Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月17日

フレアスカートのコーデ例10個・人気の生地3つ

裾が揺れ動くことで、女性らしさを感じさせるフレアスカートは、オフィスコーデにもデートコーデにもピッタリのアイテムです。季節やトップスのデザインや素材感にに合わせたフレアスカートをおしゃれに着こなすためのコーデを紹介します。

フレアスカートのコーデ例10個・人気の生地3つ

フレアスカートとは

フレアスカートのコーデ例10個・人気の生地3つ

スカートには、シルエットによってタイトスカートやプリーツスカート、フレアスカートなど、いろいろな種類があります。その中でも女性に人気が高いスカートがフレアスカートです。

裾に広がりのあるスカートのこと

フレアスカートというのは、裾に広がりがあって、動いたときに裾が揺れるようなデザインのスカートのことです。もともとフレアというのは、朝顔の形に開くという意味があり、朝顔のように開くシルエットのスカートのことをフレアスカートとよんでいます。

フレアスカートのコーデ例10個

フレアスカートのコーデ例10個・人気の生地3つ

フレアスカートもトップスにどのようなアイテムを合わせるのかでかなり違った印象になります。トップスの素材とのバランスもコーデにはとても大切なポイントです。オフィスコーデやデートコーデ、カジュアルコーデなど、フレアスカートをおしゃれに着こなすためのコーデを10個紹介します。

コーデ1:薄いカーディガン×フレアスカート

オフィスコーデとしても使いやすいコーディネイトです。目を惹く、明るさのあるフレアスカートにシンプルなインナーを合わせ、薄手のカーディガンを羽織るだけで、きちんと感がでます。薄いカーディガン×フレアスカートは、オフィスカジュアルとしても好感度のあるコーディネイトです。清楚なイメージもあるので彼ママに合うときにもぴったりのコーデです。

コーデ2:長袖のブラウス×フレアスカート

長袖のブラウスにフレアスカートを合わせたコーディネイトは、色の組み合わせによって雰囲気を変えやすいのが特徴です。長袖のブラウスとフレアスカートのコーディネイトはシンプルな仕上がりながらも洗練されたイメージになります。バックと靴を同じ色にするなどどこかワンポイント同じカラーで揃えるととてもおしゃれです。

コーデ3:ノースリーブシャツ×フレアスカート

ノースリーブのシャツには、夏らしい涼しさを感じさせるホワイトのフレアスカートです。ノースリーブのシャツという涼しげなコーデは、重たい印象になる色を避け、軽やかさを感じるような色合いのものをセレクトするのがおすすめです。色を使いすぎないように、サンダルもホワイトで揃えることで統一感のきれいな印象です。

コーデ4:ニット×フレアスカート

ニットに合わせるフレアスカートのコーデは、全体的に重たい印象になりすぎないようにするのがポイントです。タートルネックのニットの場合、視線が上に行くので、スカート丈も長くて、ひざ丈くらいまでにしたほうがバランスが良くなります。タートルネックのニットに合わせる場合は、フレアスカートの丈に気を付けて選ぶようにしましょう。

コーデ5:フリル袖ブラウス×フレアスカート

フリル袖のブラウスに合わせるフレアスカートは、ボリュームのあるトップスに負けない花柄のスカートのコーデがぴったりです。トップスに目がいってしまうデザインなので、フレアスカートがシンプルすぎるとアンバランスな印象になってしまうので、柄物を合わせることでフリル袖の持つ華やかなイメージを壊すことなく、きれいにまとめられます。

コーデ6:パーカー×フレアスカート

ラフさを印象付けるパーカーに合わせるフレアスカートは、ロング丈でカジュアル要素の強いものを合わせるのがおすすめです。自宅で気軽にお洗濯できるカジュアル感のある素材であれば、シンプルな無地のものでも、人気のチェック柄でもおしゃれなコーディネイトになります。スニーカーがぴったりのコーデなので、ママに人気のフレアスカートコーデです。

コーデ7:ライダースジャケット×フレアスカート

メンズライクな表情を持つライダースジャケットならば、やはりフェミニンさを感じさせるフレアスカートのコーデがおすすめです。カジュアル感を感じさせるチノスカートというスタイルに合わせてもいいし、もっとフェミニンなレディライクなフレアスカートに合わせて、甘辛ミックスなコーデに仕上げるのもとてもおしゃれです。

コーデ8:ストライプ柄ブラウス×フレアスカート

オフィスにもピッタリなストライプのブラウスに合わせるフレアスカートは、無地でしわになりにくい素材感のフレアスカートを合わせるのがおすすめです。ストライプというだけで、きちんと感が出るだけでなく、縦のラインも出るので、すっきりとした印象にまとめることが大切です。パンプスで合わせることでバランスよくまとまります。

コーデ9:ボーダー柄Tシャツ×フレアスカート

カジュアル要素の強いボーダーのTシャツをフレアスカートと合わせるのは、難しそうに思えてしまいますがカジュアル感のあるフレアスカートならおしゃれなコーデに仕上がります。ボーダーに合わせるので、無地で綿のスカートを合わせるといいです。ウエストマークできるなどアクセントがあるデザインを選ぶとよりおしゃれです。

コーデ10:リブ生地セーター×フレアスカート

身体にフィットするリブニットに合わせたいフレアスカートは、ボディラインを生かしやすいウエストから裾にかけるシルエットがAラインできれいなものがおすすめです。ハリのある素材感のスカートを選ぶとスカート自体のシルエットの良さを生かすことができます。ゴブラン織りのジャガードスカートであわせると季節感も出しやすくとてもおしゃれです。

おしゃれなフレアスカートが見つかるサイトはこちら

紹介したようなフレアスカートをはじめ、一枚履くだけでファッショニスタになれてしまうようなおしゃれなフレアスカートを探すのにぴったりのサイトがSHOPLISTです。流行のコーディネイトとともに最新のファッションのトレンドをチェックしながら、着回しもきくフレアスカートが見つかります。ぜひ、チェックしてみてください。

人気のフレアスカートの生地3つ

フレアスカートのコーデ例10個・人気の生地3つ

フレアスカートには、さまざまな素材を使った生地が使われています。季節によって使う素材が違うものもあれば、通年使えるタイプの生地のスカートもあります。着心地の良さ、お洗濯のしやすさや見た目の美しさなどトータル的に人気のフレアスカートの生地を3つ紹介します。

生地1:ウール

ウールは羊の毛のことです。ウールというとニットを思い浮かべますが、スカートにおけるウールの生地は、スーツや制服によく使われています。スーツや制服に使われている生地がウールで、しわになりにくいのが特徴です。擦れることでテカリが出てしまいますが、専用のブラシでお手入れすることで元の風合いを取り戻すことができます。通気性が高く、保温性も高いので冬服に用いられることが多いです。

生地2:リネン

リネンは麻のことを指します。リネンの生地を使った洋服は、風通しが良く、さらりとした風合いがあるため、夏ものによく使われます。

リネン100%のものは、しわになりやすいといったことからスカートには不向きなようにも見えますが、リネンにポリエステルや綿を配合させた生地にすることで、しわにもなりにくく、リネンの涼しげな素材感を生かしたフレアスカートはとても人気があります。

生地3:綿

綿を使ったスカートはオールシーズン使いやすい事からとても人気があります。

夏場は、薄手のサッカー生地と呼ばれる風通しの良い布地が人気です。秋冬になると、厚みのあるチノと呼ばれる布地ややわらかく温かみを感じられるネルの布地がとても人気です。どの生地もフレアスカートとして使いやすく、見た目の印象は全く違うものとなります。自宅で気軽にお洗濯しやすいのも綿の生地を使ったスカートの魅力です。

フレアスカートを着こなそう

フレアスカートのコーデ例10個・人気の生地3つ

フレアスカートは、丈の長さが違うだけでも全く違う印象になります。生地が変わるだけで、重たさも見た目のシルエットにも変化があるので、コーデもとても楽しめます。女性らしさを感じさせるフレアスカートは1枚あるだけでも、とてもおしゃれな着こなしを楽しめます。お気に入りの一枚を見つけて、おしゃれにフレアスカートを着こなしましょう。

スカートの柄別おすすめコーデ例

フレアスカートも柄によって印象がかなり違って見えます。フレアスカートの中でも代表的な花柄とボタニカル柄のおすすめのコーデや着こなし方を紹介しているので、そちらもぜひチェックしてみてください。

Related