Logo
menu
中学生にメイクの手順5つ|メイクする際の注意点
更新日:2020年08月28日

「休日にはメイクをしてもっと可愛くなりたい」と考えている中学生も多いことでしょう。この記事では、中学生にメイクの基本ステップに加えて、メイクをする際の注意点についてもご紹介しています。肌に優しいコスメを使って可愛いメイクをしましょう。

中学生にメイクの手順5つ|メイクする際の注意点

中学生に似合うメイクとは

「休日にはメイクをしてもっとおしゃれを楽しみたい」と考えている中学生女子も多いことでしょう。

最近では、大人顔負けのメイクを楽しむ中学生も少なくありません。しかし多くの中学生女子にとって、メイクをするのは初めてという場合が多いことでしょう。

ここではまず、中学生にはどんなメイクが似合うのかをチェックしていきましょう。

ナチュラルメイク

中学生にはナチュラルメイクが一番似合います。中学生はファンデーションがいらないほどお肌が綺麗なので、その若くて美しいお肌を活かしたナチュラルメイクをすればもっと可愛く魅力的になれるでしょう。

反対に、大人っぽい雰囲気に憧れて派手なメイクをしてしまうと、無理に背伸びをした感が出るのでできません。
関連
中学生にメイクの手順5つ|メイクする際の注意点
可愛いメイク!ナチュラルメイクの方法を8つのパーツで学ぼう! - メイク情報をチェックするならCutee

メイクを始める前のスキンケアの方法3つ

キュートなナチュラルメイクを完成させるためには、メイク前にしっかりとスキンケアを行い、メイクが映える状態を整えておくことが大切です。

ここからは、メイクをはじめる前にしっかりと行いたいスキンケアの基本的な方法を3つご紹介していきます。

メイク・スキンケア初心者さんでも簡単にできるものばかりですので、ぜひ参考になさってみてください。

1:化粧水を塗る

メイクを始める前のスキンケアの方法としてまず挙げられるのが、化粧水をつけるということです。

洗顔後のまっさらな状態のお肌にたっぷりと化粧水をつけて水分を補給してあげることで、メイクが乗りやすいツルツルの美肌へと整えることができます。

お肌の隅々にまでしっかりと浸透するように、化粧水はいったん手のひらにとって人肌ほど温めてからつけるのがポイントです。
関連
中学生にメイクの手順5つ|メイクする際の注意点
おすすめの化粧水8選・化粧水の基本情報|基礎化粧品 - スキンケア情報をチェックするならCutee

2:美容液を塗る

人肌に温めた化粧水をたっぷりとつけた後には、美容液を塗りましょう。美容液をつけることでお肌に必要な潤いを補給するとともに、過剰な皮脂の分泌を防ぐ効果が期待できます。

中学生は皮脂の分泌が活発なお年頃ですので、美容液をきちんと塗ることで皮脂トラブルを事前に防いであげましょう。

そうすれば、長時間メイク直しをしなくてもギトギトの状態にならず、サラサラ肌をキープできます。

3:乳液をつける

乳液をつけるということが、メイク前のスキンケアの3つ目のステップとして挙げられるでしょう。

化粧水と美容液をつけただけだと潤いが蒸発してしまうので、乳液をつけてしっかりとお肌に蓋をすることで保湿を徹底し、乾燥を防ぐことが大切です。

このようにメイクを行う前にしっかりとスキンケアを丁寧に行い、保湿をしてあげることで、メイクがより映える素肌へと導くことができるでしょう。

中学生にメイクの手順5つ

以上では、メイク前に行うべきスキンケアの基本ステップを3つピックアップしてご紹介してきました。

ここからは、スキンケアを行った後の中学生にメイクの手順を5つチェックしていきましょう。

メイクに初めて挑戦するという中学生でも、コツさえおさえれば簡単にマスターできるので、以下で取り上げる手順を参考にしてみてください。

1:化粧下地を塗る

中学生にメイクの手順としてまず挙げられるのが、化粧下地を塗るということです。

化粧下地を指に取り、顔に点置きしてそれをムラのないように丁寧に伸ばしていきましょう。化粧下地をつけることで、その後に使うパウダーのノリがぐっとよくなります。

また、肌の赤みが気になる時にはブルーやグリーンの化粧下地を、肌のくすみが気になる時にはピンクの化粧下地を使うと美肌に見えるのでです。

2:フィニッシュパウダーを塗る

中学生にメイクの手順の二つ目として、フィニッシュパウダーを塗るということが挙げられます。

化粧下地を塗った後のお肌にフィニッシュパウダーをポンポンと軽くはたくようにつけ、ブラシやスポンジで丁寧に伸ばしていくことでお肌の表面がさらさらのマットな状態になります。

