Logo
menu
くるりんぱの作り方5ステップ|上手に作るコツ・ヘアアレンジ
更新日:2020年08月28日

くるりんぱは、髪を結んだ後にひと手間くわえるだけの簡単ヘアアレンジです。気軽にトライできるアレンジなのに、いつものヘアスタイルをぐっとおしゃれで垢抜けた印象にすることができます。初めての方でも分かりやすく、基本のくるりんぱとくるりんぱのアレンジをご紹介します。

くるりんぱの作り方5ステップ|上手に作るコツ・ヘアアレンジ

くるりんぱとは

「くるりんぱ」とは、ヘアアレンジの一種です。髪を結んだ後ひと手間を加えただけなのですが、こなれ感がぐっとアップして、おしゃれな印象を与えることができます。

今回はくるりんぱの特徴や、くるりんぱアレンジから受ける印象、くるりんぱの作り方の基本ステップなどをご紹介します。

上手にくるりんぱを作るコツや、アレンジ例もお知らせしますので、可愛くアレンジしてみんなと差をつけちゃいましょう。
関連
くるりんぱの作り方5ステップ|上手に作るコツ・ヘアアレンジ
おしゃれに仕上がる髪の結び方8つ・基本的な結び方 - cutee

特徴

くるりんぱは髪を結んだあとに行うアレンジテクなので、髪を結ぶことができる人なら簡単にかわいくなれるという特徴があります。

ポイントを押さえてくるりんぱを仕上げることができれば、いつもの結んだ髪に「ほどよくルーズな感じ」が加わり、抜け感を演出できます。

さらにくるりんぱを連続して作ったり、複数組み合わせたりすることで、さまざまなヘアアレンジが楽しめるという特徴もあります。

くるりんぱのアレンジの印象

くるりんぱをすることで、単に髪を結ぶよりもぐっとオシャレな印象になります。さらに後半でご紹介するアレンジテクを加えれば、自在に雰囲気を演出できます。

例えば髪の多い方は、2つ以上のくるりんぱを組み合わせることで、髪の多さをカバーし、すっきりした感じとほどよいルーズ感の両方をバランスよく演出できます。

また、くるりんぱを連続して繰り返すと、編み込みのような凝った髪型の印象になります。

使うもの

くるりんぱに使う基本の物は、髪を結ぶゴムだけです。100均でも買えるシリコン製の細めのゴムがです。

くるりんぱがやりにくい人には、「ポニーアレンジスティック」などの名で輪のついたスティックが売られているので準備しましょう。

これ以外に、必要に応じて髪をとかすコームや、くるりんぱに飾るヘアアクセサリー、くるりんぱをしやすくするヘアアイロン、ヘアワックス、洗い流さないトリートメントなどを使います。

くるりんぱの作り方5ステップ

基本のくるりんぱは、髪を結び、結んだ髪の根元を2つに分けて、その隙間に毛先を通して1回転させるだけです。とても簡単なので、不器用さんでもチャレンジしやすいヘアアレンジです。

基本のくるりんぱの作り方5ステップを詳しくご紹介します。まずは5ステップに従ってやってみましょう。

1回でうまくいかなくてもあきらめないで、うまく行かなかった原因を探って上手になるまで練習しましょう。
関連
くるりんぱの作り方5ステップ|上手に作るコツ・ヘアアレンジ
ハーフアップくるりんぱの5ステップ|失敗する原因と対処法 - cutee

基本の作り方をマスターしよう

くるりんぱ基本の作り方は、準備(くるりんぱしやすい毛の状態に整える)、髪をまとめてゴムで結ぶ、髪を上から下に通す、ほぐすというステップです。

やり方はとても簡単なので、髪を結ぶことができれば誰でも気軽にできます。しかし、くるりんぱの仕上がりが決まるためには、少しコツがあります。詳しくご紹介しますので、まずはやってみましょう。

