Logo
menu
白シャツを使ったコーデ22選|のブランド
更新日:2020年08月28日

「白シャツ」を使ったコーデに興味のある方に、コーデをいくつかご紹介します。「白シャツ」を使ったコーデを楽しんでみたいけれど、どのようなコーガ良いのかわからない、という方は、記事を参考にして、自分なりの「白シャツ」コーデを楽しんでみましょう。

白シャツを使ったコーデ22選|のブランド

シャツの種類

シャツの種類にはさまざまなものがある事をご存知でしょうか。シャツといってもその種類は生地や素材、襟、柄などによって分類されていきます。今回はシャツの中でも「白シャツ」についてコーデをご紹介します。

「白シャツ」のコーデを考える前に、まず「白シャツ」にはどのような種類があるのかを知りましょう。「白シャツ」の主な違いは「襟」と「素材」です。「白シャツ」コーデを考えるための参考にしてみましょう。

普段よく目にすることのあるワイシャツなどの「襟」の他にも、「襟」にはさまざまな違いがある事をご存知でしょうか。「白シャツ」はシンプルでありながら、「襟」の形によって全く違ったスタイルに変わります。

基本的にシンプルでキレイめな「白シャツ」コーデを自分の好みに合ったスタイルにするために、「白シャツ」の「襟」の違いを知っておくと良いでしょう。スタンダードな襟だけではなく、さまざまな襟をご紹介します。

デザイン1:スタンダードカラー

「白シャツ」の定番カラーであり、レギュラーカラーとも呼ばれている「スタンダードカラー」はの高いアイテムです。「白シャツ」コーデを考えるならば、ぜひ一枚は持っておきたいアイテムではないでしょうか。襟の開き具合や長さなど、最も標準的でオーソドックスなタイプであるといえます。

正装などに使われるタイプの「白シャツ」ですので、一枚持っておいて損はないでしょう。襟の開き方によって呼び名が違う事もあります。

デザイン2:ボタンダウンカラー

襟の部分をボタンで止めるタイプの「白シャツ」ものあるアイテムとなっています。ネクタイをしなくてもスッキリと襟元がまとまるため、カジュアルなコーデに使用してもスタイルよくまとめる事ができます。

ボタンダウンカラーの「白シャツ」はビジネスシーンでもよく見かけることが多いのではないでしょうか。ビジネスシーンで使われているワイシャツには、ボタンダウンカラーの「白シャツ」が多く使われています。

デザイン3:ラウンドカラー

「白シャツ」コーデのなかでも可愛らしさがあるのが、ラウンドカラータイプの「白シャツ」です。襟の先が丸みを帯びたように加工されているため、クラシカルな印象を与えてくれるコーデを楽しむことができるのではないでしょうか。

シンプルな「白シャツ」コーデに、遊び心を与えてくれるラウンドカラーの白シャツは一枚持っておくとおしゃれなコーデを楽しむことができます。ラウンドカラーの「白シャツ」はドレッシーな印象です。

デザイン4:スタンドカラー

襟の折り返し部分がなく、首元に沿って立ち上がっているスタンドカラーの「白シャツ」もコーデを楽しむためにはおさえておくべきアイテムではないでしょうか。スタンドカラーシャツは、もともと襟を縫い付けていなかった時代の名残としてそのままデザインになったタイプのシャツで、特徴的なデザインでの高いアイテムです。

学生服のような立て襟の事もスタンドカラーと呼びますし、他にもマオカラーなどとも呼ばれています。

デザイン5:オープンカラー

オープンカラーの「白シャツ」コーデもが高く、風通しの良いデザインとなっています。開襟シャツとも呼ばれているため、聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

夏などのように暑い日やリゾート地などでも愛用されることの多いオープンカラーシャツは、ネクタイを必要としなくてもコーデを楽しむことができるアイテムです。「白シャツ」のオープンカラーはキレイめコーデを楽しむことができます。

素材

「白シャツ」のコーデを考える時に、重要な役割を持っているのは「素材」ではないでしょうか。「白シャツ」コーデには、デザインだけではなく「白シャツ」の素材も含めてコーデを考えると良いでしょう。

「白シャツ」の素材にはさまざまなものがあります。いくつかご紹介しますので、「白シャツ」に使われている素材の特徴を知りましょう。手触りや風合いだけではなく季節などを含めて、コーデを考える際の参考にしてみてください。

素材1:綿

「白シャツ」コーデに素材として、「綿」素材のものはいかがでしょうか。「綿」つまり、「コットン」素材とは、天然の植物繊維の代表といえるでしょう。天然の繊維である「コットン」は吸水性が高く、吸収した水分は外側へと発散させてくれる性質をもっています。

つまり、汗をかいてしまっても、汗を吸収し発散させることで涼しく感じることができる素材であるといえるでしょう。夏コーデにピッタリの素材です。

素材2:麻

「白シャツ」コーデには、「麻」素材もです。「麻」素材も「綿」と同じように天然の繊維素材で、吸湿性に優れている素材です。夏に「白シャツ」コーデを考えるのであれば、最も涼しいと言われている「麻」素材の「白シャツ」で着心地よく過ごすことができます。

「麻」素材の「白シャツ」コーデを考えるうえで、シワになりやすいという点だけ注意すれば、風合いや手触りも爽やかな水にも強い素材だといえます。
関連
白シャツを使ったコーデ22選|のブランド
リネンシャツの定番コーデ7選|特徴・お手入れ方法 - cutee

素材3:ポリエステル

「ポリエステル」素材の「白シャツ」はよく見かける方も多いのではないでしょうか。シワにもなりにくいですし、丈夫で普段使いにぴったりの素材であるといえるのではないでしょうか。

「ポリエステル」素材は合成繊維の中で、最も幅広く利用されている繊維です。洗濯してからそのままアイロンをかけずに着ることができますし、洗濯をしても縮んだりする事もないので普段から「白シャツ」コーデを楽しみたい方に素材です。

白シャツコーデ22選

「白シャツ」コーデは爽やかな季節にぴったりでです。「白シャツ」を着こなすことができるように、「白シャツ」コーデをいくつかご紹介します。「白シャツ」コーデは清潔感やキレイめな印象を与えることができるコーデではないでしょうか。

「白シャツ」コーデをしてみたいという方に、「白シャツ」を使ったコーデのをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてコーデを考えてみてはいかがでしょうか。

スカート

「白シャツ」に「スカート」を使ったコーデをご紹介します。「スカート」には丈やスタイル、素材などによってさまざまな種類があります。自分で持っている「スカート」はどのようなアイテムでしょうか。持っている「スカート」に、どのようにして「白シャツ」を合わせてコーデを考えたらいいかわからないという方は参考にしてみましょう。

「白シャツ」コーデのために新しい「スカート」を購入することもです。

コーデ1:

「白シャツ」自体がワンピースのスカートになっているタイプのコーデは手軽に取り入れることができるため、です。「白シャツ」ワンピース一枚でコーデを完成させることができるため、あまりコーデを考えすぎて決められないという方には、一枚「白シャツ」ワンピースを持っていると便利ではないでしょうか。

「白シャツ」ワンピースはシンプルなアイテムですので、差し色や個性的な小物と合わせてもいいでしょう。

コーデ2:

「白シャツ」コーデにミニ丈のフレアスカートを使ってみても良いのではないでしょうか。ミニ丈のスカートを穿くのに抵抗があるという方は、タイツやスパッツなどで足下にもアクセントをもたせるといいでしょう。

「白シャツ」コーデには色合いを考える必要があります。白をキレイに見せてくれるネイビーのスカートをコーデに取り入れるのはです。足下にはヒールのある靴を取り入れることで、足がきれいに長く見えます。

コーデ3:

デニムスカートを使った「白シャツ」コーデもです。デニムスカートは明るめのカラーを使うことで、コーデに爽やかさを取り入れることができるのではないでしょうか。足下には落ち着いたカラーのサンダルを使って、コーデのポイントにする事をします。

デニムスカートはカジュアルなイメージがありますが、「白シャツ」を取り入れることで、カジュアルな中にもキレイめコーデを楽しむことができるようになります。
関連
白シャツを使ったコーデ22選|のブランド
デニムスカートコーデ・タイプ別7選/カラー別3選を紹介! - cutee

コーデ4:

ふわっとした「白シャツ」を使った、ゆったり目のコーデもです。女性らしいゆるふわ感を取り入れた「白シャツ」コーデはいかがでしょうか。丈の長いプリーツスカートと合わせることで、ふんわりとした女性らしさを演出することができるようになります。

同系色の上下でまとめる場合、足元にはシックなブラックなどを用いるとコーデ全体が引き締まって見えるようになります。

コーデ5:

ひざ下丈のスカートを使った「白シャツ」コーデもです。ふんわりとしたフレアなスカートにシンプルな「白シャツ」を合わせることで、女性らしいスタイルを演出させることができます。

足下はフラットなサンダルよりも、ヒールのあるサンダルを用いることで、足長効果も期待できるのではないでしょうか。大人の女性らしさを求めるのであれば、スカートの色は落ち着いたベージュなどを選ぶことをします。

コーデ6:

デニムのミニスカートを使った「白シャツ」コーデをご紹介します。「白シャツ」を羽織に使ってカジュアルさの中にキレイめ要素を取り入れたコーデではないでしょうか。「白シャツ」ワンピ―スにも使う事のできるアイテムを使って、爽やかにコーデを楽しみましょう。

カジュアルになりすぎないように、足元にはヒールが低めのパンプスを合わせることもです。

コーデ7:

「白シャツ」に「ジャンパースカート」を使ったコーデも可愛らしくてです。ジャンパースカートの種類にもよりますが、サロペットやオールインワンのアイテムはカジュアルで楽ちんなイメージを与えてくれるアイテムではないでしょうか。

動きやすさだけを考えてしまうと子どもっぽくなり過ぎてしまいます。そのような場合は「白シャツ」をコーデに取り入れてみましょう。春先などにコーデになります。

コーデ8:

大人キレイめコーデを目指す方は、タイトなスカートを使った「白シャツ」コーデがです。大人キレイめコーデを目指す場合、パンプスやサンダルなどでも「白シャツ」コーデを楽しむことができますが、足元をスニーカーにすることで、あえてカジュアルさを出すことでより動きやすくちょっとしたお出掛けにです。

「白シャツ」の上にキレイめのニットベストを着るとより女性らしいコーデになります。

コーデ9:

カジュアルなデニムスカートをキレイめにコーデしたい方に「白シャツ」はです。デニムスカートはどのような形であってもカジュアルに見えてしまうアイテムですが、「白シャツ」を羽織ったりすることで、大人の女性のカジュアルさを演出することができるようになるのではないでしょうか。

デニムスカートでカジュアルになりすぎたくないという方には、「白シャツ」をコーデに取り入れてみる事をします。

コーデ10:

マキシ丈のデニムスカートにも「白シャツ」を取り入れたコーデにすることで、大人の女性らしさを演出させてくれるのではないでしょうか。マキシ丈のスカートはの高いアイテムで、コーデに取り入れたいと考えている方は多くいらっしゃるでしょう。

女性らしいマキシ丈スカートにぺたんとしたサンダルを履き、白シャツでふんわりとした印象を与えることで、リゾート風のコーデになります。

コーデ11:

キレイめなカラーのスカートは「白シャツ」コーデに良く似合うのではないでしょうか。「白シャツ」にはどのようなカラーのスカートでも合わせることができます。印象的な色味の強いスカートを、「白シャツ」コーデに取り入れる場合、足元やバッグなどの小物系は同系色でまとめると全体的にまとまって見えます。

夏にはビタミンカラーなどのスカートを取り入れて、オシャレなハットもコーデに取り入れてみてはいかがでしょうか。

パンツ

「白シャツ」コーデにはパンツスタイルもです。女性だけではなく男性にもしたいパンツスタイルの「白シャツ」コーデをご紹介します。「白シャツ」にパンツスタイルを合わせることで、キレイめでかっこいい印象を与える事ができるのではないでしょうか。

パンツスタイルといってもパンツの種類もさまざまありますので、気に入ったパンツスタイルコーデを自分なりに取り入れるための参考にしてみてください。

コーデ1:細身のシックな黒パンツと「白シャツ」

細身のシックな黒パンツと「白シャツ」を合わせたコーデはどのような場面でもできるスタイルではないでしょうか。「白シャツ」には明るさとふんわりとした印象を持つことが多く、足下も同じような色のパンツにするよりも、黒でスッキリしたスタイルにすることでバランスよくコーデすることができます。

黒は引き締まって見える色でもありますし、「白シャツ」を引き立たせるために重要なアイテムです。

コーデ2:「白シャツ」とハーフパンツ

ラフに「白シャツ」コーデを楽しみたい方には、ハーフパンツを合わせることもです。カジュアルになりすぎないように足下はパンツと同系色のパンプスできれいな足元を強調させると良いでしょう。ピアスやイヤリング、バッグなどの小物を使って、シンプルになりすぎないようにアクセントをもたせることをします。

コーデ3:ワイドデニムパンツに「白シャツ」

濃いめのワイドデニムパンツに「白シャツ」を合わせたコーデは夏や秋にです。デニムのスカートと同じように、デニムパンツもカジュアルな印象をもたれることの多いアイテムで、カジュアルになりすぎないよう「白シャツ」を合わせたコーデをすることでキレイめコーデになります。

低めのシューズとベレー帽などを同系色で合わせることで全体的に落ち着いたコーデになります。ベージュ系のショルダーバッグもです。

コーデ4:カーキ色のチノパンに「白シャツ」

カーキ色のチノパンに「白シャツ」をあわせたコーデもです。チノパンはカジュアルでボーイッシュなイメージをもたれるアイテムですが、「白シャツ」と合わせることで、大人カジュアルコーデにすることができます。より女性らしさを出したい場合は、足元やバッグに女性らしいアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コーデ5:「白シャツ」柔らかい素材を使ったパンツ

男性の「白シャツ」コーデはカジュアルになりすぎない大人コーデをします。柔らかい素材を使ったパンツはカジュアルにみられますが、「白シャツ」を一枚羽織るだけで、遊び心のある大人のカジュアルコーデに変身させることができます。足下にもキレイめな靴を用いることで統一感のあるコーデになるのではないでしょうか。

コーデ6:「白シャツ」を羽織りに使ったコーデ

「白シャツ」を羽織りに使ったラフなコーデもです。ゆったりとしたパンツに「白シャツ」をあわせることでキレイめコーデになるため、足元やハットなどを同系色ではなく、ワンポイントになるようなアイテムを用いると良いのではないでしょうか。羽織に使った「白シャツ」のインナーはシンプルなカラーを選ぶ事をします。

コーデ7:ワイドデニムパンツと「白シャツ」

ゆったりとしたスタイルが好きな方には、ワイドデニムパンツと合わせた「白シャツ」コーデをします。シンプルでカジュアルな印象を与えることができるコーデをしたい方はゆったりとしたサイズや、ワンサイズ上の「白シャツ」を用意してみてはいかがでしょうか。スッキリとした印象の中でも、キレイめなコーデを楽しむことができます。

コーデ8:「白シャツ」にサロペット

「白シャツ」にサロペットを使ったコーデもです。サロペットは子どもっぽい印象になりがちですが、素材やスタイルに気をつけることで大人っぽい印象にもなります。サロペットは細身のものを選び、「白シャツ」を合わせてキレイめにコーデを楽しみましょう。足元のスニーカーをパンプスに変更すれば、女性らしいコーデになるのではないでしょうか。

コーデ9:カーゴパンツを使った「白シャツ」

カーゴパンツを使った「白シャツ」コーデもです。ウエストマークを使ってカジュアルさの中にも女性らしさを取り入れたスタイルになるのではないでしょうか。女性らしいスタイルをコーデに取り入れる場合、ウエストマークを用いることもです。

コーデ10:「白シャツ」にキャップ

「白シャツ」コーデにキャップを取り入れてみることもです。キャップはキレイめコーデをカジュアルな印象にしてくれますし、足元にスニーカーを用いたい場合、バランスを考えてハットではなくキャップを使ってみると良いのではないでしょうか。

コーデ11:「白シャツ」にロングブラウス

「白シャツ」ロングブラウスを使ったパンツコーデもです。ゆったりとしたパンツスタイルに、羽織アイテムとして「白シャツ」を取り入れて大人っぽいコーデにすることができます。「白シャツ」の差し色としてパンツのカラーを選ぶと良いでしょう。

自分に似合う白シャツ探しにサイト

自分に似合う「白シャツ」を探すためにサイトをご紹介します。どのようなシャツを選んだらよいのか迷ってしまうという方は、ファッションサイトなどでコーデを考える参考にしてみてはいかがでしょうか。
SHOPLIST

白シャツコーデブランド

「白シャツ」コーデを選ぶのに、の高いブランドをいくつかご紹介します。自分のお気に入りの「白シャツ」を探すために、さまざまなブランドを知りましょう。ブランドにはそれぞれ特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブランド1:フランクアンドアイリーン

「フランクアンドアイリーン」は2009年にスタートしたアイルランドのブランドです。素材には最高級のイタリア素材も使われていますが、シンプルで素朴なアイルランドがルーツのシャツを多く扱っています。

ブランド2:ラルフローレン

「ラルフローレン」は1968年にスタートしたブランドです。ライフスタイル全般のアイテムを取り扱っており、ベビー用品やキッズ用品も豊富に取り揃えられています。定番のポロシャツなどものアイテムのひとつです。

ブランド3:マーガレットハウエル

「マーガレットハウエル」はイギリスを代表するブランドです。モダンクラシックなアイテムを幅広く、豊富に取り扱っているブランドで、女性や男性のアイテムだけではなく、カフェなどでも展開されています。

ブランド4:マディソンブルー

ニューヨークの景観のようなカジュアルで良質なデザインをコンセプトにしたブランドです。シャツだけではなく、ボトムやジャケットなどといった幅広いアイテムをデザインしています。

ブランド5:ミラオーウェン

「ミラオーウェン」は注目の新ブランドです。ジェラードピケやスナイデル、ファーファ―などといったブランドを運営している会社が新たに立ち上げた女性向けのブランドになります。

ブランド6:トゥモローランド

ニットメーカーとして創業を開始した「トゥモローランド」は女性用ブランドを手始めに、男性用のウェアや服飾系雑貨、アクセサリーなどを取り扱ってきたブランドです。輸入や飲食業務などにも幅広い進出をしているブランドです。

ブランド7:ユニクロ

年齢や性別を問わないブランドでもある「ユニクロ」の「白シャツ」もです。シンプルで使いやすく、手ごろな値段で購入できるため、さまざまなコーデに利用することができるのではないでしょうか。
関連
白シャツを使ったコーデ22選|のブランド
おしゃれなユニジョのおすすめコーデ12選|春夏秋冬 - cutee

白シャツコーデに挑戦してみよう

さまざま「白シャツ」コーデについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。「白シャツ」を一枚持っているだけで、コーデの幅はぐんと広がります。今まで「白シャツ」をコーデに取り入れていなかったという方も、今回の記事をきっかけに「白シャツ」コーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

オシャレを楽しもう

オシャレを楽しむためには、色々なジャンルのものを取り入れてみると面白いです。また、関連記事では白シャツのインナーの色選びからポイントまでご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
関連
白シャツを使ったコーデ22選|のブランド
【男女別】白シャツのインナーの色選び・ポイント|透けにくい色とは-最新トレンドのファッションを知りたいならuranaru
関連
白シャツを使ったコーデ22選|のブランド
【男女別】おすすめのシンプルコーデ|春/夏/秋/冬/おしゃれ-最新トレンドのファッションを知りたいならuranaru
初回公開日:2018年09月10日

記載されている内容は2018年09月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED