Logo
menu
サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム
更新日:2020年08月28日

トラッドファッションに欠かせないファッションアイテムの1つといえば「サスペンダー」です。サスペンダーはスタイルに関わらずファッションとして取り入れている人が多い傾向にあります。今回はサスペンダーのコーデとおしゃれコーデのコツをご紹介いたします。

サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム

かっこよくサスペンダーを着こなしたいあなたへ

サスペンダーとは、もともとズボンを吊上げ、ベルトの代わりとして使用するファッションアイテムです。サスペンダーは時代やトレンドの変化とともに、タウンユースでも気軽に使えるファッションアイテムへと変化しました。

サスペンダーをかっこよくコーデしたい人は、組み合わせるアイテムやスタイルのカラーに注意する必要があります。サスペンダーを使用したコーディネートはスタイル全体のバランスを整えるのが重要です。
関連
サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム
サスペンダーに合うアイテム9つ|おすすめブランド7つ - cutee

サスペンダーのコーデ例6つ

ズボンを吊上げるために使用するサスペンダーですが、かつては男性のファッションに取り入れられるアイテムとして定着していました。しかし、流行の変化によりレデイースにもサスペンダーをおしゃれに着こなすコーディネートが増えていきました。

とサスペンダーは組み合わせるアイテムによってスタイルのイメージが大きく変わります。自分の好きなスタイルに合わせて上手のサスペンダーを取り入れることが重要です。

例1:ラフなTシャツと合わせて元気よく

ラフなカジュアルスタイルの中にサスペンダーを取り入れたい方には、Tシャツと組み合わせたコーディネートがです。ボトムスには、ブラックやグレーなどのダーク系カラーのボトムスを合わせるとスタイル全体のバランスがよくなります。

またチェックパンツなどの柄物パンツを合わせておしゃれなコーディネートに仕上がります。クラシカルなハットなどをプラスしておしゃれに着こなしたいコーディネートの1つです。

例2:襟付きカットソーでかっこよく決める

普段のタウンユースにサスペンダーをプラスしたい方は、襟付けカットソーと組み合わせたサスペンダーコーディネートがです。

Tシャツのやカットソーよりも程よいドレッシーさがプラスされ、サスペンダーがより自然にスタイルに馴染みやすいコーディネートです。もう少し個性をプラスしたい方はサスペンダーのカラーを明るくしたり、足元に明るいカラーをプラスするとスタイルのアクセントになるのでです。
関連
サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム
サスペンダーの着こなし術とコーデ18選|おすすめサスペンダー - cutee

例3:ノースリーブTシャツを合わせて爽やかに

レディースファッションに多いコーディネートの1つが、ノースリーブにサスペンダ=を合わせたスタイルです。ノースリーブTシャツにサスペンダーを合わせる場合は、少し細めのタイプのサスペンダーを合わせるとおしゃれなスタイルに仕上がります。

ボトムスとサスペンダーの色を合わせることで、よりスタイル全体の一体感がアップするのでです。Tシャツ以外にもタートルネックやカットソーなどでもおしゃれに仕上がります。

例4:変わった柄のシャツと丸メガネで個性的に

個性的なコーディネートに仕上げたい方は、スにデザインの入った柄シャツを合わせるのがです。柄シャツはチェック柄シャツやパッチワークシャツなど、デザインがしっかり入ったものを選びましょう。

柄シャツを合わせることでよりスタイルにレトロ感が加わり、個性的なコーディネートに仕上がります。さらに個性を出したい方には丸メガネをプラスするとレトロ感がさらにアップするのでです。

例5:オフショルダーで大人っぽく

若い世代の女性に多いサスペンダーを取り入れたコーディネートは、オフショルダーのスに合わせたコーデです。オフショルダーとは、肩の部分が開いたデザインでガーリーなコーディネートが好きな女性からを集めています。

オフショルダーにサスペンダーをプラスすることで、少し大人っぽい印象に仕上がります。いつもはガーリーだけど、たまに雰囲気を変えたい女性にコーディネートです。

例6:ジャケットと合わせてゆるカジ風に

アメリカをはじめとした海外でのコーディネートといえば、ジャケットとサスペンダーを組み合わせたコーディネートです。普段のジャケットスタイルよりも少しカジュアルなイメージをプラスしてくれるコーディネートです。

もう少しスタイルをアレンジしたい人は、ハットをプラスすることをします。少し細めのジャケットにするとスタイリッシュなコーデに仕上がり、ゆったりめにするとカジュアルなイメージになります。

足りないアイテムは「SHOPLIST」で購入

サスペンダーを取り入れたコーディネートに挑戦したいけど、合わせるアイテムがワードロープにない人や買物をする時間がないという方も多い傾向にあります。そんな方にはファッション通産サイトの「SHOPLIST」がです。普段買物をする時間のない方でも、通勤時間や休憩時間などに気軽にネットでお買物をすることができます。
ファッション通販「SHOPLIST」

サスペンダーと相性が良いアイテム5つ

少しカジュアルかつレトロなイメージをスタイルにプラスしてくれるサスペンダーは、組み合わせるアイテムによってスタイルの印象が大きく変わります。たとえば、レトロ感をさらにアップさせたい方には「キャスケット」がです。

サスペンダーにプラスワンアイテムをすることで、より個性的かつおしゃれなコーディネートに変化します。自分なりのスタイルを見つけ、上手にサスペンダーコーデを楽しみましょう。

アイテム1:キャスケット

キャスケットとは、ハンチング帽子の一種で少し丸みを帯びたフォルムにつばが付いた帽子のことを呼びます。昔、アメリカでは新聞配りの少年がかぶっていたことでも知られている帽子で、サスペンダーと合わせることでよりレトロ感をプラスしてくれるアイテムです。

キャスケットには、無地以外にも千鳥柄やチェック柄などのさまざまなデザインがあります。デザインが入ったキャスケットの方がよりレトロ感がアップします。

アイテム2:スニーカー

サスペンダーを使ったカジュアルなコーディネートには、シューズ選びも重要なポイントです。タウンユースとしてカジュアルなコーディネートを楽しみたい方には、スニーカーがです。

よりレトロ感をプラスしたコーディネートにしたい場合は、先の少し丸いレザーシューズがです。少し丈の短いボトムスの場合はレースアップしたシューズもレトロなのでアイテムです。

アイテム3:クラッチバッグ

サスペンダーコーディネートにこなれ感をプラスしたい場合は、クラッチバッグをプラスするのがです。クラッチバッグとは、ショルダーが付いていない小型のバッグのことを呼びます。

クラッチバッグもさまざまなシルエットのものがありますが、レディースの場合は封筒のような形をしたタイプかポーチ型タイプのクラッチバッグがです。秋冬はファー付きやアニマル柄などのクラッチバッグをプラスするといいでしょう。
関連
サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム
ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選 - cutee

アイテム4:ネクタイ

サスペンダーはスーツとも相性がよく、トラッドファッションには欠かせないアイテムの1つです。スーツやジャケットにネクタイを合わせてサスペンダーを楽しむ場合は、ネクタイの太さにもこだわりましょう。

少しカジュアルなスタイルが好きな方は、ネクタイ幅の狭いナロータイがです。細身のジャケットやスーツの場合はよりすっきりとしたスタイルに仕上がります。

アイテム5:チェーン

サスペンダーにネクタイをプラスするスタイルもですが、よりレトロ感をアップさせたい場合はネクタイチェーンがです。ネクタイチェーンとは、ネクタイの付ける飾りの一種でおしゃれ度がアップするアイテムです。チェーンにチャームが付いたものなどもあるので、自分のスタイルに合ったネクタイチェーンを選びましょう。

自分らしいサスペンダーコーデでキメよう

ベルトのかわりとして使われるのがサスペンダーというアイテムですが、時代やトレンドの変化とともにタウンユースでも楽しめるファッションアイテムへと変化しました。

サスペンダーはカジュアルかつ少しレトロ感のある独特な雰囲気が特徴的で、組み合わせるアイテムによってもスタイルのイメージが異なります。自分のスタイルに合わせて上手にサスペンダーをコーデに取り入れましょう。

ボーイッシュコーデを研究しよう

サスペンダーが好きな女性の多くは、ボーイッシュなコーデを好む傾向にあります。ボーイッシュなコーデとは、ボーフレンドデニムのような男の子っぽいファッションアイテムからストリート系のファッションまでさまざまなスタイルがあります。ボーイッシュなコーデをさらに研究したい方には下記の関連記事がです。
関連
サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム
女子のボーイッシュファッションコーデ・通販|春/夏/秋/冬-最新トレンドのファッションを知りたいならuranaru
関連
サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム
ボーイッシュコーデのおすすめ9選|春夏秋冬/男ウケ-最新トレンドのファッションを知りたいならuranaru
初回公開日:2018年09月04日

記載されている内容は2018年09月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED