Logo
menu
スニーカーのコーデ10選|ブランド3選
更新日:2020年08月28日

様々なファッションスタイルで使えるスニーカーの選び方をご紹介します。カジュアルなスタイルにはもちろんのこと、フォーマルなスタイルにもスニーカーは大活躍します。オシャレでかわいいスニーカーを一足プラスして、ファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スニーカーのコーデ10選|ブランド3選

スニーカーを選ぶ時のコツ

一足目のスニーカーは、色を重視しましょう。凝ったデザインや派手な色のものよりも、シンプルなワンカラーや2色使いのデザインがです。色選びに迷ったらベーシックな黒や白をチョイスするのがベストです。

ベーシックなスニーカーはどんなファッションスタイルにも合わせやすく服を選びません。後々、紐の色を変えてアクセントを加えることもできますので、まずは定番のスニーカーをコーディネートにプラスしましょう。
関連
スニーカーのコーデ10選|ブランド3選
白スニーカーを使ったおしゃれコーデ15選|人気ブランド10選 - cutee

スニーカーのコーデ10選

ここでは、色々なシーンごとにスニーカーのコーデをご紹介します。スニーカーに手が出なかった方は、ぜひ参考にしてください。手抜きファッションと思われない、こなれ感のあるおしゃれなスニーカーコーディネートにしましょう。

また、スニーカーファッションの大事な注意点ですが、メインであるスニーカーはいつも綺麗にしておくことを忘れないでください。汚れたスニーカーは、せっかくのコーデの邪魔をしてしまいます。履いた後には汚れを落として、いつも綺麗にしておきましょう。

コーデ1:キレイ目カジュアルスタイル

スニーカー初心者の方にキレイ目カジュアルをご紹介します。くるぶしが隠れるくらいの長めのパンツと合わせてみましょう。

ポイントは、パンツからチラッと見えるシルエットにすることです。チラ見せのスニーカーは、パンツと色を変えることで抜け感を演出できます。お友達とランチにもぴったりなコーディネートです。
関連
スニーカーのコーデ10選|ブランド3選
女性向けビジネスカジュアルコーデ10選|コーデのポイント - cutee

コーデ2:オフィスで浮かないスニーカー

オフィススタイルにスニーカーを合わせて、いつもと違う雰囲気を出してみてはいかがでしょうか。スニーカーの色は、黒がです。

明るい色のスニーカーは、カジュアルなイメージが強く出やすく、服装次第では足元が浮いてしまうことがあります。黒のスニーカーは、全体をバランスよくまとめてくれる役割もあります。

上品なシャツやセンタープラスの入ったパンツと合わせて綺麗なスニーカーコーデを目指しましょう。

コーデ3:大人の休日スタイル

休日の大人スニーカースタイルは、こんな組み合わせがです。全体を同系色にまとめると、上品なスニーカーコーデになります。

ヘアスタイルにも少しこだわって、ルーズなアップや無造作なまとめ髪にしてみてください。こなれ感のあるスニーカースタイルは、街中ショッピングに最適です。

コーデ4:公園デートにぴったり

公園デートには裾の広がったロングスカートとスニーカーがです。作りすぎない、崩しすぎない絶妙な組み合わせです。

スニーカーは、キャンバス地のものを選ぶと軽やかなイメージに、スポーツタイプならアクティブな印象になります。ふわっと広がるロングスカートが、女性らしい魅力を一層増してくれそうです。

コーデ5:芸術を楽しむファッション

美術館や博物館にはこんなスタイルをします。美術館にスニーカーは合わないと決めてる方もいるのではないでしょうか。カジュアル過ぎると悪目立ちしそうなイメージがあります。しかし、実は美術館では足音のしないスニーカーが活躍します。

とろみのあるスと合わせれば品のある仕上がりになります。スニーカーの色は、清潔感のある白がです。お出かけの前日には、スニーカーを綺麗にしておくことも忘れないでください。

コーデ6:ドライブデートを楽しもう

ドライブデートには、膝丈スカートとのコーデで可愛さアップを狙いましょう。彼も嬉しいスニーカースタイルを目指しましょう。

膝丈のスカートと合わせるのは、ローカットのキャンバススニーカーがです。ハイカットよりもスニーカーバランスを取りやすく、長時間座っていても足が痛くなり辛いため目的地でも楽しめます。

コーデ7:みんなでバーベキュー

大人のバーベキューはちょっと工夫が必要です。山に登るようなスニーカーコーデにならないようご注意ください。

服装は、動きやすいシャツワンピとローテクスニーカーをチョイスしましょう。スニーカは、スリッポンもかわいいです。レギンスを合わせてカジュアルなスタイルをキープすれば、周りの女子からあざといとは言われません。

頑張りすぎないスニーカーコーデがです。

コーデ8:バカンスでスニーカーをはこう!

大人のリゾートには綿や麻素材のロングワンピースとスニーカーを合わせてみてはいかがでしょうか。とろみのあるAラインのワンピと、キャンバススニーカーの組み合わせをします。全体をオフホワイトの優しい同系色でまとたコーデで、大人のバカンスを楽しみましょう。

コーデ9:スーツスタイルに挑戦

メンズカジュアルスーツでは定番のスーツとスニーカーのコンビですが、実は大人女子にこそです。インナーはシンプルなカットソー、ボトムは7分丈のパンツがこなれ感を引き出します。

シンプルなスーツスタイルに、カラフルなハイテクスニーカーを合わせてみてください。凝ったデザインのスニーカーをシンプルコーデでかっこよく履きこなしましょう。

コーデ10:メインはお気に入りのスニーカー

デザインの込んだスニーカは、シンプルなワンピとのコーデがです。足首が見えるアンクル丈を素足で履いて、スニーカーを目立たせましょう。このスタイルは、女子の可愛さが高まりますのでぜひチャレンジしてみてください。

2足目のスニーカーを買うならこちら

ベーシックな1足の後には、デザインにこだわったスニーカーを手に入れましょう。凝ったスニーカーは、コーデの幅ぐんと広げてくれます。定番ブランド以外でも、遊び心のあるデザインがあるのがスニーカーの魅力のひとつです。

ファッションブランドにも、オリジナルスニーカーが展開されていることが多いですから、お好きな服飾ブランドでスニーカーが販売されていないかチェックしてみてください。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

おしゃれなスニーカーのブランド3選

ここでからは、定番のスニーカーを3つご紹介します。スニーカーを手にしたことがない方も、目にしたことがあるはずのロゴマークを揃えました。

スニーカーの購入を考えられている方は、まずは黒や白から手に入れてみてはいかがでしょうか。定番のスニーカーは間違いがありません。

スニーカーに慣れてくると他の人のコーデが気になりますが、まずはスニーカーの定番ブランドをマスターしておきましょう。それぞれのブランドイメージにあったコーデを完成させてみてはいかがでしょうか。

ブランド1:CONVERSE

おしゃれスニーカーの定番と言えば、アメリカ発祥のCONVERSEではないでしょうか。価格も手ごろなものが多くスニーカーデビューしやすいブランドです。オールスターなどデザインは定番となっているものが多く、飽きのこないスニーカーの代表とも言えます。白や黒、赤や緑などカラフルものからパステルカラーまで色の種類が多いのも魅力のひとつです。
関連
スニーカーのコーデ10選|ブランド3選
コンバースハイカットのコーデ10選と季節コーデに人気カラー! - cutee

ブランド2:New Balance

大人から子供までのNew Balanceは、Nのマークでお馴染みです。元はスポーツシューズブランドですが、現在ではファッションとしても大です。

軽くて動きやすく機能性も高いため、長時間履いていても疲れ辛い優れ物です。Nのマークはシンプルなスタイリッシュスニーカーの代名詞です。きっと、足元のおしゃれを助けてくれるでしょう。

ブランド3:adidas

こちらのadidasは、もともとスポーツブランドです。3本ラインが特徴的な、誰もが知っている大ブランドでしょう。海外の有名人や日本のアーティストなどおしゃれを作る人達からも愛されているブランドです。

丸みを帯びたフォルムが女性の足を可愛く見せてくれる、ほかにはないスニーカーです。写真はスーパースターと呼ばれるモデルで、アニマル柄やカモフラージュ柄などバラエティに富んだデザインも楽しめます。

スニーカーをおしゃれに履きこなそう

こだわりのスニーカーをメインにおいて、スニーカスやボトムスはノーブランドの服を着ている方を良くお見かけします。おしゃれな方のスニーカーコーデはまさにシンプルイズベストです。お気に入りのスニーカーを手に入れたら、シンプルな服でお出かけしてみましょう。

シンプルでおしゃれに見えるコーデをご紹介

スニーカーが自宅に揃ってきたら、スニーカーをメインにしたコーディネートに挑戦しましょう。Tシャツに七分丈のスキニー、そんなシンプルな組み合わせがとってもおしゃれです。

スニーカーは、デザインの込んだものや、カラフルなものなど、ぜひお気に入りのスニーカーを組み合わせてください。小ぶりなアクセサリーで女性らしさを見せるのも素敵です。
関連
スニーカーのコーデ10選|ブランド3選
シンプルコーデをおしゃれに着こなす!定番アイテム20選 - cutee
関連
スニーカーのコーデ10選|ブランド3選
デニムシャツおすすめコーデ10選・季節別コーデのポイント - cutee
初回公開日:2018年10月22日

記載されている内容は2018年10月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。