何回か練習してコツをつかめば、忙しい朝にも短時間でできます。

ステップ1:準備

くるりんぱをする前に、くるりんぱがやりやすいように丁寧に準備しておくのがコツです。

髪の量が多い人、髪が太い人や硬い人は、くるりんぱをする前に、洗い流さないトリートメントで髪のボリュームをおさえましょう。

サラサラのストレートヘアの人は、くるりんぱが戻るのを防ぐために、ヘアアイロンで髪をゆるく巻いておきましょう。ヘアワックスで髪をまとまりやすくするのもです。

ステップ2:髪をまとめる

髪を結びたい位置で髪をまとめてとります。髪をまとめる位置により印象が変わってきます。自分がまとめたい位置で髪をとりましょう。

後頭部の後ろで1つにまとめるのも良いですし、耳上でサイドの髪をとりまとめるのも良いでしょう。

髪が多い人は、耳上でサイドの髪をヘアピンで留めた上で、後頭部の後ろで1つにまとめると髪の量を調節できます。後半でご紹介しますが、くるりんぱを2つ以上つくるのもです。

ステップ3:ゴムで結ぶ

まとめた髪をゴムで結びます。結び目が綺麗に隠れるようにシリコンなどの細いゴムを使いましょう。きつく結びすぎるとくるりんぱができないので、若干ゆるめにします。

結んだ後は、ゴムを少し下に下げて結び目をゆるめます。両手でしっかりと押さえながら、ゆるませた結び目の根元を半分に割ります。半分に割ったらすぐ次のステップ4に移るのがポイントです。

ステップ4:髪を上から下に通す

割ったスキマから髪(毛束)を上から下に通します。結び目に近い部分の髪をとおすのがポイントです。髪を割るときは、最小限度にしましょう。大きく割ると崩れる原因になります。

髪を上から下に通すのがやりにくい方には、「ポニーアレンジスティック」や「シーテール」という名で道具が販売されているので利用しましょう。丁度裁縫のゴム通しのような感じで、髪を通す「くるりんぱ」がしやすいです。

ステップ5:丁寧にほぐす

通した後は、毛束を左右に引っ張って形を整えましょう。あまり結び目がゆるいとくずれやすいので、一旦結び目をタイトにする方が良いでしょう。

くるりんぱした部分の髪やの部分を数か所引き出してほぐします。引き出し方は大胆にした方が、よりナチュラルに崩した印象を与えることができます。

髪が多い方や剛毛の人は、ほぐしを太くすると頭が大きく見えてしまいます。ほぐしを細めにしましょう。

上手に作るコツ

上手に作るコツは、準備を丁寧にすることと、ありがちな失敗例を知り気を付けるコツを知っておくことです。

あとは、思うように自然に手が動いてくれるよう練習あるのみです。まずは基本のくるりんぱをマスターしましょう。

自分がくるりんぱしやすい道具やヘアスタイリング剤などを上手に使うことも大切なコツです。

準備は丁寧に

準備を丁寧にすることが基本です。

さらさらのストレートヘアではくるりんぱしても戻ってしまうことがあります。このような場合は、ヘアアイロンを使って、髪全体または毛先にゆるくウエーブをつけたり内巻きにカールするなどしましょう。

また、サラサラで滑ってしまう場合は、ヘアワックスをつけるとアレンジしやすいでしょう。

ボリュームがある髪や傷んでいる髪は、洗い流さないトリートメントを使いましょう。

締め具合がポイント

結ぶときの締め具合もポイントです。強すぎると、毛束を通す「くるりんぱ」ができなくなってしまいます。

逆に締め方がゆるいとシルエットにしまりがなくなってしまいます。かわいいくるりんぱは、髪を結ぶときの締め具合がポイントです。

また毛束を通す時の穴を広げすぎても、まとまらないくるりんぱになります。

くるりんぱがぎりぎりできる程度に、髪をしっかりと結び、穴を広げすぎないのがポイントです。

ほぐしで抜け感を出そう

くるりんぱでは、髪を上から下に通したあとにほぐすのもポイントです。そのままでは、きちんと感が出すぎてしまい、残念なくるりんぱになってしまいます。

結び目を抑えながら、やくるりんぱの部分の毛束をとって引き出します。大胆にほぐした方が自然ですが、毛束を太くとるのではなく徐々に力を抜いて、毛束を細くしながらほぐしましょう。

