Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月18日

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

朝バッチリとメイクを仕上げても、昼になるとファンデのヨレや口紅・チークの落ちが気になってしまうという女性も多いのではないでしょうか。この記事では化粧直しを行う際におさえておきたいコツに加えて、ポイント別の簡単な化粧直しテクニックについてもご紹介しています。

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

化粧直しのチェックポイント

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

朝バッチリとメイクを仕上げたのに、昼前になるとファンデのヨレが気になったり、口紅がすっかり落ちてしまっているとお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

特に汗をかきやすい夏場やオイリー肌の女性には、こまめな化粧直しは必須だと言えるでしょう。

ここではまず、化粧直しを綺麗に行うためのチェックポイントについてチェックしていきましょう。

ポイント1:肌の乾燥

化粧直しのチェックポイントとしてまず挙げられるのが、肌が乾燥していないかどうかということです。

お肌が乾燥してしまっていると上からファンデーションやパウダーを重ねても綺麗にのってくれないので、まずは化粧直し用のミストなどを使ってお肌に潤いを補給しましょう。

ミストをお肌になじませてから軽くティッシュオフし、その後にファンデやパウダーを重ねれば美しいベースメイクが復活します。

ポイント2:アイメイク

アイメイクも、化粧直しの際のチェックポイントの一つとして挙げられるでしょう。

目をこすったり通勤・通学途中につい居眠りをしてしまうとどうしても涙でマスカラやアイシャドウがにじんでしまいますので、まずは目の下にフェイスパウダーを軽くはたき、それをスポンジでなじませるようにしてアイメイクのにじみをカバーしていきましょう。

その後、アイシャドウを軽く重ねて化粧直しを行うのがポイントです。

ポイント3:汗によるファンデのよれ

化粧直しをする際のポイントの一つとして、汗によるファンデのよれも挙げられます。

汗をかくと頬の部分や小鼻などにファンデのよれが出てしまいますので、まずはミストや化粧直しシートをその部位に使ってよれをふき取ってから、新しくファンデを塗りなおすことが必要です。

よれた状態を放置してその上にファンデを重ねてしまうと、余計に汚い仕上がりになってしまうのでNGです。

ポイント4:チークと口紅

チークと口紅も、化粧直しをする際にチェックしておきたいポイントの一つとして挙げられるでしょう。

口紅とチークが落ちた状態だと血色が悪く顔色がくすんで見えてしまいますので、化粧直しの際にしっかりと付け直しましょう。

なお、最近では口紅とチークの両方に使えるコスメも発売されているので、そのようなものを一つポーチに入れておけばとても便利です。

ポイント5:ヘアスタイル

化粧直しをする際にチェックしておきたいポイントの一つとして、ヘアスタイルも挙げられます。

ヘアスタイルはその人の顔の印象を大きく左右するものであり、絵にとっての額縁のような存在ですので、化粧直しの際にいわゆる「アホ毛」や後れ毛などを綺麗にカバーしておきましょう。

なお、最近では髪専用のお直しシートも販売されていますので、そのようなものを使ってサラサラヘアを復活させるのがおすすめです。

化粧直し必需品メイク道具

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

以上では、化粧直しをする際にチェックしておきたいポイントについて確認してきました。

それでは、具体的にどんなメイクアイテムを使って化粧直しをすれば効率的に、そして短時間で朝のメイク完成時の状態を取り戻すことができるのでしょうか。

ここからは、メイクポーチに入れて持ち歩きたい、化粧直しの必需品のメイクアイテムをご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

必須道具1:綿棒

化粧直しの必需品のメイクアイテムとしてまず挙げられるのが、綿棒です。

アイメイクがにじんでまぶたが黒ずんでしまった時でも、綿棒に軽く水をしめらせてそれを滑らせるようにして使えば、まぶたのにじみを綺麗に解消することができるでしょう。

なお、最近ではクレンジング液があらかじめついた化粧直し専用の綿棒も発売されていますので、ぜひそのようなものを使ってみてはいかがでしょうか。

必須道具2:ベージュのハイライト

ベージュのハイライトも、化粧直しの必需品としてぜひメイクポーチに入れておきたいメイクアイテムとして挙げられます。

ベージュのハイライトは、アイメイクがにじんで黒ずんだ目の周りに使うことができますし、顔色がくすんできた時にはTゾーンに使えばパッと顔色を明るく見せることができます。

