Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月15日

美人を作るメイク10ステップ|美人に見せる6つの条件

皆さん、美しい顔は一部の人が生まれ持って備える、特別なものだと思ってはいませんか。しかし、美人はメイク次第で作ることも可能です。今回は美人に見せるメイクの方法を紹介するので、今より可愛くなりたい方は参考にしてみてください。

美人を作るメイク10ステップ|美人に見せる6つの条件

美人はメイクで作れる

女性なら可愛くなりたいと思わない人はいないはず、テレビに出てくる綺麗な女優やモデルを見て、「あんな顔を手に入れられたら」と誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。美人は本当に得をします。

その美しい顔面でニコッと微笑むだけで、あらゆる男性を惑わせ、思いのままに操ることができます。さらに、周りから「可愛い」「美人だ」ともて囃されて育ってきたため、自分に自信があり、いつでも堂々としています。

いつものメイクを見直してみよう

そんな美しい顔面は、一部の人にだけ生まれつき備わっている特別なもので、平凡な自分には縁のないものだと思っていませんか。しかし、美人はメイクを工夫することで後天的に作ることができます。

例えば、黒ずんだ毛穴をコンシーラーでしっかりカバーしてなめらかな肌を作ったり、重たい一重をアイプチでぱっちり二重に変えたりすることで、驚くほど印象が変わります。美人になりたい方は、普段のメイクを見直してみましょう。

美人を作るメイク10ステップ

雑誌などに出てくる綺麗なモデルも、しっかりメイクをしています。「すっぴんは絶対見せられない」なんて言うモデルも実は少なくありません。それほど、メイクというのは人の印象を大きく変えてくれます。

ですから、「自分は平凡な日本人顔で、美人にはかなわない」と思っている人も、メイク次第で美人にもなりえます。そこで、今回の記事では美人を作るためのメイクステップを10紹介するので、参考にしてみてください。

ステップ1:眉毛を作る

美人を作るためには、まず眉毛に気を遣いましょう。顔の印象を左右する上で、眉毛は非常に重要なポイントのひとつです。モノマネメイクで名を馳せている「ざわちん」も、眉毛の形は重要なパーツだと話しています。

ですから、ぼさっと好き放題に生えた眉毛は、綺麗に整える必要があります。まぶたに生えた余計な毛も、そのままにしておくのはいただけないでしょう。綺麗に整えた眉毛は、眉マスカラで髪色と統一してください。

ステップ2:アイホールに影を作る

美人を作るためにアイホールにメイクで影を作りましょう。薄いブラウンのアイシャドウでアイホールに影をつけ、外国の人特有の目元のくぼみを再現することで簡単にデカ目が作れます。

最後に、ハイライトアイカラーをアイホールの中央だけに置くようにのせれば、立体感がアップしてよりハーフ感が増します。アイラインと違って、はみ出したり手が震えて線がよれたりすることも少ないため、手先が器用でない方にもおすすめできます。

ステップ3:鼻周辺のくすみを消す

美人を作るためには、鼻周辺のくすみはメイクで綺麗に消しましょう。鼻周りは毛穴が多いので、黒ずみや凸凹が目立ってしまいがちです。そのままにしていると、くすんで汚く見えてしまいます。

ファンデーションだけではカバーできないことも多いので、コンシーラーを使って肌をなめらかにしましょう。毛穴に汚れが詰まって目立つ場合には、毛穴パックなどを使うとごっそり剥がれて気持ちが良いです。

ステップ4:二重にする

美人を作るために、一重の人はまずまぶたをメイクで二重にしましょう。二重のぱっちりとした瞳は、美人には欠かせない要素です。しかし、日本人には生まれつきまぶたが厚い人が多く、二重の人は3割程度しか存在しません。

ですから、一重の人は、アイテープやアイプチ、メザイクなどを使い、まぶたを折りたたんで二重を作りましょう。ぱっちりとした目元は、顔の印象を一気に華やかに見せ、美人度をアップさせてくれます。

ステップ5:アイラインを引く

美人を作るために、しっかりアイラインを引きましょう。大きな目元は、美人には欠かせないパーツです。ですから、もともと目が小さいからといって諦めず、目元をアイライナーで縁取ってメイクで大きく見せましょう。

はじめは上まぶたのキワに沿わせ、最後は跳ね上げるようにラインを描けば、通常よりも大きな瞳を作ってくれます。さらに、目頭にちょこんと黒色を乗せると、目の幅も広く見えておすすめです。

ステップ6:なめらかな肌を作る

美人を作るためにはまずメイクで滑らかな肌を作りましょう。女優などを見てください。肌の汚い人がいますか。綺麗な肌は美人には必須の要素です。そしてそれはファンデーションやコンシーラーで作ることができます。

ですからまずは肌全体にファンデーションを塗って肌のトーンを整え、にきび跡や毛穴の黒ずみはコンシーラーで消しましょう。にきび跡にはグリーン系のものを、黒ずみにはオレンジ系のコンシーラーを使うと良いです。

ステップ7:鼻を高く見せる

美人を作るには鼻を高く見せましょう。鼻の高さはもともとの骨格によるもので、それをメイクで変えることなど不可能だなんて思ってはいませんか。しかし、生まれ持った低い鼻もメイク次第で高く見せることが可能です。

手軽な方法だと、ブラウン系のアイシャドウで鼻筋の横や鼻翼などに影を入れて立体感をつけると彫りが深く見えます。それでもどうにもならないくらい鼻の低い人は、鼻プチというアイテムを使うのもひとつの手です。

ステップ8:鼻と唇の間の距離を短く見せる

美人は鼻から唇にかけての距離が非常に短いです。これは、綺麗な人を観察してみるとわかることです。女性にだらしがない人を「鼻の下が伸びてる」なんて言いますが、鼻の下が必要以上に長いと、顔の印象を締まりがなくだらしがないものに見せます。

ですから、鼻の下が長い人は、メイクで口紅をオーバーリップ気味に塗り、鼻の下にブラウン系のシャドウを入れて影をつけると、すっきりと締まった顔つきに変わります。

ステップ9:黒目を大きくする

美人を作るには、カラーコンタクトを使って黒目を大きく見せましょう。赤ちゃんが可愛く見えるのは、白眼に対する黒目の割合が大きいからでもあります。ですから、カラーコンタクトで大きな黒目を作れば、簡単にキュートな目元が出来上がります。

しかし、ここで注意して欲しいのが、大きすぎるカラーコンタクトを使わないことです。白眼に対して黒目が大きすぎると、まるで宇宙人のような見た目になってしまいます。

ステップ10:ぷっくり唇を作る

美人を作るには、メイクでぷっくりとした唇を作りましょう。女優の石原さとみさんのような、ふっくらセクシーな口元はとても魅力的です。

まずはファンデーションで軽く唇を抑えて全体のトーンを統一し、それからリップライナーでオーバーリップ気味に輪郭を縁取ってください。そのあとで中を埋めるように口紅を塗って、下唇の中央にハイライトを入れるとぷっくらセクシーな唇が簡単に出来上がります。

メイク道具を探しているあなたにおすすめのサービス

ETVOSは、美容グッツの通販サイトです。ファンデーションからアイメイク、リップまで、さまざまなアイテムを取り揃えているので、あなたの欲しいアイテムも見つかるはずです。

また、化粧品は天然ミネラルを使った肌に優しいものだけを販売しており、肌に負担をかけずに美しくなることができます。美人になりたい人は、お肌への刺激の少ないメイクグッズを使って、より魅力的な自分を作ってみませんか。

美人に見せる6つの条件

美人を作るメイクはいかがでしたか。それにしても、美人も不細工も、目と眉と鼻と口があって、それらが大体同じような場所に位置しているのは一緒、それなのにどうしてこうも見た目が異なるのでしょうか。

周囲に美人と思われるには、ある6つの条件があります。そこで、最後に美人に見せる6つの条件を紹介するので、メイクで自分を可愛く見せる際の参考にしてみてください。

条件1:眉と目が近い

美人の条件の1つに、眉と目が近いということが挙げられます。眉から目が離れていると、なんだか間延びして締まりのない顔になってしまいます。また、眉を剃って細くしてしまう人がいますが、これは美人を作る上で逆効果です。

人間の目の錯覚として、それぞれ細い線と太い線が引かれた円を見比べて見たとき、太い線の下にある円の方が大きく見えます。ですから、眉は太めで、目に近づけてラインを引くのがおすすめです。

条件2:彫りが深い

美人の条件の2つ目として、彫りが深いということが挙げられます。日本人は鼻が低く、眉の下のくぼみもなく、のっぺりとした顔つきの人が多いです。ですから、日本人から見るとひとつひとつの顔のパーツがはっきりして、彫りの深いヨーロッパ系の人種に憧れることも多いです。

ですから、まさに日本人といった平坦な顔立ちの人は、アイシャドウやハイライトで陰影をつけたりして、メイクで彫りを深く見せましょう。

条件3:バランスのいい小顔

美人の条件として、バランスの小顔ということも挙げられます。美人は皆小顔です。こればっかりは骨格の問題なのでメイクで細工することも難しいでしょう。エラや髪の生え際にブラウン系のシャドウを入れて細工することも可能ですが、大きく印象を変えることは難しいと言えます。

ですが、エラの筋肉が発達している人などは、美容外科でボトックス注射を打ってもらうと、筋肉が縮小して簡単に小顔になれます。

条件4:目が大きい

美人の条件として、目が大きいということも挙げられます。美人は皆、ぱっちり二重の大きく華やかな目元をしています。

ですから、目の小さい人は、カラーコンタクトで黒目を大きく見せ、アイシャドウやアイライナーで目の周りを囲み、さらにはビューラーでまつ毛をきっちりカールさせましょう。一重の人は、アイプチなどで二重を作ることも必要です。美しい目元は、自らの努力で手に入れられます。

条件5:Eラインがある

美人の条件として、Eラインがあるということも挙げられます。Eラインとは、美の基準のひとつで、人間の横顔で鼻の先と顎骨の先を直線で結んだラインのことです。このラインがあると、美人に見えます。

女優はモデルは例外なくこのEラインがあります。日本人には、アデノイド顔貌と言われる口元が出てアゴの出たタイプの横顔も多いですが、これは骨切り手術を行わない限り改善するのは難しいと言えるでしょう。

条件6:鼻下が短い

美人の条件として、鼻の下が短いということも挙げられます。特に最近は、鼻下の短い顔がブームで、女優やモデルにもそのようなタイプが多いです。鼻の下の長い人は、今回紹介したメイクを参考に、鼻の下を短く見せる工夫をしましょう。

メイクの一工夫で顔の印象は変わる

いかがでしたか。確かに、生まれ持った顔のパーツというものはありますが、平凡な顔立ちの人もメイク次第で顔の印象は大きく変わります。皆さんも今回紹介したメイク方法を参考に、より可愛い自分を作ってみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

美人にはかなわないと諦める必要はありません。メイクを工夫すれば、いくらでも綺麗になることができます。最後に、メイク方法を解説した記事を紹介しておくので、参考にしてみてください。

Related

つけまつげを上手に付けるコツ10個|売れ筋商品3つ

長いまつげは世の女性たちにとって永遠の憧れです。つけまつげはそんな女性の願いを叶えてくれるマストアイテムですが、不自然になってしまったり取れやすかったり、付け方に苦戦している方も多いでしょう。そこで今回は、つけまつげをを上手に付けるコツを紹介します。
メイク
2019年02月18日
つけまつげを上手に付けるコツ10個|売れ筋商品3つ

化粧初心者向け基本の7ステップ|メイクのポイント5つ

化粧初心者にお勧めなナチュラルメイクの方法を説明しています。「ナチュラルメイクに必要な道具は?どのようにメイクしていくの?ポイントは?」の疑問にお答えします。初心者でも失敗しないよう丁寧に説明していますので、ぜひ参考にしてナチュラルメイクに挑戦してください。
メイク
2019年02月15日
化粧初心者向け基本の7ステップ|メイクのポイント5つ

うさぎメイクのやり方10ステップ|用意しておくもの5つ

最近若い女性の間で流行りの「うさぎメイク」についてご存知でしょうか。泣いた後のような潤み感と血色感が特徴的なうさぎメイクは、男受けも抜群のモテメイクです。この記事では、そんなうさぎメイクの基本的なやり方に加えて、用意すべきアイテムについてもご紹介しています。
メイク
2019年02月15日
うさぎメイクのやり方10ステップ|用意しておくもの5つ

可愛いメイク!ナチュラルメイクの方法を8つのパーツで学ぼう!

「自分の顔にコンプレックスがある」「もっと魅力的になりたい」とお考えならば、可愛いメイク方法について研究してみてはいかがでしょうか。この記事では、ナチュラルで好感度大の可愛いメイク方法に加えて、おすすめのコスメについてもご紹介しているのでぜひご覧ください。
メイク
2019年02月15日
可愛いメイク!ナチュラルメイクの方法を8つのパーツで学ぼう!

中学生におすすめのメイクの手順5つ|メイクする際の注意点

「休日にはメイクをしてもっと可愛くなりたい」と考えている中学生も多いことでしょう。この記事では、中学生におすすめのメイクの基本ステップに加えて、メイクをする際の注意点についてもご紹介しています。肌に優しいコスメを使って可愛いメイクをしましょう。
メイク
2019年02月15日
中学生におすすめのメイクの手順5つ|メイクする際の注意点

立体感のある顔になる!ハーフメイクのポイント5つ

色素が薄く立体感のあるハーフ顔に憧れている女性も多いことでしょう。平べったい顔をしていても、ハーフメイクをマスターすれば簡単に憧れのハーフ顔をゲットすることができます。この記事ではハーフメイクのポイントを詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。
メイク
2019年02月15日
立体感のある顔になる!ハーフメイクのポイント5つ

初心者向けメイク10ステップ|用意しておきたいアイテム7個

皆さんはきちんとメイクができていますか。メイクの方法は学校などでも教えてくれないため、社会人になっていざ化粧をしようとした時、全くやり方が分からなかったりします。そこで今回は、メイク初心者の方のためにメイクの基本的なやり方を紹介するので参考にしてください。
メイク
2019年02月15日
初心者向けメイク10ステップ|用意しておきたいアイテム7個

艶っぽい人の特徴5つ・メイクの方法3つ|艶っぽい芸能人3人

艶っぽさは、年齢を増すごとに魅力が上がってゆく美しさです。マンネリな、かわいい、愛され美人から抜け出して、大人の艶っぽい美を身につけましょう。艶っぽい人の特徴や、艶っぽい芸能人をお手本に、ワンランク上の大人の魅力を身に着けませんか。
メイク
2019年02月15日
艶っぽい人の特徴5つ・メイクの方法3つ|艶っぽい芸能人3人

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

朝バッチリとメイクを仕上げても、昼になるとファンデのヨレや口紅・チークの落ちが気になってしまうという女性も多いのではないでしょうか。この記事では化粧直しを行う際におさえておきたいコツに加えて、ポイント別の簡単な化粧直しテクニックについてもご紹介しています。
メイク
2019年02月18日
化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

あなたは自分に合ったまゆげの書き方をご存知ですか。今回の記事は、まゆげの整え方とメイク方法が気になるという方におすすめの記事です。まゆげの書き方を知りたい人や、眉メイクにおすすめのアイテムが知りたいという方は、ぜひご覧ください。
メイクメイク
2019年02月15日
まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

眉毛が濃い原因と対策・7つの必須アイテム・整え方

みなさんは、自分の眉毛についてどのような印象をもっているでしょうか。眉毛があまり生えていなくて悩む人もいれば、濃すぎて悩んでいるという人もいるでしょう。今回は、眉毛が濃いことに悩んでいる人に向けて、その対処法について詳しくご紹介していきます。
メイク
2019年02月15日
眉毛が濃い原因と対策・7つの必須アイテム・整え方

男性が眉毛を初めて整える方法4つ|眉毛のお手入れ方法

今回は、初めて眉毛を整えるという男の方のための記事内容となっています。眉毛の整え方の手順や必要な道具、それから眉毛を変えることでどれだけ印象が変わるのかなどについてご紹介していきます。眉毛のタイプによっても意識する点は違うので、気になる方は見てみて下さい。
メイク男性
2019年02月15日
男性が眉毛を初めて整える方法4つ|眉毛のお手入れ方法

V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

V系メイクに欠かせない必需品と完成させる5つのステップを紹介します。V系メイクは、いつもとは違う自分に変身でき、いつもとは違うメイク方法で美しさを表現できます。男女の垣根を越えてメイクができるのもポイントです。V系だけでなく、ハロウィンメイクにもどうぞ。
メイクメイク
2019年02月15日
V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

整形メイクの方法6つ|整形メイクのお勧めグッズ4選

生まれつき美しい顔立ちをしていなくても、メイクの力で変身することができます。この記事では、最近話題の整形メイクをテーマに、その基本的な方法に加えておすすめのグッズをご紹介しています。整形メイクで今よりもっと美しい顔を手に入れましょう。
メイク
2019年02月15日
整形メイクの方法6つ|整形メイクのお勧めグッズ4選

眉毛の整え方とコツ|5つの手順・必要な道具・美眉の黄金比率

目元の印象を左右する大切なパーツが眉毛です。眉毛には黄金比率といわれる美眉の法則があります。今回は、誰でも美眉になることができる眉毛の黄金比率について、眉毛の整え方のコツや必要な道具もご紹介しています。ぜひ記事を参考にして美眉を手に入れてください。
メイク
2019年02月18日
眉毛の整え方とコツ|5つの手順・必要な道具・美眉の黄金比率

目が小さい人の特徴と対処法4つ|目が小さいけれど可愛い人

女優さんなどの、大きくてぱっちりとした瞳を羨ましいと感じたことはありませんか。顔の印象を華やかに見せる大きな瞳は、可愛い女性にとって必須のパーツです。生まれつき目の小さい人も、落ち込む必要はありません。大きな目はメイクなどを工夫することでつくることができます。
メイク
2019年02月14日
目が小さい人の特徴と対処法4つ|目が小さいけれど可愛い人

おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ

最近よく目にする「おフェロメイク」ですが、どのような意味から生まれた言葉なのでしょうか。この記事では、おフェロメイクの特徴からおすすめの化粧品、さらには、おフェロ顔の作り方まで紹介していきます。ぜひ、参考にし、おフェロメイクをマスターしてみてください。
メイクメイク
2019年02月18日
おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