Logo
menu
ニット帽が似合わないのはなぜ?ニット帽のカッコいいかぶり方7つ
更新日:2020年08月28日

真冬にも真夏にも、みんな大好きで大な「ニット帽」のすてきなかぶり方や、お顔の型別に似合うニット帽のかたちの選び方などをご紹介していきます。きっとご自身に、ぴったりなニット帽を選ぶことが出きるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

ニット帽が似合わないのはなぜ?ニット帽のカッコいいかぶり方7つ

ニット帽とは

冬の寒さからオシャレに頭を守るため、耳を守るため、もともとは主に冬のファッションアイテムとして発展を遂げた、帽子のアイテムである「ニット帽」は、いまでは真夏でもかぶるひとのおおいファッションアイテムです。

リネンやサマーヤーンと呼ばれる、真夏でも涼し気な素材のニット帽もはやっています。今回は、さまざまなニット帽について、被り方なども含めてご紹介していきます。

ニット帽が似合わない理由とは

ニット帽が似合わないと感じる、理由はいくつもあります。

まずひとつ目に言えるのが、サイズが合っていないというパターンです。通常の、他の帽子にもあるように、ニット帽にもサイズがあります。サイズが合っていないと、とたんに似合わないニット帽になってしまいます。

他にも。被り方が分かっていないパターンもあります。
関連
ニット帽が似合わないのはなぜ?ニット帽のカッコいいかぶり方7つ
ニット帽に合う髪型|お洒落なアレンジ12選とニット帽の種類 - ヘアスタイル情報ならCutee

ニット帽のカッコいいかぶり方7つ

それでは、ニット帽のかぶり方をご紹介していきましょう。今回はなんと7つもご紹介します。

ニット帽がかっこ良くかぶれるようになったら、ファッションのはばもグッと広がって、たいへんコーディネートの種類が増えます。

ファッション小物も、ぜひ自分を彩るものだと認識して、しっかりと選んでください。

方法1:顔のベストな露出面積

方法1つめは、「顔のベストな露出面積」です。まゆげが隠れえるほど深くかぶるのも、前髪のないひとはとてもよく似合います。お顔の3分の2を露出する方法です。

もしくは、前髪のある方は、浅めに、後方に重心を置いてかぶるのがです。お顔の4分の1を隠す方法です。

バランスを保っていれば、ニット帽をたいへんかっこよくかぶることができます。

方法2:前髪のカッコいい出し方

方法2つめは、「前髪のカッコいい出し方」です。

ニット帽に似合う、かっこいい前髪の出し方といえば、「斜め分け」です。ぱっつんだと、外方向に前髪が跳ねてしまって、かっこわるくなってしまいますし、前髪に、へんな癖がついてしまい、万が一そとでニット帽を脱いだときに恥ずかしい思いをします。

ぜひ斜め分けにしてみて、ニット帽に似合う前髪を手に入れてください。

方法3:耳はどう出すのか

方法3つめは、「耳はどう出すのか」です。

まずひとつめのニット帽からの耳の出し方は、顔の横の髪を耳にかけて、全部出すという方法です。これは顔周りがすっきりとするので、おもためのカラーのひとにできます。

つづいてご紹介する、ニット帽からの耳の出し方は、お顔の横の髪を残して、後ろ髪とサンドする方法です。これはとくにロングヘアーのひとにできます。

方法4:えり足の見せ方

方法4つめは、「えり足の見せ方」です。

えりあしは、首筋にあわせてきれいにまとめるように流しましょう。その上から、そっとニット帽をかぶってください。

そうすることによって、後ろ姿がたいへんキレイになります。また、自然なハネ感が演出できて可愛いです。

方法5:かぶる深さを変えてみる

方法5つめは、「かぶる深さを変えてみる」ことです。

重心を前の方に置いたり、後頭部の方に重心を持っていったり、ななめにかぶってみたりと、かぶりかたを工夫してみましょう。そうすることによって、自分に似合った髪型を見つけることができます。

前髪のだす分量を調整したり、ニット帽に似合った髪型を研究するきっかけになるでしょう。

方法6:おでこの出し方

方法6つめは、「おでこの出し方」です。

前髪が、ニット帽に押されてハネてしまったり、斜め分けもうまくまとめられなかった時は、ポンパドゥールを作ってみるのはいかがでしょうか。

ニット帽のなかに、前髪をしっかりとしまえるので、ニット帽のかぶりかたに左右されずにキレイな前髪が保てます。しっかりとホールドスプレーでかためておくことをします。
関連
ニット帽が似合わないのはなぜ?ニット帽のカッコいいかぶり方7つ
おでこの広い女性のヘアアレンジ14選|広いおでこの基準2つ - ヘアアレンジ情報ならCutee