さらには、口角の下になじませれば唇がぷっくらと魅力的に見えるでしょう。

必須道具3:リップとチーク

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

化粧直しの必需品としておすすめしたいメイクアイテムの一つとして、リップとチークも挙げられるでしょう。

リップとチークは比較的落ちやすく、また落ちてしまうと顔色がどんよりと暗く見えてしまいますので、ぜひメイクポーチにはリップとチークは入れておくようにしましょう。

最近では、リップとチークの両方に使えるクリームやバームもありますので、そのようなものを使ってみてはどうでしょうか。

必須道具4:脂取りスポンジ

脂取りスポンジも、化粧直しの必需品のメイクアイテムの一つとして挙げられます。

朝ばっちりメイクをしても昼頃になると小鼻やオデコのようなTゾーンがオイリーがちになり、またファンデもよれやすくなってしまいますので、ファンデやパウダーを重ねる前にまずは脂取りスポンジを使って過剰な皮脂を取り除きましょう。

そうすることで、ファンデやパウダーを上から乗せやすい状態に仕上げることができます。

必須道具5:スティックタイプのコンシーラー

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

化粧直しの必需品として持っておきたいメイクアイテムの一つとして、スティックタイプのコンシーラーも挙げられるでしょう。

スティックタイプのコンシーラーならメイクポーチに入れてもかさばらず邪魔になりませんし、肌に直接ピンポイントでつけて指でポンポンとなじませるだけで綺麗なベースメイクを復活させることができます。

必須道具6:バームクリーム

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

バームクリームも、化粧直しの必需品としておすすめしたいメイクアイテムの一つです。

肌の乾燥やファンデのヨレが気になる時にはバームクリームを軽くなじませてから軽くティッシュオフすれば、ベースメイクの化粧直しがしやすい状態に整えることができますし、綿棒に軽くつければアイメイクのにじみも綺麗に取ることができます。

いろんなパーツの化粧直しに使えるので、ぜひ一つもっておきたいアイテムだと言えるでしょう。

化粧直しには肌に優しいETVOSがおすすめ

肌に優しく美しいナチュラルな仕上がりになるコスメをお探しならば、「ETVOS(エトヴォス)」がおすすめです。

ETVOSのコスメは敏感肌でも使える低刺激なものばかりで、また肌に優しいミネラル成分で作られているので、長時間使用しても肌に負担がかかりませんし、化粧直しにピッタリだと言えるでしょう。

美しい仕上がりが長時間続くのに、優しい使い心地なところもおすすめのポイントです。

簡単化粧直しのやり方

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

以上では、化粧直しをする際に持っておくと便利なメイクアイテムについてご紹介してきました。

このようなアイテムを使いながら、具体的にどうすれば簡単に、そして綺麗に化粧直しをすることができるのでしょうか。

ここからは、忙しくて時間がない時でも簡単に美しく仕上がる化粧直しの方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

肌の乾燥

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

簡単な化粧直しの方法としてまず挙げられるのが、肌の乾燥をカバーするということです。

お肌が乾燥していると上からどんなにファンデーションやパウダーを重ねても汚い仕上がりになってしまいますし、顔全体の印象がマイナスになってしまいますので、まずはお肌に潤いを補給してあげることからスタートしましょう。

乾燥が気になる場所にバームを塗る

肌の乾燥をカバーするためには、乾燥が気になる部位にバームを塗るのがおすすめです。

目の下や口元、頬など乾燥しやすい部位に薄くバームを塗り、潤いを補給することで、化粧直しのしやすいお肌の状態に整えることができるでしょう。

なお、バームの量をつけすぎると上からファンデやパウダーを重ねた時にかえってヨレやすくなってしまいますので、薄くつけること、ギトギト感がある時はティッシュオフをすることが大切です。

アイライン

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

アイラインのにじみを取り除くということも、簡単な化粧直しの方法の一つとして挙げられるでしょう。

アイラインはにじみやすく、また目をこすると簡単に消えてしまいますので、化粧直しの際にまずは下まぶたのにじみを取り、その後再びアイラインを入れなおすことが大切です。

