Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

バンダナの巻き方17選|頭/首/手首/腕/小物・アレンジ方法

オシャレアイテムの一つでバンダナは、やり方1つでおしゃれにもダサくもなるので、日常的に使いこなすのが難しいです。そこで今回は、バンダナをおしゃれに見せるための使い方やアレンジ方法を豊富にご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

バンダナの巻き方17選|頭/首/手首/腕/小物・アレンジ方法

バンダナとは

今では、おしゃれ以外にもさまざまな場面で使われるバンダナですが、本来は特定の人たちが使うものであったと言われています。では、その特定の人とはどのような人たちだったのか、どのような用途で使われていたのか気になるのではないでしょうか。

今回は、まず初めにバンダナの語源や素材、昔はどのような人々に愛用されていたのかについて解説していきます。

語源:ヒンディー語の「バンドゥヌ」

バンダナの語源は、ヒンドゥー語の「バンドゥヌ」という言葉だと言われています。この言葉が長い間、違う国の人によって言い伝えられた末に、今のバンダナということばになりました。

バンダナの発祥の地はメキシコなのですが、インドの言葉が語源になっています。

素材:綿が中心

バンダナの素材は主に綿が中心です。バンダナは、もともと染めてでき上がるものだったので、色が染めやすい綿を使っていたと考えられます。

また、使う人が労働者中心だったので働いている間に汗をしっかり吸い取ってくれるという役目も果たしています。バンダナに綿を使うことは色々な面からみても最適だったと言えます。

農夫やカウボーイが愛用

昔からたくさんの人々に愛用されてきたバンダナですが、最初にバンダナを愛用し始めたのはメキシコの農夫だと言われています。

16世紀の後半に農夫たちは首元があいた服をきていたため、首を守るためにバンダナを巻き始めました。そのような風習が広く人々に知れ渡り、多くの人がバンダナを愛用するようになります。

そしてそれが海を渡ってアメリカに伝わり、カウボーイたちのファッションの一部に取り入れられるようになったといわれています。

スカーフとの違い

バンダナはスカーフととてもよく似ているアイテムですが、素材が全然違います。よく思い出してみると、スカーフの方が素材がさらさらしていて柔らかいです。スカーフは生糸という綿よりも柔らかい素材で作られています。

そのため、スカーフはバンダナと違って吸水性があまりなく水を弾いてしまうような素材になっています。

バンダナの巻き方

バンダナは自由自在に使えるからこそ、その使い方に迷ってしまうときがあります。バンダナの使い方を知ると、ファッションの幅も広がります。そこで今回は、バンダナの巻き方を、体の部位ごとにどのように巻けばいいかご紹介していきます。

バンダナを巻く場所でも巻き方が全然違ってくるので、ぜひ参考にしてみてください。

頭のバンダナの巻き方

まず初めに、頭にバンダナを巻く場合です。頭にバンダナを巻くときにはシンプルにまくのももちろんいいですが、少し巻き方を複雑にしてみたり、女性だと髪の毛に絡めて巻くのも素敵です。

たくさんの巻き方があるのですが、今回は9つのアレンジ方法をご紹介します。お気に入りの巻き方が見つかること間違いなしです。

巻き方1:バンダナカチューシャ

バンダナの巻き方1つめは、バンダナカチューシャです。バンダナをカチューシャのように頭に巻きつけることで可愛いヘアアレンジになります。

まずは、バンダナを細くおり、カチューシャの形にします。そして細長くおったバンダナを頭に巻きつけて、髪の後ろの見えないところで結んだら完成です。

このときカチューシャの形はシンプルに作るのもありですが、ねじってみたり結び目を作ってみたりするのも可愛いです。

巻き方2:バンダナターバン

バンダナの巻き方2つめは、バンダナターバンです。バンダナターバンは、バンダナカチューシャとは少し違い、カチューシャよりも大きく幅を広くとって頭に巻くアレンンジです。前髪がほぼ全部隠れるイメージです。

バンダナターバンをつくる際には、2つのバンダナを使いましょう。まず、2つのバンダナをお互いに引っ掛け、頭に巻いたら完成です。

このとき、色が同じのを使うのもいいですが、違うものを使うとさらに可愛くなります。

巻き方3:頭全体に巻く

バンダナの巻き方3つめは、頭全体に巻く方法です。これは、髪の毛を全て隠して頭全体にバンダナを巻きます。髪の毛は、下ろしたままでも縛ってもどちらでも構いません。

バンダナの柄や色を可愛いものにすると、ヘアアレンジがより可愛いものになります。

巻き方4:シニヨンに巻く

バンダナの巻き方4つめは、シニヨンに巻く方法です。シニヨンのアレンンジの方法は、とても大人っぽく上品に仕上がるので大人の女性の方にもオススメです。

アレンジの方法としては、シニヨンを作る際に毛先から根元に向かって髪を巻く段階のとき、一緒にバンダナも巻いていきます。そして、最後まで巻き終わったらシニヨンの上の方でリボン結びをします。

ぜひ、挑戦してみてください。

巻き方5:ポニーテールに巻く

バンダナの巻き方5つめは、ポニーテールに巻くという方法です。ポニーテールのアレンジ方法はとても簡単で、不器用な人でも挑戦しやすいのでおすすめです。

普段どおりにポニーテールを作った後に、結び目にそのままバンダナを巻きつけてください。このとき、リボン結びでもいいですし、バンダナをネジって下の方に結び目を作るのも素敵です。
その時のコーディネートに合わせて試してみてください。

巻き方6:バンダナで編み込み

バンダナの巻き方6つめは、バンダナで編み込みを作る方法です。これは、上級者用ですがこのアレンジができるととても可愛いヘアが完成します。

編み込みをするときに、髪の毛と一緒にバンダナも編み込んでいきましょう。バンダナは少し髪の毛を編み込んだ後に入れ、あとはどんどん他の髪と編み込んでいくとしっかり固定されます。

巻き方7:バンダナでハーフアップ

バンダナの巻き方7つめは、バンダナでハーフアップをする方法です。ポニーテールのアレンジと似ているのですが、ハーフアップをする際にも、ハーフアップの結び目にバンダナをするととても可愛く仕上がります。

ポニーテールの時とは違い、バンダナが髪の上で強調されるのでさりげない女の子らしさが際立ちます。

巻き方8:編み込んでお団子にする

バンダナの巻き方8つめは、バンダナを編み込んでお団子にする巻き方です。まず、髪を一つに結び、三つ編みと一緒にバンダナを編み込んでいきます。三つ編みが完成したら、そのままお団子にして完成です。

お団子のアレンジの方法は誰でも簡単にできる上に、でき上がりもお団子に編み込まれたバンダナがとても可愛く見えます。難しそうで簡単なヘアアレンジの一つです。

巻き方9:バンダナでロングヘアをボブにする

バンダナの巻き方9つめは、バンダナでロングヘアをボブにする方法です。このアレンジは少し難しめですが、なれると手早くできます。何より、ロングから髪を切らずにボブにできるなんて最高です。

まずは、ロングの毛先を折り曲げたらボブになるくらいの位置で結びます。そして、結び目にバンダナを結びます。結び目をそのまま上に持っていき髪の内側に隠すようにして、結び目から出ていたバンダナを頭のてっぺんで結んで終了です。

首のバンダナの巻き方

続いて、首にバンダナを巻く時の巻き方についてご紹介します。首にバンダナを巻くのは、ファッションの上級者向けですが、できるようになるととてもこなれ感が出てカッコよく決まります。

今回は、3つの巻き方についてご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

巻き方10:ループノット

ループノットとは、ひもの結び方の名称でバンダナを首に巻く際にも使える結び方になります。

まずは、バンダナをある程度細長くおり、真ん中に緩めの結び目を作ります。結びめが前にくるるようにして、バンダナを首の後ろで交差させ、前に持ってきます。最後に、もってきたバンダナのそれぞれの端を、先ほどの結び目に通したら完成です。

巻き方11:カウボーイ巻き

カウボーイ巻きは、とてもシンプルで簡単なので不器用な人でも挑戦しやすいです。巻き方は、バンダナを三角におり、三角が前にくるようにして後ろで結びます。このとき、バンダナが大きくて、首元が緩くなる際は、後ろで交差させて前で結ぶという巻き方でも大丈夫です。

巻き方12:ネクタイ巻き

ネクタイ巻きは、バンダナをネクタイに見立ててまくので、ネクタイを巻いたことのある人にとっては簡単な巻き方です。

まずは、バンダナを細くおり、首から下げます。一方のバンダナをもう一方に巻きつけて、2回ほど回し、後ろから前にバンダナを巻きつけた結び目の中に通すと完成です。

ネクタイの巻き方を知らない人にとっては難しいと感じる人が多いですが練習すればできます。完成した結び目に飾りをつけるとより可愛く仕上がります。

その他のバンダナの巻き方

ここまでで、頭と首にバンダナを巻く巻き方やアレンジをご紹介していきました。頭と首だけでも多くのアレンジ方法がありましたが、他にもバンダナのアレンジがおしゃれに見える場所があります。次は、その他のバンダナの巻き方を紹介します。

巻き方13:手首に巻く

バンダナの巻き方13個めは、バンダナを手首に巻く巻き方です。手首に巻くアレンジは、目にすることも多いでしょう。巻き方はとても簡単でシンプルです。

まず、バンダナを好きな幅におり、それを手首にぐるぐる巻いていき、最後にしっかりと結んだら完成になります。

このときにバンダナをねじったり、違う色のバンダナを2つ使ってみたりなど工夫の仕方は色々ありますので、ぜひ挑戦してみてください。

巻き方14:腕に巻く

バンダナの巻き方14個めは、腕に巻く巻き方です。バンダナを腕に巻く際には二の腕に巻くのが一般的です。少し大きめに幅をとって手首に巻いたように巻きつけるとインパクトもあります。

ノースリーブのシャツなどを着るとカッコよく決まるのでぜひ試してみてください。

小物にバンダナを巻く方法

バンダナは、体にだけでなく小物にも巻いてファッショナブルにすることもできます。頭や首に巻くのは少し勇気がいると感じる人や、バンダナをおしゃれアイテムに使ってみたいけど躊躇している人は、小物から入ってみるとスムーズにバンダナを使ったおしゃれを楽しむことができます。

小物にバンダナを巻けば、外出も楽しくなります。最後に、小物にバンダナを巻く巻き方を3つご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

巻き方15:バッグに巻く

バンダナを巻く小物アイテムの中でも代表的なのはバッグです。ブランド品のバッグもバンダナやスカーフが巻かれている商品があります。このように、バンダナをバッグに巻くのはとてもおしゃれと認識されています。

バッグの取っ手の端にバンダナを巻きつけるのが一般的ですが、取っ手全体に巻いて、端で結ぶのも他とは少し違った巻き方でとても可愛く仕上がります。また、バンダナを巻くことで、世界に一つだけのバッグが作れます。

巻き方16:帽子に巻く

バンダナを帽子に巻くのも、元気な感じが出ていてとても可愛いです。特に小さい子の帽子にバンダナを巻くと、可愛らしさが出る上に遊んでいる時にもバンダナが目印となってすぐに見つけることもできます。

これだと、お母さんも安心して子供を遊ばせることができます。帽子にバンダナを巻きつけて縛る時には、縛り方をループノットにしてみるなどアレンジを加えると素敵に仕上がります。

巻き方17:ボトムのベルト通しに巻く

ボトムのベルト通しに巻くのも、ほかの巻き方とは少し違っていてカッコよく決まります。このアレンジはボーイッシュなファッションのときにおすすめです。

巻き方はとてもシンプルで、バンダナを好きな太さにおりボトムのベルトに引っ掛けるようにして巻いたら終わりです。この時、ネクタイ巻きの巻き方をするとバンダナも広がらず綺麗に巻けるのでおすすめです。

おしゃれなあなたにおすすめのサービスはこちら

お得に綺麗になる情報が詰まっているホットペッパービューティー。女性の皆さんなら一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。ホットペッパービューティーのアプリをインストールすれば、お店のお得情報の他にヘアアレンジの方法や美容法まで検索できます。

いつでもどこでも気軽にキレイの情報を得られるホットペッパービューティー。ぜひ、チェックしてみてください。

バンダナの小物アレンジ方法

次に、バンダナの小物アレンジ方法についてご紹介します。バンダナは、身につけるもののファッションアイテムとして活躍するばかりではなく、小物に対してのアレンジも効きます。今回は、6つの小物アレンジ方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

方法1:ラッピングにする

バンダナの小物アレンジ方法1つめは、ラッピングに使うという方法です。最近では、バンダナのデザインも豊富になってきており、可愛いものも多いです。

またバンダナは大きく、なんでも包めるので、ものをラッピングするには最適のアイテムだと言えます。大きさに合わせてカットしてみたり、二種類のバンダナを使ってみたりなど、工夫するとより可愛いラッピングができます。

方法2:ティッシュカバーにする

バンダナの小物アレンジ方法2つめは、ティッシュカバーにするという方法です。バンダナがティッシュカバーに早変わりできることを知っていましたか。結び方次第で、ティッシュの箱をバンダナで覆うことができるので、ぜひ、挑戦してみてください。

方法3:バッグの持ち手にする

バンダナの小物アレンジ方法3つめは、バッグの持ち手にするという方法です。大きめのバンダナを細長く巻き、バッグに直接縫い付けたりすると完成です。自分でバッグを作る際にも使えるアイディアなのでおすすめです。

また、バンダナを二つ使って互いにネジネジするとカラフルな取っ手にもなります。バンダナ取っ手のバッグは少しカジュアルな服装に合わせてみると、バンダナの可愛さが映えます。服装に合わせて色も選んでみてください。

方法4:カメラのストラップにする

バンダナの小物アレンジ方法4つめは、カメラのストラップにするという方法です。カメラのストラップといえば黒や茶色などのくらい色が多いです。しかし、バンダナでカメラのストラップを作ってしまえば、カラフルで可愛いストラップの完成です。

作り方はさまざまですが、長さ的に2つのバンダナを使って作るといいです。カメラのストラップが可愛くなれば、前よりももっとカメラを持ってお出かけしたくなること間違いなしです。

方法5:3枚つなぎ合わせてエコバッグにする

バンダナの小物アレンジの方法5つめは、3枚のバンダナをつなぎ合わせてエコバッグを作るという方法です。材料は、100均で売っているバンダナを3つです。バンダナ3枚でエコバッグを作るには、採寸やミシンでの作業も必要なので、作るのが楽とはいえませんがたっぷり入ってとても可愛いバッグができます。

何よりも、自分で作ったバッグが毎日使えるので、買い物に行くのもとても楽しくなります。作り方を調べて作ってみてください。

バンダナをおしゃれに巻こう

バンダナの巻き方17選|頭/首/手首/腕/小物・アレンジ方法

今回は、バンダナをおしゃれに巻く方法を紹介していきました。バンダナは頭や首に巻いておしゃれを楽しめるだけでなく、バッグやベルトなどにも巻いて使えるファッションアイテムです。

巻き方や結び方一つでも印象や可愛さが変わってくるので、ぜひ、バンダナの色々な巻き方を研究してみてください。

バンダナをファッションアイテムに取り入れることができると、おしゃれの幅も広がること間違いなしです。

小物をおしゃれにアレンジしよう

バンダナの巻き方17選|頭/首/手首/腕/小物・アレンジ方法

今回は、バンダナを使ったファッションや小物のアレンジの方法でしたが、バンダナ以外にもファッションアイテムとして使えるものはたくさんあります。

次の記事は、バレッタやくるみボタンの作り方やアレンジの方法を紹介した記事です。自分で作るものが増えると、世界に一つだけのものの増えるので楽しくなります。ぜひ、次の記事も合わせて読んでみてください。

ヘアアクセサリー

Related