも少し温かな服装を心がけるといいでしょう。

雨の日に外にいることが多い場合は、レインシューズやレインコートなどを着用することも大切です。また普段の靴に防水スプレーをかけて雨や汚れから靴を守ることも重要なので覚えておきましょう。

6:最高気温20°Cの日

最高気温20°Cの季節といえば、4月や11月のシーズンです。最高気温20°Cの場合は、最低気温が10℃以下になる場合もあるので、しっかりとした防寒対策が必要です。

4月であればカーディガンやパーカー、11月であれば少し薄手のアウターを服装にプラスするといいでしょう。服装選びが難しい季節ですが、最低気温に合わせた服装選びをすることがおすすめです。

7:最低気温20°Cの日

最低気温が20°C前後になる季節は、夏を挟んだ6月や9月のシーズンです。最低気温20°Cの場合は、最高気温が25°Cを超える場合もあるので、少し薄手の服装を心がけるといいでしょう。

少し薄手のカーディガンやシャツなどをスタイルに加え、暑さを感じるときは肩や腰に巻いてスタイルのアクセントにするのもいいでしょう。最高気温のことを考慮し、インナーには半袖や7分丈のものを合わせましょう。

気温20°Cに適した服装で快適に過ごそう

気温20°Cの快適な服装35選|おすすめレディースコーデ

気温20°Cとは春(4月から6月)と秋(9月から11月)の季節に多い気温です。気温20°Cは最高気温なのか最低気温なのかによっても服装は異なります。

最高気温20℃の場合は、夜間になると冷え込む場合があるのでしっかりとした防寒対策が必要です。最低気温20℃の場合は日差しが強いので、着脱可能なアイテムをプラスしておくといいでしょう。出かける前にその日の気温をチェックし、気候に合った服装を心がけましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

春や秋の季節は気温20°C前後の気候が多く、温かなときもあれば肌寒さを感じる場合もあります。このように季節に気温や気候は異なり、気温によって服装も異なります。

冬の寒い時期は気温が1°C違うだけでも体感温度が違うため、しっかりとした防寒対策が必要です。季節や気温に応じて適した服装ができるよう事前に学習しておきましょう。

Related

からし色のコーディネート10選|からし色に合うスニーカー

からし色のファッションアイテムを持っていますか。秋冬になるとよく見るからし色ですが、着こなせている人は意外と少ないです。今回はそんなからし色をおしゃれに着こなせるようなアイテムやコーディネートをご紹介します。皆さんもからし色ファッションを楽しんでみましょう。
コーディネート
2019年01月05日
からし色のコーディネート10選|からし色に合うスニーカー

トレンチコートのベルトの結び方|オシャレな結び方8選

トレンチコートを持っていますか。トレンチコートを着ている人は多くても、付いているベルトを活用できている人はあまりいません。ベルトのアレンジができるようになると、一気におしゃれになります。今回は、ワンランク上のトレンチコート活用術、ベルトの結び方です。
コーディネート
2019年01月04日
トレンチコートのベルトの結び方|オシャレな結び方8選

スヌードの色々な巻き方6種類|スヌードに合うファッション

冬に大活躍するファッションアイテム【スヌード】毎年何気なく巻きますが、人とは違う巻き方やコーディネートが知りたい人もいるでしょう。オシャレに対する意識が高い方にスヌードの定番の巻き方から人とは違った巻き方で、スヌードに合うおすすめコーディネートをお届けします。
コーディネート
2018年12月27日
スヌードの色々な巻き方6種類|スヌードに合うファッション

ファッション系統10個・自分に似合う系統を見つける方法

ファッションが多様化しています。ファッション系統もいろいろな種類が増えています。では、自分に似合う系統を見つけるにはどうすればよいのでしょうか。今回は、多様化するファッション系統の中から代表的なもの10個と、自分に似合う系統を見つける方法をご紹介していきます。
コーディネート
2018年12月14日
ファッション系統10個・自分に似合う系統を見つける方法

スタンスミスでコーデ8選|定番スニーカーでオシャレにコーデ

長年愛されているスタンスミスは、バックのロゴが印象的な履き易いスニーカーです。この世界一売れたスタンスミスの名前の由来や上手く履きこなしたコーデを8選ご紹介します。スタンスミスの種類を4つお伝えしますので、自分に合う品番を選び、素敵にコーデしてみてください。
コーディネート
2018年12月19日
スタンスミスでコーデ8選|定番スニーカーでオシャレにコーデ

ワンピースおすすめ厳選コーデ8選と着こなしテク5選

ワンピースは女子の必須アイテムですが、ワンピのデザイン任せのコーデではすぐに飽きてしまいます。こちらの記事では、ワンピースのコーデと着こなしテクをご紹介します。トレンドを押さえて新鮮なワンピースコーデにトライしましょう。ワンピの追加購入前にはぜひご覧ください。
コーディネート
2018年12月18日
ワンピースおすすめ厳選コーデ8選と着こなしテク5選

スポックシューズとは?おすすめのコーディネート10選!

シンプルデザインで幅広いコーデに合わせ易いスポックシューズはどのような靴なのか気になる人も多いでしょう。そんなスポックシューズの履き易さや魅力について色々ご紹介します。また、スポックシューズに合うコーディネートを10選お伝えしますので、参考にしてみてください。
コーディネート
2018年12月19日
スポックシューズとは?おすすめのコーディネート10選!

大正時代の服装|明治時代との違い・大正ロマンの特徴や髪型

大正時代の服装や髪型は、大正ロマンという文化と溶け合い、とてもモダンでおしゃれです。大正時代のファッションは和洋折衷です。その不可思議で魅力的なコーデが、現代のトレンドにも生かされています。今回は、おしゃれでモダンな大正時代のコーデを、ご紹介していきます。
コーディネート
2018年12月19日
大正時代の服装|明治時代との違い・大正ロマンの特徴や髪型

ワイドパンツの着こなし方20選|着こなしのポイント知ろう

ワイドパンツの着こなしに迷ったことはありませんか。流行しているアイテムだから買ってみたけど着こなし方がわからない、手持ちのアイテムと合わせるにはどのワイドパンツを買えばいいかわからない、という方におすすめの着こなし方を紹介していきます。ぜひ読んでみてください。
コーディネート
2018年12月19日
ワイドパンツの着こなし方20選|着こなしのポイント知ろう

ドフラミンゴ女子コーデ12選|アウターが買えるサイト

近頃よく見かけるドフラミンゴ女子の着るコートは、個性的な色合いと素材が面白いアイテムです。ドフラミンゴ女子になるには、どのようなコーデをすればいいかと悩んでいる方のために、コーデ術を12選ご紹介します。また、ふわもこアウターが買えるサイトもお伝えします。
コーディネート
2018年12月19日
ドフラミンゴ女子コーデ12選|アウターが買えるサイト