Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月26日

ジンジャーエールのカクテル41選|ジンジャーエールの作り方

カクテル、それは数種のドリンクが織り成す化学反応です。ジンジャーエールは、香料入りながら、色々な飲み物との組み合わせで千差万別の味わいや香りを生み出します。強い個性を持ちながらも他のドリンクの味わいを強くするジンジャーエール入りのカクテルは格別のカクテルです。

ジンジャーエールのカクテル41選|ジンジャーエールの作り方

市販のおすすめジンジャーエール3選

ジンジャーエールのカクテル41選|ジンジャーエールの作り方

ジンジャーを溶かし込んだジンジャーエールは、独自の風味を持つソフトドリンクです。その風味を生かし、カクテルの材料としても重宝されます。

ものによっては自販機やスーパーの清涼飲料売り場での購入が可能です。そのまま飲んで良し、カクテルにしても絶品の市販のジンジャーエールは、以下のものがおすすめと言えます。

1:カナダドライ ジンジャーエール

カナダドライ ジンジャーエール×24本

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

安いしスーパーで買うには重たいのでこれはいい。

カナダドライのジンジャーエールは、ノンアルコールのシャンパンとして開発されました。開発者がカナダ人だったのでカナダドライと名で売り出され今に至ります。「ドライ」の方は甘くないとの意味で、色々と作ったジンジャーエールの中でも甘みが少なかったためつけられた名前です。

ジンジャーエールの中ではとくに有名かつ市場に出回っているもので、自販機やスーパーなどでも手軽に入手できます。

2:ウィルキンジンジャーエール 辛口

ウィルキンジンジャーエール 辛口 24本

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

辛口でのど越しスッキリ。これから暑くなってくる季節にピッタリです。

グリーンの瓶が目印のウィルキンのジンジャーエールは、アサヒ飲料から開発されたジンジャーエールです。ウィルキンのジンジャーエールはショウガの味が強く、辛口の名に恥じない味わいが特徴と言えます。

辛口がお好みの方はウィルキンのジンジャーエールをお使いください。スッキリ爽やかで元気の出るジンジャーエールなので、カクテルもまたシャキッとした味わいになります。ジンジャーエールの味の好みの指針にもなります。

3:神戸居留地 LASジンジャーエール

神戸居留地 LASジンジャーエール 350ml×24本

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

以外と言うと失礼かも知れませんが、意外と美味しいです。そのまま飲んでも良いですが、ウィスキーを割って、簡単にジンジャーハイボールが出来ます。

富永食品により展開される神戸居留地は、コーラやレモンライムといった清涼飲料水を発売しています。ジンジャーエールも主力を担う商品です。神戸居留地のジンジャーエールは甘みが強い方ですが飲みやすく、カナダドライ系統の味がお好みの方にいいでしょう。

カクテルの材料としても、あまりから口がお好きでない方向けです。

ジンジャーエールのカクテルレシピ41選

ジンジャーエールのカクテル41選|ジンジャーエールの作り方

主だったジンジャーエールの次は、具体的なジンジャーエールのカクテルとそのレシピをご紹介します。ショウガが独特の味わいを産み出すジンジャーエールが一体どう変化するのか、まずはレシピを見て一度作ってみてください。

1:ペシェ・ジンジャー

ペシェ・ジンジャーとは、桃味のリキュールを使ったカクテルです。リキュールの少しとろみのある味わいはそのままに、ジンジャーエールによってピリッとしたスパイスが効いたカクテルとなっています。

甘みが強いですが、こうした甘口のカクテルがお好みの方にはお薦めです。食前、食後と言った堅苦しい席より、デザートをつまみながら飲むのもいいでしょう。デザートとの相性もよく、とことん甘いものが欲しい時のカクテルです。

(一人分)
・「KIRIN PEACHTREE」…50㏄
・ジンジャーエール…100㏄
・氷…適量

1.グラスに氷を入れ
2.「KIRIN PEACHTREE」を注ぎ
3.ジンジャーエールを入れて、軽く混ぜる

出典: http://henalife45.blog.fc2.com/blog-entry-1340.html |

2:モスコ・ミュール

モスコ・ミュールとは、ウォッカとジンジャーエールを混ぜたカクテルです。ウォッカもジンジャーエールも自己主張が強いので、刺激が欲しい時にお飲みください。ライムを入れると飲みやすくなります。

名前の意味は「モスクワのラバ(馬とロバのハーフ)」です。ラバはキック力が強いので、「モスコ・ミュールを飲むのは、ラバに蹴られるくらいの衝撃がある」といった意味合いでこの名前がつきました。

材料
1.ウォッカ 45ml
2.ジンジャーエール Full Up
3.ライム1/6個

作り方
1.氷を入れたグラスにウォッカとジンジャーエール入れて混ぜ、ライムを絞り入れる。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1032003 |

3:ホッピングモヒート

ホッピングモヒートとは、モヒートとジンジャーエール、オレンジやレモンジュースなどを混ぜたカクテルです。さっぱりとした口当たりがよく、一段違った大人の味わいもあるのでちょっとしっとりとした大人のパーティーや飲み会などにお薦めのカクテルと言えます。

オレンジジュース、ジンジャーエール、モヒートの辛味も絶妙なものがあり、楽しいひと時を過ごせるでしょう。

材料
1.バカルディクラシックカクテルズモヒート 40ml
2.オレンジ果汁 40ml
3.ジンジャーエール 40ml
4.クラッシュアイス 適量(グラスいっぱい分)
5.スペアミント

作り方
1.オレンジを絞る。
2.グラスにクラッシュアイスを詰め絞ったオレンジ果汁を入れます。
3.バカルディクラシックカクテルズモヒート入れ、ジンジャーエールで満たし、ペパーミントとマドラーを添えます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/84505/recipe/1021097 |

4:ロシアンハート

ロシアンハートは、ジンジャーエールとグレープフルーツを使ったノンアルコールのカクテルです。

元々ロシアンハートはアルコール度数の高いウォッカを使用していました。とはいえ、皆が皆お酒に強いわけでもなく、妊娠などでお酒が飲めない方もいます。そういった方々にもロシアンハートを楽しめるよう、ノンアルコールバージョンが開発されました。味わいはさっぱりしており、ロシア料理と一緒に飲むのがおすすめです。

材料(1人前)
ジンジャーエール 150ml
グレープフルーツ(100%がおススメ) 150ml
カットライム(飾り兼飲む時に絞る) 1/8個
氷 適宜

作り方
1
ジンジャーエールとグレープフルーツを1:1でグラスに入れかきまぜる。ただそれだけ!
2
氷を入れて、カットライムを飾って出来上がり~+.゚((〃´▽`〃)゚+.゚

出典: https://cookpad.com/recipe/918757 |

5:クロンダイク・クーラー

クロンダイル・クーラーとは、地名が由来のジンジャーエールカクテルです。元々はカナダのユーコン準州という土地の名前で、そこで19世紀末にゴールド・ラッシュが起きました。黄金色のジンジャーエールにふさわしい名前と言えるでしょう。

オレンジの皮を入れるのが特徴です。くるくるとカツラ向きにされたミカンの皮が独特のユニークさを醸し出し、酸味が他のカクテルとは一味違った満足感をもたらしてくれます。

材料(200mlのグラス1杯分)
ウィスキー 20ml
果汁100%オレンジジュース 40ml
ジンジャーエール 60ml
氷 適量


グラスに氷を入れ、エイスキー、オレンジジュース、んじゃーエールを注ぐ。軽くステアして出来上がり。

上記の分量でアルコール度数は約6.6%です。

出典: https://cookpad.com/recipe/1485828 |

6:シャーリー・テンプル

シャーリー・テンプルはザクロのシロップとジンジャーエールを混ぜたカクテルです。ノンアルコールなので、未成年の方にもお勧めできます。

シャーリー・テンプルとは元々アメリカの子役の名前でした。このカクテルができ上がった時期に活躍していた人物で、「子供でも飲めるカクテルを作ろう」と命名されました。アレンジとしてウオッカを加えたものなどもありますが、基本的にノンアルコールなので悪酔いの心配とは無縁です。

材料(200mlのグラス1杯分)
グレナデンシロップ 15ml
レモンスカッシュ 100ml
スライスレモン 1枚
氷 適量


グラスに氷を入れ、エモンスカッシュを静かに注ぐ。グレナデンシロップを垂らしてステアし、レモンを飾る。

コツ・ポイント
レモンスカッシュの代わりにサイダーでもOKです。

出典: https://cookpad.com/recipe/1485486 |

7:オペレーター

オペレーターとは、白ワインとジンジャーエールのカクテルで、健康的な白ワインをより飲みやすく取り入れられます。いくらか辛口のワインであっても、ジンジャーエールの甘みがあればいくらでもおいしくなるのカクテルです。飲み口はジュースのようで悪酔いせず、女性でも学生さんにもお勧めできます。

オペレーターの名前の由来は飛行機乗りに愛飲されていたからです。炭酸水を入れるとスプリッツァーという別のカクテルになります。

材料(1人分)
■オペレーター
★シオン2016(白ワイン) 80ml
ジンジャーエール 80ml

■スプリッツァー
★シオン2016(白ワイン) 80ml
炭酸水 80ml

レモンまたはライム 各一枚

1
グラスにシオンとジンジャーエールまたは炭酸水を注ぎ軽く混ぜる。
2
レモン、ライムなどを浮べて冷たいうちにどうぞ。

出典: https://cookpad.com/recipe/4520237 |

8:シャンディガフ

シャンディガフとは、ビールをベースにジンジャーエールを混ぜたカクテルです。比較的気軽に手に入りやすいビールがベースなので、作るのもそんなに難しくはありません。

ご家庭にある道具で簡単に作れますので、ビールとジンジャーエールがお好きな方はお試しください。ビールの苦みとジンジャーエールの甘みが絡み合い、それぞれの素材の風味も味わえます。ビール、ジンジャーエール共によく冷やしておくことをお勧めします。

材料(長グラス1杯分)
お好きなビール 長グラス1/3~1/2
お好きなジンジャーエール がグラスに溢れない程度
■付け合わせ
お好きなおつまみ


氷を入れないカクテルビールなのでテア方でグラスを氷で冷やします。

グラスに氷を入れます。氷の量はグラスのフチまで。の状態でしっかりとステアします。

グラスの表面に霜がつきグラスの底に水が溜まり、氷が1㎝浮いているくらいが目安です。待っている間におつまみを作ります。
4氷を捨てお好きなビールを注いで、1/3くらい強めで大丈夫な方は1/2♡ジンジャーエールを溢れないように上下しながら入れる。

出典: https://cookpad.com/recipe/5280934 |

9: ピュア・ラブ

ピュア・ラブは春先におすすめのジンジャーエールカクテルです。これはロングカクテルと呼ばれる、長く楽しむタイプのカクテルに当たります。そのため、悪酔いする心配はありません。

口当たりもよく、薄ピンク色のカラーリングがあまり刺激も強くないのでしっとりとした時間を過ごすことができます。ライムを添えることで、いくらかの酸味が増すのもポイントです。この酸味が大人の味わい、スパイスとなります。

ドライジン30ml、クレームドフランボワーズ15ml、フレッシュライムジュース15ml、をシェークします。タンブラーに注ぎ、氷を2-3個入れてからジンジャーエールで満たし、ライムのスライスを飾ります。

出典: https://sprnokchn.exblog.jp/15013844/ |

10:はちみつレモンジンジャー

はちみつとショウガ、レモンと言う三大健康食品を使用したカクテル、それがはちみつレモンジンジャーです。甘く、酸っぱく、そして適度に刺激を持った三者がそれぞれ主張をし、互いの味と栄養素を高め合っています。

口当たりは甘酸っぱく、ショウガの味わいも含んだ独特のテイストは口元でスパークし、爽快な気分になることでしょう。はちみつにはいろいろな種類があるので、花による微妙な味の違いを楽しむのも一興です。

材料
ジンジャーエール 300ml
ハチミツ 大さじ1
砂糖 小さじ1
レモン果汁 小さじ2

1
ジンジャーエールを大きめのコップに入れる(市販の500mlのペットボトルのものでOK)
2
ハチミツ、砂糖、レモン果汁(ポッカレモン)を入れてよくかき混ぜる
ハチミツの溜まりが溶けるように!
3
ラップかフタをしてきっちりとして冷蔵庫で冷やす
※ここで味が馴染みます
4
味が馴染んだら出来上がり♪
5
【ポイント1】
ドリンキングジャーを使えば、メモリがついているので計りいらず!フタもできるので冷やす時に炭酸抜け防げます
6
【ポイント2】
砂糖など、入れると結構発泡してしまいますが、出来上がりの炭酸の抜け具合にはそんなに影響ありませんでした♪

コツ・ポイント
甘さを控えめにしたい方は、砂糖を少なくor無くしてもいいかも!
私も研究あるのみ!

出典: https://cookpad.com/recipe/3474737 |

11:ジンジャーハイボール

ジンジャーハイボールとは、ウイスキーベースのジンジャーエールカクテルです。一般的にはソーダ水で割ったものだとの認識が浸透していますが、ノンアルコールの飲み物でウイスキーを割れば大概ハイボールと呼ばれます。

ジンジャーエールで割った場合はジンジャーハイボールとなり、ショウガの持つ風味、うまみが絶妙な味を呼んでくれるでしょう。ちょっとブラウン系統のカラーも渋みがあり、大人の味を引き出すのに役立ちます。

材料
1.ウイスキー 40~45ml
2.ジンジャーエール Full up

作り方
1.氷を入れたグラスにウイスキーとジンジャーエールを入れて混ぜるだけ。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1032185 |

12:フローズンカクテル

フローズンカクテルとは、コニャックとジンジャーエールのカクテルです。コニャックというのはブランデーの一つで、フランスで生まれました。ワインと同じく熟成期間、つまり古いものがよいとされており、香りも味も、ワインと似て芳醇です。

ジンジャーエールと足すことで、カクテルとしての味わいはスッキリさっぱりとしたものになります。食前や食中よりも、食後の一服としてお楽しみください。

材料 1人分
サクレ レモン 40g
コニャック 大さじ2
ジンジャーエール ドライ 40㏄
ミントの葉 適量

作り方
1.グラスにコニャックを入れる。
2.サクレ レモン30gを1に入れる。
3.ジンジャーエールを2に入れる。
4.サクレ レモンを10g入れる。
5.4にミントの葉を飾り完成。

出典: https://ameblo.jp/h2utakushio/entry-11245421750.html |

13:梨&シナモンフルブラdeモスコミュール風

カクテル、料理は工夫次第でどうにでもおいしくなるもので、モスコミュール風にフルブラをアレンジすることも一つの挑戦と言えます。料理やお菓子などでよく使われるシナモンは、カクテルにも十分な効力を発揮しますので、臆せずにお使い下さい。

フルーツの甘み、ジンジャーエールの甘みと刺激性が互いにスパイスになっており、悪酔いするほど度数も強くもなくかない、お薦めのカクテルです。

(1人分)は、
・梨&シナモンフルブラ 大さじ3
・ジンジャーエール 130mlくらい
・レモン汁 大さじ1/2
・氷 6粒くらい
です。

作り方はとーっても簡単♪
グラスに氷を入れて、フルブラを注ぎ、レモン汁&ジンジャーエールを注ぎます♪
   

マドラーでクルッと軽く混ぜて(混ぜすぎないのがポイントだそう♪)できあがりです!!

出典: https://blog.goo.ne.jp/shiotan1114/e/705b10acb8db0d85c801... |

14:モヒート×ざくろ酢

健康的なカクテルを味わいたいなら、モヒートとざくろ酢にジンジャーエールを混ぜたカクテルがお勧めです。このカクテルはイチゴを入れてあるので見た目にも健康的ですし、目でも下でも味わえる最高級のカクテルと言えます。

このカクテルが本領を発揮するのは夏場です。ひんやり冷たくしておけば、ただでさえ清涼でさわやかな味わいが倍増することは間違いありません。

材料(1人分 サワーグラス等)
バカルディ クラシック カクテルズ モヒート 2/5
ざくろ酢 1/5
ジンジャーエール 2/5
イチゴ(小粒) 4個
スペアミントの葉 4枚
球体またはロックアイス 適量

1
イチゴ3個とスペアミントをスプーンの背で潰す
2
グラスに氷と1を入れる
3
2に、バカルディ クラシック カクテルズ ヒート、ザクロ酢を注ぐ
4
ジンジャーエールで足し、イチゴ1個をグラスの縁に添える
5
ザクロ酢の量はお好みで調節しても♪ジンジャーエールはトニックウォーターやお好みの炭酸飲料に替えてみても。

出典: https://cookpad.com/recipe/3096837 |

15:ラ・フランスのカクテル

フランス生まれの西洋梨のラ・フランスと、ジンジャーエールを混合させたカクテルもあります。ラ・フランスの旬の時期は秋から冬なので、クリスマスなどにこのラ・フランスとジンジャーエールのカクテルを飲むのもお勧めです。すりおろしたラ・フランスが使われます。

ラ・フランスは口当たりがまろやかです。ジンジャーエールノショウガの強みをある程度緩和してくれるので、ショウガが苦手な人でもおいしく飲めます。

ラ・フランス 1個
ジンジャーエール 1カップ
リキュール(ホワイトラム) お好みで

レモン汁 大さじ1
グラニュー糖 小さじ1
イチゴのパウダー 少々

作り方
1.ラ・フランスはすりおろす
2.ジンジャーエールとラム酒を合わせる
3.グラスにレモン汁、グラニュー糖、イチゴのパウダーをつける
4.2を注ぎ入れる

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/34081/blog/12693309 |

16:ブルージンジャー

ブルージンジャーとは、かき氷で使用するブルーハワイシロップ、ジン、そしてジンジャーエールを加えたカクテルです。かき氷のシロップと言う点、またブルーの色合いからしても、夏向けのカクテルなのは明白でしょう。

ブルーハワイの寒色は、暑い夏における清涼剤であり、見ているだけで飲みたくなります。目で楽しんだら次は舌で楽しみましょう。カクテルには調整という融通があります。甘口も辛口も自由に味わえるカクテルです。

材料(1)
ジン 30ml
ジンジャーエール 60~120ml程度
かき氷シロップ(ブルーハワイ) 5~10ml

1
グラスにたっぷり氷を入れる。
2
ジンをグラスに入れ、ジンジャーエールもお好みの量を入れる。
3
かき氷シロップを全体が色付くくらい入れ、マドラーなどでかき混ぜたらできあがり☆

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1032185 |

17:ジンジャーエールのミントカクテル

ジンジャーエールの風味、味わいに何かひと手間加えたい時には、ミントを入れるのがお勧めです。ミントもジンジャーエールも、方向性はやや違うものの爽快感を与えてくれる点は同じですし、今までにない味わいのカクテルになるでしょう。

すっきりとした味わいの上ノンアルコールなので、悪酔いどころか酔う心配もありません。洋食のお供としてお勧めです。脂分の多さによるお口の中を緩和できます。食べ過ぎにご注意ください。

材料
ジンジャーエール(ウィルキンソンが好き) 適宜
フレッシュミント 好きなだけ
レモンorレモン汁 好きなだけ

材料をすべて混ぜれば出来上がりです。簡単すぎてすみません!

出典: https://cookpad.com/recipe/2043823 |

18:サラトガクーラー

サラトガクーラーとは、ライムとジンジャーエールのカクテルです。薄味で、ライムの持つ柑橘類特有の酸味が甘すぎず飲みやすい味を実現しています。

以下にご紹介するレシピではレモンを使用しており、より飲みやすくなっているのが特徴です。ライムでも十分美味しいカクテルですので、本来のサラトガ・クーラーをご所望の方はレモンの部分をライムに置き換えて作ってみてください。

材料(大きいコップ一杯)
ジンジャーエール 適量
レモン 適量(大体大さじ1位)
はちみつ(ガムシロップ) レモンの半量位

1
レモン汁とはちみつ(ガムシロ)を入れて混ぜたところにジンジャーエールを入れてかき混ぜる、

出典: https://cookpad.com/recipe/105185 |

19:オレンジキッチン

オレンジキッチンとは、ブランデー、輪切りにして潰したオレンジ、ジンジャーエールと混ぜたカクテルです。オレンジは甘酸っぱいイメージがありますが、物によっては甘みの強いこともありますので、オレンジによって全く違うテイストに仕上がります。

オレンジを丸々潰し、その果汁を入れた100%ジュースは爽やかで、ジンジャーエールとの相性もきわめて高いです。

材料
ブランデー……30ml
オレンジ……輪切り1枚
モナンパッションフルーツピューレ……1.5tps
ジンジャーエール……適量

グラスに注いだブランデーの中で皮を外したオレンジをつぶします。
モナンパッションフルーツピューレを分量足してよく混ぜます。
氷を入れてジンジャーエールをフルアップしたら
泡を一粒も立てない気持ちで軽く混ぜます。

そのあと、オレンジの皮をグラスの上でひねってオレンジピールします。
ピールしたオレンジの皮をそのままグラスに沈めたら出来上がりです。

出典: https://ameblo.jp/kotonohal/entry-11360225987.html |

20:W洋梨のブランデージンジャーカクテル

W洋梨のブランデージンジャーは、洋梨のフルブラとジンジャーエールでできたカクテルです。梨は3日間つけておくのがベストとされます。

洋梨だけではなく、梨のジャムも使っているので、手作り感もあり健康的なカクテルです。飲む前にアルコールを飛ばしますので、悪酔いをすることもありません。女性でも若い人でも楽しく飲むことができます。

材料(1人分)
二十世紀梨とパートレット和洋フルブラ 大2
二十世紀梨とパートレット和洋フルブラジャム 大1
ジンジャーエール 200㏄
ミントの葉 適量

1
「二十世紀梨とパートレット和洋フルブラ」前日までに漬けて下さい
翌日には飲めます
2
漬け梨をフードプロセッサーにかけペースト状にする鍋に梨ペーストと同量の蜂蜜を入れ火にかけ混ぜながらアルコールを飛ばす
3
グラスに梨ジャムとフルブラを入れ、ジンジャーエールを注ぎ混ぜる
ミントの葉を飾り完成です

出典: https://cookpad.com/recipe/2382404 |

21:ピンクレディー

ピンクレディーとは、名前が示すように赤く美しく、女性的な印象のカクテルです。ラム酒或いはピスコを使っており、度数はやや高めなので、お酒に強い人限定ですが、お酒を入れなければそのままソフトドリンクとして召し上がれます。

女性的、かつ刺激的で情熱的ですらあるピンク・レディーは、お酒が入ればたちまち小悪魔のように人々を虜にするでしょう。

材料
パインジュース 200ml
ザクロジュース(グレナデン・シロップ) 150ml
ジンジャーエール 200ml
炭酸水 150ml
ピスコ(ラム酒でもOK)50ml

1
パインジュース、ザクロジュース、ジンジャーエール、炭酸水、ピスコを大きい大きめの入れ物に入れまぜて出来上がりです♡
2
ほんの少しだけジンを入れてもおいしいです♡
3
ピスコ無しでジュースとしてでもおいしいです♪

出典: https://cookpad.com/recipe/2102242 |

22:カクテル風ジンジャーエール

カクテルとは、基本的にはお酒ですが、中にはお酒に見えるカクテル風味のドリンクもありました。ジンジャーエールとゼラチンを入れると、何とも涼やかで夏場の熱い時に飲みたいカクテルに変身します。

ジンジャーエール入りの飲むゼリーと言った感じになりますので、のどにつかえるということはありません。安心して飲むことができ、しかも涼しくなれるのでお得なドリンクです。

材料(4人分)
ジンジャーエール 1100㏄
ゼラチン 5g
水 50㏄
氷 適量

1
まず、水50㏄をレンジで30秒温め、ゼラチン5gをふやかす。
2
ジンジャーエール300㏄をふやかしたゼラチンに入れる。
3
固まるまでじっくり冷蔵庫で冷やす。
4
自分の入れたい分だけ、カキ氷を入れる。
5
お好みのグラスにゼリー(等分)→カキ氷→ジンジャーエール(1人200㏄程度)の順に入れる。

コツ・ポイント
ストローを使うとおいしく召し上がれます。

出典: https://cookpad.com/recipe/1219668 |

23:りんごと紅茶のフルブラバック

ジンジャーエールのカクテルにフルブラを使ったものは数多いですが、中には紅茶を混ぜたカクテルもあります。紅茶は紅茶でフルブラやお酒、ジンジャーエールとは違った方向が楽しめるので、意外とカクテルにお勧めです。

甘み、香りが味わえるカクテルは数あれど、紅茶が加わることでの芳醇なテイストは他のカクテルにはありません。こちらのレシピではレモンジュースも入っているので、爽やかさが倍増されています。

シュワッとクセになる☆りんご&紅茶のフルブラバック
(1人分)
〇りんご&紅茶の自家製フルブラ(→★★)…30ml
〇レモンジュース…40ml
〇ジンジャーエール…150ml
〇レモンスライス…お好みで