適度なボリュームと柔らかさが出るようにほぐすのがポイントです。

くるりんぱのアレンジ4例

基本のくるりんぱに慣れたら、アレンジにチャレンジしてみましょう。

くるりんぱのアレンジを4つご紹介します。アレンジを加えることで、いつものくるりんぱが和服に合うヘアスタイルや、パーティーや結婚式にふさわしい華やかな大人スタイルになります。

アレンジ1:<ギブソンタック>

くるりんぱにひと手間加えるだけで、和服にも合う大人ニュアンスになります。

1.基本のくるりんぱをします。
2.くるりんぱした毛先をつかみ、もう一度くるりんぱをするよう結び目の上から入れます。
3.2.のときに毛先をにふんわりと丸めるイメージで入れて、余った毛先をゴムに挟み込みます。
4.崩れないように注意して結び目を抑えつつ、細く毛束をとり、少しずつつ丁寧にほぐします。ラフなニュアンスをプラスしましょう。
関連
くるりんぱの作り方5ステップ|上手に作るコツ・ヘアアレンジ
可愛いギブソンタックのアレンジ10選|おすすめのヘアアクセ - cutee

アレンジ2:<2段くるりんぱ>

くるりんぱを2段重ねたアレンジは、1つだけのくるりんぱよりもぐっと凝った印象です。

1.の髪を取り分けたら、ゴムで結びくるりんぱします。
2.耳の上の髪を両側からとり、1.と同じようにくるりんぱします。
3.くるりんぱした部分の毛束を引き出し、ラフなニュアンスをプラスします。

1段目の毛先をあわせて2段目のくるりんぱをしたり、1段目を低い位置につくり2段目のくるりんぱを後頭部下にする方法もあります。

アレンジ3:<くるりんぱ+三つ編み>

くるりんぱと三つ編みを組み合わせたスタイルです。ぐっと華やかになります。

1.両サイドの髪は三つ編み用に残し、それ以外の髪を結びくるりんぱします。
2.両サイドに残しておいた髪を三つ編みにしてまとめ、ヘアピンやバレッタで留めます。全体を整えます。

くるりんぱを低い位置でして、サイドを三つ編みにし、すべての髪を合わせて結んだ後、もう一度くるりんぱをし、毛先を上から中に収め、ゴムに挟む方法もあります。

アレンジ4:<くるりんぱ編み込み風>

くるりんぱを上から順に繰り返すだけで、まるで編み込みのようなアレンジができます。編み込みよりも簡単なのに、とてもおしゃれです。

1.表面の部分をとり、ゴムで結びくるりんぱします。
2.結んだ部分を押さえながら、くるりんぱした部分をほぐします。
3.顔周りの後れ毛をおろし、サイドの部分を後ろで結び、くるりんぱします。これを繰り返します。
4.襟足の部分も後ろで結び、くるりんぱします。
5.バランスを整えます。

くるりんぱを可愛くアレンジ

くるりんぱをご存知ない方にも分かりやすいように、基本のくるりんぱからご紹介してきました。くるりんぱは不器用な方にも簡単にできるヘアアレンジなのに、いつものヘアスタイルをぐっと魅力的にみせることができます。

さらに基本のくるりんぱをアレンジすれば、可愛く、大人っぽく、華やかに、キュートになど、さまざまな印象を演出できます。くるりんぱはアレンジ次第で、多くのファッションに自在に合わせることができます。

ヘアアレンジを楽しもう

くるりんぱ以外のヘアアレンジについても、詳しく知りたい方もいるでしょう。また、髪を伸ばしやすい冬に向けて、ロングヘアのアレンジに興味のある方もいるでしょう。

そんな方にピッタリの関連記事があります。編み込みのヘアアレンジとロングヘアアレンジの記事をご紹介しますので、参考にしてさまざまなヘアアレンジをもっと楽しみましょう。
関連
くるりんぱの作り方5ステップ|上手に作るコツ・ヘアアレンジ
編み込みヘアのアレンジ11選|アレンジが映える6シーン - cutee
関連
くるりんぱの作り方5ステップ|上手に作るコツ・ヘアアレンジ
冬にぴったりロングヘアアレンジ8つ・アイテムを使ったアレンジ - cutee
初回公開日:2018年10月10日

記載されている内容は2018年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED