Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月14日

暖かくておすすめの腹巻7選|体の冷えを防げるアイテム

冬に備えて何か対策はとっていますか。暖房をつける、こたつを出すが一般的です。腹巻は、昔から有名で、おなかを冷やさないように日中や就寝中もつけている女性も増えています。腹巻1つで健康に過ごすことができるので、この際、自分にピッタリの1枚を探してみましょう。

暖かくておすすめの腹巻7選|体の冷えを防げるアイテム

冬に気をつけなくてはいけないこと

暖かくておすすめの腹巻7選|体の冷えを防げるアイテム

冬に気をつけなくてはいけないことは、体を冷やさないことです。なぜ冷えたらいけないのか。それは、冷えは万病のもとだからです。

体が冷えることによって、自然治癒力や免疫機能が弱まり、風邪をひきやすくなります。そのためには、体を温める飲物を飲んだり暖かい格好をするなど対策を取りましょう。

空気の乾燥

暖かくておすすめの腹巻7選|体の冷えを防げるアイテム

冬になり寒くなると、空気が乾燥します。すると、喉の粘膜が乾燥し炎症を起こしやすくなり、ウイルスを防御する力が弱まります。

風邪を引かないためにも、室内に水を入れたコップを置くのがおすすめです。さらに、マスクで喉を保護したり、部屋に洗濯物を干したり、就寝中も加湿器をかけて空気が乾燥するのを防ぎましょう。

冷え

冬は暖かい恰好をしていても、知らないうちに冷えています。外をいくら着込んでも体の冷えは体の中で始まっています。体が冷えると疲労物質の代謝ができず、疲れがとれません。

そして、体内で水分を上手く循環させることができず、むくんでしまいます。また、冬には冷たい飲み物を飲むと体を冷やすので、できれば温かい飲み物を飲むとよいでしょう。

暖かくておすすめの腹巻7選

お腹周りを温めると体の不調を招きません。そして、体を温めると冷え症改善、代謝の向上、免疫力UP、生理痛緩和と体にとっていいことばかりです。簡単に体を温めるアイテムとして腹巻をおすすめします。ここでは、暖かくておすすめの腹巻7選をご紹介します。

おすすめ1:GUNZE 愛情腹巻

GUNZE 愛情腹巻

¥ 1,080

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

半年使っていますが、ヨレや伸びも気にならず耐久性的にも問題ないです。 肌触りも良いのでお気に入りです。

日本製で1年を通して使える綿混の腹巻です。ストレッチ素材を使っているので肌にフィットし、ソフトな肌触りで人気です。

そして、男女兼用なので家族で使えるのが便利です。また、二重になっているので折る部分によって長さを調節できます。女性には冷房対策に、男性には冬場のおでかけに、受験生には風邪予防におすすめです。

おすすめ2:World Bridge 腰暖ベルト

腰暖ベルト

Amazonで見る

口コミ

カチコチに固めるタイプのもありますが、これは柔らかくふわっと包んでくれます。 かさばらないので、就寝時にも重宝します。 値段もこなれていてさらに良し!

腰暖ベルトの一番のポイントは、ベルト型で着用はマジックで止めるだけと装着しやすいことです。そして、通気性と伸縮性があるため、動きやすく快適な腹巻です。

肌触りのよい裏起毛が腰部を温めて保温し、腰痛・ヘルニア・生理痛に効果的でしょう。また、体温で暖めるタイプの腹巻は、就寝時にも安心して使えるのでおすすめです。

おすすめ3:カサネラボ 内絹外綿の腹巻パンツ

カサネラボ 腹巻パンツ

¥ 3,880

Amazonで見る

口コミ

以下5点にて満足。 1、すぐ届いた 2、心地よくホッとする素材感 3、背中〜腰〜臀部がほんのりとあたたまる 4、下着の線が響かない 5、自分の身体にはすこぶるフィットした

大人気の表綿裏絹の生地で作られた腹巻パンツです。無縫製や立体縫製ができるホールガーメントという編み機で1枚約50分かけて作られています。

さらに、腹巻パンツのお尻部分は、立体編みを施し膨らみがあるので、無理なく体にフィットしておすすめです。体の体形が変わっても使えるので長く愛される製品でしょう。

おすすめ4:くらしきぬ はらぱん

くらしきぬ はらぱん

¥ 6,966

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

伸縮性があり履き心地が良く、とっても暖かいです!痩せ型ですが、腹巻き部分が落ちてくることが無く、快適でした。

くらしきぬはらぱんは、日本製で天然繊維のぬくもりがある腹巻です。メイン素材は、シルクで自分の熱を保温し、汗や湿気は外に放出します。そして、特殊な編み機で編んだ立体感は縫い目がなく体にフィットするのでおすすめです。

腹巻はお尻が冷えることもありますが、はらぱんなら、みぞおちから太ももまで包み冷えを防ぐことができます。さらに、ごわつかないので、アウターにひびかずに着用できるので外出のおともに最適です。

おすすめ5:おたふく手袋 JW-119

おたふく手袋

¥ 1,029

Amazonで見る

口コミ

他社製品だと折り返して二重にする物が多いですがこの商品はそのまま一重で着ます。 二重だとめくれてしまう事が多いのに対して一重だと殆どめくれないのが良いです。

おたふく手袋の腹巻は、人体から常に発散されている蒸気などの水分に反応し、繊維が素早く発熱し持続します。また、肌触りがよくストレッチ素材で伸縮性に優れたフィット感がありおすすめです。

