Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月14日

目が小さい人の特徴と対処法4つ|目が小さいけれど可愛い人

女優さんなどの、大きくてぱっちりとした瞳を羨ましいと感じたことはありませんか。顔の印象を華やかに見せる大きな瞳は、可愛い女性にとって必須のパーツです。生まれつき目の小さい人も、落ち込む必要はありません。大きな目はメイクなどを工夫することでつくることができます。

目が小さい人の特徴と対処法4つ|目が小さいけれど可愛い人

目が小さい人とは

目が大きくてくりくりしていると、それだけで印象が華やかになります。しかし、日本をはじめとする韓国、中国などのアジアの国には、他の国に比べて目の小さい人が圧倒的に多いです。

そのため、東洋人のようなぱっちりした瞳に憧れる人も少なくなく、特に女性は美容整形などを行い、二重にしたり、目頭を切開したりして、瞳を大きく見せます。とは言え、整形などしなくても、ちょっとした努力で小さな目は大きく見せることができます。

大きい目とはどのくらいか

テレビに出ている女優やモデルを見ても、例外なく大きくて魅力的な目を兼ね備えています。ぱっちりした大きい目は、可愛い女性には必須の要素です。しかし、皆さんは、そんな「大きい目」が具体的にどのくらいのサイズなのかご存じでしょうか。

日本人の平均的な目のサイズは、縦1センチ、横3センチです。 ですから、このサイズより上回っていたら、1つの目安として大きいということになります。

黒目と白目の比率の理想は

黒目の大きい人小さい人がいますが、実際のところは同じ人種であれば黒目の大きさに違いはなく、若い人からお年寄りまで黒目のサイズは11〜12mmです。しかし、まぶたの開き具合によってサイズが異なるように見え、黒目が小さい人は睨んでいるように見えたりします。

日本人の比率は白目:黒目:白目=1:1.5:1が多いと言われていますが、理想の比率は1:2:1です。目が小さい人も黒目によって大きく見えたりします。

まぶたでも印象が変わる

また、まぶたが一重か二重かなどによっても目の大きさは違って見えます。目のサイズ自体が平均またはそれ以下であっても、幅の広い二重であれば、大きな目に見えます。

ちなみに、日本人の二重まぶたの割合は3割程度です。もっと多いと思っていたのではないでしょうか。日本人の目が小さい女性たちは、目を大きく見せるためにメイクやプチ整形など、二重になる努力をしているからでしょう。

顔のバランスでも変わる

また、目の大きさは顔のバランスによっても違って見えます。顔が小さければ目のサイズが平均であっても相対的に大きく見えますし、反対に顔が大きければ平均サイズの目も小さく見えます。ちなみに、日本人女性の平均的な顔のサイズは、縦が19.7センチ、幅が13.77センチです。また、長さが20.5センチ以上、幅が14.5センチ以上の人は、顔が大きいとされています。

目が小さい人が大きく見せる対処法4つ

それでは、目が小さい人はどのようにして目を大きく見せたらよいのでしょうか。続いては、目を大きくする方法を4つ紹介します。目が小さい人はこれを参考に、大きくて魅力的な目に生まれ変わりましょう。

対処法1:メイクで大きく見せる

目が小さい人が大きな目をつくるもっとも効果的な方法はメイクです。よく、「化粧を落とすと別人」なんて言いますが、メイクはそのくらい顔の印象を変化させることができます。アイメイクによって、小さな目を何倍にも大きく見せるので、デカ目メイクに挑戦してみてください。

眉毛を変える

目が小さい人は、目の錯覚を利用してデカ目に見せましょう。実は、ふたつの物を並べたときに、丸が大きく見える線があります。つまり、このバランス理論を目の上に位置する眉毛に適応すれば良いです。

眉毛は、細くて長い眉よりも、太くて短い眉の方が、目が大きく見えます。目が小さい人は眉毛を太くし、大きな目に見せましょう。

メイクで二重にする

先述したように、二重は目を大きく見せます。目が小さい人は、メイクで二重を作りましょう。二重に憧れる女性は多いので、まぶたを折りたたんで貼り付けるアイプチや、硬いテープでまぶたに折り目をつけるアイテープ、細いテープをめり込ませて二重にするメザイクなど、さまざまな二重形成グッズが売られています。

自分に合ったものを選び、幅の広い二重をつくってデカ目効果を狙いましょう。

アイラインを工夫する

目が小さい人は、デカ目に見せるためにアイラインを工夫しましょう。ただ、まぶたのラインに沿って線を引くだけでなく、目尻から跳ね上げラインを作りましょう。目尻を長めに引くと目の横幅が広くなり、デカ目に見えます。