中学生は皮脂の分泌が活発でテカりやすいので、皮脂吸着効果のあるパウダーを使うとよいでしょう。

3:アイラインを引く

アイラインを引くというのが、中学生にメイクの手順の3つ目です。アイラインを引くことで、目がぱっちりと大きく魅力的に見えるでしょう。

ナチュラルに仕上げるためにも、ペンシルタイプのアイライナーを選び、まつ毛のキワを埋めるようにして丁寧に細いラインを入れていくのがポイントです。

また、柔らかくて優しい印象の目元にしたい時には、ブラックよりもブラウンのアイライナーを使うとよいでしょう。

4:頬にチークをのせる

中学生にメイクの手順の4つ目として挙げられるのが、頬にチークをのせるということです。

クリームやジェルタイプのチークは使いこなすのがやや難しいので、初心者でも綺麗に仕上げることのできるパウダータイプのチークがです。

頬に円を描くようにしてふんわりと丸くチークを入れれば、キュートで血色感のある仕上がりになるでしょう。

5:リップを塗る

中学生にメイクの手順の5つ目として挙げられるのが、リップを塗るということです。

中学生らしいナチュラルさとキュートさを演出するためにも、ナチュラルに色がつくリップを選ぶのがポイントです。

例えば色付きリップやCCリップなどを使うとよいでしょう。また、指にとって唇にポンポンとなじませることで、より自然で可愛らしい仕上がりになります。
関連
中学生にメイクの手順5つ|メイクする際の注意点
おすすめのプチプラリップ25選|プチプラリップのメーカー - コスメ情報をチェックするならCutee

中学生も使える肌に優しいコスメの

中学生でも安心して使えるお肌に優しいコスメをお探しならば、「ETVOS(エトヴォス)」のアイテムがです。

ETVOSのコスメはどれもお肌に優しく、また厳選されたミネラル成分から作られているので、長時間メイクをしたままでもお肌に負担がかかりません。

加えて、クレンジングが不要で洗顔で綺麗にオフできるので、中学生にピッタリだと言えるでしょう。
【ETVOS(エトヴォス)】メイク・スキンケア

中学生がメイクをする際の注意点3つ

以上では、中学生にメイクの基本ステップについて見てきました。それでは、綺麗で可愛いメイクに仕上げるために、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

ここからは、中学生がメイクをする際の注意点を3つご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1:肌荒れしないようにケアする

中学生がメイクをする際の注意点としてまず挙げられるのが、肌荒れしないようにするということです。

中学生のお肌は大人と比べるとデリケートで荒れやすいので、刺激の強いコスメはできるだけ避けるようにしましょう。

また、中学生はまだ肌が綺麗なので、コンシーラーやファンデーションを使う必要はありません。ベースメイクをしすぎるとニキビなどの肌トラブルが起こりやすいので、最小限にとどめておきましょう。

2:スキンケアやクレンジングをする

スキンケアやクレンジングをきちんとするということも、中学生がメイクをする際の注意点の一つとして挙げられるでしょう。

メイクをするとどうしてもお肌に負担がかかってしまいますので、クレンジングでしっかりと汚れを落とし、またスキンケアをきちんとして保湿を徹底することが大切です。

クレンジングやスキンケアアイテムは、低刺激でニキビのできにくい処方のものを選ぶとよいでしょう。

3:素肌に優しい化粧品を選ぶ

中学生がメイクをする際の注意点の一つとして、素肌に優しい化粧品を選ぶということも挙げられます。

例えばニキビのできにくい「ノンコメドジェニック」の化粧品や、クレンジング不要で洗顔だけで落とせるものがです。

肌を大事にしながらメイクを楽しもう!

今回は中学生にメイクの方法や注意点についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

お肌に優しい低刺激なコスメを使い、スキンケアをきちんと行いながらメイクを楽しみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

もっと魅力的な女の子になりたいのならば、自分に合うメイクや恋愛テクニックについて研究しましょう。

以下の関連記事では上手なネコ目メイクの方法や中学生がキスを成功させる方法についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。
関連
中学生にメイクの手順5つ|メイクする際の注意点
上手な猫目メイクをする方法6つ・猫目をしている芸能人 - cutee
関連
中学生にメイクの手順5つ|メイクする際の注意点
中学生がキスを成功させる方法9つとキスしたくなる瞬間4つ - cutee
初回公開日:2018年12月07日

記載されている内容は2018年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED