Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月12日

【男女別】ダサい服の6つの特徴・おしゃれになるには

おしゃれがよく分からず、なんとなくあるものでコーディネートしていませんか。このなんとなくがダサい服になってしまう大きな原因です。今回は、男女別でのダサい服の特徴を徹底的に解説し、おしゃれに近づくためのいろはをご紹介します。ダサい服から脱却したい人、必見です。

【男女別】ダサい服の6つの特徴・おしゃれになるには

センス大丈夫?ダサい服とは

【男女別】ダサい服の6つの特徴・おしゃれになるには

皆さんは普段どんな服を選び、そしてそれをどのように着ていますか。星占いのラッキーカラーの服を選ぶ人や、憧れのアイドルの着こなしを真似する人など、さまざまな人がいることでしょう。

でも今の着こなしは本当に自分に合っていますか。客観的に見て、ダサい服になっていませんか。自分ではかっこいい、または可愛いと感じていても、周囲から「何あれ、ダサ」と影で笑われていることがあるので注意が必要です。

【男女別】ダサい服の特徴

【男女別】ダサい服の6つの特徴・おしゃれになるには

客観的に見て「ダサい服」と思われるファッションには特徴があります。アイテムだけでなく、服の組み合わせや着こなしによってもダサさは作り上げられます。男女別にダサい服の特徴を紹介していくので、自分に当てはまるところはないかチェックしてみてください。

女子のダサい服の6つの特徴

女子の服装がダサいのは致命的です。女子はオシャレ好きな人が多いため、SNSなどにアップするための記念写真などは一緒に撮ってもらえません。仮に撮ってもらえたとしても、あなたのダサい服が世界中に拡散することになるので最悪です。

ダサい服の女子は、同性の友人から嫌がられるのはもちろん、男子からもモテません。ですから、早急にそのダサさを改善する必要があります。次からは女子のダサい服の特徴を6つ紹介します。

特徴1:上下ジャージ

女子の上下ジャージは論外です。よく、上下プーマのジャージなどで平然と外を歩く若い女子がいますが、下品極まりないです。例え近くのコンビニに行く時でも、誰が見ているか分かりません。

ひょっとしたら、コンビニの新しいアルバイト店員が物凄くかっこよくて、思わず恋をしてしまう可能性もないとは言い切れません。ですから、外出する際には最低限、人前に出ても大丈夫な格好をしていきましょう。

特徴2:くたびれている

長年着続けて、色褪せていたり、裾がほつれていたり、伸びきっていたりする服をいつまでも着るのはやめましょう。

そんな、くたびれている服はダサい服です。くたびれている服は、女子にとって大切な清潔感を欠如させ、あなたの魅力を半減させます。ものを大切に使うのはいいことですが、古くなったものは思い切って捨てる癖をつけてください。

特徴3:ひと昔前の流行アイテム

流行とは、瞬く間に変わっていきます。かつて流行したものでも、それがひと昔前のものであれば、ダサい服に見えます。

ひと昔前、というのがポイントで、はるか昔ならまだいいのですが、人々の記憶に新しい、過去の流行ものを身につけている人を見ると、どうしても「なぜ今それなの」と疑問に感じてしまいます。

「今年は服買うお金がなかったのかな」とも推測してしまうので、過去に流行した服をいつまでも着るのはやめましょう。

特徴4:とにかく原色

ファッションは、とにかく派手であればいいというものではありません。ワンポイントならぬ全ポイントで原色を使えば、ダサい服になります。

原色コーディネートの例となる画像を上記に貼っておきました。なんだか格好だけ中学生みたいですし、目がチカチカしてうざったいとは思いませんか。原宿などを歩いているぶんにはいいですが、友達や彼女として隣を歩かせるのはやめておきたいことでしょう。

特徴5:柄物に柄物

先述したように、派手すぎる見た目はダサい服とみなされます。好きなキャラクターのついた服が着たいからといって、一度に2枚以上つめこむのはやめましょう。大阪のおばさんのようになります。柄物の服は1点までにして、そのほかのアイテムは単色のシンプルなものを取り入れてください。

特徴6:体型に合っていないサイズ感

服が体型に合っているということも大切です。ぽっちゃりめの女性が、無理して体のラインが出るようなぴちっとした服を着れば脂肪が食い込み、太さが目立ちます。

逆に、痩せている女性がだぼっとした服を着るのはもったいないです。自分の体型を活かすことのできる服を見つけ、自分に合った服を着ましょう。体型に合っていない服を着ている人はダサいです。

男子のダサい服の6つの特徴

男子における、ダサい服の定義とはなんでしょう。Tシャツにジーンズですか、それともチェックのシャツですか。いいえ、そうではなく、ダサい服の男子に多いのは、勘違い痛男です。

勘違い痛男は、自分では最高にかっこいいと勘違いして自信満々なのですが、女子たちからは裏で「ありえない」と呆れられています。あなたは勘違い痛男になっていないか、次に紹介する特徴を見て確認してみてください。

特徴1:尖りすぎているシューズ

上記の画像の男性、なんだか物凄くダサいですが大丈夫でしょうか。というのはさておき、上の画像に写る男性が履くる尖った靴ですが、とりわけ女性たちからかなり印象が悪いです。

ホストや、ビジネスマンなどがこのように尖った靴を好んで履いているのがよく見受けられますが「刺さると痛そう」「あれがかっこいいと思ってるなら痛い」という意見が多いので、敬遠したほうが良いでしょう。

特徴2:だぼだぼなパンツ

男性、とりわけ若者は、股下の長いだほだぼしたパンツを好んで履きますが、はっきり言ってダサい服です。

なぜ、短い足を好き好んでより短く見せようとするのでしょうか。女性からも、「だらしなく見える」と不評です。あのようなパンツを履くのは、夜寝る時だけにしておきましょう。人前に出るべきではありません。

特徴3:ボタン開けすぎ

シャツのボタンを開けすぎるとダサい服になってしまいます。男性としては、セクシーに見えるだろうと考えるのでしょうが、バツグンのイケメンや、筋肉質の外国人がやるならまだしも、その辺の普通男子がやったところで、ただの痛男です。

「家出る時慌ててたのかな?」「ナルシストかな?」としか感じ取ってもらえないので、ボタン開けすぎ男子は早急にボタンを閉めましょう。

特徴4:シワやヨレ感

面倒くさがりの一人暮らし男子は、洗濯機をかけた後で、そのまましばらく放置してしまいます。しかし、洗濯機に回された後のしわしわの状態で放置し、そのまま水分が乾いてしまえば、ティーシャツなどはしわしわになってしまいます。

大ざっぱな人は構わずしわしわのTシャツを着ていってしまいますが、汚らしくダサい服の中ではチャンピオンです。しわしわになってしまったTシャツは洗い直すかアイロンをかけるかしましょう。

特徴5:全身真っ黒

「毎朝コーディネートするのが面倒だから」なんて言って黒づくめになっている男性を見かけますが、そもそも全身真っ黒は、ダサい服です。

お葬式でもあるまいし、ワンポイント、黒以外の明るい色をファッションに取り入れましょう。まずは、ジャケットの中のティーシャツだけ柄物したり、シューズだけ派手な色のものに変えたりするなど、簡単な変化から挑戦してみてください。

特徴6:全身ブランド

ブランドものさえ着ていればお洒落と勘違いしているダサい服の男性はかなり痛いです。お洒落とは、高いお金を払えばいいという簡単なものではありません。安くても自分に合った服を見つけ、組み合わせによってさまざまな着こなしのできる人のことをお洒落と呼びます。

そうと分かったら「俺は全身コムデギャルソンなんだ、かっこいいだろ」とドヤ顔するのはやめましょう。

うまくコーディネートできない人におすすめの本

毎朝のコーディネートに時間がかかってしまう人におすすめの本を紹介します。

コーディネートは、どこの店舗でも手に入りそうなベーシックな基本のアイテムを10枚程度揃えるだけで驚くほど簡単になります。そしてこの本を参考にすれば、シーンや天候別の適したコーディネートが分かり、毎朝3分で迷わず服が決まります。

コーディネートがなかなか決まらないあなたに、必ず手に取ってみてほしい1冊です。

ダサい服からおしゃれに!ポイント3つ

【男女別】ダサい服の6つの特徴・おしゃれになるには

ダサい服の特徴は分かりましたか。紹介した特徴に当てはまってしまった方がいたら、急いでそのダサいファッションを改善しなくてはいけません。では、自分に合ったお洒落なアイテムを見つけるには、どうしたらいいのでしょうか。

そこで、続いてはダサい服からお洒落に変身するポイントを3つ紹介するので、参考にしてみてください。

ポイント1:トレンドを知る

まずは、今のトレンドを知りましょう。ファッション雑誌を参考にすれば一発で分かりますし、その他にもモデルのSNSなどを参考にするのも良いです。流行りのアイテムをファッションの中に1つ取り入れるだけでお洒落感が増します。

難しいと思う人は、自分の体型と似たモデルのファッションをそのまま真似してみましょう。ぽっちゃりさんは、ラ・ファーファというぽっちゃりモデル専門の雑誌を参考にしてください。

ポイント2:定番アイテムを揃える

お金に余裕のある人は、まずは定番アイテムを揃えてみてください。素人が突拍子もないアイテムに手を出すと失敗することが多いですが、誰でも使うような定番のアイテム、例えば落ち着いたカラーのデニム、白いチュニック、ボルドーやモスグリーンのスニーカーなどは、組み合わせが無限なので、買って損はないでしょう。

派手で可愛いアイテムが欲しくなるのをぐっと我慢し、まずは定番のアイテムを揃えてみてください。

ポイント3:必ず試着をする

ほとんどの店には試着室があります。遠慮せず、何かを購入する際には試着をしてみてください。店頭にある、スタイルの良い8頭身のマネキンが着ている服は可愛く見えますが、実際に着てみると「なんか違うぞ?」となることがほとんどです。人にはそれぞれ、似合う服と似合わない服があるのは当然だからです。

せっかく買った服が後々似合わないと判明し、押し入れ行きになってしまうのはもったいないので、試着は必ずしましょう。

どんな自分になりたいのかイメージしよう

【男女別】ダサい服の6つの特徴・おしゃれになるには

今回の記事では「トレンド」「定番」などと何回も言いましたが、実際のところ、流行っているからといって必ずしも良いものとは言えません。

1番良いのは、周囲に流されず、自分に合う服で自分らしさを表現できることです。派手な色のアイテムをつめこんでも、流行から逸れた服を着ていても、お洒落に見える人がいるのはその人に合っているからです。どんな自分になりたいのかイメージし、ダサい自分から脱却しましょう。

ダサい人の外見の特徴は

いかがでしたか。今回は、ダサい服の特徴について紹介しました。しかし、周囲にダサいと思わせるのは服装ばかりでなく、髪型や顔つき、さらには言動までさまざまな要因が関係してきます。

そこで、ダサい人の特徴やあるあるについて書いた記事を紹介しておくので、周囲にダサいと思われたくない方は参考にしてみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

Related