Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月03日

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

加齢とともに気になるシミは、できてしまうとなかなか消すことができません。このシミがなかったら、と考えている人はぜひシミけしクリームを使ってみてください。自分のシミのタイプに合ったシミけしクリームを使えば、綺麗なお肌に近づくでしょう。根気よく頑張りましょう。

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

シミけしクリームとは

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

年齢を重ねてくると、女性はお肌の悩みが多くなります。しわ、たるみ、くすみなどもありますが、中でも多いのが顔のシミの悩みです。できてしまったシミをなるべく薄くしたい、消したい、と考えている人は多いでしょう。

そんなシミの悩みに効くシミけしクリームはどんなものがあるのでしょうか。市販品のシミけしクリームをいろいろ見ていきましょう。

シミけしクリームの概要

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

それでは、シミにはどのようなものがあるのでしょうか。シミの種類によって、シミけしクリームが効かないタイプもあります。まずは自分のシミのタイプを見極めてから、自分に合ったシミけしクリームを探すことをお勧めします。

シミけしクリームの成分にも、プラセンタエキス、コウジ酸、リノール酸、エナジーシグナルAMP、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、などがあるので自分のシミに合うものを見極めて使ってみましょう。

クリームで消すことができるシミの種類

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

それではシミけしクリームで消すことができるシミの種類を見ていきましょう。シミけしクリームはすぐには効果が出ないものが多いので、1か月から3か月間様子を見ながら続けていく必要があります。

老人性色素斑、肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着などは、シミけしクリームで薄くできるとされているシミですが、いろいろな有効成分がある中で、自分のシミに合った成分が配合されているクリームを選び、根気よく使っていきましょう。

クリームで消すことができるシミの種類

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

それでは、シミけしクリームで消せるとされているシミの種類をひとつづつ見てみましょう。完全に消すのは難しくても、自分に合うシミけしクリームを使えば市販品でもかなり薄くできるので、根気よく続けてみることが必要です。

シミに効く美白成分には、シミの原因になるメラニンの生成を抑える、シミの原因になるメラニン色素を薄くする、ターンオーバーを促してメラニンを早く排出させる、という働きがあります。

種類1:老人性色素斑

老人性色素斑とは、男女問わず中年以降の顔や、手の甲など日光に当たる場所にできやすい、褐色のシミです。長年紫外線にあたることによって、皮膚に生じます。形はほぼ円形で、大きさもいろいろあります。

小さなものが多くできたり、直径数センチのものが顔や頭にできることもあります。紫外線の刺激による、メラニンの増加、沈着が原因とされています。

皮膚の老化現象で、予防としてはなるべく日光に当たらないよう気を付けます。

種類2:肝斑(かんぱん)

肝斑は30代から40代の女性や、妊娠中の女性によく見られ、ピルの服用や月経不順などでも増えるケースがあるため、女性ホルモンに関係しているといわれれています。

肝斑の大きな特徴としては、左右対称にできるということです。ほほ骨に沿って左右に広がり、薄い褐色でもわっと広がっているという特徴があります。

肝斑にはトラネキサム酸が有効です。トラネキサム酸は、メラニンを作り出すメラノサイトにはたらきかけます。

種類3:雀卵斑

雀卵斑とは、いわゆるそばかすといわれるシミです。遺伝的な要素が大きく、年齢的には5歳から6歳の小さい時からでき始めるという特徴があります。成長と共に多くなり濃くなると言われています。

日本人よりも白人に多く、色が白い人にできやすい傾向があります。薄茶色か濃い茶色で、鼻を中心に散らばるように点在しています。

頬、肩、腕、手、背中など紫外線に当たる場所に多くできます。日焼け対策を怠らないようにしましょう。

種類4:炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、皮膚に炎症を起こした後、その部分が茶色くなった状態をいいます。日焼けの後、アトピー性皮膚炎、湿疹、虫刺され、やけど、切り傷などの後に炎症後色素沈着が起きます。

軽いものは、皮膚のターンオーバーによって時間が経つと薄くなってきますが、紫外線を浴びたりして、皮膚のターンオーバーが正しく行われないと、そのまま色素沈着となってしまう場合があるので、気を付けて紫外線対策をしましょう。

ハイドロキノン配合がおすすめ

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

ハイドロキノンとは、皮膚科や美容医療などでシミ治療に使われる、美白用薬剤のことです。メラニンが作られるのを防ぐ効果がある薬剤で、肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着など、痣以外の肌の表皮にできるシミには効果があると言われています。

