Logo
menu
使える黒パンツを使ったコーデ21選|相性の良い靴3つ
更新日:2021年08月06日

黒パンツは、どんな色味、柄の洋服にも合わせることのできる万能アイテムです。そんな万能アイテムの黒パンツは、どんなシーンにも着用することができるのも特徴です。1着持っているだけで使える、黒パンツを使ったコーディネートを紹介します。

使える黒パンツを使ったコーデ21選|相性の良い靴3つ

黒パンツが使える理由

黒パンツは主張の少ないアイテムなので、どんな洋服にも合わせやすいのあ特徴です。単色のパンツなので柄や色物にも合わせやすく、コーディネートのバランスを整えてくれます。

また、黒色はスッキリして見えるので、着痩せ効果も期待できます。1着あればどんなコーディネートにも合わせることができる万能パンツです。

理由1:着痩せ効果

黒色のパンツには、スッキリ見せる着痩せ効果があります。黒はしまっているように見えるのが特徴なので、パンツに取り入れることで全体のバランスが良くなります。

また、スに大きめのシルエットの洋服を着てもパンツに黒を持ってくることで、全体のバランスが大きくならずスッキリしたまとまりのあるコーディネートになります。
関連
使える黒パンツを使ったコーデ21選|相性の良い靴3つ
オシャレなスキニーパンツコーデ10選|男女別/季節別コーデ - cutee

理由2:着回しできる

黒パンツが使える理由として着まわしができることがあげられます。黒のパンツなので、組み合わせの悪い色がないため、どんな洋服にも合わせることができるので、着まわしするには万能すぎるアイテムです。

スキニーのような細身の黒パンツなら、ワンピースの下に履くことで流行りのコーディネートが完成します。ワイドパンツのように広がったタイプのパンツの組み合わせもはやりのスタイルなので、です。

理由3:シーンを選ばない

素材に気をつければシーンを選びません。黒のスキニーパンツや、ワイドパンツならデイリー向けの着こなしができ、スラックスのようなきっちりした印象の黒パンツなら、ジャケットと合わせれることで仕事用としても着用できるでしょう。

このように、黒パンツならシーンを選ばずどんな場面でも着用することができるのも特徴です。

黒パンツを使ったコーデ21選

黒パンツを使ったコーディネートはたくさんあります。仕事向き、デイリー向きの黒パンツを使ったコーディネートを紹介します。

黒パンツは素材を変えれば、年中着用することもできます。また、黒色のコーディネートにすれば落ち着いた印象に、スに柄や色を組み合わせれば明るい印象に変えることができます。

コーデ1:<白スニーカーで軽やかな印象>

ダブるコートと黒パンツの組み合わせで重くなりがちですが、白スニーカーを合わせることで目線がスニーカーにいきスッキリした印象になります。

かっちりなりがちなダブルコートに白スニーカーを合わせることでカジュアルになり、かっちりしたイメージを崩してくれます。また、細身の黒パンツに合わせることでスッキリした印象になるのも特徴です。

コーデ2:<ワイドパンツでストリート風>

大きめなパーカーとワイドパンツの組み合わせでストリート風のコーディネートができます。ダボっとしたスにダボっとしたパンツを合わせることで、ほどよいゆるさが出ます。

パーカーのカジュアルさに、黒のワイドパンツの組み合わせで、ストリート風な印象になります。キャップを合わせることで、よりカジュアルな印象を与えます。
関連
使える黒パンツを使ったコーデ21選|相性の良い靴3つ
ネイビーパンツのおしゃれコーデ15選|ネイビーパンツアイテム - cutee

コーデ3:<白ニットで大人シンプル>

白のニットとスキニーパンツのシンプルなモノトーンのコーディネートです。ゆったりめの白ニットとスキニーパンツの組み合わせで上品な印象のコーディネートにスニーカーを合わせることでカジュアルさをプラスしたコーディネートになっています。

髪をまとめて首を見せることでよりスッキリした印象になります。また、白のスをインすることで目線が上に行くのでスタイルアップに繋がります。

コーデ4:<長めのニットで大人な印象に>

黒のスキニーパンツにお尻が隠れるくらいの丈のスを合わせることで大人な印象になります。そこにパンプスを合わせることでさらに大人っぽい印象になります。

長めのニットでも明るい色を持ってくることで重たい印象にならずまとまりのあるコーディネートになります。また、足先の小さなパンプスで足の甲を出しているので、スッキリした印象になります。

コーデ5:<ワインレッドを差し色に>

黒のスキニーパンツにワインレッドのカーディガンで可愛らしい印象のコーディネートです。白のスニーカーを合わせているので、カジュアルな印象になりますがワインレッドのカーディガンで上品さをプラスしています。

スに白を持ってくることで軽やかな印象になり、より可愛らしい印象にのコーディネートです。

コーデ6:<ヒールとジャケットできっちりと>

アンクル丈のパンツにジャケットできっちりした印象のコーディネートです。カジュアルなTシャツを合わせていますが、ジャケットを合わせることで着崩した印象になっています。インナーをブラウスに変えればお仕事にも使える服装になります。

また、アンクル丈のパンツにヒールを合わせることで、足が長く見え、スタイルアップの効果もあります。

コーデ7:<ワイドパンツとウエポで今時風>

ワイドパンツとウエストポーチの組み合わせは流行です。ハイウエストのワイドパンツにスをインしたモノトーンもシンプルなコーディネートにウエストポーチがアクセントになったコーディネートです。

ウエストポーチは今の流行りでもあるので、黒パンツと合わせることで流行を取り入れたファッションを作ることができます。

コーデ8:<ブラックコーデにアクセント>

ブラックコーデに赤のパンプスがアクセントになったコーディネートです。黒のスに黒のパンツ、黒のバックのブラックコーディネートの組み合わせに、赤のパンプスを合わせることで足元に目線が行くので重たい印象になりません。

ウエスト部分のフリルのついたスに黒のパンツを合わせることでハイウエストに見え、スタイルアップの効果があります。

コーデ9:<オーバーサイズのスで韓国風>

オーバーサイズのスにアンクル丈スキニーで韓国風ファッションになっています。ボーダーのタートルネックで膨張しがちですが黒のスキニーパンツを合わせることでスッキリした印象になっています。

グレーのオーバーサイズのスをインすることと足首を出ことでもスッキリ見せることができ、スタイルアップにも繋がります。

コーデ10:<チュニックワンピでラフな印象に>

チュニックワンピとジャージ風パンツでラフな印象のコーディネートです。足首がすぼまった形のジャージ風パンツは、サイドに白のラインが入っているので、縦のラインが強調され、長めのスと合わせても重たい印象にならずスタイルアップ効果があります。

ラフな印象のコーディネートですが、黒のジャージもデイリーファッションとして用いられることが多くなったので、気軽に挑戦できるファッションです。

コーデ11:<ロンパースでスタイルアップ>

ウエストに切り替えのあるロンパースを着ることでスタイルアップに繋がります。寸胴に見えがちなロンパースでも切り替えのあるロンパースを選べば足長効果を期待できます。

インナーと靴を明るい色味に揃えることでスッキリしたまとまりのあるコーディネートになっています。ストレートなロンパースなのできっちりしすぎずラフに着崩すことのできるコーディネートです。

コーデ12:<抜きえりジャケットでカジュアルに>

抜きえりジャケットでカジュアルな印象のコーディネートです。ワイドパンツは素材によってはきっちりした上品な印象になりがちですが、はやりの抜きえりのジャケットを合わせることでカジュアルな印象になっています。

スに色味のある洋服を合わせることで目線が上に行くので、ワイドパンツとの組み合わせでも、スッキリした印象のコーディネートです。

コーデ13:<ヒールパンプスで上品な印象>

動きのあるスとヒールのパンプスで上品な印象のコーディネートです。動きのあるスで軽やかな印象になり、ヒールのパンプスを合わせることで、足の甲が見え、さらにヒールの効果で足が長く見え、スッキリしたスタイルアップのコーディネートが作れます。

また、ネックレスをつけることで目線が胸元に集まるので、全身が縦長に見え、よりスタイルアップの効果が期待できるコーデイネートです。

コーデ14:<ドットの組み合わせで可愛く>

重くなりがちな黒のワイドパンツに、ドットのスで可愛らしい印象のコーディネートになっています。黒のワイドパンツにがリーナドットのスで柔らかい印象になっています。

また、ガーリーな印象のコーディネートにスニーカーを合わせることで、可愛らしさを和らげることができ、デイリーにも着やすいコーディネートです。

コーデ15:<オーバーサイズで柔らかい印象に>

肩落ちのゆったりサイズのスで柔らかい印象のコーディネートです。ス以外のアイテムを黒にすることで、スの軽やかが強調され、柔らかい印象に繋げてくれます。

足の甲が見えるミュールを合わせているので、スッキリした印象になり、バックを高い位置でかけているので、重い印象になっていないのもこのコーディネートのポイントです。

コーデ16:<タックパンツで上品に>

鮮やかな赤のブラウスにタックパンツで上品なスタイルです。赤の華やかなブラウスに黒のパンツを合わせることでよりスの華やかさが強調されます。

タックパンツをインすることで、タックが強調されスタイルアップに繋がります。また、足首を見せることでもスッキリした印象になります。デイリー、お仕事両方に使える上品な印象を与えるコーディネートです。

コーデ17:<ローゲージニットで大人カジュアル>

同系色のローゲージニットでシンプルな大人カジュアルのコーディネートです。ローゲージのニットを合わせることで、カジュアルな印象になり、また白のスニーカーを合わせているので重くならず、スッキリしたまとまりのあるコーディネートになっています。

ローゲージのニットはカジュアルな印象ですが、スキニーパンツを合わせることでルーズになりすぎずめりはるのある、スッキリしたファッションです。

コーデ18:<ライダースでかっこよく>

黒のパンツにライダースの組み合わせでかっこいい印象のコーディネートです。白のスにスラックスでシンプルで大人な印象のファッションにライダースをプラスすることでクールな雰囲気のコーディネートを作ることができます。

ちょっとしたお出かけや女子会などにもってこいのコーディネートです。足首を出して白靴下を合わせることで少しカジュアルに見せることができます。

コーデ19:<シャツ×ニットでカジュアルに>

きっちりな印象のシャツにニットを合わせることでカジュアルな印象のコーディネートです。きっちりした印象のシャツに、スニーカー、ニット、リュックのカジュアルを取り入れたファッションです。

シャツの裾を出すことでラフな印象を与え、ニットの丈がウエスト位置と短いので、スタイルアップの効果があります。また、カジュアルな印象のアイテムを合わせることで、かっちりしすぎないゆるさのあるコーディネートを作ることができます。

コーデ20:<単色ニットで落ち着いた印象に>

重ね着などはせず単色のニットとの組み合わせで落ちつた印象のコーディネートです。ブラウンの組み合わせなので秋口からも着られそうな落ち着いた印象ですが、色味によって雰囲気も大きく変わります。

ストレート寄りのパンツなので、カジュアルさを出すことができデイリー向けのファッションです。

コーデ21:<シャツインでボーイッシュな印象に>

ハイウエストなパンツにシャツをインすることで足が長く見え、スタイルアップ効果があります。また、ベルトを巻くことでボーイッシュな印象のコーディネートになっています。

シャツもジャストサイズではなく、あえてワンサイズ大きめのスにすることで、ゆるさが出てメンズライクのファッションを作ることができます。

黒パンツはこちら

[カナクレール] パンツ テーパード レディース 無地 シンプル 白 紺 カーキ キャメル 黒 M L

¥ 2,980
口コミ
スマートでスタイル良く見えます。このお値段でこの見た目なら文句無しです。もう一枚欲しいです。
デイリー、お仕事両方に使える万能の黒パンツです。パンツのウエストバックがゴムになっているので、腹部を締め付けず、はき心地が楽になります。

ゆったりしすぎずぴったりしすぎずのバランスで、アンクル丈で形も着痩せ、足長効果があるのでスタイルアップになります。また、はき心地もよく、タックのデザインなので気になるお尻と太ももをカバーしてくれます。

黒パンツと相性のいい靴3つ

落ち着いた印象と少し重たい印象の黒パンツには、合わせる靴によっても印象を大きく変えることができます。スニーカーを合わせればカジュアルに、パンプスを合わせれば綺麗めな印象になります。

主張しすぎないパンツなので、印象を大きく変えることもできるのが特徴です。黒パンツと相性のいい靴を紹介します。

靴1:白スニーカー

黒のパンツと白のスニーカーでメリハリのあるコーディネートです。スとスニーカーの色を合わせることでまとまりのある印象を受けます。

白のスニーカーはスとの相性もよく、モノトーンにカーキのジャケットで大人な雰囲気にまとまっています。白のスニーカーを合わせることで、黒パンツで重くなりがちな足元を爽やかに見せてくれるのも特徴です。

靴2:カラーパンプス

黒パンツとカラーパンプスの組み合わせで華やかな印象になります。ストレートの黒パンツいスと同色のキャメルのパンプスを合わせることで落ち着いた印象で軽い雰囲気になっています。

パンプスは、足の甲が見えるのでスタイルアップ効果もあり、足の甲から足首を出すことでスッキリした印象になります。

靴3:ローファー

黒パンツとローファーの組み合わせで可愛らしい印象になります。学生靴として定番なローファーは、素材や形によって大きく印象が変わります。

黒パンツとスウェード素材のローファーの組み合わせだと温かみのあるコーディネートになります。また、足首丈のスキニーパンツで足首を出すことで軽やかな印象になり、スッキリして見えます。
関連
使える黒パンツを使ったコーデ21選|相性の良い靴3つ
こなれ感のあるコーデ15選|こなれ感が出る黒スキニーコーデ - cutee

黒パンツをオシャレに着こなそう

黒パンツのコーディネートにはたくさんの種類があります。黒パンツを合わせることで、理想の雰囲気のコーディネートを作ることができます。

黒パンツをスにインするだけでも、いつものコーディネートの雰囲気を変えることができるように、アレンジひとつでコーディネートの幅を広げることができます。いろんなアレンジ方法で、黒パンツを使ったおしゃれを楽しみましょう。

自分に合うスタイルを見つけよう

黒パンツを使ったコーディネートでも、着る人のスタイルはさまざまです。シンプルなコーディネートを作ることもできれば、ポップな印象のコーディネートを作ることもできます。

このように、自分にあった黒パンツを選び、自分のスタイルを見つけることでおしゃれすることが楽しくなります。コーディネートの幅を広げて自分のスタイルを見つけましょう。
関連
使える黒パンツを使ったコーデ21選|相性の良い靴3つ
シンプルコーデをおしゃれに着こなす!定番アイテム20選 - cutee
関連
使える黒パンツを使ったコーデ21選|相性の良い靴3つ
オシャレなスキニーパンツコーデ10選|男女別/季節別コーデ - cutee
初回公開日:2018年11月02日

記載されている内容は2018年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。