保温だけでなく、発熱効果のある最新のテクノロジーを用いた特殊レーヨンを用いた腹巻は、おなかを冷やしてはいけない妊婦さんや、冷え性の女性におすすめです。

おすすめ6:カジュアルボックス シングル 腹巻

カジュアルボックスシングル腹巻

¥ 2,160

Amazonで見る

口コミ

軽くて薄くて緩くて(締め付けが嫌いなもので)とても良いです。 緑を買いましたが色も綺麗でした。 洗い替えのためにもう1つ欲しいと思います。

カジュアルボックスシングルの腹巻は、NASAのために開発されたアウトラスという素材を使用しており、夏も冬も快適な温度にしてくれます。さらに、薄くて伸びがよいので着心地も最高です。サイズはフリーサイズなので男女兼用できるのでおすすめです。

また、速乾性があり洗濯しても劣化が少ないのも魅力でしょう。冬のおでかけ時の強い味方になる腹巻です。

おすすめ7:正活絹 絹腹巻シングル

正活絹 絹腹巻

¥ 4,105

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

お気に入りの正活絹の腹巻き、最近草木染めが気になり出したので購入しました。 綺麗な赤色でパワーをもらえそうです。 お腹を温めて、妊活に実りがあると嬉しいです!!

正活絹の腹巻は、日本製で綿100%で作られています。滑りにくくするためにわざと毛羽立たせてあるので、着用するとすぐに温かくなるのでおすすめです。

さらに、内側にゴムが入っていますが一般的な腹巻よりゆるめで着圧は感じにくいでしょう。シングル以外にダブルタイプもあり、一重でボディーロール、二重で冬場の腹巻として使用できる優れた製品です。

寒がりなあなたにおすすめのサービスはこちら

もこもこルームシューズ

Amazonで見る

口コミ

家庭でのデスクワークで、従来はスリッパで窓際の冷気で足が寒く、足温器や電気ストーブを使っていたが、これはブーツ型なので足もとがすっぽり包まれて暖かく、暖房器具がなくても大丈夫。

もこもこふわふわで脱ぎはきしやすいルームシューズです。さらに洗濯機丸洗いできるので、いつもきれいに使えます。

おまけに嬉しい抗菌防臭・静電気防止加工済みなのでおすすめです。足元からの冷えを防ぎ、包み込まれるようなフィット感で冬の必須アイテムになるでしょう。

流行に敏感なあなたにおすすめのサービスはこちら

SHOPLISTは、日本最大級の通販サイトで豊富なアイテム数、365日SALE開催が話題になり、多くのファッション雑誌にも掲載されました。さらに、スマートフォンからアプリを入れると簡単に購入できます。

レディース・メンズ・キッズまで幅広いジャンルを取り扱っているので家族全員の洋服をチェックできて、700ブランド以上からまとめ買いできるので忙しい方におすすめです。

体の冷えを防げるアイテム

ここからは、体の冷えを防げるアイテムを紹介していきます。すぐ温かくなるものから、じんわりゆっくり暖かくなるものなど、多種多様です。用途に応じて、複数のアイテムを使い分けるのもよいでしょう。

電気毛布

暖房がなかった時代に活躍したのが電気毛布です。普通の毛布であれば、自らの体温で暖めないといけません。

電気毛布は、電気の力で急速に体を温めることができるアイテムとしておすすめです。

ひざかけ

ひざかけは、座っている状態の時に太ももから膝にかけて足元を温めます。特徴は、保温性が高いことです。すぐ寒さから守ってくれて温度を閉じ込めて逃がしません。

最近の素材はマイクロファイバーや洗濯機で丸洗いOKなもの、ふわふわボワ仕様などさまざまな素材や柄の商品が出ています。実際に店頭で触ってみてお気に入りを見つけましょう。

レッグウォーマー

レッグウォーマーは、膝下でふくらはぎの保温のために使われる靴下として昔から人気のアイテムです。現在は、昔よりおしゃれなデザインのレッグウォーマーも開発されたので、より使いやすくなっています。足首を温めると体全体がポカポカしてくるので、外出の際にはおすすめです。

湯たんぽ

寒くて眠れない夜には湯たんぽがおすすめです。湯たんぽは、じんわりゆっくりと足元から温めてくれるので熱を逃しません。また、最近では湯たんぽのタイプも豊富に取り揃えられています。

お湯の入れ替え不要の充電湯たんぽや、電子レンジでチンする湯たんぽがあります。しかし、湯を沸かして入れる昔ながらの湯たんぽも根強い人気です。

湯たんぽを先に布団にいれておく、もしくは足元に湯たんぽを入れて温めながら眠ると体が暖かいまま眠りにつくことができるでしょう。

自分に合う腹巻を見つけよう

ここまでいろんなタイプの腹巻をご紹介してきました。しかし、素材や収縮の具合など、使用してみないと分からない部分が大きいでしょう。実際にお店で試着などして、お気に入りの1枚を見つけてみてください。また、使用シーンに応じて複数枚持つのもおすすめです。

体を温める方法をご紹介

体を温める方法は、温める食材を食事にプラスすることです。お白湯や紅茶を飲むのが習慣の方は、生姜をプラスして「しょうが湯」や「しょうが紅茶」がおすすめです。

生姜は、寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われたり、胃腸の冷えなどによる胃腸機能低下防止などに効果を発揮します。また、ごぼう、などの根菜類は体が暖まる効果があります。

白湯やレモンを使った飲み物の記事も紹介しています。ぜひ取り入れてみてください。

Related