市販品のシミけしクリームを使って、シミを消したり薄くしたいと考えている場合には、ハイドロキノン配合のクリームを試してみましょう。

シミけしクリーム市販のおすすめ品

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

次に、市販品のシミけしクリームをいくつか見ていきましょう。市販品のシミけしクリームは手に入れるのも比較的簡単なので、継続してシミけしクリームを使って効果を試してみることができます。

効果が表れるには、1か月から3か月程度の時間がかかると言われています。紫外線に当たらないよう生活に気を付けながら、根気よく治療を進めていくには、コスパの面も大切なので、自分に合ったシミけしクリームを見つけましょう。

おすすめ1:プラスナノHQ

プラスナノHQ

¥ 3,240

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

30年くらい前にできたニキビ跡のシミが、だいぶ消えてきました。他のハイドロキノンの商品も試してたのですが、こんなに効果が出たのは初めてです。購入して良かったです。

ハイドロキノンを4%配合したプラスナノHQはお肌を整え、気になるシミに働きかけます。レスベラトロール配合で、肌にキメを整え、艶のある肌を作り上げます。また、自然界に存在する天然の赤い色素で、製品の酸化を防ぎ安定化させる成分のアスタキサンチンが配合されています。

気になる部分に点で置き、しみこませることで効果が期待できるシミけしクリームでしょう。

おすすめ2:QuSomeホワイトクリーム

QuSomeホワイトクリーム

¥ 6,480

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

本当にシミが薄くなりました。使用し始めてまだ1ヶ月。何をしても効果がなかったので、ダメもとでチャレンジして正解でした。

ハイドロキノン配合のシミけしクリームです。ハイドロキノンは、素晴らしい働きが証明されている成分ですが、QuSomeと融合させることによって、効果のスピードを上げて、刺激を抑えることを実現させました。

おすすめ3:ラグジュアリーホワイト

ラグジュアリーホワイトクリーム

¥ 19,440

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ハリが出てきました。つやが出てきました。くすみが取れてきました。肌の弱い私ですが、やっと出会えたという感じです。

ハイドロキノンとそれを安定させるBCDACを配合し、今までより安定性を高めた美白成分の新安定型ハイドロキノンを配合しています。コクのあるリッチなテクスチャーで、大人の肌の悩みである、シミ、ハリ、うるおいに効く、シミけしクリームです。

おすすめ4:プラセホワイター薬用

プラセホワイター薬用

¥ 1,188

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

使い始めて一週間になりますが、肌が少しづつ白くなってきました。濃いシミは若干薄くなったようです。効果は実感できます。このまま一個亡くなるまで使ってみます。

プラセンタの効果で美白とエイジングケアの両方に効果を発揮する商品です。プラセンタは国産エキスを厳選し、メラニンの生成を抑えてシミを防ぐ美白効果があります。

比較的買い求めやすい価格のシミけしクリームで、市販品の中では、試しやすい商品でしょう。

おすすめ5:ケシミンクリームd

ケシミンクリームd

¥ 1,944

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

顔のシミが薄くなったような気がしますが、今のところは気のせいかもしれない程度。継続したて使用してみたいと思います。

ビタミンc誘導体がお肌の角質層にまで浸透することにより、メラニンの生成を防ぐ働きをします。寝る前に使用すると、寝ている間に新陳代謝が活発になるので効果的です。ビタミンEも含まれているので、血行促進の作用も期待できます。

市販品の中では価格も安く手に入れやすい商品なので、試しに使用してみたり、続けて使用してみるには適したシミけしクリームでしょう。

おすすめ6:ハイドロキノンクリーム日本製

ハイドロキノンクリーム日本製

Amazonで見る

口コミ

シミは心持ち薄くなりました。シミケアだけだとかなり長いこと使えます。お得な商品だと思います。二本目でもっと効果が出て欲しいです。

純ハイドロキノンを2%配合した商品です。顔のシミが気になる箇所に、スポットで置くことで効果が期待できます。安定型ハイドロキノン配合の商品よりも、製品に含まれている濃度は高く、しかし市販品の中では買いやすい価格で、連続して使いやすいシミけしクリームでしょう。

おすすめ7:dプログラム

dプログラム

¥ 4,860

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

写真ではよく分からなかったのですが届いてみるとデザインも上質感があります。クリームはべとつくことなく、すぐに浸透します。香りもほとんどありません。

資生堂の製品なので、市販品の中では信頼度は高いでしょう。年齢と共にあらわれる、しわ、シミ、乾燥などに効き、ふっくらハリのある肌へと導きます。肌バリア機能を整えながらしっとりと馴染み、肌のトラブルを目立たなくしてくれる、シミけしクリームです。

シリーズで使うと肌が整うのが早く実感できるでしょう。

おすすめ8:トランシーノ薬用ホワイトニング

トランシーノ薬用ホワイトニング

¥ 4,320

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

1つ使い切りました。頬の下に合った肝斑がだいぶ薄くなり嬉しいです。肌の状態も良くなりました。私にはあっているようです。

プルプルのジェル状のクリームがお肌に浸透し、朝にはつるっとしたお肌になっています。美白成分のトラネキサム酸配合の夜用クリームです。ルイボスエキスが御肌の黄くすみを改善してくれる、シミけしクリームです。

市販品の中では知名度も高く広く使われている商品でしょう。

おすすめ9:キノンクリーム

キノンクリーム

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

他の方のレビュー通り私も赤くなり焼け付くような痛みが出て、かさぶたになりましたが、かさぶたがはがれた後はシミがなくなっていました。

新型ハイドロキノン配合クリームで、低刺激処方で、ご家庭では冷蔵庫での保管で長期保存が可能になりました。保存期間は5か月から6か月で、製造元からクール便で届きます。

新型ハイドロキノンを10%配合し、肌へゆっくり浸透し、悩みのあるお肌を改善していきます。

おすすめ10:ダイレクトホワイトEX

ダイレクトホワイトEX

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

夜、シミのあるところに塗り込んでいます。少しずつではありますが、白くなっているような気がします。

美白有効成分トラネキサム酸を配合した、シミけしクリームです。シミが気になるところにゆっくりマッサージしながら塗り込むようにします。朝晩使うと効果的なクリームです。価格も安く、購入しやすいので、継続して使いやすいでしょう。

シミを隠してメイクしたいあなたにおすすめはこれ

シミけしクリームを使ってシミを目立たなくしていくには時間がかかります。その間にも肌をきれいに見せたい、そんな時にはETVOSのコスメがおすすめです。

特にETVOSのファンデーションはミネラルファンデーションなので、肌に優しく、粒子が細かいので毛穴、シミ、しわを目立たなくメイクできるのでおすすめです。

シミにならないために

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

シミは一度できてしまうと、消したり薄くしたりするのは大変な時間と労力がかかります。シミに悩む前に、シミにならないためにしっかりと対策をしましょう。

シミのない綺麗な透明感の肌を保つには、どのような努力が必要でしょうか。シミになるメカニズムが分かれば対策がしやすくなります。

シミの原因と、予防法を見ていきます。

原因:紫外線

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

シミの原因の一番は、紫外線です。日光を浴びると紫外線に対する防御反応で、肌にメラニン色素ができます。これがシミの原因になります。

普通は肌のターンオーバーでメラミン色素は排出されていくのですが、排出しきれなかったメラニン色素が肌に残ってシミになっていきます。

紫外線を受けてもすぐにシミができるわけではありません。時には何年もたった後、気が付くとシミが浮き上がってきている、という状況になります。

シミをつくらないために

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

まったく紫外線に当たらないというのは、社会生活を送っていくうえで不可能でしょう。それでは、シミを作らないためにどのようなことをすればいいのでしょうか。

日焼け止めクリームを使う、帽子をかぶる、日傘をさす、サングラスをかけるということは誰でも行っています。ほかにシミを作らないようにするためにできることは無いのでしょうか。

予防法:ビタミンの摂取

シミを作らないようにするために有効なものとして、ビタミンの摂取があります。しかし、ビタミンなら何でもいいわけではなく、シミに効くビタミンを効率よく摂取しましょう。

シミに有効なビタミンは、ビタミンCです。アセロラやブロッコリーなどビタミンcの多い食物を摂取するようにするもはもちろんのこと、足りない場合はサプリメントを上手に摂るようにしましょう。

他に有効な栄養素にはトマトなどに多いリコピンがあります。

シミには毎日の予防が大事

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

一度できてしまうとなかなか消すことができないシミは、できないように気を付けるのが大切です。紫外線は毎日浴びてしまうものなので、予防も毎日怠らないようにしましょう。

それには毎日のスキンケアも大切です。スキンケアに使うものでおすすめを見てみましょう。

おすすめの美容液や美白液

シミけしクリームおすすめ10点|シミの種類・原因

シミ予防におすすめの美容液や美白液は、ビタミンcが配合されている物でしょう。シミがあるお肌には、トラネキサム酸や、ハイドロキノン配合がおすすめですが、予防として取り入れるのならば、ビタミンcをお勧めします。

しっかり予防をして、シミのないお肌を目指すために、下記の記事もおすすめします。

Related