また、アイライナーを利用し、目頭の先端にちょんと置くようにして目頭切開ラインを描くと、さらに目が大きく見えます。目が小さい人はメイクテクを駆使し、デカ目をつくってみましょう。

アイシャドウを工夫する

目が小さい人は、アイシャドウを工夫しましょう。目を大きく見せるアイメイクにもいろいろなやり方がありますが、最も手軽でおすすめなのは、縦方向にグラデーションをつけたアイメイクです。

アイホールより少し広めにベースカラーを広げ、その上にミディアムカラーを重ね、まぶたのキワにダークカラーを乗せ、全体をブレンディングし境目をなくせば完成です。目元が立体的になり、ナチュラルに瞳を印象づけることができます。

まつ毛メイクを工夫する

目が小さい人は、まつげメイクを工夫しましょう。印象的な瞳には、放射状に広がる綺麗なまつげが欠かせません。まずはビューラーを使って根元からしっかりまつ毛を立ち上げ、マスカラはしっかり塗りましょう。

そして忘れがちなのが、下まつげのマスカラです。ボリュームのある下まつげは、ハーフのようなタレ目の大きな瞳に見せてくれます。目が小さい人は、まつげメイクを工夫し、大きな目をつくってみましょう。

メイクで涙袋を作る

大きな目に欠かせないのが、たっぷりとした涙袋です。涙袋には「フェロモンタンク」や「ホルモンタンク」といった別名もあり、大きな涙袋は、魅力的な女性の代名詞であることが分かります。そんな涙袋は、メイクで作ることができます。

涙袋がない人も、目を細めてみるとふっくらと涙袋が少しだけ浮かび上がります。その線に沿って、薄茶色の眉ペンやアイライナーなどで影をつけ、目が小さい人はデカ目を演出してみましょう。

対処法2:ダイエットして顔を小さくする

目の大きさが平均以下でも、顔の大きさによって相対的に大きく見えるということは、先ほど紹介しました。ですから、目が小さい人は、変えられない目の大きさではなく、ダイエットによって変えられる顔の方を小さくしてみましょう。小顔ローラーや、小顔体操をするのも良いです。

すでに痩せていて顔の大きさが変えられないという人は、美容外科でボトックス注射を打って発達した筋肉を小さくすれば、驚くほど小顔になります。

対処法3:まぶたをすっきりさせる

まぶたがぼてっとして覆いかぶさっていると、目が小さいように見えます。生理前などのむくんだ腫れぼったいまぶたは血行を促し、すっきりとさせましょう。温めたタオルと冷たい保冷剤などを交互に当てればむくみはすぐに取れます。

脂肪が多く、まぶたが厚くてどうしようもない人は、まぶたの脂肪はダイエットしても落とせませんから、美容外科で脂肪除去をしましょう。

対処法4:カラーコンタクトを使う

黒目が大きいと目自体が大きく見えます。「化粧は落としてもカラーコンタクトだけは絶対に外せない!」という女性がいるのは、それほどカラーコンタクトの発揮するデカ目効果が大きいからです。ですから、目が小さい人はカラーコンタクトを使ってみましょう。

度入りのものから度なしのものまでネットで気軽に購入できるほか、最近は普通のコンタクトを販売している店でも、瞳を自然に大きくしてくれるコンタクトが売られています。

メイクグッズが欲しい人におすすめのサイト

ETVOSは、美容グッツの通販サイトです。ファンデーションからアイメイク、リップまで、さまざまなアイテムを取り揃えているので、あなたの欲しいアイテムも見つかるはずです。

また、化粧品は天然ミネラルを使った肌に優しいものだけを販売しており、肌に負担をかけずに美しくなることができます。目が小さい人は、お肌への刺激の少ないメイクグッズを使って、大きくて魅力的な目元をつくってみませんか。

目が小さいけれど可愛く見える人

小さい目を大きく見せる方法は分かりましたか。とは言え、メイクやカラーコンタクトで小細工しても、もともとの目が大きい人には大きさでは当然敵いません。しかし、目が大きければ必ずしも可愛いというわけではなく、同時に、目が小さくても可愛い女性は存在します。そこで最後は、目が小さいけれど可愛く見える人の特徴を紹介します。

いつも笑顔で明るく爽やかな印象の人

目の大きい人に比べて華やかさに欠ける目が小さい人も、笑顔で明るくしていれば好印象を持たれます。ですから、小さい目のせいで可愛くなれないなどと悲観的にならず明るい気持ちを持ちましょう。

「笑う門には福来たる」ということわざがありますが、口角をあげると気持ちが明るくなることが科学で実証されています。つまり楽しいとき笑顔になるのとは逆のサイクルで、笑顔をつくることによって楽しい気持ちが湧き上がってきます。

色白で小顔で顔のパーツが全て小さい人

目が小さくとも、その小ささにマッチした顔のパーツを持っている人は可愛いです。小顔で、鼻も目も小ぶりで、その上色白だったら、お人形みたいで可愛いと思いませんか。

目が大きくて鼻が高くてしっかりとしたEラインがあることは美人の特徴と言われますが、こういった特徴を持てば持つほど美人に近づくというわけではなく、あくまでその人の顔の全体のバランスというものが大事になってきます。

目が小さいけれど可愛い芸能人

日本の女優、タレントである小西 真奈美さんは、目が小さいです。しかし、顔が小さく、顔全体のパーツも小さくバランスの取れた顔なので、小さい目でも可愛く見えます。むしろ、このつぶらな瞳は、最近のやたら目の大きな女優よりセクシーで魅力的だという意見も多いです。

目が小さいぶん黒目がちに見える瞳が、彼女の魅力をより引き立てている可能性もあるでしょう。このように、目が小さくても可愛い女性はいます。

目が小さくても工夫すれば可愛くなれる

目が小さくても可愛く見える人はいますが、実際、可愛いのは小さな目にマッチした奇跡のパーツを持ち合わせている人だけで、大きくてパッチリとした瞳は可愛い女性に欠かせないパーツの1つです。

とは言え、小さい目は化粧やコンタクト、ダイエットなど、ちょっとした努力で大きく見せることができます。目の大きい華やかな人を指を咥えて眺めるのではなく、この記事で紹介した対処法などを参考により可愛い自分をつくりましょう。

コンプレックスを解消しよう

いかがでしたか。コンプレックスを抱えていると、自分にどんどん自信がなくなり、あらゆる行動が消極的になってしまいます。しかし、コンプレックスを解消することで、見た目の変化を生み出すだけでなく心にも影響を及ぼし、前向きに行動できるようになります。

今回の記事で紹介した、小さい目を大きく見せる方法の他にも、さまざまなコンプレックスの解消法があるので、下記のサイトを参考にしてみてください。

Related

つけまつげを上手に付けるコツ10個|売れ筋商品3つ

長いまつげは世の女性たちにとって永遠の憧れです。つけまつげはそんな女性の願いを叶えてくれるマストアイテムですが、不自然になってしまったり取れやすかったり、付け方に苦戦している方も多いでしょう。そこで今回は、つけまつげをを上手に付けるコツを紹介します。
メイク
2019年02月18日
つけまつげを上手に付けるコツ10個|売れ筋商品3つ

化粧初心者向け基本の7ステップ|メイクのポイント5つ

化粧初心者にお勧めなナチュラルメイクの方法を説明しています。「ナチュラルメイクに必要な道具は?どのようにメイクしていくの?ポイントは?」の疑問にお答えします。初心者でも失敗しないよう丁寧に説明していますので、ぜひ参考にしてナチュラルメイクに挑戦してください。
メイク
2019年02月15日
化粧初心者向け基本の7ステップ|メイクのポイント5つ

うさぎメイクのやり方10ステップ|用意しておくもの5つ

最近若い女性の間で流行りの「うさぎメイク」についてご存知でしょうか。泣いた後のような潤み感と血色感が特徴的なうさぎメイクは、男受けも抜群のモテメイクです。この記事では、そんなうさぎメイクの基本的なやり方に加えて、用意すべきアイテムについてもご紹介しています。
メイク
2019年02月15日
うさぎメイクのやり方10ステップ|用意しておくもの5つ

可愛いメイク!ナチュラルメイクの方法を8つのパーツで学ぼう!

「自分の顔にコンプレックスがある」「もっと魅力的になりたい」とお考えならば、可愛いメイク方法について研究してみてはいかがでしょうか。この記事では、ナチュラルで好感度大の可愛いメイク方法に加えて、おすすめのコスメについてもご紹介しているのでぜひご覧ください。
メイク
2019年02月15日
可愛いメイク!ナチュラルメイクの方法を8つのパーツで学ぼう!

中学生におすすめのメイクの手順5つ|メイクする際の注意点

「休日にはメイクをしてもっと可愛くなりたい」と考えている中学生も多いことでしょう。この記事では、中学生におすすめのメイクの基本ステップに加えて、メイクをする際の注意点についてもご紹介しています。肌に優しいコスメを使って可愛いメイクをしましょう。
メイク
2019年02月15日
中学生におすすめのメイクの手順5つ|メイクする際の注意点

立体感のある顔になる!ハーフメイクのポイント5つ

色素が薄く立体感のあるハーフ顔に憧れている女性も多いことでしょう。平べったい顔をしていても、ハーフメイクをマスターすれば簡単に憧れのハーフ顔をゲットすることができます。この記事ではハーフメイクのポイントを詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。
メイク
2019年02月15日
立体感のある顔になる!ハーフメイクのポイント5つ