以下では、その具体的な手順についてチェックしていきましょう。

手順1:バームをつけ綿棒で取り除く

アイラインの化粧直しの手順として、まずはバームを下まぶたに軽くつけて、それを綿棒で取り除きましょう。

バームの油分となじませることで、アイラインのにじみを取り除きやすくなります。

なお、バームが残った状態だとまばたきした際に下まぶたとアイラインがくっつき、またにじんでしまう原因になるので、綿棒でしっかりと油分を取り除くことが大切です。

手順2:脂取りスポンジで押さえる

アイラインの化粧直しの次の手順として、脂取りスポンジで下まぶたやアイホールを軽くおさえましょう。

脂取りスポンジを使って油分を十分に取り除くことができれば、その後アイラインを再び入れてもにじんだり黒ずんだりしにくくなります。

ベースメイク

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

簡単な化粧直しのための方法の一つとして、よれたファンデをカバーし、ベースメイクを整えるということも挙げられるでしょう。

肌が美しければそれだけで何割にも増して美人度がアップするので、ぜひベースメイクには力点を置いて化粧直しをするようにしてみてはいかがでしょうか。

以下では、その具体的な手順について詳しくご紹介していきます。

手順1:脂取りスポンジで押さえる

ベースメイクの化粧直しの手順としてはまず、脂取りスポンジで軽く肌をおさえましょう。

脂取りスポンジを使うことで、ファンデのよれの原因となる過剰な皮脂を取り除くことができます。

なお、ゴシゴシと押さえると肌に摩擦が生じてしまいますので、優しく軽くポンポンとなじませるようにして使うのがポイントです。

手順2:Tゾーンを念入りに押さえる

ベースメイクの化粧直しをする際には、Tゾーンを念入りに脂取りスポンジでおさえることが大切です。

おでこや鼻といったいわゆる「Tゾーン」は顔の中でも特に皮脂が分泌されやすく、テカって化粧崩れを起こしやすい部位ですので、念入りにしっかりと脂取りスポンジを使う必要があります。

手順3:コンシーラーを指で広げていく

コンシーラーを指で広げていくというのが、ベースメイクの化粧直しのための手順の三つ目です。

コンシーラーをまずは指に取り、それを軽くポンポンとなじませるようにして目の周りや口元などに広げていくことで、くすんでどんよりとして見える顔色をぱっと明るく華やかに見せることができます。

手順4:ベージュのハイライトを伸ばす

ベースメイクの化粧直しの最後の手順として、ベージュのハイライトを伸ばしてつけていきましょう。

白のハイライトを使うと浮いて不自然な印象になってしまいがちですので、肌なじみがよくナチュラルな仕上がりになるベージュのハイライトを使うのがポイントです。

リップとチーク

簡単な化粧直しの方法の一つとして、リップとチークを綺麗に付け直すということも挙げられるでしょう。

リップは口紅を直接つけるよりも、リップラインを取ってからブラシで塗った方が長時間落ちにくくなりますし、チークは指で丁寧につけることで綺麗な発色が続くでしょう。

以下では、その方法について詳しくご紹介していきます。

手順1:チークは指でつけ指腹で広げる

まずはチークは指でつけて、指の腹を使って広げていきましょう。スポンジを使うよりも指でチークをつけたほうがよりナチュラルな仕上がりになりますし、血色感と透明感をいい具合に出すことができます。

手順2:スポンジで輪郭をぼかす

チークを指の腹を使って広げた後は、スポンジを使い輪郭を少しずつぼかしていきましょう。

最初は指でチークを広げ、その後にスポンジを使って肌になじませていくことで、より自然な仕上がりになります。

そうすることで、いかにもチークを入れているとわかる不自然な状態になるのを防ぐことができるでしょう。

手順3:ベージュのハイライトで色味を調整

手順の三つ目として、ベージュのハイライトで色味を調整していきましょう。ベージュのハイライトでくすみや赤みなどの色むらを綺麗にカバーすることで、顔色がぱっと明るくなりなすし、肌全体に透明感が生まれます。

手順4:リップをつける

最後に、リップをつけて化粧直しを完成させましょう。リップメイクをする際には、できればリップライナーできちんと唇の輪郭を取り、それを埋めるようにしてブラシで丁寧にリップを塗っていくことをおすすめします。

また、軽くティッシュオフした後に重ね塗りをすることで、長時間リップメイクが落ちにくい状態を保つことができるでしょう。

ヘアスタイル

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

化粧直しの方法として、ブラシやスタイリング剤を使ってヘアスタイルを整えるということも挙げられます。

うねりや「アホ毛」が出てしまうとだらしのない印象を与えてしまいますので、化粧直しの際にはヘアスタイルもきちんと整えるようにしましょう。

髪のパサつきもバームで抑える

髪のパサつきが気になる時には、バームを使ってみてはいかがでしょうか。バームを指に取り、毛先に軽くなじませることで、ぱさつく髪の毛に潤い感とツヤ感を与えることができます。

時短で簡単化粧直しを知っておこう

化粧直しのポイント5点と簡単なポイント別簡単な直し方

今回は化粧直しについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。忙しい時でも簡単かつスピーディーにできる時短テクニックを身に着けて、化粧直しをもっと楽にしましょう。

お直しがいらないメイク法を知ろう

化粧直しをする時間がない時には、お直しの必要のないメイクを試してみてはいかがでしょうか。

以下の関連記事では崩れにくいメイク方法に加えて、化粧直しをする女子が長時間使う女子トイレにまつわる「あるある」についてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

Related

つけまつげを上手に付けるコツ10個|売れ筋商品3つ

長いまつげは世の女性たちにとって永遠の憧れです。つけまつげはそんな女性の願いを叶えてくれるマストアイテムですが、不自然になってしまったり取れやすかったり、付け方に苦戦している方も多いでしょう。そこで今回は、つけまつげをを上手に付けるコツを紹介します。
メイク
2019年02月18日
つけまつげを上手に付けるコツ10個|売れ筋商品3つ

化粧初心者向け基本の7ステップ|メイクのポイント5つ

化粧初心者にお勧めなナチュラルメイクの方法を説明しています。「ナチュラルメイクに必要な道具は?どのようにメイクしていくの?ポイントは?」の疑問にお答えします。初心者でも失敗しないよう丁寧に説明していますので、ぜひ参考にしてナチュラルメイクに挑戦してください。
メイク
2019年02月15日
化粧初心者向け基本の7ステップ|メイクのポイント5つ

うさぎメイクのやり方10ステップ|用意しておくもの5つ

最近若い女性の間で流行りの「うさぎメイク」についてご存知でしょうか。泣いた後のような潤み感と血色感が特徴的なうさぎメイクは、男受けも抜群のモテメイクです。この記事では、そんなうさぎメイクの基本的なやり方に加えて、用意すべきアイテムについてもご紹介しています。
メイク
2019年02月15日
うさぎメイクのやり方10ステップ|用意しておくもの5つ

可愛いメイク!ナチュラルメイクの方法を8つのパーツで学ぼう!

「自分の顔にコンプレックスがある」「もっと魅力的になりたい」とお考えならば、可愛いメイク方法について研究してみてはいかがでしょうか。この記事では、ナチュラルで好感度大の可愛いメイク方法に加えて、おすすめのコスメについてもご紹介しているのでぜひご覧ください。
メイク
2019年02月15日
可愛いメイク!ナチュラルメイクの方法を8つのパーツで学ぼう!

中学生におすすめのメイクの手順5つ|メイクする際の注意点

「休日にはメイクをしてもっと可愛くなりたい」と考えている中学生も多いことでしょう。この記事では、中学生におすすめのメイクの基本ステップに加えて、メイクをする際の注意点についてもご紹介しています。肌に優しいコスメを使って可愛いメイクをしましょう。
メイク
2019年02月15日
中学生におすすめのメイクの手順5つ|メイクする際の注意点

立体感のある顔になる!ハーフメイクのポイント5つ

色素が薄く立体感のあるハーフ顔に憧れている女性も多いことでしょう。平べったい顔をしていても、ハーフメイクをマスターすれば簡単に憧れのハーフ顔をゲットすることができます。この記事ではハーフメイクのポイントを詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。
メイク
2019年02月15日
立体感のある顔になる!ハーフメイクのポイント5つ

美人を作るメイク10ステップ|美人に見せる6つの条件

皆さん、美しい顔は一部の人が生まれ持って備える、特別なものだと思ってはいませんか。しかし、美人はメイク次第で作ることも可能です。今回は美人に見せるメイクの方法を紹介するので、今より可愛くなりたい方は参考にしてみてください。
メイク
2019年02月15日
美人を作るメイク10ステップ|美人に見せる6つの条件

初心者向けメイク10ステップ|用意しておきたいアイテム7個

皆さんはきちんとメイクができていますか。メイクの方法は学校などでも教えてくれないため、社会人になっていざ化粧をしようとした時、全くやり方が分からなかったりします。そこで今回は、メイク初心者の方のためにメイクの基本的なやり方を紹介するので参考にしてください。
メイク
2019年02月15日
初心者向けメイク10ステップ|用意しておきたいアイテム7個

艶っぽい人の特徴5つ・メイクの方法3つ|艶っぽい芸能人3人

艶っぽさは、年齢を増すごとに魅力が上がってゆく美しさです。マンネリな、かわいい、愛され美人から抜け出して、大人の艶っぽい美を身につけましょう。艶っぽい人の特徴や、艶っぽい芸能人をお手本に、ワンランク上の大人の魅力を身に着けませんか。
メイク
2019年02月15日
艶っぽい人の特徴5つ・メイクの方法3つ|艶っぽい芸能人3人

まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

あなたは自分に合ったまゆげの書き方をご存知ですか。今回の記事は、まゆげの整え方とメイク方法が気になるという方におすすめの記事です。まゆげの書き方を知りたい人や、眉メイクにおすすめのアイテムが知りたいという方は、ぜひご覧ください。
メイクメイク
2019年02月15日
まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

眉毛が濃い原因と対策・7つの必須アイテム・整え方

みなさんは、自分の眉毛についてどのような印象をもっているでしょうか。眉毛があまり生えていなくて悩む人もいれば、濃すぎて悩んでいるという人もいるでしょう。今回は、眉毛が濃いことに悩んでいる人に向けて、その対処法について詳しくご紹介していきます。
メイク
2019年02月15日
眉毛が濃い原因と対策・7つの必須アイテム・整え方

男性が眉毛を初めて整える方法4つ|眉毛のお手入れ方法

今回は、初めて眉毛を整えるという男の方のための記事内容となっています。眉毛の整え方の手順や必要な道具、それから眉毛を変えることでどれだけ印象が変わるのかなどについてご紹介していきます。眉毛のタイプによっても意識する点は違うので、気になる方は見てみて下さい。
メイク男性
2019年02月15日
男性が眉毛を初めて整える方法4つ|眉毛のお手入れ方法

V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

V系メイクに欠かせない必需品と完成させる5つのステップを紹介します。V系メイクは、いつもとは違う自分に変身でき、いつもとは違うメイク方法で美しさを表現できます。男女の垣根を越えてメイクができるのもポイントです。V系だけでなく、ハロウィンメイクにもどうぞ。
メイクメイク
2019年02月15日
V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

整形メイクの方法6つ|整形メイクのお勧めグッズ4選

生まれつき美しい顔立ちをしていなくても、メイクの力で変身することができます。この記事では、最近話題の整形メイクをテーマに、その基本的な方法に加えておすすめのグッズをご紹介しています。整形メイクで今よりもっと美しい顔を手に入れましょう。
メイク
2019年02月15日
整形メイクの方法6つ|整形メイクのお勧めグッズ4選

眉毛の整え方とコツ|5つの手順・必要な道具・美眉の黄金比率

目元の印象を左右する大切なパーツが眉毛です。眉毛には黄金比率といわれる美眉の法則があります。今回は、誰でも美眉になることができる眉毛の黄金比率について、眉毛の整え方のコツや必要な道具もご紹介しています。ぜひ記事を参考にして美眉を手に入れてください。
メイク
2019年02月18日
眉毛の整え方とコツ|5つの手順・必要な道具・美眉の黄金比率

目が小さい人の特徴と対処法4つ|目が小さいけれど可愛い人

女優さんなどの、大きくてぱっちりとした瞳を羨ましいと感じたことはありませんか。顔の印象を華やかに見せる大きな瞳は、可愛い女性にとって必須のパーツです。生まれつき目の小さい人も、落ち込む必要はありません。大きな目はメイクなどを工夫することでつくることができます。
メイク
2019年02月14日
目が小さい人の特徴と対処法4つ|目が小さいけれど可愛い人

おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ

最近よく目にする「おフェロメイク」ですが、どのような意味から生まれた言葉なのでしょうか。この記事では、おフェロメイクの特徴からおすすめの化粧品、さらには、おフェロ顔の作り方まで紹介していきます。ぜひ、参考にし、おフェロメイクをマスターしてみてください。
メイクメイク
2019年02月18日
おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