方法7:カッコよく見えるサイズを選ぶ

方法7つめは、「カッコよく見えるサイズを選ぶ」ことです。

ニット帽、実はサイズはきちんとあります。とくにかぶる頭周りや、ボンボンが付いていたりする、の方の円周など、サイズガンが小さめのコンパクトなものや。だぼついてちょっとビッグサイズな物などがあります。

ファッションのバランスや、あなたの頭のサイズ感に合わせて選びましょう。

ニット帽初心者さんにアイテム

シンプルなニット帽で、カラーも落ち着いているこちらのニット帽は、どんなファッションにもよく似合います。

これくらいの毛糸感だったら、夏にもかぶれるでしょう。チャコールグレーにちかい色なので、ブラックほど重たいカラーでないので、季節を選びません。

写真のように、前髪を斜め分けにしてかぶると、癖が気にならないでしょう。

顔型別ニット帽の選び方5つ

お顔の型によって、ニット帽の選び方はかわってきます。かぶってにあうニット帽があるならば、ぜひ選びたいとおもうことでしょう。それでは、いったいどんな顔の型のひとが、どんなニット帽のかぶりかたをすれば、似合うのでしょうか。

きになるニット帽を、顔の型別にご紹介していきます。ぜひご自身のお顔立ちに似合うニット帽を選んでください。

顔型1:丸型の人

顔型1つめは、「丸型の人」です。

頬がふっくらとしており、丸顔のひとは、ニット帽を浅めにかぶって、先端をつんととがらせることがです。

そうすることによって、丸顔さんの印象が、縦のシルエットに目がいくようになり、丸顔がきにならなくなる、という効果があります。丸顔さんはぜひ、お試しください。

顔型2:面長の人

顔型2つめは、「面長の人」です。

面長の人は、縦のシルエットを伸ばすと、よりいっそう面長がきょうちょうされてしまいますので、左右にボリュームを出すことをします。

具体的には、ポンポンなどのついたニット帽はやめておいて、先端の余った部分が出ないように、後頭部の下の方に生地を集めるのがいいでしょう。
関連
ニット帽が似合わないのはなぜ?ニット帽のカッコいいかぶり方7つ
面長に似合う前髪アレンジのコツ7つ・髪型で注意するポイント - ヘアアレンジ情報ならCutee

顔型3:四角顔の人

顔型3つめは、「四角顔の人」です。

四角い顔の人は、顔の幅が広いのがコンプレックスです。そのため、耳当てが付いていたり、うえにポンポンが付いているような、全体的にボリューム感の満点なニット帽を選ぶことがポイントです。

ほかの部分にボリュームをだすことによって、顔幅から視線をはずすことができます。

顔型4:卵型の人

顔型4つめは、「卵型の人」です。

理想の顔の型とされている、たまご型の人は、どんな型のニット帽でも似合います。おおきなポンポンがついているものや、耳当てが付いているもの、シンプルで薄めで、あたまにフィットするタイプのニット帽など、似合わない物はありません。

ぜひたくさんのニット帽をあつめて、オシャレを楽しんでください。

顔型5:三角型の人

顔型5つめは、「三角型の人」です。

すっきりとしたシルエットのものが、よくお似合いになります。なので、あまりポンポンが付いていたり、厚手の生地で折り返しのあるような物より、薄手の生地であたまにフィットしやすいものがいいでしょう。

また、の部分がよりいっそう細長くなっているものが、気になる顔の型をカバーしてくれます。

ニット帽をより似合うようにするには

ニット帽をより似合うようにするには、前髪のバランスを大切にすることです。また、かぶる位置も大切です。そのほかにも、厚手のニット帽だったり、薄手のニット帽だったりと、素材によって見る人にあたえるイメージが、かわってきます。

ポンポンがついていたり、耳当てがついていたりする装飾のあるニット帽もあります。いろいろな種類をかぶりくらべてみて、ご自身のあたまにいちばんフィットする物を選んでください。

ニット帽の似合う髪型とは

ニット帽に似合う髪型は、いろいろありますが、ヘアアレンジメントをご紹介していきましょう。

まず、セミロングの方は、後ろでひとつに縛ります。その毛束を2つにわけてクルクルとねじります。ねじった毛束をくるんと大きな円を描いてまとめ、ピンで留めていきます。華やかで、ニット帽から出る毛先がかわいいです。

ロングの方はあらかじめニット帽をかぶっておいてから、くるりんぱで簡単アレンジメントをしましょう。
関連
ニット帽が似合わないのはなぜ?ニット帽のカッコいいかぶり方7つ
【男女別】前髪が割れた時の直し方・前髪が割れる原因・対策方法-最新トレンドの髪型・ヘアーを知りたいならuranaru
関連
ニット帽が似合わないのはなぜ?ニット帽のカッコいいかぶり方7つ
【男女別】帽子の似合うおすすめの髪型・崩れるときの対処法-最新トレンドの髪型・ヘアーを知りたいならuranaru
初回公開日:2018年08月20日

記載されている内容は2018年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED