Logo
menu
女性のオフィスカジュアル5例|コーディネートのポイント
更新日:2020年08月28日

私服勤務が可能な職場に勤めているけれど、どんな服装で通勤すればいいのかよくわからないという女性も多いのではないでしょうか。この記事では、女性にしたいオフィスカジュアルコーデや、オフィスカジュアルのポイントをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

女性のオフィスカジュアル5例|コーディネートのポイント

オフィスカジュアルとは

私服勤務がOKな職場に勤めているけれど、毎日どんなコーデで通勤すればいいのか服選びに迷ってしまうという女性も多いのではないでしょうか。

そんな時には、オフィスカジュアルコーデが一番です。オフィスカジュアルとは、スーツのように堅苦しくないけれどビジネスパーソンとして必須の清潔感やきちんと感があり、なおかつおしゃれさも兼ね備えた服装のことを意味する言葉です。

会社の雰囲気ごとに合わせる

オフィスカジュアルコーデのポイントとしてまず挙げられるのが、会社の雰囲気に合わせた服を選ぶということです。

オフィスカジュアルと一口に言っても、カジュアルよりのものからフォーマルよりのものまで幅広いため、職場の雰囲気に応じて服や小物を選びましょう。

上司がどのような服装をしているのかを参考にすることで、職場で浮かないオフィスカジュアルのコーデを完成させることができます。

女性のオフィスカジュアルは難しい

男性はジャケットとシャツ・パンツを組み合わせれば職場にふさわしいコーデが簡単に完成しますが、女性の場合には組み合わせるアイテムの選択肢が非常に多いため、意外とオフィスカジュアルコーデが難しいというのが実情です。

職場で浮くことなく、またビジネスパーソンとして常識を疑われることのないように、黒やグレー、ネイビーやベージュといった無難で落ち着いた色のアイテムをうまく組み合わせるようにしましょう。
関連
女性のオフィスカジュアル5例|コーディネートのポイント
冬のオフィスカジュアルコーデ例10個・似合う髪型 - cutee

女性のオフィスカジュアル5例

オフィスカジュアルコーデは、上品さとおしゃれさを両立してくれるため、私服勤務にピッタリな服装だと言えるでしょう。

しかし、具体的にどのような服を選んで会社に行けばいいのかよくイメージがつかめないという女性もおられることでしょう。

そこでここからは、女性のオフィスカジュアルコーデのOK例とNG例をそれぞれ5つピックアップしてご紹介していきます。ぜひ参考になさってみてください。

どこまでが許されるか

まずは、女性のオフィスカジュアルとしてOKなコーディネートからチェックしていきましょう。

オフィスカジュアルコーデを完成させるためには、ビジネスパーソンとしての清潔感やきちんと感があり、なおかつ華美ではない控えめな服やアイテムを組み合わせることが必須です。

肌の露出を抑えること、また落ち着いた色味のものを選ぶことで、職場で浮かない品のあるオフィスカジュアルコーデをしましょう。

コーデ1:ジャケット×柄スカート

女性にしたいオフィスカジュアルコーデとしてまず挙げられるのが、ジャケットと柄スカートを合わせた着こなしです。

女性らしい印象のレース柄スカートに、カチッとしたフォーマル感のあるジャケットを組み合わせることで、社会人に必須の清潔感ときちんと感を演出することができます。

また、ブルー系で上下を統一することにより、落ち着いた印象を与えることができるでしょう。
関連
女性のオフィスカジュアル5例|コーディネートのポイント
ジャケットスタイルのコーデ10選|ジャケットの種類 - cutee

コーデ2:シャツワンピ

シャツワンピースを一枚でさらりと着こなすのも、女性にしたいおしゃれなオフィスカジュアルコーデの一つとして挙げられるでしょう。

無地のシンプルなデザインのシャツワンピースをチョイスすることで、きちんと感と清潔感のある着こなしがかないます。

服装の規定がそんなに厳しくない職場ならば、ベージュのような明るめのカラーでもOKですが、やや厳しめの職場の場合にはブラックやネイビーがです。

コーデ3:とろみシャツ×タイトスカート

女性にしたいおしゃれなオフィスカジュアルコーデの一つとして、とろみシャツとタイトスカートを組み合わせた着こなしも挙げられます。

レーヨン生地のとろみ感のあるシャツを選ぶことで、女性らしい上品さとおしゃれさを演出することができるでしょう。また、タイトスカートをそれに合わせることで、女性ならではの美しさをアップさせることができます。

上下ともに、落ち着いた色を選ぶのがポイントです。

コーデ4:カーディガン×スカート

女性にしたいオフィスカジュアルコーデの一つとして、カーディガンとタイトスカートを組み合わせた着こなしをご紹介します。

どちらもオーソドックスでシンプルなデザインのものを組み合わせることで、きちんと感がありながらもほどよくカジュアル感の漂うおしゃれコーデが完成します。

よりフォーマルな印象を与えたい場合には、ネイビーやブラック、グレーなどのものを選ぶとよいでしょう。

コーデ5:アンクルパンツ×シャツ

アンクルパンツとスキッパーシャツを組み合わせた着こなしも、女性にしたいおしゃれなコーディネートの一つとして挙げられるでしょう。

爽やかさの感じられるストライプ柄のスキッパーシャツに、濃いネイビーのアンクルパンツを組み合わせることで、すっきり清潔感のあるオフィスカジュアルコーデが完成します。

足首をちらりと見せることで、女性らしさをさりげなく演出することもできるのでです。

NGなコーデ

以上では、女性にしたいおしゃれで清楚なオフィスカジュアルコーデをご紹介してきました。

ここからは、オフィスカジュアルとしてはNGな女性の服装を5つピックアップしてご紹介していきます。

ビジネスパーソンにはある程度のフォーマル感や清潔感が必須ですので、露出の多い服装やラフすぎるサンダル、派手な柄物のストッキングや華美な色・デザインの服やアイテムは控えるようにしましょう。

コーデ1:ミニスカート

女性のオフィスカジュアルのNGコーデとしてまず挙げられるのが、ミニスカートを取り入れた着こなしです。

比較的服装の規定がゆるい職場であっても、社会人としてミニスカートを履いて職場に行くと常識を疑われてしまうでしょう。

例えシックで落ち着いたデザインであっても、膝より上の丈の短いスカートやショートパンツはNGです。また、膝丈であっても座ると太ももが露出してしまうようなスカートも控えたほうがよいでしょう。

コーデ2:オフショルダー

オフショルダーを取り入れたスタイルも、女性のオフィスカジュアルにはNGのコーディネートとして挙げられるでしょう。

肌を露出した服装は、どんなにゆるい雰囲気の職場であってもNGです。肌を過剰に露出した服装はそもそも仕事にふさわしくありませんし、上司や同僚に不快感を与えてしまうでしょう。

また、「下品だ」「社会人として常識がない」とマイナスの評価をされてしまいかねませんので、控えましょう。

コーデ3:パーカー

女性のオフィスカジュアルのNGコーデとして、パーカーを取り入れた着こなしも挙げられます。

パーカーを着ると確かに動きやすく楽ちんではありますが、カジュアルすぎるため、職場には不向きのアイテムです。また、きれいめのタイトスカートやパンツを組み合わせたとしても、やはり清潔感やきちんと感に欠けてしまうでしょう。

コーデ4:ジーンズ

ジーンズを取り入れた着こなしも、女性のオフィスカジュアルのNGコーデの一つとして挙げられます。

ジーンズはカジュアルファッションの定番アイテムです。動きやすくおしゃれではありますが、カジュアルすぎる印象があるため職場には不向きだと言えるでしょう。

また、年配の方の中にはジーンズを作業着として捉えている方もおられるので、そのような人の前でジーンズを履いて仕事をしていると心証を悪くしてしまいます。

コーデ5:派手な柄物アイテム

女性のオフィスカジュアルのNGコーデの一つとして、派手な柄物アイテムを取り入れたスタイルも挙げられるでしょう。

上品なレースのタイトスカートやストライプのようなものならばOKですが、レオパードやヒョウ柄など、派手な柄もののアイテムはオフィスカジュアルにはふさわしくありません。

「下品である」「自己主張が強すぎる」といった悪い印象を与えてしまう場合もあるでしょう。

このサイトでオフィスカジュアルの服はいかがですか

オフィスカジュアルコーデのための着こなし力抜群のアイテムをお探しならば、ファッション通販サイト「SHOPLIST(ショップリスト)」を利用してみてはいかがでしょうか。

オフィスカジュアルにピッタリなきれいめ系のブランドのアイテムを多数取り揃えているため、きっとお好みと予算に合う服や小物を見つけることができるでしょう。

日替わりでお得なセールやキャンペーンを行っているところもポイントです。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

オフィスカジュアルコーデのポイント

以上では、オフィスカジュアルのOKコーデとNGコーデの具体例をご紹介してきました。仕事にふさわしいオフィスカジュアルコーデを完成させるためには、いくつか覚えておきたいポイントがあります。

ここからは、清潔感とおしゃれさを兼ね備えたオフィスカジュアルコーデのポイントをご紹介していきますので、ぜひ洋服選びの際にチェックしてみてください。

色はベーシックカラーで

オフィスカジュアルコーデのポイントとしてまず挙げられるのが、色はベーシックなものをチョイスするということです。

黒やグレー、ネイビーやベージュといった落ち着いたベーシックな色のアイテムを組み合わせることで、ビジネスパーソンにふさわしい上品さを出すことができます。

反対に、どぎつい原色や派手な赤、ショッキングピンクなどの色はできません。

女性らしさを忘れずに

オフィスカジュアルコーデのポイントの一つとして、女性らしさをさりげなく感じさせる服を選ぶということも挙げられるでしょう。

スカートにパンプスを組み合わせて女性らしさを演出させたり、パンツスタイルでもスにフェミニンなデザインのものを合わせるなどしましょう。

アイテム使いでオフィス風を

アイテム使いでオフィス風を演出するということも、オフィスカジュアルコーデのポイントの一つとして挙げられます。

組み合わせるアイテムを工夫するだけで、一つ一つはカジュアルなものであっても、きちんと感を演出することができるでしょう。

基本ルールを忘れずに

今回は女性にしたいおしゃれで上品なオフィスカジュアルコーデについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

露出を控えめにすること、シンプルなデザインを選ぶこと、そして落ち着いた色合いのものを選ぶという3つの基本ルールを忘れずに、おしゃれで素敵なオフィスカジュアルコーデを楽しみましょう。

自分らしさも取り入れてみよう

たまには定番の服装ではなく、自分らしさを取り入れたオフィスカジュアルコーデに挑戦してみるのもよいでしょう。以下の関連記事では、よりおしゃれで洗練されたオフィスカジュアルコーデを完成させるためのコツや方法をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
関連
女性のオフィスカジュアル5例|コーディネートのポイント
ファッション系統10個・自分に似合う系統を見つける方法 - cutee
関連
女性のオフィスカジュアル5例|コーディネートのポイント
【男女別】オフィスカジュアルスタイル10選/NGポイント - cutee
関連
女性のオフィスカジュアル5例|コーディネートのポイント
オフィスカジュアルブランド人気13選・上質6選・定番アイテム - cutee
初回公開日:2018年10月04日

記載されている内容は2018年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED