Logo
menu
黒髪ロングヘアスタイル10選|顔型別・ヘアアレンジ
更新日:2020年08月28日

黒髪をロングは日本人であることを象徴している髪型でもあります。しかし、黒髪ロングではお洒落をすることができないと考えている人も多いのではないでしょうか。ここでは、黒髪ロングの特徴やアレンジの仕方を紹介しているので参考にしてください。

黒髪ロングヘアスタイル10選|顔型別・ヘアアレンジ

黒髪ロングの女性のイメージ

髪型は男女関係なく日々進化しています。国際化も進んでいるため、海外での髪型も日本で流行ることもあります。昔まで長髪の髪型の主流は黒髪ロングでした。しかし、最近ではショートカットで髪の毛を染めている人の割合が増えています。

そのため、黒髪ロングの割合が減ってきてしまっています。黒髪ロングは古風の日本人女性のイメージがありますが、アレンジ次第では現在でも違和感がありません。

清楚で上品

昔の日本では髪の毛の色を染めることはほとんどなく、自毛も黒髪でした。最近ではさまざな技術が進歩したおかげで手軽に髪の色を変えることができ、髪型のアレンジ幅も広がっています。髪の毛を染めるとヤンチャをしているイメージがあるため、黒髪ロングの場合は清楚で上品に思われます。

黒髪ロングでも年齢によって感じられるイメージが異なり、子供では可愛らしさを表現でき、大人では清楚感と大人の魅力をアピールできます。
関連
黒髪ロングヘアスタイル10選|顔型別・ヘアアレンジ
清楚系女子の特徴7コ|髪型・メイク・ファッション - cutee

アジアンビューティー

黒髪ロングといえば、アジア地域の女性を象徴している髪型です。その他の地域でも長髪の女性は多くいますが、地毛が染まっているため、黒髪ロングになることはありません。そのため、海外の人からしたら黒髪は珍しい色であり、アジアの人だという見分けるポイントの一つでもあります。

黒髪ロングの女性を見ることで、「日本人形みたい」と海外の人に言われるぐらい、黒髪ロングはアジア独特の髪型でもあります。

黒髪ロングヘアスタイル10選

黒髪ロングのヘアスタイルはあまり種類が無いと感じてしまう人も多くいますが、現在は多くのアレンジ方法があるため、ヘアスタイルの幅も広がっています。髪を染めることで魅力を高めることもできますが、黒髪ロングでもアレンジの仕方では可愛らしさをアピールすることは可能です

次に、黒髪ロングのヘアスタイルを紹介するので、黒髪ロングで清楚感を出してみてはいかがでしょうか。

ヘアスタイル1:王道ストレート

黒髪ロングのヘアスタイルの王道であるのがストレートです。清楚感に加え、上品さも重ねることができる髪型です。一見髪の手入れをする手間やセットすることを短縮できると考えてしまいますが、髪の質を隠すことができないヘアスタイルなため、ヘアケアの入念にする必要があります。

髪質をケアすることでストレートの魅力を引き出すことができますが、痛んだ髪で黒髪ロングにしてしまうと魅力を感じることができません。

ヘアスタイル2:ふんわりパーマ

髪を染めている人が多くなっているため、黒髪の状態では可愛らしさを表現することが難しです。しかし、黒髪でもふんわりパーマをかけることで可愛らしさを表現することができます。黒髪のイメージである清楚感を残すことができるため、真面目な女性が好きな男性に好かれやすいです。

また、女性でも年齢を重ねることで毛量が少なくなってしまいますが、ふんわりパーマの場合は毛量を多く見せることができます。

ヘアスタイル3:黒髪ロングxかき上げバング

黒髪ロングにかき上げバングのヘアスタイルをすることで、真面目なイメージからお洒落な女性にイメチェンできます。やり方も簡単で、前髪を7対3に分け、冷風を当ててからコテで外周りにカールさせるだけで簡単です。

かき上げバンクは前髪の長さが無いとできないイメージがありますが、やり方次第では短い前髪でもかき上げバングをすることができます。

ヘアスタイル4:黒髪ロングxぱっつん

黒髪は子供っぽいイメージがあるため、前髪ぱっつんすることでより子供っぽい髪型になってしまうイメージがあります。しかし、アレンジの仕方次第で子供っぽいイメージを払拭することができ、大人の女性でも違和感をなくす事ができます。