美人を作るメイク10ステップ|美人に見せる6つの条件

皆さん、美しい顔は一部の人が生まれ持って備える、特別なものだと思ってはいませんか。しかし、美人はメイク次第で作ることも可能です。今回は美人に見せるメイクの方法を紹介するので、今より可愛くなりたい方は参考にしてみてください。
メイク
2019年02月15日
美人を作るメイク10ステップ|美人に見せる6つの条件

初心者向けメイク10ステップ|用意しておきたいアイテム7個

皆さんはきちんとメイクができていますか。メイクの方法は学校などでも教えてくれないため、社会人になっていざ化粧をしようとした時、全くやり方が分からなかったりします。そこで今回は、メイク初心者の方のためにメイクの基本的なやり方を紹介するので参考にしてください。
メイク
2019年02月15日
初心者向けメイク10ステップ|用意しておきたいアイテム7個

艶っぽい人の特徴5つ・メイクの方法3つ|艶っぽい芸能人3人

艶っぽさは、年齢を増すごとに魅力が上がってゆく美しさです。マンネリな、かわいい、愛され美人から抜け出して、大人の艶っぽい美を身につけましょう。艶っぽい人の特徴や、艶っぽい芸能人をお手本に、ワンランク上の大人の魅力を身に着けませんか。
メイク
2019年02月15日
艶っぽい人の特徴5つ・メイクの方法3つ|艶っぽい芸能人3人

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

朝バッチリとメイクを仕上げても、昼になるとファンデのヨレや口紅・チークの落ちが気になってしまうという女性も多いのではないでしょうか。この記事では化粧直しを行う際におさえておきたいコツに加えて、ポイント別の簡単な化粧直しテクニックについてもご紹介しています。
メイク
2019年02月18日
化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

あなたは自分に合ったまゆげの書き方をご存知ですか。今回の記事は、まゆげの整え方とメイク方法が気になるという方におすすめの記事です。まゆげの書き方を知りたい人や、眉メイクにおすすめのアイテムが知りたいという方は、ぜひご覧ください。
メイクメイク
2019年02月15日
まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

眉毛が濃い原因と対策・7つの必須アイテム・整え方

みなさんは、自分の眉毛についてどのような印象をもっているでしょうか。眉毛があまり生えていなくて悩む人もいれば、濃すぎて悩んでいるという人もいるでしょう。今回は、眉毛が濃いことに悩んでいる人に向けて、その対処法について詳しくご紹介していきます。
メイク
2019年02月15日
眉毛が濃い原因と対策・7つの必須アイテム・整え方

男性が眉毛を初めて整える方法4つ|眉毛のお手入れ方法

今回は、初めて眉毛を整えるという男の方のための記事内容となっています。眉毛の整え方の手順や必要な道具、それから眉毛を変えることでどれだけ印象が変わるのかなどについてご紹介していきます。眉毛のタイプによっても意識する点は違うので、気になる方は見てみて下さい。
メイク男性
2019年02月15日
男性が眉毛を初めて整える方法4つ|眉毛のお手入れ方法

V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

V系メイクに欠かせない必需品と完成させる5つのステップを紹介します。V系メイクは、いつもとは違う自分に変身でき、いつもとは違うメイク方法で美しさを表現できます。男女の垣根を越えてメイクができるのもポイントです。V系だけでなく、ハロウィンメイクにもどうぞ。
メイクメイク
2019年02月15日
V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

整形メイクの方法6つ|整形メイクのお勧めグッズ4選

生まれつき美しい顔立ちをしていなくても、メイクの力で変身することができます。この記事では、最近話題の整形メイクをテーマに、その基本的な方法に加えておすすめのグッズをご紹介しています。整形メイクで今よりもっと美しい顔を手に入れましょう。
メイク
2019年02月15日
整形メイクの方法6つ|整形メイクのお勧めグッズ4選

眉毛の整え方とコツ|5つの手順・必要な道具・美眉の黄金比率

目元の印象を左右する大切なパーツが眉毛です。眉毛には黄金比率といわれる美眉の法則があります。今回は、誰でも美眉になることができる眉毛の黄金比率について、眉毛の整え方のコツや必要な道具もご紹介しています。ぜひ記事を参考にして美眉を手に入れてください。
メイク
2019年02月18日
眉毛の整え方とコツ|5つの手順・必要な道具・美眉の黄金比率

おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ

最近よく目にする「おフェロメイク」ですが、どのような意味から生まれた言葉なのでしょうか。この記事では、おフェロメイクの特徴からおすすめの化粧品、さらには、おフェロ顔の作り方まで紹介していきます。ぜひ、参考にし、おフェロメイクをマスターしてみてください。
メイクメイク
2019年02月18日
おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