①氷を入れたグラスに自家製フルブラ、レモンジュース、ジンジャーエールを注ぐ。
軽く混ぜる。
②お好みでレモンのスライスを添える。

出典: https://ameblo.jp/shinku06z04/entry-11631140062.html |

24:赤のホットワイン

ジンジャーエールと赤ワインを混ぜるとキティというカクテルになりますが、これは冷たい状態で飲むのが普通です。とはいえ、冬場には暖かいお酒も欲くなります。キティをホットにし、身も心も温まる以下のレシピはおすすめです。

元来、お酒というものは体を温めてはくれますが、ワインでは少し心もとない、とお考えの方のため、温める温度や時間の大体の目安をお教えします。

材料(1人分)
赤ワイン 100㏄
ジンジャーエール 100㏄
しょうがの絞り汁 お好みで少々

1
材料すべてを耐熱カップ/グラスに入れて、電子レンジでお好みの熱さに温めたらできあがり♪(500wで1分前後)

コツ・ポイント
一気に1分加熱よりも、40秒~様子を見ながらお好みのにしてください^^
冷蔵したワイン+冷やしてないジンジャーエールを1分加熱でほどよい熱さ(猫舌用)。

出典: https://cookpad.com/recipe/1469778 |

25:カルーアジンジャーレモン

カルーアというお酒は、ミルクをはじめ色々なカクテルに使用されています。ジンジャーエールもカルーアカクテルを作る一要素です。他のカクテルとジンジャーエールカクテルとの違いは、レモンやジンジャーと言う果実的な要素にあります。

自然由来の香り、テイストが安心感を与え、心地よい刺激となってくれる大切な要素です。

材料(350㏄~400㏄入るグラス1杯分)
カルーア 1/4(50㏄)
ジンジャーエール 3/4(150㏄)
レモンカット(レモン汁) 適宜(大さじ1くらい~)
氷 適宜

1
氷を入れたグラスにカルーアとジンジャーエールを注ぎレモンを絞り入れて軽くステアして出来上がり♪

コツ・ポイント
分量の( )は材料の割合を分量化したものです。350~450g入るグラスであれば( )の分量でイケると思います。レモンはポッカ100レモンなどでも良いですが、生を絞った方がおいしいです。

出典: https://cookpad.com/recipe/335607 |

26:アマレット・ジンジャー

アマレット・ジンジャーとは、アマレットと呼ばれるリキュールにジンジャーエールと足したカクテルです。アマレットは、杏仁という杏の核を使用しており、それがアーモンドに似た独特の香りを漂わせています。

味わいは濃く甘いですが、単なる甘ったるいドリンクではありません。ジンジャーエールの持つ炭酸の刺激が程よいスパイスとなっています。氷を入れるのが基本で、氷が解ければ甘みも緩和されます。安心してお飲みください。

材料(200mlグラス1杯分)
アマレット 30ml
ジンジャーエール 70ml
レモン くし切り1/8個
氷 適量

1.グラスに氷、アマレットを入れ、ジャンジャーエールを注いで満たす。軽くステアし、グラスの縁にレモンを挿して出来上がり♡
2.レモンをギュッと絞ってどうぞ♪上記の分量でアルコール度数は8.4%です。
3.イタリア・イルヴァ社のアマレッティ・ディ・サローノ。杏の種を原料としていて、アーモンドのような甘い香りがします。
4.ジンジャーエールはウィルキンソンのものを使いました。色も味も少し濃い目のジンジャーエールです。私のお気に入り♡

コツ・ポイント
アルコール度数は全体量(氷は除く)を100mlとして計算しているので、カクテルブックの表示とは違うことがあります。

出典: https://cookpad.com/recipe/845690 |

27:梅酒カクテル

梅酒は、「酒」ではありますが比較的ソフトドリンクに近くアルコール度数も高くないので、お酒に強くない人でも飲めるドリンクです。この梅酒にジンジャーエールを加えることで、元々の梅の酸味にショウガのテイストが加わり、くせになる程のさっぱりした味わいとうまみが誕生します。

材料(1人分)
梅酒 100㏄
ジンジャーエール 200cc
氷 適量

1
グラスに梅酒注ぐ★
2
ジンジャーエールを注ぐ★
3
氷を最後に入れて出来上がり☆

コツ・ポイント
きちんと混ざるように氷は後で入れましょう!!!
梅酒とジンジャーエール割合はお好みの量で作ってみてね!
美味しい過ぎるので、ついつい飲み過ぎちゃいますが…程々に♪

出典: https://cookpad.com/recipe/1133834 |

28:ピーチツリーとジューシィシャンディガフ

ジューシーシャンディガフとは、シャンディガフに、ピーチとリキュールのカクテルを混ぜたカクテルです。桃の甘い香りとテイストにより、シャンディガフに独自のアレンジがなされており、より一層おいしくなっています。

<材料>
330㏄ぐらいのグラス1杯
ピーチツリー…………10~15㏄
ジンジャーエール……130㏄
ビール…………………適量

<作り方>
ピーチツリーとジンジャーエールをグラスに入れて軽く混ぜ、上からビールを注いだら完成です。

出典: https://ameblo.jp/yukari-recipe/entry-12217237448.html |

29:トマトのノンアルカクテル

トマトのカクテルの特徴は、その酸味と健康的な要素にあり、ジンジャーエールと混ぜればさらにおいしく、健康になれます。

こちらのカクテルはノンアルコールなので、酔う心配もありません。トマトジュースが苦手、という方にお勧めのカクテルです。このカクテルは、トマトジュースで作ったシャーベットを添えており、オリジナリティ溢れる作りになっています。

材料(1人分)
100%トマトジュース 100㏄
ジンジャーエール 100㏄
レモン 1切れ
ミニトマト 1個
■トマトシャーベット
トマトジュース 300㏄
砂糖 大さじ2
ゼラチンパウダー 5g

1
前日にトマトシャーベットを作る。
2
小鍋にトマトジュースと砂糖を入れ、50℃くらいに温め砂糖を煮とかして火を止め、ゼラチンパウダーを入れてまぜる。
3
粗熱が取れたらタッパーなどに入れて冷凍庫へ。(シリコン製氷皿で作ると取り出し簡単
4
グラスに氷3個、トマトジュースとジンジャーエールを注ぎ入れてかるく混ぜる。
5
くし形に切ったレモン、切れ目を入れたミニトマトをグラスのフチに飾り、上にシャーベットをたっぷり乗せる。
6
最後にミントの葉を飾ってスプーンを添えれば出来上がり~♪

コツ・ポイント
シャーベットは溶けてもゼリーなので、カクテルが薄くならないのがミソ(*^_^*)
ウオッカ、ジン、リカー、ワインなどのお酒を加えて、大人ヘルシーアルコールカクテルにしても…サイコ~♬

出典: https://cookpad.com/recipe/2419551 |

30:オランジーナ・カクテル

オランジーナは、フランスで生まれたオレンジ由来の炭酸飲料で、カクテルにも使われることがあります。今回は、ジンジャーエール、ウイスキーと混ぜたカクテルをご紹介します。こちらのカクテルはオリジナルレシピです。お好みで、味の調節をしてください。

材料(1人分)
オランジーナ 100ml
ジンジャーエール 100ml
氷 5コ
ウイスキー 少々

1
全てコップに入れて混ぜる。

出典: https://cookpad.com/recipe/3197516 |

31:ジンジャーモヒート

ジンジャーモヒートとは、バカルディモヒートとジンジャーエールのカクテルです。さらに生姜を入れることでむせ返る程の恋ジンジャーの香りに包まれるでしょう。濃密なひと時をお過ごしください。

材料(2人分)
バカルディ クラシック カクテルズ モヒート 100~200㏄
ジンジャーエール モヒートと1:1の量
生姜 一かけ
ミントの葉 適量

1
バカルディを100㏄にスライスしたしょうがを入れて一晩寝かせる。
2
グラスに氷を入れて、1の生姜を漬け込んだバカルディモヒートとジンジャーエールを1:1の割合で入れる。
3
最後にミントとのスライスした生姜をトッピングすれば完成です。

出典: https://cookpad.com/recipe/3085182 |

32:オークランド

オークランドは、オレンジジュースとジンジャーエールで作られたオリジナルのカクテルです。ジンが加えられていますが、オレンジジュースのような飲み口で飲みやすい部類に入ります。

材料(1人分)
South Gin 30ml
オレンジジュース 45ml
ジンジャーエール 45ml
オレンジ 1/8カット

1
氷で充たしたトールグラスにSouth Ginをいれ、軽くステアする。
2
オレンジジュースを入れた後、ゆっくりとジンジャーエールを注ぐ。
3
炭酸が抜けないように再びステアし、カットオレンジを添えれば完成。

出典: https://cookpad.com/recipe/2643002 |

33:ジン・バック

ジン・バックとは蒸留酒のジンとジンジャーエール、レモンジュースを混ぜたカクテルです。ジンをベースにしたカクテルとしては、ジントニックと双璧を成すと言われます。

ジン・バックはアルコールなどの材料の量が調整できるので、甘みや酸味、度数などをお好みのものに変えられます。

別名はロンドン・バックです。バックには牡鹿の意味もあります。雄鹿の蹴りのような強いカクテルとの意味で、この名前が付きました。

材料(1人分)
South Gin 45ml
ジンジャーエール 120ml
ライム 1/8カット

1
氷で充たしたトールグラスにSouth Ginをいれ、軽くステアする。
2
ゆっくりとジンジャーエールを注ぐ。
3
炭酸が抜けないように再びステアし、ライムを添えれば完成。

出典: https://cookpad.com/recipe/2616511 |

34:白のホットワイン

カクテルの中には、先に述べたとおり暖かいものもあり、白ワインとジンジャーエールを足したオペレータのを温めたものもあります。

温めると一味違うのは白も赤も同じですが、元々白ワインと赤ワインには微妙な違いがあるので、それを楽しむのも一興です。

材料(1人分)
白ワイン 100㏄
ジンジャーエール 100㏄
レモン果汁 大さじ1/2~
生姜の絞り汁 お好みで少々

1
材料すべてを耐熱カップ/グラスに入れて、電子レンジでお好みの熱さに温めたらえきあがり♪(500wで1分前後~)

コツ・ポイント
砂糖、はちみつどお好みで加えていただいても◎。

出典: https://cookpad.com/recipe/1677172 |

35:ジンジャーストロベリー

薬膳酒というものがあります。百薬の長といわれるお酒の中でも、健康の促進によいとされるものを言います。ここでご紹介するのは、イチゴの薬膳酒を使ったジンジャーエールのカクテルです。体にいいだけではなく美肌効果もあり、その上美味しいという夢のようなカクテルと言っていいでしょう。

元々ショウガも健康に良いので、相乗効果が期待できます。

<材料>
苺の美肌薬膳フルブラ:30ml(作り方はこちらをご覧ください→★)
ライムジュース:(5~10ml)
ジンジャーエール:適量
生姜の絞り汁:適量
ミント:適量
輪切りレモン(またはライム):1枚
好みで蜂蜜:適量

1.苺の美肌薬膳フルブラに、ライムジュース、ジンジャーエールを加えてステアします。2.グラスに入れ、レモンを入れミントを飾ります。
3.しょうがの絞り汁は別添えにしておき、好みで加えます。

出典: https://yuripom.exblog.jp/20243310/ |

36:シャリシャリトマトのブランデー・バック

時には、デザート感覚のカクテルも作られます。凍ったトマトのフルブラを入れてそこにブランデーで割ったジンジャーエールを入れるのが、シャリシャリトマトのブランデー・バックです。トマトも意外にジンジャーエールとの相性がいいので、機会があれば凍っていないトマトのフルブラを作ってみてください。

まずは、シャーベット風味のこちらをご紹介します。

【シャリシャリトマトのブランデー・バック】一人分
・ジンジャーエール…150ml
・レモンの絞り汁…小匙1
・レモンの輪切り…1枚
・オレガノ&ミニトマトのフルーツブランデーのミニトマト…3個
・オレガノ&ミニトマトのフルーツブランデー…20~30ml

①ガラス容器に、レモンの絞り汁とフルブラを入れ、一晩凍らせたフルブラに漬けたミニトマトとレモンの輪切りをのせます。
②ジンジャーエールを注ぎます。シュワシュワと泡が立ちますよ~
③出来上がりです♪ミニトマトを崩しながらお召し上がりください!

出典: http://blog.livedoor.jp/nsr37389/archives/7051214.html |

37:ヨーグリート・ジンジャー

ヨーグリート・ジンジャーとはその名が示すように、ヨーグルト入りのリキュールとジンジャーエールを混ぜたカクテルです。

乳製品が混ざっているのでクリーミーで飲みやすく、ヨーグルト特有の甘酸っぱさとジンジャーエールの甘みが見事にマッチしています。アルコール度数は8と低めなので、学生さんや女性でも手軽に楽しめるカクテルです。

材料
1.ヨーグルトリキュール 30ml
2.ジンジャーエール Full up
3.ミント 1枚

作り方
1.氷を入れたグラスにヨーグルトリキュールとジンジャーエールを入れて混ぜて、ミントを飾る。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1032750 |

38:すだちのブランデー・バッグ

ブランデー・バックとは、ブランデーとジンジャーエールのカクテルです。フルブラを何で割るかは各人の自由ですが、ジンジャーエールで割ると、ジンジャーの強い個性が際立ちます。

ここでご紹介するのは、すだちブランデーのジンジャーエールとは、すだちのフルブラとジンジャーエールのカクテルです。すだちもジンジャーも香りが強い点では同じですが、このカクテルではあまり気になりません。

■材料(1人分)
すだちブランデー/大さじ3(45㏄)
ジンジャーエール/大さじ6(90㏄)
氷/適宜

■作り方
1.フルーツブランデーをグラスに入れて、氷を入れる。
2.そっとジンジャーエールを注ぎ、軽くかき回したら完成♪

レシピというのも恥ずかしいくらいカンタンですが、
フルーツブランデー1:ジンジャーエール2の輪居合になればOKです♪

出典: https://plaza.rakuten.co.jp/dailymogumogu/diary/201209270... |

39:マミーテーラー

マミーテーラーは、ウィスキーとジンジャーエール、レモン汁を混ぜたカクテルです。いくらかレモン汁が入っているので、ジュースと同じ感覚で飲むことができます。ジンを使うとジン・バックという別のカクテルになるので、マミーテーラーを作る時は、ウィスキーをお使いください。

ジンジャーエールに関しては甘口でも辛口でも構いません。お好みの味になるよう適宜調整しましょう。製法は氷や材料を直にグラスで混ぜるビルドです。

材料(1人分)
ウィスキー 1
ジンジャーエール 3
レモン汁 適量
氷 適量

1
グラスに氷、ウィスキー、ジンジャーエール、レモン汁を入れ軽く混ぜ合わせる。

出典: https://cookpad.com/recipe/1742758 |

40:パイン・バック

パインバックとは、パイナップルをブランデーに漬け込んで作ったフルブラをジンジャーエールで割ったカクテルです。

パイナップルの強い酸味とジンジャーエールの甘みが絶妙なアクセントとして快い飲み心地を与えてくれます。炭酸も加わっているので、スッキリしたい時に飲むといいでしょう。静かなパーティーよりも一人で飲みたい時や、皆で騒ぎたい時などにもおすすめです。

材料
1.パイナップルのフルブラ 90ml
2.レモン汁 10ml
3.ガムシロップ 10ml
4.ジンジャーエール 適量
5.氷 適量
6.カットパイン 2切れ

作り方
1.グラスに氷を入れ、パイナップルのフルブラとレモン汁、ガムシロップを入れる。グラスの8分目までジンジャーエールを注ぎ、マドラーで混ぜる。グラスにカットパインを飾ってできあがり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/153197/recipe/1034183 |

41:メキシカン・エル・ディアブロ

メキシカン・エル・ディアブロは、「悪魔」の異名を持つカクテルですが、「悪魔」と称されるのは味よりもカラーリングが元になっています。メキシカン・エル・ディアブロの色は赤です。赤いカクテルは数多いですが、どこか悪魔的なレッドが、メキシコの悪魔という名前に至らせました。

ベースはそんな赤を生み出すクレーム・ド・カシスというカクテルです。名前はおどろおどろしいですが、味わいはさっぱり系で爽快ですらあります。

材料(1人分)
テキーラ 45ml
カシスリキュール 15ml
ライムジュース 15ml
ジンジャーエール 適量
カットレモン 一かけら


ジンジャーエール以外の材料をシェイカーに入れシェイク!

グラスに注いでジンジャーエールでお好みの濃さに調整すれば完成!

カットライムをグラスのフチに塗ってから飾れば、香りもフレッシュで更にGOOD

出典: https://cookpad.com/recipe/1712360 |

自宅でカクテルを作りたいあなたにおすすめ

CREAS バーセット 各セルセット 350ml 5点セット CR-1

Amazonで見る

口コミ

本格的なセットで大満足!全て揃っているからすぐ使えるし、またオールステンレス製で見た目も美しい!!サイズ感が良く、使いやすいです。これで自宅で大好きなカクテルづくりが楽しめます!!

ご家庭でカクテルを作りたい、という方のために、バーセットをご紹介します。シェイカーを始めとする必要かつ本格的な道具が揃っており、簡単にカクテルづくりを楽しめるでしょう。

ステンレス製なので錆びに強く、見た目にも高級感と清潔感が漂っています。お手入れも簡単なので、ちょっとしたパーティーや自分へのご褒美の際に活用してください。初心者でも安心してカクテルを作れるのが、このバーセットの強みです。

自家製ジンジャーエールのカクテルのレシピ4選

ジンジャーエールのカクテル41選|ジンジャーエールの作り方

一般的なジンジャーエールカクテルに続き、今度はご家庭でも簡単にできて、気軽に味わえるカクテルレシピをご紹介します。自家製カクテルの良さは、いくらか自分好みのカスタマイズが可能な点です。基本のレシピをご紹介しますので、あとはあなたのお好みに合わせて調整してください。

1:レモンジンジャーカクテル

デュク・ドゥ・モンターニュというノンアルコールのワインと、辛口のジンジャーエールによるカクテルです。ノンアルコールとはいえ香りはワインそのものですし、そこにジンジャーエールの強い刺激が相まって、独特の味わい、風味を生み出しています。

アルコールが入っていないので非常に飲みやすく、酔っぱらう心配もないので女性や学生でも飲めますし、ワインを嗜んでいるかのような疑似体験もできる一石二鳥のカクテルです。

