Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月15日

メガネ美人ならではの特徴や条件6つ・メガネの選び方とは

この記事では、メガネ美人とはどういうことなのかを解明していきます。また、似合うメガネ選びについても注目していき、誰もがメガネ美人に近づけるようになれます。この機会に、あなたの顔に合ったメガネを見つけて、メガネ好きの世界に足を踏み入れてみませんか。

メガネ美人ならではの特徴や条件6つ・メガネの選び方とは

メガネ美人とは

メガネ美人と言って、あなたはどんな顔が思い浮かびますか。そもそもメガネの美人とはどういうことを言うのでしょうか。メガネ美人という言葉自体、なんだか曖昧でよくわからない言葉遣いです。それでは、まずはメガネ美人の定義についてかみ砕いていきましょう。

メガネをかけると美人

メガネ美人にはさまざまなタイプがいて、メガネをかけると美人に変身するタイプの人が存在します。メガネなしだと顔の魅力が半減するタイプの人です。多くの女性は、通常メガネをかけることで魅力が減る場合が多いのですが、こちらはわりと珍しいタイプの顔の持ち主だと言えるでしょう。

考えられる理由としては、顔のパーツのバランスが悪く、メガネがちょうどよく顔の余白や隙間をカバーしてくれることが考えられます。

元々が美人な顔つき

そして、もう一つのメガネ美人とは、メガネをかけても美人なタイプの人のことです。メガネをかけても何らその美貌に影響がでない整った顔つきをしています。メガネをかけてもまだ美人なので、非常に恵まれたタイプだと言えます。

上記の理由から、メガネ美人はモデルや芸能人に多いのではないでしょうか。彼女たちのように整った顔立ちをしていれば、ブサイクになりかねないようなメガネだって恐れる必要はありません。

メガネ美人ならではの特徴・条件6つ

メガネ美人ならではの特徴や条件6つ・メガネの選び方とは

世間や身近にいるメガネ美人と言われる人をぱっと頭にを思い浮かべてみましょう。彼女たちには一体どんな特徴があるでしょうか。メガネ美人の特徴や条件を6つに分けてご紹介していきます。

1:目鼻立ちがくっきり

メガネ美人の特徴として、第一には目鼻立ちがくっきりしていることが挙げられます。はっきりした顔つきというのは、目が大きく二重なので、もしメガネレンズに度が入っていたとしても、あまり小さくは見えません。

また鼻が高く大き目の人の場合は、フレームのしっかりしたメガネが似合いやすいという傾向もあります。

2:切れ長な目

メガネ美人の目の形の特徴としては、切れ長であることが多いです。これは、メイクで印象を変えられるので難しいことではありません。ただ大きくて丸い二重なだけではなくて、目尻が切れ長になった目であると、眼鏡をかけた時に目力がキープできたままの状態でいられます。

従ってメガネ美人に近づくためには、目の大きさや二重の有無に関わらず、目尻を長めに見せたメイクをすることがコツであると言えます。

3:鼻筋が通っている

メガネ美人の顔の特徴の一つとして、鼻筋が通った形をしています。鼻が低いとメガネをかけることによって鼻が悪目立ちしてしまうことがあるためです。

わかりやすい例で挙げると、サングラスをかけた姿を想像してみてください。高い鼻の人がかけるのと、低い鼻の人がかけるサングラスでは、鼻の印象がきれいに見えるのは高い鼻の人です。

鼻は中心で目立つので、鼻筋が通っている人はメガネをきれいにかけることができます。

4:自分にピッタリなメガネの形をしっている

またメガネ選びで大切なことのひとつに、顔型と顔の特徴に合うメガネを選ぶというポイントがあります。そのため、メガネ美人は、自分の顔の特徴について熟知しているということです。

例えば、メガネがトレードマークであるメガネ美人の芸能人には、女性ではアンジェラアキさんや、男性なので「美人枠」ではないのですがお笑いの藤森慎吾さんがいます。彼らは整った顔立ちの上、顔にとてもよく似合ったメガネ選びをされています。

5:輪郭がすっきりしている

メガネ美人の条件として、輪郭がきれいであることも大切な要素のひとつです。前項からメガネ選びさえ正しければだれでもメガネ美人になれるということはわかりましたが、メガネ美人として最強のオールマイティな存在があります。

メガネ美人として、最強の輪郭といえば、卵型の輪郭をしている人です。この輪郭を持っている人は、どんなメガネであっても似合ってしまいます。

6:シーンに合わせたメガネを持っている

メガネ美人は、メガネに対して通常の人よりも細やかな意識が向けられているので、TPOに合わせていくつかのメガネを使い分けています。メガネ美人は、いつも場にふさわしいベストなメガネをかけていて雰囲気の演出に長けています。

仕事では、きちんと感のでるシルバーのメタルフレームやフレームレスを選んだり、遊びの時はセルフレームで時に色味を楽しんだりすることもあります。

デザインが違う人気ブランドのメガネフレーム

PRADAといえばメガネフレームです。こちらのタイプは美しいかたちのフレームで、日本人の顔の形に合わせて作られた、ユニセックスで使いやすいタイプです。PRADAの黒縁セルフレームは、メガネのワードローブの中にひとつは加えておきたいマストアイテムです。

メガネ美人に見られるメガネの選び方

メガネをかけると美人になるメガネ美人が、芸能界や巷のおしゃれな人々には多くいます。そんな方々にはすてきなメガネを選べる、何か特殊な能力があるのでしょうか。まさか、そんなことはないでしょう。メガネの選び方の基本がわかれば、これからはあなたもメガネ美人の仲間入りです。

それではメガネ美人が選ぶメガネを選ぶ秘訣について、早速みていきましょう。

目の離れ方によってフレームの大きさを選ぶ

まずは、目の離れ方について着目してみてください。あなたの目の間の間隔は、ほどよい距離でしょうか、近めでしょうか、それとも離れ気味でしょうか。それぞれの目タイプによって、考えるべきポイントは、メガネのブリッジです。

目が離れ気味な人はブリッジの長めのものを選んでください。もしくは、目が離れているだけ大き目のフレームを選ぶようにしましょう。そうすることでほどよいバランスが決まります。

レンズの真ん中に黒目がくるといい

また大切な点として忘れてはならないのが、レンズ真ん中に黒目がくるフレームです。詳しく言えば、左右若干だけ目の中心により気味、上下はレンズの中心の少し上あたりがベストな黒目の位置です。

また上下が平たいタイプのフレームであれば、黒目がど真ん中くるのがベストです。目の位置については、メガネ店のスタッフがちょうどいいようにフィッティングし、調節してくれます。

黒ぶちメガネよりも少し明るめのフレーム

メガネといって大定番のひとつは黒縁セルです。一つはゲットしたいメガネではありますが、実は、日本人にもっと似合うフレームというのが存在します。それは、やや明るめのフレームを選ぶということです。

なぜ明るめのフレームがベターかの根拠としては、肌なじみがよいということです。肌とフレームの境がより曖昧になることで、全体の印象がやさしげに見えるためです。黒フレームは、顔の迫力があったほうが似合います。

自分の顔が薄顔・濃顔なのかでメガネを選ぶといい

最後に、自分の顔の系統について把握しておきましょう。あなたは薄い顔でしょうか。濃い顔でしょうか。

薄い顔の人は、顔の印象に合わせて、主張の少ないメタルフレームやソフトなカラーを選ぶとなじみがよくなります。またオーバルのフレームは印象が優しくなりすぎてどこかあか抜けません。

それに対して、濃い顔の人はメガネの迫力に顔が負けないので、濃い色でも薄い色でもどんなタイプのメガネでも似合いやすいでしょう。

メガネ美人は自分にピッタリのメガネを選べる人

これまで見てきたことを総合してみると、メガネ美人というのは、自分に似合うメガネをピンポイントで選ぶことができている人ということがわかりました。

メガネ美人自身が意識的に考えているのか、無意識なのかは不明ですが、意外と高度な方程式のもとに成り立った美意識に基づいているということです。

以上を踏まえ、前述のメガネ選びのポイントをひとつずつ攻略していくことで、誰もがメガネ美人に近づけるということです。

メガネをかける人についてもっと知ろう

メガネを意識的にかけている人を見ると、何か興味を惹かれるものはありませんか。毎日とっかえひっかえ、その日の気分や環境に合ったメガネを使い分けている人のことを思い浮かべてみてください。

メガネ好きの人に対して、知的さや何か平凡で退屈な人には留まらない、きらりと光る何かを感じたりはしないでしょうか。この際、身近にいる親しくなかったメガネの人に、思い切って近寄って行き話しかけてみてはどうでしょうか。

Related