Logo
menu
白パンツのコーデ10選|相性の良いアイテム
更新日:2020年08月28日

白パンツが似合う季節、春夏の白パンツのコーデ10選をご紹介します。スタイルを良く見せるための注意点や、白パンツと相性の良いアイテムを取り上げています。ぜひ記事を参考にしていただき、ONからOFFまで使える白パンツをおしゃれに履きこなしてください!

白パンツのコーデ10選|相性の良いアイテム

白パンツが似合う季節

オールシーズン履ける白パンツですが、その中でも白パンツが似合う季節は、なんと言っても春と夏です。

色々な素材や、豊富なデザインの白パンツがありますが、春と夏にな白パンツコーデをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

春は出会いと別れがあり、新しいスタートを切る季節です。真っ白な気持ちでスタートを切る季節に、気持ちを表したようなまっさらな白パンツは最高のアイテムです。

春らしいパステルカラーを合わせたり、ベージュを合わせて大人っぽく仕上げたりして、いつもと少し違う自分を演出してみるもの楽しいでしょう。
関連
白パンツのコーデ10選|相性の良いアイテム
気温15度の服装おすすめ24選|春/秋のおすすめアイテム - cutee

暑い夏には、涼しげに見える白パンツコーデがです。最近の夏は息苦しいほどの暑さですが、白パンツで見た目を爽やかにして、夏を乗り切りましょう。

また、夏はイベントや旅行に行くことも多いシーズンです。白パンツをおしゃれに着こなして楽しい夏を過ごしましょう。

白パンツのコーデ10選

それでは、実際に白パンツコーデをご紹介していきます。

着まわしやすい白パンツですが、合わせる色によってはぼんやりとした印象になることがあります。スタイルよく、おしゃれに見えるコーデができるよう、これからご紹介するコーデ10選を、ぜひ参考にしてください。

コーデ1:モノトーンコーデ

対局の黒を使ってのモノトーンコーデは、簡単におしゃれに見える着こなしです。

写真のようにオーバーサイズのパーカーにスキニーの白パンツを合わせると、足が細く見える効果があります。また、キャップを指し色にして、遊んでみるもの良いでしょう。

動きやすくリラックスできるコーデなので、ワンマイルウェアとしても使えます。

コーデ2:デニムシャツ

白パンツにデニムシャツは定番で最強の組み合わせです。

写真のようにバッグ、ベルト、靴を茶系で統一するとウエスタン調になりますが、小物が上品なので、タウン着としてのバランスがとても良いです。また、袖をまくって手首を出すことで、抜け感を作り、こなれた印象を与えます。

コーデ3:ベージュス

白パンツにベージュ系スを合わせれば、リッチな仕上がりになります。体の線を拾いすぎず、でも大きすぎないスを選んで、上品に着こなしましょう。スの色と靴をリンクさせると統一感がでます。

いつもよりランクの高いレストランで会食する時や、目上の方とお会いするときなどにです。パールのネックレスを合わせると、さらに上品になります。

コーデ4:ワンピース&チュニック

ワンピースやチュニックの下に、レギンス感覚で白パンツを履くコーデです。スにボリュームがあるので、細めの白パンツを選ぶと良いでしょう。

裾にカットワークがあるので涼しげで、上品な大人っぽさと可愛らしさの両方の雰囲気をだしているので、さまざまな場所で活用できるコーデです。また、スが長めなので、ロングネックレスを合わせると相性が良く、スタイルアップできます。

コーデ5:ワントーン

モノトーンコーデに引き続きとても簡単なコーデですが、単色なのでアイテムに個性があるとワンランクアップのおしゃれになります。

ワントーンコーデはシンプルになりすぎるので、白パンツを裾が切りっぱなしのデニムにして、サングラスをアクセサリー代わりにTシャツの胸元へかけます。

バッグで全体を引き締めたいので、はっきりした色味のものを持ちましょう。また、Tシャツの裾を軽くインして、こなれ感をだすと良いでしょう。

コーデ6:シャツ+パーカー

定番のグレーのパーカーですが、中に綺麗色のシャツを着て白パンツとコーデすると、上品カジュアルが完成します。

写真のようにパンプスと少しフォーマルなバッグを合わせれば上品な印象になり、スニーカーとリュックを合わせればカジュアルの印象が強くなります。

小物次第で雰囲気を自由に変えられますので、着こなしの幅が広く、便利なコーデです。

コーデ7:インパクトス

ボトムスになにを合わせようか迷うようなインパクトスにも、白パンツは最適です。

白パンツにはほとんどのスが合いますので、個性的な柄やデザインのスにもすんなり馴染みます。また、個性的な小物を合わせても、白パンツで調和してくれます。

コーデ8:クラッシュ

普段履いている白パンツをクラッシュデニムに変えるだけで、いつものコーデの印象が変わります。Tシャツにデニムですが、クラッシュした隙間から素肌が見えて、少しセクシーさが加わります。

