Logo
menu
サンダル×靴下コーデ9選|コーデのポイントと注意点
更新日:2020年08月28日

さまざまな種類のあるサンダルですが、靴下と組み合わせるとイマドキのコーデを楽しめます。サンダルと靴下はとってもおしゃれな足元を作り、いつものコーデをワンランクアップさせてくれます。今回は、サンダルと靴下の組み合わせ方をご紹介します。

サンダル×靴下コーデ9選|コーデのポイントと注意点

サンダル×靴下コーデのポイントと注意点

最近のファッションのトレンドといえば、サンダルと靴下の組み合わせです。サンダルは素足では履くものというイメージがあり、靴下はスニーカーやローファーに合わせるものいうイメージがありますが、近年はサンダルに靴下を合わせる抜け感のあるコーデが流行しています。

スポーツサンダルや厚底サンダルなどのスポーティーなサンダルと、カジュアルなソックスを合わせることでラフでおしゃれな着こなしが可能です。

サンダル×靴下コーデのポイント

サンダルと靴下をコーデに取り入れるポイントは、「ラフでカジュアルな服装に合わせるべき」ということです。パンプスやヒールと靴下の組み合わせはフレアスカートや綺麗めな清楚系コーデにも合わせやすいですが、サンダルそのものがラフなイメージが強いです。

そのため、きれいめよりはカジュアルさやクールさのある服装に合わせると、おしゃれで統一感のあるコーディネートが作れます。
関連
サンダル×靴下コーデ9選|コーデのポイントと注意点
靴下を使うおしゃれなコーデ25選|買えるサイト3選 - cutee

サンダル×靴下コーデの注意点

サンダルと靴下コーディネートはとてもおしゃれでイマドキですが、なかなか服装に合わせにくいのも難点です。

サンダルと靴下コーデの注意点は、足元だけ浮かないよう全体のバランスを考えるということです。サンダルと靴下の組み合わせは可愛いのに、全体的に見るとチグハグな印象になってしまうということが多々あります。

なるべくトータルバランスを考えたコーデにしましょう。全体の色味や系統を揃えるのがです。

サンダルの種類による合わせ方5つ

サンダルと靴下の組み合わせはイマドキのおしゃれを楽しむことができます。サンダルといってもさまざまな種類のサンダルが販売されています。それぞれによって雰囲気や系統をがらっと変えることができ、合わせる靴下によってもニュアンスを変化させることができます。

サンダルの種類によってどのような靴下を合わせればよいかご紹介します。あくまで一例ですが、組み合わせ方なのでぜひ参考にしてください。

サンダル1:スポーツサンダル×靴下

スポーツサンダルは動きやすくカジュアルでラフなアイテムなので、服装もきれいめのものよりはカジュアルでシンプルなものと合わせましょう。靴下は柄物でもよいですし、無地のもの、ワンポイントのものも可愛く履きこなすことができます。

画像のようにふわっとしたスカートにも合わせやすいです。もちろんパンツスタイルに合わせるとスポーティで活発な印象のコーディネートに仕上がります。

サンダル2:ストラップヒールサンダル×靴下

ストラップ付きでヒールが少しあるようなサンダルは大人っぽいコーデを作ることができます。ただし、靴下をサンダルに合わせるので少しカジュアルで可愛さもプラスされます。きれいめというよりは大人可愛い印象に仕上がります。

淡い色のストラップヒールサンダルには濃いめの色の靴下を合わせましょう。メリハリのついた足元になります。ヒールで足をきれいに見せつつ、可愛いコーデの完成です。

サンダル3:フラットサンダル×靴下

フラットサンダルは非常にラフなアイテムですが、可愛い靴下と合わせると今っぽいおしゃれな足元を作ることができます。ゆるっとしたリラックスコーデに合わせると全体のバランスが取れやすいです。

全体的に淡い色合いの服装ならば、足元に挿し色を持って来ましょう。全体をホワイトで統一して、挿し色としてブルーを持ってくるととてもさわやかな印象になります。フラットサンダルなので歩きやすさも抜群です。

サンダル4:サボサンダル×靴下

サボサンダルはサンダルの中でも大人っぽい品のあるコーディネートに仕上げてくれます。サボサンダルはそのまま履いてもきれいめになりますが、靴下を合わせてアクセントをつけるのもです。

黒いサボサンダルに白い靴下を合わせると足元がかわいくなります。少しヒールのあるようなものを選ぶと足もすらっときれいに見せることができます。

サンダル5:厚底サンダル×靴下

身長の低さが気になる方に厚底サンダルです。厚底サンダルはスポーツサンダルのようにスポーティで爽やかな印象なので、カジュアルな服装と合わせるのがです。足元にスポーツブランドの靴下を合わせるとアクセントになってもとっても可愛いです。

ふわっとしたスカートと合わせるのもイマドキです。Tシャツやリュック、帽子などのカジュアルなアイテムとの相性が非常に良いです。
関連
サンダル×靴下コーデ9選|コーデのポイントと注意点
靴下・ソックスでファッションが広がる3アイテムとコーデ10選 - cutee

可愛いサンダルや靴下を買うならこちら

さまざまなサンダルや靴下を組み合わせて、イマドキのおしゃれを楽しみたい方に通販サイトが「SHOPLIST」です。こちらの通販サイトは、とにかく種類が豊富で、いろいろなカラーやデザインのサンダルと靴下が販売されています。

頻繁にセールも行われているので、可愛いのに安くて大量に購入することができます。特に自分の要望にあったものを検索することができるので、サイト自体も見やすく使いやすいです。
ファッション通販サイト(SHOPLIST)

靴下の種類による合わせ方4つ

これまでは、サンダルの種類や組み合わせ方など、サンダルに注目して説明してきました。続いては、靴下の方に着目し、靴下の種類によってどのようにサンダルを合わせればよいかをご紹介していきます。今回は合わせ方を4つ紹介します。

靴下にはさまざまなカラー、デザインのものがあるので組み合わせ方は無限大です。全体の洋服との兼ね合いを考えながら、バランスのよいかわいい足元を作るよう心がけましょう。

靴下1:サンダル×白靴下

サンダルに合わせるならば必ず持っておきたいのが「白の靴下」です。白は足元をぱっと明るくしてくれるので、春夏に重宝するサンダルと白靴下との組み合わせはとても爽やかな印象を与えます。

サンダルは黒やグレー、ネイビー、ブラウン系の定番色が多いので白はどのような色のサンダルとも合わせやすいです。また、あえて白のサンダルと合わせるのもイマドキでおしゃれに仕上がります。

靴下2:サンダル×黒靴下

黒い靴下を取り入れることで足首がキュッと引き締まって見え、足全体を細く見せら効果が期待できます。白などの淡い色は膨張色ですが、濃いめの色を足元に持ってくると引き締め効果があります。

全体としてメリハリのついたコーデにもなるのでです。また、全体を黒で統一して、サンダルに挿し色を持ってくるのもとてもおしゃれに仕上がります。靴下は長すぎず足首あたりまでの長さがとても丁度よいです。

靴下3:サンダル×カラー靴下

色物の靴下をコーディネートの挿し色に使うのもとてもです。特にカラー靴下が赤です。赤は定番色の黒や白のサンダルとの相性もよいです。赤は春夏によく使われる色との相性が良いので、普段のコーディネートから赤を取り入れるようにすると統一感が生まれます。

赤以外にも、深みのある黄色・オレンジ系の色や青もです。春先ならパステルカラーもよいですし、夏ならばビビッドカラーも可愛いです。

靴下4:サンダル×柄物靴下

柄物の靴下はコーディネートのアクセントになるので、とてもおしゃれに決まります。柄はボーダーやライン入りの靴下です。スポーティなコーデやカジュアル系、シンプルな服装に合わせやすく洋服を選ばず合わせることができます。

可愛い系にしたい方はドットもです。奇抜で個性的なファッションには奇抜な柄のものも統一感がでます。足元にアクセントをおくとぐっとこなれ感がでます。

自分の好きなサンダルに靴下を合わせよう

サンダルは春から夏にかけて重宝するアイテムですが、靴下と組み合わせることでラフにもかわいくもなる万能なアイテムです。サンダルと同様、靴下もさまざまな柄やデザイン、色のものが販売されているので気分に応じて使い分けるのがです。

サンダルは1つは持っておいても損はないアイテムです。歩きやすさもあるので、ぜひいろいろな靴下と組み合わせてよりおしゃれを楽しんでください。

足元のおしゃれを楽しもう

もっと足元のおしゃれを楽しみたい方のために、100均でも購入できる可愛い靴下やローファーのおしゃれコーデをご紹介します。現在は、たった100円でかわいい靴下が買える時代です。安くていろいろな種類の靴下を揃えましょう。

また、靴下はローファーとの相性が非常によいです。特に秋にはガーリーなコーデやスタイリッシュなコーデにもなるのでアイテムです。
関連
サンダル×靴下コーデ9選|コーデのポイントと注意点
100均の靴下が大人気!ダイソーとセリアのおすすめ靴下10選 - cutee
関連
サンダル×靴下コーデ9選|コーデのポイントと注意点
100均の靴下が大人気!ダイソーとセリアのおすすめ靴下10選 - cutee
関連
サンダル×靴下コーデ9選|コーデのポイントと注意点
ローファーの種類4つ|ローファーとのおしゃれなコーデ3選 - cutee
初回公開日:2018年09月27日

記載されている内容は2018年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。