材料(1人分)
ノンアルコール・スパークリング・ワイン「デュク・ドゥ・モンターニュ」と、ジンジャーエール←辛口タイプがおすすめです

2つを1:1の割合でグラスに注ぎます。
仕上げに氷を2,3個入れ、レモンを添えます。

出典: https://ameblo.jp/satomiwa-cuisine/entry-12046461994.html |

2:ゆずクーラー

ゆずとジンジャーエールを合わせたゆずクーラーもお勧めです。ゆずは和の柑橘類であり、独自の香りもジンジャーエールのショウガの香りとブレンドされてほどよくなります。

味わいも、炭酸やショウガ、ゆずの強烈な酸味とジンジャーエールの甘みが見事にマッチしてかなりおいしいカクテルとなるでしょう。メリハリのある味が、ゆずクーラーの特徴と言えます。甘すぎず、ちょっと刺激の強い酸っぱさが大人を想起させるカクテルです。

材料
1.ゆずのフルブラ 40ml
2.ジンジャーエール 120ml
3.氷 適量

作り方
1.氷を入れたグラスに、ゆずのフルブラとジンジャーエールをいれて、軽くステアしたらできあがり。

ワンポイントアドバイス
※調理時間:フルブラ漬け込み時間は別途
ゆずのフルブラとジンジャーエールは1:3の割合がおすすめです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/11258/recipe/1124488 |

3:ジンジャーライム

ジンジャーライムはライムジンジャーとも言い、ジンジャーエールにライムの風味を足したカクテルです。単なるジンジャーエールとライムの汁を足したものではなく、ショウガを軽くスライスして入れておくこともあります。これにより、植物そのもののテイストをよりダイレクトに感じられるでしょう。

妙な小細工が一切なく、いつものジンジャーエール、他のカクテルよりも一味も二味も違ったスッキリ感を得ることができます。

材料
ジンジャーエール 150ml
ショウガスライス 2枚
ライム 1/8個
角氷 3個

作り方
氷を入れたグラスに、生姜スライスを入れ、軽く潰し、ジンジャーエールを注ぎ、ライムを軽く絞る。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/37505/recipe/268269 |

4:キティ

キティとは、赤ワインとジンジャーエールを混ぜたカクテルです。今やワインは簡単に手に入りますので、市販のジンジャーエールと一緒にお楽しみいただけます。

色合いも上品ですし、ワインは度数が選べるので、悪酔いをすることはまずありません。ジンジャーエールはどちらかというと甘く、赤ワインも品によってはジュースのような口当たりです。時には氷を入れて甘みの調整をするなどしてお楽しみください。

材料
赤ワイン 80ml
ジンジャーエール 80ml
*グラス=ゴブレット
【作り方】BUILD

作り方
1
ゴブレットに氷を入れる。
2.
赤ワイン、ジンジャーエールを軽く注ぎ、軽くステアする。

【飲む】
甘めのワインカクテルです。
これは飲みすぎちゃいますね。

出典: https://blog.goo.ne.jp/beast_must_die/e/2a4a0e3d1c7ed61c3... |

美味しいジンジャーエールのカクテルを作ろう

ジンジャーエールのカクテル41選|ジンジャーエールの作り方

材料が揃えば、カクテルはもうできたも同然です。あとはレシピに従い作るだけと言っても過言ではありません。初めはレシピに忠実に作りましょう。そうしないと、そのカクテルが持つ本来の味や魅力を堪能できません。それはもったいないことと言えます。

お洒落なバーでカクテルを味わおう

自宅でカクテルを作るのもおすすめですが、初めはプロの作るジンジャーエールのカクテルを味わいたいという人も多いでしょう。

気に入ったジンジャーエールのカクテルと出会えたら、レシピを調べ、材料を揃えてカクテルづくり開始です。とはいえ、バーに行くのは何だか怖いという人も少なからずいるでしょう。

以下に、お洒落で安全なバーについてまとめた記事がありますので、そちらをご参考にしてください。

Related

ロイヤルワラントとは|称号を持つ英国ブランド20選

イギリス王室御用達の格式あるロイヤルワラントのブランドについてご存知でしょうか?この記事では歴史と由緒のあるイギリスのロイヤルワラントの人気ブランドを20選ご紹介しています。格式あるロイヤルワラントのアイテムで品のある着こなしを楽しみましょう!
ブランド
2019年03月11日
ロイヤルワラントとは|称号を持つ英国ブランド20選

韓国ファッションブランド「miluu」で通販した感想と口コミ

韓国ファッションブランドの「miluu」はご存知ですか?通販を利用した際イメージと違う服が届いたり、そもそも届かないなんてトラブルに遭遇したこともあるかもしれませんね。そんな不安のある方の参考になる「miluu」を利用した感想や口コミをまとめています。
ブランド
2019年02月26日
韓国ファッションブランド「miluu」で通販した感想と口コミ

ロロピアーナの特徴と値段|おすすめのスーツと生地3種

ロロピアーナの生地は、世界的に上質なことで有名です。ロロピアーナの生地を使ったスーツやジャケットなどビジネスマンなら1着は持っていたいと考えます。ロロピアーナの魅力を説明していきますので、ぜひスーツ選びの参考にしてみてください。
ブランド
2019年02月26日
ロロピアーナの特徴と値段|おすすめのスーツと生地3種

イタリアで有名なブランド38選|人気アウトレット3店

ハイセンスなブランドを着こなすのは、多くの人の憧れです。欧米、特にフランスやイタリアでは多くの人をひきつけてやまないブランド店が多く軒を連ねます。情熱の国イタリアにおけるファッションブランドは多彩にしてハイセンスの宝庫です。一目で虜になる魅力を探りましょう。
ブランド
2019年02月26日
イタリアで有名なブランド38選|人気アウトレット3店

ソメスの革製品のおすすめ15選|ソメスの製品が買える場所

ソメスは北海道発祥の馬具メーカーで、その技術は世界でも信頼されており、現在では、馬具だけではなく、その技術をバッグやベルトなどに活かされています。ソメスの世界に誇る技術を用いて作られたおすすめ商品15選と、ソメス製品を購入できる場所をご紹介します。
ブランド
2019年02月26日
ソメスの革製品のおすすめ15選|ソメスの製品が買える場所

40代女性に人気のバッグ10選|おすすめコーデ5選

上品さと落ち着いた雰囲気を持つ40代女性ならば、格式のある高級ブランドバッグが似合うでしょう。この記事では、40代女性に高い人気を誇るおすすめのブランドバッグに加えて、それを取り入れたおしゃれコーデについて特集しています。ぜひご覧ください。
ブランド
2019年02月26日
40代女性に人気のバッグ10選|おすすめコーデ5選