カジュアルな雰囲気はそのままで、ワイルドさと少しのセクシーさがプラスされるので、自分の雰囲気を変えたいときにコーデです。

コーデ9:ワイドパンツ

ゆるっとした白いワイドパンツは、とても柔らかくリラックスした印象をもたらします。また、ネックラインのあいたスを合わせると、抜け感がでてこなれた感じになり、大人の女性の雰囲気がでてきます。

ワイドパンツは下にボリュームがでるので、ヘアを上の方でまとめてバランスをとると良いでしょう。
関連
白パンツのコーデ10選|相性の良いアイテム
ワイドパンツのおすすめコーデ10選|相性の良いアイテム - cutee

コーデ10:オフィススタイル

ラストはオフィススタイルです。ONにもOFFにも、無理なく使えるのが白パンツの凄いところです。

ジャケットとパンプスを合わせれば、あっという間にオフィススタイルの完成です。また、ベルトでウエストマークをすると、さらにきちんとした印象を与えることができます。

おしゃれな服を買い足したいあなたに

最近着ていく服がないから買い足したい、でも予算は限られているという方にはファッション通販サイト SHOPLISTがです。

リーズナブルは価格で旬なアイテムがたくさん揃っていて、カジュアルからフォーマルまで取り扱いがあるので、どのようなシーンの服でも欲しいものがきっと見つかります。

ぜひこの機会にSHOPLISTをのぞいてみてください。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

白パンツと相性の良いアイテム

白パンツのコーデをみてきましたが、シンプルになりがちな白パンツコーデを完成させるためには、小物使いがとても重要だと分かりました。

ここからは、どのようなアイテムを組み合わせればおしゃれに見えるのかご紹介します。

家にあるアイテムを少し足すだけで、ぐっとおしゃれに見えますので、すぐに実践してみてください。

スニーカー

どんなカラーやデザインのスニーカーでも白パンツには合います。上でご紹介したモノトーンコーデやワントーンコーデに組み合わせてみてはいかがでしょうか。

出番の少ない個性的なスニーカーをお持ちの方も、白パンツなら簡単に合わせられますので、デイリーユースのアイテムに昇格してあげてください。

また、上品なスの時に足元をスニーカーではずすと大人の余裕が感じられ、おしゃれ上級者に見えます。
関連
白パンツのコーデ10選|相性の良いアイテム
おすすめのスニーカーブランド10選・合う靴を見つける方法 - cutee

麦わら帽子

夏と言えば麦わら帽子です。白パンツに麦わら帽子を合わせるだけで、爽やかな夏や海のイメージになります。

写真のようにスをブルーシャツにすると、タウンウェアとしても麦わら帽子が馴染みます。

帽子はかぶるだけでアクセントになるので、いろいろなコーデに合わせてみてください。

ベルト

白パンツに濃い色のベルトをすると、コーデがぐっと引き締まります。ベルトでウエストマークしてポイントにすると良いでしょう。

ハイウエストのパンツにウエストマークすると足長効果もありますので、シャツインするコーデの時はベルトを使うと、スタイルアップして見せることができます。また、オフィスの時はベルトを使うことによって、きちんと感が出すことができます。

白パンツをおしゃれに履きこなそう

白パンツを履くだけで、パッと明るくあか抜けた印象になります。スや小物によって、さまざまなコーデができる万能アイテムです。

家で眠っているアイテムも、白パンツとなら着こなせる確率が高いので、この機会にトライしてみてください。白は膨張色なのでスの色や小物をアクセントにメリハリを付けると上手くいくでしょう。

白パンツでおしゃれの幅が広がります。ぜひヘビーユースして履きこなしてください。

パンツスタイルのコーデをご紹介

今回は白パンツスタイルのコーデをご紹介しました。足さばきが良く、動きやすいパンツスタイルは着こなしの幅が広く、カジュアルからオフィスまで使えるコーデがたくさんあります。スカート派の方も、白パンツなら無理なく取り入れられるのではないでしょうか。

パンツスタイルは履き慣れるととても快適です。自分に似合うパンツスタイルを探して、おしゃれをたくさん楽しんでください。
関連
白パンツのコーデ10選|相性の良いアイテム
オシャレなスキニーパンツコーデ10選|男女別/季節別コーデ - cutee
関連
白パンツのコーデ10選|相性の良いアイテム
ネイビーパンツのおしゃれコーデ15選|ネイビーパンツアイテム - cutee
初回公開日:2018年10月25日

記載されている内容は2018年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。