黒髪ロングのストレートに前髪ぱっつんを合わせることで、大人っぽくクールな女性に変身することができます。そのため、大人びたイメージを持たれたい人にです。

ヘアスタイル5:黒髪ロングxチュールバング

チュールバングとは、前髪に透明感をだし、左右に髪の毛を向けるヘアスタイルです。黒髪ロングにチュールバングを組み合わせることで、優等生なイメージにすることができます。また、優等生でも生真面目ではなくお洒落で少しヤンチャなイメージを付け足すことができます。

横髪をカールさせることで、チュールバングの透明感も重なって、妖精のようなイメージに上げることができます。

ヘアスタイル6:黒髪ロングxセンター分け

センター分けを簡単なヘアスタイルで、芸能人もセンター分けにしている人が多くいます。黒髪ロングでセンター分けにすることで大人っぽく見せることができます。ですが、簡単なセットで芸能人のように美しくなれると思っていると大きな間違いです。

センター分けは似合う人と似合わない人に大きく分けられてしまいます。特に、顔のバランスが左右非対称でセンター分けにしてしまうと左右非対称なことが目立ってしまいます。

ヘアスタイル7:黒髪ロングxワンカール

黒髪ロングになるためには髪の毛を伸ばす必要があります。しかし、髪の毛が伸びるスピードは遅く、目標までの長さを決めているとより遅く感じてしまいます。しかし、理想の長さになるまでに髪の毛をセットしなければならず、中途半端な長さではヘアスタイルが決まらない場合も多いです。

ワンカールを加えることで、簡単にセットすることができ、野暮ったさを軽減することができ、小顔効果もあるためです。
関連
黒髪ロングヘアスタイル10選|顔型別・ヘアアレンジ
かわいいワンカールの5の髪形・作り方・メリット/デメリット - cutee

ヘアスタイル8:黒髪ロングx無造作ウェーブ

黒髪ロングのイメージである、清楚感や真面目な印象は時には近づきにくい雰囲気を出してしまいます。近づきにくい雰囲気が出てしまった場合は黒髪ロングに無造作ウェーブを組み合わせることで、ラフさを表現でき、話しかけやすい雰囲気に変えることができます。

無造作といってもちゃんと髪型をセットする必要があったり、日々のヘアケアをする必要はあるため、何もしていないヘアスタイルではありません。

ヘアスタイル9:黒髪ロングxウェットスタイル

ウェットスタイルとは、髪の毛を濡れているようにセットすることです。黒髪ロングにウェットスタイルを組み合わせることで、清楚感から一転してセクシーさを表現することができます。しかし、ウェットスタイルにすることは難しく、ウェット感を出し過ぎてしまうとキドキドになってしまうため注意しましょう。

ウェットスタイルにするためのポイントは椿油を使用することで、値段は高いですが髪に艶っぽさを出すことができます。

ヘアスタイル10:黒髪ロングxオン眉

オン眉とは、前髪の長さを眉毛より上にするヘアスタイルです。オン眉にした後は、ギザギザにセットし直したり、ぱっんにしたりアレンジの幅は多くあり、それぞれに与える印象が異なります。黒髪ロングにオン眉毛を組み合わせるとイメージチェンジをすることもできますが、垢抜け感を出すこともできます。

黒髪ロングでさまざまなアレンジを行ってもいまいちイメチェンできていないと感じている人は、オン眉に挑戦してみましょう。

ホットペッパービューティーで黒髪ロングになろう

ホットペッパービューティーでは、さまざまな髪型の紹介やアレンジの仕方の情報が手に入れることができます。もちろん黒髪ロングのアレンジの仕方を知ることもできます。今まで知らなかったアレンジ方法を見つけることもできるためです。

また、スタイリストの紹介もされていて、気に入った黒髪ロングのアレンジがあればスタイリストを指名することもできます。
ホットペッパービューティー

顔型別黒髪ロングヘアスタイル

髪型は個人の自由ですが、雑誌やテレビで気に入った髪型にしてもその人にも似合う保証はありません。もちろん顔が違うため、全く同じになることはできませんが、頭の形が違う事で髪型の印象も大きく変わってしまいます。

黒髪ロングでも似合う顔の形があれば似合わない顔の形が存在するため、まず自分の顔の形を知ることから始めましょう。自分の顔の形を知ることで、自分にあったヘアスタイルと知ることができます。

卵型

顔の形にはさまざまな形に分けることができ、それぞれにメリットデメリットがありますが卵型は理想的な顔型でもあります。基本的にどのような髪型でも似合うため、黒髪ロングにしても違和感を感じることがありません。

しかし、黒髪ロングで輪郭を隠すようなアレンジをしてしまうとせっかくの美しい輪郭を隠してしまうため、もったいないです。そのため、できるならショートカットで輪郭がくっきり見えるようにしましょう。

面長

面長の顔型の人の特徴は、目と目との間隔が狭く、顔全体が長いことです。また、顎のラインがすっきりしている特徴もあります。面長の人が黒髪ロングにしても問題ありませんが、アレンジの仕方には注意しなければなりません。

面長の人は基本的におでこを出すことはNGです。そのため、かき上げのヘアスタイルはできません。顎の輪郭が綺麗なため、横髪で隠さないようにしましょう。
関連
黒髪ロングヘアスタイル10選|顔型別・ヘアアレンジ
面長さんに似合う髪型別9つポイント/アレンジの3つのポイント - cutee

丸顔

丸顔とは名前のとおりまんまるとした顔の形をしています。基本的に幼いイメージを持たれてしまい、大人びたイメージに憧れている人もいます。また、場合によっては太って見られてしまう場合もあります。

丸顔の人が黒髪ロングにする場合は、面長とは全く逆でおでこを出すようなヘアスタイルにすることがです。おでこを出すことで、縦長の顔に見せることができ、丸顔のバランスを整えることができます。

ベース型

ベース型の特徴は頬骨が出ている状態で、一般的にエラと呼ばれています。ベース型は顔が大きく見えてしまったり、ゴツイイメージを持たれてしまいがちです。ベース型で黒髪ロングにする場合は、横髪でフェイスラインを隠すことをします。

しかし、隠しすぎると違和感が出てしまうため、レイヤーをかけて軽く隠すようにすることがポイントです。

逆三角形

逆三角形の顔型をしている人はきつい性格のイメージが付きやすいです。そのような時はヘアスタイルを三角形にすることで、逆三角形のデメリットを相殺することが可能です。黒髪ロングの場合は、襟足にカールを付けることで三角形の髪型にすることができます。

黒髪ロングヘアアレンジ

黒髪ロングにはアレンジの幅が少ないイメージですが、上記のようにアレンジの幅は無限大にあります。上記で紹介したヘアスタイルを複数取りいれることでお洒落なヘアスタイルにすることもできます。清楚感だけではなくセクシーさを表現することもできます。

黒髪ロングのヘアケア方法

黒髪ロングでもっとも注意しなければならないことがヘアケアです。黒髪は一番髪質が強調されてしまうため、普段からヘアケアを怠らないようにしましょう。黒髪ロングの魅力を引き出すためには、髪の毛同士が絡まないことです。

そのためには、毎日コンディショナーをする必要があり、洗髪後には欠かせない作業です。

黒髪ロングで清楚に変身!

黒髪ロングにすることで清楚感を出すことができます。清楚感を出すことで男性ウケしやすく、モテやすくなります。ショートカットの人が黒髪ロングにするまでには長い期間が必要になりますが、どうしても清楚感を出したい人は、それだけ待つ価値のあるヘアスタイルです。

自分好みの黒髪を見つけよう

自分好みの黒髪を見つけることができれば、長い間満足することができます。黒髪でもアレンジの仕方はさまざまあり、一部分だけ髪を染めることで清楚感を残しつつ、オシャレ感を出すことができます。黒髪に興味がある人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。
関連
黒髪ロングヘアスタイル10選|顔型別・ヘアアレンジ
黒髪ロングストレートにおすすめのアレンジ方法・前髪・印象-最新トレンドの髪型・ヘアーを知りたいならuranaru
関連
黒髪ロングヘアスタイル10選|顔型別・ヘアアレンジ
おすすめの黒髪ロングストレート・ヘアアレンジ|前髪/男ウケ-最新トレンドの髪型・ヘアーを知りたいならuranaru
初回公開日:2018年09月05日

記載されている内容は2018年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED