Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月15日

ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選

明日は人生で初めてのライブの日、「どんな服装で行ったら良いか分からないから、準備ができない。」そんな不安に全力でお答えします。どのような服装でライブに行けば、安全で快適に楽しむことができるのか、記事を読めば、その全てが分かります。

ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選

野外ライブ・屋内ライブでの違い

ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選

野外ライブ、屋内ライブでの違いは、いったいどのようなことがあるのでしょうか。とくに服装のことをかんがえると、かなりの違いがあるように感じるかたがおおいのではないでしょうか。

今回は、野外ライブと屋内ライブの服装の違いや、きをつけるポイントの違い、ライブにおすすめの服装のコーディネートをなんと16選もご紹介していきます。ぜひ参考にして、楽しいライブを目指してください。

野外ライブで気を付けること

野外ライブで気を付けることは、いったいどのようなことだとおもいますか。

まずは日焼け対策です。冬は長袖を着ているのでまだ対策ができますが、夏はTシャツなので真っ黒になってしまいます。あまり極度の日焼けは、体に害をおよぼします。そのため、紫外線対策はしっかりとしておいた方がいいでしょう。

首周りを冷やせるようにしておくと、体調不良にも備えることができるでしょう。

屋内ライブで気を付けること

屋内ライブで気をつけることはどのようなことだとおもいますか。

服装は、もちろん、通気性がよく汗をしっかりと乾かしてくれるような物が好ましいでしょう。そしてその服装の中で、屋内ライブで気をつけたいのは、くつです。人の足をふんでしまっても、最小限の危険で済むような、ヒールの無い、安全な靴にしましょう。

水分補給も、屋内ライブだと忘れがちなので、しっかりとするようにしてください。

ライブにおすすめの服装コーデ16選

ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選

ライブにおすすめの服装は、いったいどのようなものか、お分かりでしょうか。想像はつきますか。

今回は、なんと、ライブにおすすめの服装のコーディネートを、16選もご紹介していきます。きっとひとつは、あなたにぴったりなライブの服装コーディネートが見つかることでしょう。ぜひ最後まで読んで、ライブの服装コーディネートにお役立てください。

その1:黒で統一

ライブの服装その1つめは、「黒で統一」です。

シンプルでかっこ良く、ロックなブラックコーディネートもとっても人気がある服装です。フェス、邦楽ロックバンドなどにはブラックのスキニーデニムにブラックのTシャツ、ドルマンワイシャツ、マーティンのブーツなどを合わせましょう。

ゴシックなメタル系のバンドだったら、思い切ってゴシック&ロリータファッションで全身をブラックで統一すると、世界観に浸れます。

その2:ペアルック

ライブの服装その2つめは、「ペアルック」です。

カップルがする物だったペアルックも、近年では友達同士でするカジュアルな物になってきました。座席が決まっているコンサートとはちがい、整理券番号順に入場していくライブでは、ペアルックはとてもよく目立ちます。

自分たちのボルテージもあがり、楽しい気分がよりいっそう盛り上がるので、ペアルックはたいへんおすすめです。

その3:派手めのトップスとスニーカー

ライブの服装その3は、「派手めのトップスとスニーカー」です。

ライブでは、人の波に紛れてしまうので、ステージから見えるのはせいぜいトップスくらいです。そのため、目立ちたかったら、トップスを派手目にすることをおすすめします。赤などの原色も良いですし、シルバーやホワイトのような、照明に映えるカラーもたいへん人気です。

スニーカーも動きやすく、疲れにくいため、たいへんおすすめです。

その4:ブーツとショートパンツ

ライブの服装その4は、「ブーツとショートパンツ」です。

ショートパンツは、真冬だと寒いような気がするでしょうが、ライブになってしまうと、ちょうどいいファッションです。また、ブーツを合わせることによって、さりげなく季節感を考えたコーディネートになるため、季節にぴったりの服装になります。

また、ブーツはショートパンツと合わせると、脚長効果もみせてくれるので、とてもおすすめできます。

その5:ワイドパンツ

ライブの服装その5は、「ワイドパンツ」です。

ガウチョやスカンチョのように幅の広いワイドパンツは、脚をあまり出したくない方や、楽チンにおしゃれを楽しみたい方に大人気のコーディネートです。

とっても動きやすく、シフォンや、コットン、ポリエステル、リネンなど、さまざまな素材で作られているため、季節に合ったワイドパンツを購入しておけば怖いものなしです。ぜひブラックやネイビーのワイドパンツから初めてください。

その6:スニーカーとショートパンツ

ライブの服装その6は「スニーカーとショートパンツ」です。

スニーカーはぜひハイカットのスニーカーを合わせてみてください。そうすることによって、ショートパンツとの効果で脚長に魅せることができます。また、トップスは2サイズほど大きめのサイズや、メンズ物のビッグサイズをえらぶと、涼しくて、華奢みせにしてくれます。

トップスのすそからショートパンツが見えるかどうか、というきわどいラインを狙ってください。

その7:スニーカーとミニスカート

ライブの服装その7は、「スニーカーとミニスカート」です。

ガールズアーティストや男性アイドルのライブに行く時は、ぜひミニスカートを合わせてみてください。女子のおおい会場なので、あまり露出をしていても気になりません。「◯◯◯のライブで脚を出すぞ。」、とおもったら、ライブまでの間にダイエットも出きるでしょう。

スニーカーを合わせることによって、甘過ぎず、ロックでカジュアルなコーディネートにすることができます。

その8:スウェット

ライブの服装その8は、「スウェット」です。

ライブにスウェットでいくのは、かなり流行りました。動きやすく、通気性が良いので、汗を良く吸ってくれます。ライブハウスのトイレで着替えるという人もおおくいます。また、ライブ中だけ、スカートのしたにスウェットをはく女性もたくさんいます。

かわいいキャラクターものの、スウェットが、やすくたくさん出ているので、とても人気があります。

その9:可愛いワンピース

ライブの服装その9は、「可愛いワンピース」です。

せっかくライブに行くのなら、「かわいいワンピースを着ていたい」とおもう女子はおおいのではないでしょうか。ライブ中、あまり前方にも行かないし、もみくちゃになる可能性も少ない方は、ワンピースでも良いでしょう。

もしくは、最前列に入れる整理券番号を、持っていたら、可愛いワンピースでも問題がありません。

その10:サスペンダー

ライブの服装その10は、「サスペンダー」です。

サスペンダーとは、パンツやスカートを肩から吊るすゴムや革でできたバンドのことです。

ワイドサイズのパンツに、シャツをルーズにインして、サスペンダーで吊れば、とてもカジュアルなのに、どこかクラシカルなイメージのコーディネートが完成します。丸メガネや、ハットを合わせて、後ろの方でドリンクを飲みながらのんびりとライブに参加するのもいいでしょう。

その11:Tシャツとデニム

ライブの服装その11は、「Tシャツとデニム」です。

やはりTシャツとデニムの組み合わせは、とても人気があります。ファッションアイテムとしても人気な組み合わせですし、コーディネートもとてもしやすいです。

バンドのグッズ物販で取り扱われている、バンドTシャツを着るのが鉄板になっている、バンドもあります。そのツアーでしか取り扱いのないTシャツなので、とてもレアアイテムになります。

その12:Tシャツとスウェット

ライブの服装その12は、「Tシャツとスウェット」です。

Tシャツとスウェットの組み合わせは、ライブを前方のエリアで楽しみたい方におすすめの、ファッションアイテムです。ダイブや、コロダイ(人々の上をステージに向かって転がっていくダイブのこと)をしたい人は、Tシャツにスウェットを合わせるのがとても人気です。

服装が華美だと、ダイブなどはできませんし、するのはマナー違反です。

その13:オールインワン

ライブの服装その13は、「オールインワン」です。

オールインワンは服装としてはとてもラフです。そのためライブには最適です。しかも、女性にはうれしい、かわいいデザインもおおく、コーディネートもかんたんに決まります。いそがしいライブの日にはもってこいのファッションアイテムです。

クツには、スニーカーやクロックスを合わせて、カジュアルにきめましょう。

その14:ラフでお気に入りの服装

ライブの服装その14は、「ラフでお気に入りの服装」です。

パーカーや、セットアップなど、お気に入りでちょっと目立つファッションがおすすめです。しかもラフとくれば、みなさんかんたんにコーディネートできることでしょう。

お気に入りの服を着ていけば、気持ちも上がってテンションもマックスになりやすいです。ライブを効果的に楽しむことができるでしょう。

その15:グッズを取り入れる

ライブの服装その15は、「グッズを取り入れる」です。

ライブグッズはさまざまなものが販売されます。物販とよばれるグッズ販売専門のスペースで、ライブ前におかいものして、すぐに身につけると、会場が一体感につつまれます。

定番アイテムとしては、Tシャツやリストバンド、マフラータオルです。最近のはやりは、ラバーバンドでしょう。思い思いのTシャツアレンジメントなどをして、楽しみましょう。

その16:変装・仮装

ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選

ライブの服装その16は、「変装・仮装」です。

とくに野外や屋内の、大規模なフェスのライブでは、どこのバンドのファンかわかるような、仮装などをすると盛り上がることでしょう。

あまりゴテゴテした物より、Tシャツを加工したり、メンバーさんとおそろいにするようなアレンジメントが良いでしょう。広い会場でも、すぐにファン仲間とも姿を見つけられるので、たいへんおすすめです。

ライブ初心者さんにおすすめアイテム

ビッグシルエットのドルマンTシャツです。大きな星のデザインで、どこのバンドに行っても目立ちます。

ショートパンツと合わせても、女性らしくて華奢にみせることができますし、スキニーデニムにあわせれば、緩急付いたメリハリのあるコーディネートが完成しますし、マキシスカートとあわせても、ゆったりシルエットがかわいいです。

ライブ会場に着いたらすること

ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選

「ライブ会場に着いたらすること」は、案外おおいです。そのため、時間に余裕を持っていった方が良いでしょう。

代表的なのは、女性のお手洗いです。とっても混雑しますので、会場のお手洗いに行くよりも、外でオープン前に行っておくことをおすすめいたします。

そのほかにも「ライブ会場に着いたらすること」はあります。今回は代表的な3つをご紹介していきましょう。

貴重品をまとめよう

まずは貴重品をまとめることです。

お財布は小さい物にしておくことをおすすめします。バンドグッズのナップザックや、小さくて邪魔にならないショルダーポーチなどにまとめておきましょう。

はおりものやタオルは必要か

はおりものやタオルは必要か、という疑問にお答えします。

半袖であれば、真冬でも、野外でない限り、はおりものはひつようありません。かわりにタオルはかならず持っておきましょう。

荷物をロッカーに預けよう

貴重品である、メインのお財布や、コスメの入ったカバンはクロークに預けたり、ロッカーにしまうことをおすすめします。

そうすることによって、ライブを思いっきりたのしむことが出きるようになります。

服装を見直して快適にライブを楽しもう!

ライブの服装・安全で快適に楽しむためのコーデ16選

服装を見直すだけで、ライブを快適に過ごすことが可能になります。バンドのイメージにあったファッションを研究していってください。

くれぐれも、周りの人の迷惑になるようなファッションは控えましょう。

ライブやコンサートの服装をもっと知ろう

バンドによっては、デコラティブな装飾を許可していたり、ある一定のファッションアイテムを禁止しているところもあります。

ライブやコンサートの服装をいろいろと学んで、豊かな時間を過ごしてください。

コーデ

Related

クラブにぴったりな服装のコーデ10選|クラブを楽しむ方法5つ

ライブやフェスも楽しいですが、クラブで遊んでみるのはいかがですか。こちらの記事では、クラブにぴったりな服装のコーデや、クラブを楽しむ方法についてご紹介します。ライブやフェスとは異なる楽しみ方ができるのがクラブです!気になってきた方は、ぜひご覧ください。
クラブにぴったりな服装のコーデ10選|クラブを楽しむ方法5つ

オシャレに見えるOLの服装7選・おすすめブランド

「私服勤務の職場に勤めていて、毎日の服選びに悩んでいる」という女性も多いのではないでしょうか。この記事ではOLにおすすめしたいおしゃれときちんと感を兼ね備えた服装をご紹介しています。また、OLにおすすめのブランドも取り上げているので、ぜひご覧ください。
オシャレに見えるOLの服装7選・おすすめブランド

同窓会の服装|おすすめコーデ/20代/30代/40代

当時同級生だったクラスメイトと久しぶりに顔を合わせる会が同窓会です。しかし、同窓会にはどんな服装で行ったら良いのかわからないという方も多いでしょう。この記事では、同窓会におすすめの服装を20代・30代・40代・50代ごとのコーデでご紹介しています。
同窓会の服装|おすすめコーデ/20代/30代/40代

サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム

トラッドファッションに欠かせないファッションアイテムの1つといえば「サスペンダー」です。サスペンダーはスタイルに関わらずファッションとして取り入れている人が多い傾向にあります。今回はサスペンダーのおすすめコーデとおしゃれコーデのコツをご紹介いたします。
サスペンダーのコーデ例6つ・サスペンダーと相性が良いアイテム

好きな女性の服装タイプ10選・付き合いたいと思う8つのタイプ

男性が好きな女性のタイプとは一体どのようなものなのでしょうか。「意中の男性ともっと仲良くなりたい」「男性からモテたい」という女性は、男性が好きな女性のタイプについて研究してみましょう。男受け抜群の服装などについてご紹介していますので、ぜひご覧ください!
好きな女性の服装タイプ10選・付き合いたいと思う8つのタイプ