Logo
menu
結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー
更新日:2020年08月28日

皆さんこんにちは、今回は「結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー」と題して、「結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー」についての詳細情報のご紹介をはじめ、お呼ばれされたときの女性コーデについてご紹介します。

結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー

結婚式のお呼ばれ女性のNG服装マナー

「結婚式のお呼ばれ女性のNG服装マナー」についてですが、これは特に「お呼ばれしたときのマナー」としてインプットしておくとよいもので、一般的な「お呼ばれした際の結婚式に着ていく服装のマナー」として覚えておきましょう。

基本的に結婚式にお呼ばれした際には、「花嫁より目立たない衣装を着ていくこと・花嫁よりも目立たない小物を身に付けること」がマナーとして大事になります。

NG1:白い衣装

結婚式にお呼ばれした際に着ていく服装としては基本的に「白を基調とした服装」はNGとなります。この場合の白い服装というのは「清楚な感じ・清潔感を引き立てる服装のイメージ」となり、好印象のイメージがありますが、結婚式には不向きです。

白の服装がNGの理由は、花嫁のドレスが白であるため「かぶってしまう衣装」となり、その点において「花嫁よりも目立つ衣装」となるためです。

NG2:過度な露出

これは結婚式にお呼ばれした際にかなり注意する服装となりますが、「露出を抑える服装」というのは必ず大事な注目点となります。

これは特に結婚式にお呼ばれした際の注意点としてだけではなく、どんな会にお呼ばれした際にも特に「女性の身だしなみ」としてチェックしておきましょう。

上記は一般的な昼に行なわれる結婚式にお呼ばれした際の注意点となり、夜会などを含む、夜のパーティにはOKとなります。

NG3:ファー

ファーというのはいわゆる「毛皮」のことを意味しますが、あまり毛皮の付いた服装をメインにしてしまうとそれだけで「けばけばしいファッション」になってしまうことが多く、また花嫁よりも目立ってします衣装となってしまいます。

その上で、結婚式にお呼ばれした際の服装としては「原則的にNGの服装」として認められており、他の人から見られた際に「動物の殺処分の印象」の空気を漂わせることになります。
関連
結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー
結婚式の二次会の女性の服装20選|NGマナー・コートの選び方 - cutee

NG4:アニマル柄

これも先述の引き続きの内容となりますが、アニマル柄というのはこの場合「ファーの毛皮コート」や「派手に目立つファッション」となってしまうため、この点で印象がよくない場合が多く見られます。

結婚式にお呼ばれした際に「この動物柄のNGとなる理由」としては、「動物を殺処分したこと」を回りにアピールしてしまうことがその欠点として見られます。

NG5:キラキラと輝くアクセサリー

結婚式にお呼ばれした際に付けるべきアクセサリーの基準についてですが、この場合も先述の服装の注意点と同じく「花嫁よりも目立ってしまう感じのアクセサリー」は避けましょう。

パールやビーズを基調にしたシックなアクセサリーなどが印象よく、キラキラ光り物の印象を先に与えてしまうアクセサリーはやはりNGとなります。

NG6:ミュール/オープントゥ/ブーツ

次は「結婚式にお呼ばれした際に身に付けるべき靴」のイメージについてですが、この場合も「派手な靴・露出が無駄に多い靴・光り物の靴・あまりに日常的な靴」などは避けておきましょう。

ブーツやスニーカーなどはカジュアル過ぎるため結婚式にお呼ばれした際の靴としては不格好になってしまい、アニマル柄の物は「殺処分のイメージ」があるためNG、またつま先が開いたパンプスもNGとなります。

NG7:素足

結婚式にお呼ばれした際の服装として「素足でいく」というのはOKの場合もありますが、基本的にはこれも「カジュアルなイメージ」を先に与えてしまうためNGとされることが多く見られます。

できるだけ清楚な感じの白のストッキングを履いておき、伝線した場合のことを考えて「予備のストッキング」を持参しておくとよいでしょう。この場合、黒のストッキングは避けましょう。黒は基本的に葬式用の配色となります。

結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選

先述では「結婚式にお呼ばれした際の服装・靴のマナー」についてご紹介してきましたが、ここからは「それらの服装の具体的なコーディネート」についてご紹介していきます。

いくら「結婚式にお呼ばれした際に着るべき服装」を用意した場合でも、それらのコーディネート次第ではNGとなってしまう場合があるため、このコーディネートにもしっかり注意を払っておきましょう。

20代女性

まずは「20代女性が着用するべき結婚式にお呼ばれした際の服装コーディネート」についてご紹介します。

20代ともなればいよいよ周囲の人・友人・知人が結婚する機会を設けて、だんだん「結婚式にお呼ばれされる機会」も次第に増えていきます。その場合に、しっかり社会的マナーを駆使した服装を身に付けられるよう配慮しておきましょう。

コーデ1:スカートが広がるフレアシルエット

20代女性の場合はまず「可愛らしさ」や「明るさ」をアピールした服装であることが勧められます。その上で先述のように「花嫁よりも目立ってしまう服装」は避けておき、できるだけ清楚・可憐なイメージを周囲に与えられる服装を心掛けておきましょう。

20代女性の場合でなファッションコーディネートでは、「スカートが広がるフレアシルエット」などが好評で、この場合でも色あいや露出を清楚な物を揃えておきましょう。

コーデ2:薄ピンク系ドレス

次に20代女性にな「結婚式にお呼ばれした際のコーディネート」としては、「薄ピンク系ドレス」となるでしょうか。

この場合のファッションイメージとしては「明るさ」や「可愛らしさ」を引き立てる上で、花嫁の白色のファッションとは一線を画したファッションコーディネートとなることがピックアップされます。

ブルーやグリーン系のドレス

次に20代女性に相応しい「結婚式にお呼ばれした際のコーディネート」としてあげられるのはこの「ブルーやグリーン系のドレス」です。

この場合も「花嫁よりも目立つファッションコーディネート」を避け、できるだけ清楚で明るいイメージを意識したファッションコーディネートとなります。

ブルーやグリーンというのは「自然の配色」をイメージさせる効果があるため、あらゆる催しの服装としても認められる色あいとなります。

コーデ4:黒系のドレス

次は「黒系のドレス」となりますが、これは先述のように「お葬式のイメージを先行させてしまう配色」となるため、直接的に「黒色を目立たせるファッションコーディネート」とするのはよくありません。

そのため、ボレロや羽織もの・アクセサリーなどを白色や薄ピンク色などでアレンジしておき、下地に着る黒のドレスをあまり目立たせない工夫が必要です。
関連
結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー
おしゃれなモノトーンコーデ10選|コーデのコツ3つ - cutee

コーデ5:オレンジや黄色などの暖色系ドレス

次に「オレンジや黄色などの暖色系ドレス」のファッションコーディネートですが、この場合は「周囲に暖かなイメージを先行させる効果」が働いてくれるため、特にファッションコーディネートに困った際には効果的な服装となるでしょう。

結婚式にお呼ばれした際にはこのように、まず「花嫁よりも目立つ格好を避ける」という工夫をする上で、なるべく清楚で暖かい印象の服装を心掛けておきましょう。

30代女性

先述では20代女性の「結婚式にお呼ばれした際のコーディネート」についてご紹介しましたが、ここからは30代に服装・コーディネートについてご紹介していきます。

30代女性の場合は20代女性の場合よりも「生活感のある清楚なイメージ」をさらに引き立たせるコーディネートがよいでしょう。

コーデ6:パンツスタイルのドレスアップ

20代女性のコーディネートの場合は「明るさ」や「可愛らしさ」をアピールする服装が多く見られますが、30代女性の場合はどちらかと言うと清楚なイメージを先行させたイメージの服装を心掛けることはポイントとなります。

この場合、パンツスタイルのドレスアップが好評となり、とにかく「大人のイメージを先行させるコーディネート」をさらにデザインする服装が好まれます。

コーデ7:ベージュのドレスとガウチョ

ガウチョというのはいわゆる西洋風の肩掛け・肩掛け風の羽織もののことを指しますが、インナーにはベージュ系のドレスを着用し、その上から同じ配色のガウチョか、コーディネートされたガウチョを羽織る形となります。

ガウチョやカーディガン系の羽織ものの効果というのは、清楚で可憐なイメージを印象付ける働きと、ファッションとしてはメリハリを利かせた服装を演出します。

コーデ8:モード系のオシャレドレスアップ

この場合のモード系というのは「ブランドを意識した格好のよいドレスアップ」のことを指しますが、特にブランドを意識しなくても、全体的にシックな感じのファッションコーディネートをすればOKとなります。

結婚式にお呼ばれした際には「出過ぎず地味になり過ぎず」というイメージを持っておくことが大切で、シックで格好のよいドレスアップはどんな場合でも好印象です。

コーデ9:レースケープでオシャレにドレスアップ

次はレースケープでドレスアップを助ける形のファッションコーディネートですが、この場合も「清楚でオシャレな恰好よさをさらに引き立たせたコーディネート」となります。

結婚式にお呼ばれした際に30代女性が身に付けたいイメージとしては、「明るく清楚で、恰好のよいイメージを与えるファッションコーディネート」が非常に効果的となるでしょう。

コーデ10:リラックス感のあるワンピ―スドレス

次は「リラックス感のあるワンピ―スドレス」によるドレスアップですが、このワンピースによるファッションコーディネートも30代女性のコーディネートとしては非常にが高い服装となります。

ワンピースのよい点は「カジュアルドレスにもフォーマルドレスにも早変わりする点」で、コーディネート次第で「結婚式にお呼ばれした際の服装」としてかなり相応しくなります。

40代女性

次に40代女性が身に付けるべき「結婚式にお呼ばれした際のファッションコーディネート」についてのご紹介です。

40代女性の場合のファッションコーディネートでは、特に「生活感・清楚さをアピールしたコーディネート」が魅力的で、40代女性の魅力を抜群に発揮できるアクセサリーなども非常に重要なポイントとなります。

コーデ11:ベージュのレースケープドレス

40代女性の魅力というのは「特に着飾らなくてもそのまま魅力が湧き出てくる・にじみ出てくる」と言われるほどの、もとから身に付いた女性特有の魅力が着実に発揮されるという特徴があります。

そのため、ベージュのレースケープを身にまとったドレスアップにしても、その服装と大人の女性の魅力がコラボする形で、ちょうどよい演出を引き立ててくれます。

コーデ12:長めのイレギュラーワンピース

次に「40代女性の結婚式にお呼ばれした際のドレスアップ」のとしては、この「長めの丈を取ったイレギュラーワンピース」が魅力的とされます。

特にイレギュラーワンピースの特徴は「そのまま着用しても裾の縁がファッションコーディネートを十分に引き立ててくれる」という特典が付くため、他の小物などは必要なくなります。

この場合の配色は少々派手系の物でもOKで、主に露出を抑える服装を心掛けましょう。

コーデ13:ロングドレス

次にこの「ロングドレス」ですが、ロングドレスの特徴は「露出を控え目にした大人の女性の魅力」を最大限に発揮してくれるポイントがあり、結婚式にお呼ばれした際の服装としては非常に多くの女性にコーディネートされる服装になります。

この場合でも花嫁よりも目立つ格好を避けることを意識しておき、その配色は黒でもブルーでもOKで、露出を控え目にすることを十分心掛けておきましょう。

コーデ14:ネイビー色のフォーマルワンピース

次にこの「ネイビー色のフォーマルワンピース」によるファッションコーディネートになりますが、この「ネイビー色」というのはたいていの催し会に着用しても通用する一般的なフォーマルスーツと同じ扱いになります。

特に「ネイビー色」と「ワンピース」の落ち着いた色彩のファッションコーディネートになりますが、この場合でも大人のシックな印象をさらに引き立てることができるでしょう。

コーデ15:シフォンボレロでドレスアップ

シフォンボレロの特徴はまず「結婚式にお呼ばれした際に着用されるコーディネート」としては非常に多くの場面で見られる服装となり、その魅力は「落ち着いた大人の女性の魅力」をさらに引き立ててくれます。

先述の「羽織ものの効果によるファッションコーディネート」と同じく、派手な服装を避けると同時に「シックな恰好よさ」を十分魅力的に演出してくれるでしょう。

50代女性

さて、先述までは「20代から40代までの、結婚式にお呼ばれした際の服装」についてご紹介してきましたが、ここでは「50代女性の結婚式にお呼ばれした際の服装」についてご紹介していきます。

50代女性の結婚式用のドレスアップとして好評な服装としては、基本的に先述の「40代女性のファッションコーディネート」の内容とほぼ変わらず、落ち着きをさらに意識したコーディネートとなります。

コーデ16:フレア袖とレースでドレスアップ

この「フレア袖とレースでドレスアップ」によるファッションコーディネートですが、この場合の服装はどちらかと言うと「可愛い系」のコーディネートとなります。

主に「女性のファッションコーディネート」の場合に多く通用する点はこの「可愛らしさ」を引き立てる点で、これはどの年代の服装の場合でも共通となります。

結婚式にお呼ばれした際の服装としても「可愛らしさ」が「明るさ」を引き立てる演出に役立ちます。

コーデ17:フォーマルドレス

冠婚葬祭で着用されるきわめて一般的なドレスアップとなりますが、50代女性の場合のドレスアップの特徴は「大人のイメージを最大限に引き立てるファッションコーディネート」がメインになるため、このフォーマルドレスの演出効果は最大に発揮されるアイテムとなるでしょう。

主にフォーマルドレスの魅力が生かされるセンスは40代・50代女性の場合が多く、この場合も落ち着いた大人の魅力を引き立てます。

コーデ18:オパールワンピースのドレスアップ

次に「オパールワンピースのドレスアップ」によるファッションコーディネートですが、この場合でも「50代女性の魅力を最大限に引き立ててくれるファッション」として認められます。

結婚式にお呼ばれした際のアクセサリーとしてオパールが選ばれるのは珍しくなく、このオパールの魅力は「シックな感じ」を大きく引き立てる際の特徴的なアイテムとして利用できます。

コーデ19:フロッキーワンピースのドレス

50代女性だからこそその魅力を発揮できるこの「フロッキーワンピースのドレス」によるファッションコーディネートですが、この「フロッキー」というのはそもそも「イギリスの貴族が催す社交界」などでよく着用されていたフォーマルドレスの一品として知られます。

この場合の魅力も「大人の落ち着いたシックな印象」を最大限に引き立てる魅力を大事にしており、結婚式にお呼ばれした際の服装としても非常に相応しいです。

コーデ20:ラメ入りのフロッキードレス

次は「ラメ入りのフロッキードレス」によるファッションコーディネートですが、この「ラメ入り」というのも50代女性のファッションだからこそ取り入れられやすい魅力的なコーディネートになります。

本来「ラメ」や「パール系アクセサリー」というのは煌びやか過ぎて派手な印象を先に与えてしまいますが、大人の落ち着きを生かしたファッションとしては非常に魅力的です。

結婚式用の服装の魅力をさらに知りたいあなたに

さて、ここでは「さらに結婚式にお呼ばれした際の魅力的な服装をもっと知りたい」と言うあなたに一品をご紹介します。もっとたくさんの魅力的なコーディネートを追究してみましょう。

今回ご紹介する「さまざまなファッションコーディネート」を紹介してくれる「SHOPLIST」のご紹介で、このサイトではドレスアップの方法からアクセサリーの付け方まで、非常に丁寧に教えてくれます。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

結婚式のお呼ばれ女性のバッグのマナー

結婚式のお呼ばれ女性のバッグのマナーについてのご紹介ですが、いわゆる「パーティ用バッグ」というのは「華やかさ・明るさ・フォーマル」という三拍子揃った一品をそれぞれ用意しておくことが大切になります。

特に結婚式にお呼ばれした際の服装に見合う形のバッグを選んでおくことが大切で、その配色もあまりギラギラした物を選ばないようにしておきましょう。

OKなもの

この場合は先述のように「パーティ用ドレスと見合うバッグを選ぶこと」が先行されるため、バッグの印象(デザイン)もそのドレスにマッチした一品を選ぶことになります。

たとえば黒のドレスを結婚式にお呼ばれした際の服装とする場合では、多少煌びやかなバッグを選んでおくとよいでしょう。

黒のドレスに黒を基調としたバッグを選んでしまうと、それだけで「全体的に暗いイメージ」が先行することになってしまいます。

OK1:小ぶりのパーティバッグ

結婚式にお呼ばれした際の服装に見合うバッグとして適当とされる物としては、まず「大きめのバッグよりも小ぶりのバッグ」が印象的によくなります。特に結婚式のようなフォーマルな式典では、持ち物を身軽にしておくことが大切です。

OK2:上品な素材のもの

次にバッグそのものの素材についてですが、いくら「清楚なアイテムが好まれるから」と言って、あまりに地味な素材のバッグ・アクセサリーでは全体的な印象が悪くなります。

そのため、アクセサリーにしてもバッグにしても、それなりに高級感・上品さが漂う物を用意しておき、その上品さをもって「明るいイメージ」を周囲に与えるバッグを選ぶようにしておきましょう。

NGなもの

結婚式にお呼ばれした際の服装に見合うバッグの選び方において重要な点は、まず「地味過ぎて、周りに悪い印象を与えないようにすること」と、結婚式という華やかな場所に不釣り合いのアイテム(バッグやアクセサリー)を持参しないようにすることです。

上記を踏まえた上で、バッグ1つにしても「上品で明るい印象の物」を選んでおき、そのアクセサリーにしても「地味過ぎる印象」を与える物は必ず避けておきましょう。

NG1:大きすぎるバッグ

先述の「小ぶりのバッグ」のご紹介とは逆の内容になりますが、結婚式に限らず、フォーマルな式典において持参するバッグとしては「大きなバッグ・大き過ぎるバッグの持参」というのは無駄に形容を取ってしまう悪い印象を先に与えてしまいます。

持ち物はなるべく身軽な印象を与える物を選んでおくことによって、「明るいイメージ」や「華やかなイメージ」を与えることになるため、バッグも小さめの物を選びましょう。

NG2:ファー

これはあまり見られない例になりますが、バッグにもファー(毛皮やその他のデコレーション)の付いた物を持参してしまう場面が見られますが、これは必ず避けておきましょう。

この場合は、「結婚式にお呼ばれした際に身に付けるアイテム」として「花嫁よりも目立つ印象」を与えることに加え、「動物の殺処分のイメージ」を無駄に与えてしまう結果になってしまいます。

NG3:アニマル柄

先述でもご紹介しましたように、「ファー」や「アニマル柄」というのは「殺処分のイメージ」が大きく周りに印象付けてしまうことになるため、基本的に「着用しないこと・見せないこと」が原則的なマナーとなります。

上記を踏まえた上で、どんな式典でもそれがフォーマルな式典である以上は、動物の毛皮・またはそれをイメージさせる物を持参しないよう十分配慮しておきましょう。
関連
結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー
種類が豊富なアニマル柄9種類|お洒落なアニマル柄アイテム - cutee

NG4:ヘビ/ワニ革

次に「ヘビ/ワニ革を基調にしたファッションコーディネート」についてですが、これは基本的にフォーマルな式典では一切身に付けないことがマナーとして認められます。先述の「ファー」や「アニマル柄」の場合と同じく「動物の殺処分の印象」を与える上で、特にヘビにはじまる爬虫類の印象というのは「縁起の悪い印象」を持ち込むことになります。

NG5:ビニール素材

これは先述の「あまりに質素な服装・地味過ぎるファッションコーディネート」の例になりますが、結婚式にお呼ばれした際の服装に見合うアイテムとして「地味過ぎるファッション」というのはそれだけで「おめでたい席を茶化してしまう傾向」が見られます。

そのため、結婚式などのフォーマルな式典にお呼ばれした場合には、それへの礼儀として「それなりの上品さを保つ一品」を身に付けることがマナーとなります。

NG6:綿素材

次に「綿素材のアイテム」についてですが、この場合も先述の「ビニール素材」の場合と同じく「フォーマルな式典で身に付ける際には相応しくないアイテム」として見受けられます。

結婚式などのフォーマルな式典では「相手に対する社会的な礼儀を示すこと」が大切になるため、地味過ぎる一品・カジュアル過ぎる一品を選ぶことはあらかじめ避けておきましょう。

結婚式のお呼ばれコーデを上手に着こなそう

結婚式などのフォーマルな式典ではまず「そのフォーマルな式典に出席する際に相応しい服装・アイテム」を身に付けておくことが礼儀となり、どの国の文化でも「相手に対する礼儀を重んじること」が習慣として見受けられます。

そのため、結婚式にお呼ばれした際の服装に見合う一品をアイテムとして選んでおくことが大切で、服装そのものにも最新の注意を払うことが基本となります。

結婚式のヘアアレンジをチェックしよう

先述では「結婚式にお呼ばれした際に相応しい服装・アイテム」についてご紹介してきましたが、それらのファッションコーディネートに見合う「ヘアスタイル」をアレンジしておくことも大切になります。

ヘアスタイルというのは服装と同じく「周囲の人に第一印象を与える有効なポイント」として見られるため、ファッションと同じく最新の注意を払ってコーディネートしましょう。
関連
結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー
結婚式におすすめの6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ - cutee
関連
結婚式のお呼ばれ女性コーデ20選|NG服装・バッグのマナー
結婚式のお呼ばれヘアスタイル7つ|セルフアレンジ6つ - cutee
初回公開日:2018年10月09日

記載されている内容は2018年10月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED