Logo
menu
着物用メイクで押さえたいポイント5コ|コスメ5コ
更新日:2020年08月28日

ここでは、着物用のメイクとは何かと着物用メイクで押さえておきたいポイントを5種類、ベースメイクやチーク、アイブロウとアイメイクアイテムや、口紅とリップグロスなど着物用メイクにコスメを5つご紹介しています。着物用メイクにご興味のある方は要チェックです。

着物用メイクで押さえたいポイント5コ|コスメ5コ

着物用メイクとは

着物は日本の伝統的な服装です。普段は洋装の人も着物を着るとぐっと上品で清楚に見えます。この、日本の伝統的な服装である着物を着用するときに、皆さんは洋装の時と同じメイクをしていませんか。せっかく着物を着るのであれば、着物に似合うメイクをしなくてはいけません。

そこで、ここでは着物に似合う着物用のメイクについて詳しくご紹介します。普段のメイクと着物用メイクはどう違うのかお知りになりたい方は、要チェックです。

普段のメイクとの違い

着物メイクの時に使用するファンデーションは普段のお色よりもワントーン明るめのものをチョイスしたほうが着物映えする肌色になります。着物を着用するときにチークはつけなくてもかまわないのですが、もし、どうしてもつけたいのであれば、ほんのりと色づく淡いトーンのチークをチョイスして頬にのせましょう。

口紅は赤色をチョイスし、唇がふっくらと色づくように塗りましょう。アイシャドウも赤く、アイブロウは太めが着物映えするメイクです。

幸薄美人になりやすい

着物用メイクは、いつもよりワントーンファンデーションの色を変えるため、肌色が白く見え、顔色が悪い印象にも見えるため普段よりも幸薄美人になってしまいがちになります。

幸薄美人に見えないようにするためには、つけまつげをつけたり、マスカラをつけたりして目元をボリュームアップし、口紅もリップティントをのせてみたり、口角が上がって見えるようにリップペンシルを唇に引いてから口紅をのせるとよいでしょう。
関連
着物用メイクで押さえたいポイント5コ|コスメ5コ
落ちない口紅ランキングTOP10|メリット/デメリット - コスメ情報をチェックするならCutee

着物用メイクで押さえたいポイント5コ

どうせ着物を着用するのであれば、より上品に、より清楚に可愛らしく見せたいのが女心です。そんな、着物姿をほかの人よりもより魅力的に見せたい方のために、ここでは着物用メイクで押さえておきたいポイントを5つご紹介します。

ベースメイクは艶肌が良いのか、マットの方が着物に映えるのか、チークやアイブロウ、アイメイクの入れ方はどうしたらよいのか着物用メイクのコツを詳しくお知りになりたい方は要チェックです。

ポイント1:ベースメイクは艶肌かマット肌か

着物用のメイクをするときのベースメイクはパールやラメ入りの艶肌よりもマットでさらっとした肌のほうが着物に映えるのでです。どうしても艶肌が良いという人は、控えめなツヤ感のパール系ベースメイクなら問題ありません。

ベースメイクはいつもよりもカバー力があるリキッドファンデーションやコンシーラーを使ってムラのないキレイなお肌に仕上げましょう。
関連
着物用メイクで押さえたいポイント5コ|コスメ5コ
ツヤ肌メイク術とスキンケアの3STEP|ツヤ肌コスメ12選 - スキンケア情報をチェックするならCutee

艶肌のポイント

着物にはマットなベースメイクが映えるとわかっていても、どうしても艶肌にしたいという方になのが、ほんのりパールが入ったルーセントパウダーです。これなら、マットなリキッドファンデーションやコンシーラーで仕上げたお肌にふんわりとのせるだけでさりげない艶が生まれます。

さらに、ルーセントパウダーはお化粧が崩れにくく毛穴も目立たなくなるうえに厚ぼったくならないというメリットもあります。

マット肌のポイント

着物に映えるマットなベースメイクをするなら、メイクをする前に化粧水などでしっかりとお肌を保湿しましょう。化粧水でお肌をしっかり保湿したら乳液で油分を加え、ティッシュで油分をオフします。

このようにしっかりとお手入れをした後、パールやラメが入っていないマットな化粧下地でお肌を整え、マットなリキッドファンデーションやコンシーラーで仕上げたら着物に似合うマット肌のベースメイクは完成です。

ポイント2:チークの選び方と入れ方

着物を着るときには、ほとんどの場合髪をアップにしてセットしますので、お顔の頬の部分の露出がふえるため、洋服を着用しているときよりも頬のメイクがかなり目立ちます。着物に映えるようなステキなチークにしたいのであれば、薄いカラーのチークをより薄く広範囲でつけることをします。

チークのカラーは着物映えするローズピンクやオレンジ系のお肌になじんで目立たないナチュラルなカラーをチョイスしましょう。

ポイント3:眉メイクの注意点

着物に映える眉メイクは、なだらかなアーチ型を描く眉です。もし、あなたが落ち着いた大人っぽいイメージを演出したいのであれば、眉山はいつもよりも外側に描きましょう。あなたが、上品で清楚な印象にしたいのであれば、眉山をいつもよりもすこし内側に描きましょう。

アイブロウは自分の髪の色と同じ色をチョイスしましょう。髪の色が明るめの人は、髪の色と同色のアイブロウにグレイのアイブロウをプラスすると落ち着いた印象になります。

ポイント4:アイメイクのポイント

洋服の時もそうですが、着物の時もアイメイクは相手にどんな印象を与えるのか最重要ポイントとなります。アイラインやマスカラ、アイシャドウを上手に使って、上品かつ落ち着いた印象を与えられるようにメイクするのが着物用のアイメイクのコツです。

そこで、以下にアイラインの引き方やアイシャドウの入れ方、マスカラの使い方のポイントをいくつかご紹介します。

アイラインの引き方

着物着用時のアイメイクをするとき、アイラインは黒色のリキッドライナーでわざと切れ長の目に見えるように長めに入れると着物によく映える目元になります。その際、目じりはあまり跳ね上げずに自然にフェイドアウトするような描き方をしましょう。

リキッドアイライナーがうまく使えないという人は、ペンシルアイライナーでまつげとまつげの間をキレイに埋めてからアイライナーでラインを描くと上手にアイラインを引くことができます。

アイシャドウの選び方とポイント

着物を着るときのアイメイクは、アイライン同様アイシャドウも目元が切れ長に見えるように入れるのがポイントです。あまり目立つカラーは使用せず、アイボリーでまぶたを整え、目の際にブラウンなどの濃い色をさすのがポイントです。

色味をくわえるのであれば、着用する着物や帯に使用されているカラーを加えるとよいでしょう。着物の広範囲に使用されている色なら無難にまとまりますし、狭い範囲に使用されている色でも洗練された印象になります。

マスカラのポイント

つけまつげを使わずにマスカラを使って目元をボリュームアップするなら、ロングラッシュタイプの黒いマスカラを使ってまつげのメイクをしましょう。着物に似合うように目元を切れ長に見せたいのであれば、目じりにだけマスカラを重ね付けするのがです。

着物の時はまつげをカールさせずに長さを強調するすだれまつげが似合いますので、マスカラをつけるときはビューラーであまりカールさせずにつけるとよいでしょう。

ポイント5:リップメイクの手順とポイント

普段ナチュラルメイクの方も、着物を着るときのリップははっきりとしたカラーをチョイスしましょう。その方が着物にとてもよく映えます。カラーは赤みの強いものがです。シックなカラーの着物の時はおとなしいカラーのリップがですが、色は赤系が良いでしょう。

口紅を唇にのせる前には、ファンデーション、もしくはコンシーラーで唇の色をいったん消し、リップペンシルでしっかりと唇の輪郭を描いてからリップではっきりと色をのせましょう。

着物用メイクにアイテムはこちら

着物用のメイクにアイテムと言えば赤いリップクリームです。こちらでご紹介するのは、ネットショップのAmazonで購入できる資生堂インテグレートのボリュームバームリップ です。

形状がペンシル型になっていますので、唇にきれいにリップを塗ることができますし、なめらかで保湿効果も高くロングラスティングな点もこのリップのポイントです。

着物用メイクにコスメ5コ

洋服には洋服にコスメがあるように、着物にも着物コスメがあります。ここでは、着物用メイクをするときにさまざまなコスメを5種類ご紹介します。

着物用のメイクにベースメイクアイテムやチーク、アイブロウ、アイシャドウやアイライナーなどのアイメイク、リップメイクアイテムをお知りになりたい方は、要チェックです。

1:ベースメイクのアイテム

着物用のメイクにリキッドファンデーションなのが、このエクスボーテのビジョンファンデーションリキッドマットタイプです。艶をおさえているマットタイプなので、着物によく映えますし、コンシーラーなしでもひと塗りで毛穴やムラをしっかりとカバーしてくれます。

塗り心地も抜群で化粧崩れもほとんどないので着物でのお出かけ時に最適です。1本で半年はもつほどコスパが良い点もこのベースメイクのポイントです。

2:チークのアイテム

着物用のメイクでは、髪をアップにするため頬の部分が目立ちますのではっきりとした色味のメイクはできません。頬を広範囲でふわっと色づかせたいのなら、このスガオのスフレ感チークアンドリップいきいきオレンジ がです。

ふんわりとお肌になじみ、お肌可愛らしくしてくれます。さらに、チークにも使えるうえにリップにも使える点もこのアイテムのポイントです。

3:眉メイクのアイテム

着物用のメイクの時には、眉のラインはなだらかなアーチ状に描くのがです。そんななだらかなアーチ状の眉を軽いタッチで描けるのが、この資生堂インテグレートアイブロウペンシルです。

繰りだし式なので削る必要もありませんし、落ちづらくにじみませんので化粧もち抜群です。着物でのお出かけ時にぴったりのアイブロウです。

4:アイメイクのアイテム

着物用のメイクにおいてアイメイクは最重要ポイントです。このアイメイクをきっちりと押さえておかないと美しい着物映えする目元を演出することはできません。

そんな、着物映えするアイメイクをするために欠かせないアイメイク用のコスメを以下にアイシャドウとアイライナーの2種類ご紹介します。

アイシャドウ

着物用のアイメイクで欠かせないのがアイシャドウです。着物着用時は基本アイシャドウはベージュ系で、切れ長の目に見せるために目の際にダークブラウンを入れます。そんな着物用のアイメイクにぴったりなのが、マジョリカマジョルカのオープンユアアイズ「最長記録」です。

このマジョリカマジョルカのアイシャドウは、ベージュとダークブラウンの2色づかいで、着物用メイクにぴったりです。
関連
着物用メイクで押さえたいポイント5コ|コスメ5コ
おすすめのアイシャドウ10選・肌の色別のおすすめ - コスメ情報をチェックするならCutee

アイライナー

着物用のアイメイクの際、アイラインは黒のリキッドアイライナーを使用して切れ長に見えるように長めにラインを引かなくてはいけません。そんな着物用のアイメイクに黒のリキッドアイライナーなのが、この資生堂インテグレートスーパーキープリキッドライナーです。

繊細な細い線が描けるので、リキッドアイライナー初心者でも比較的キレイにラインが引けますし、にじまない上にかすれず落ちづらいので、着物でのお出かけにぴったりです。

5:リップメイクのアイテム

着物用のメイクに欠かせないのが赤系のカラーの口紅とリップグロスです。一口に赤系のリップメイクのアイテムと言ってもたくさんありますが、そのリップメイクアイテムの内のとくに着物用メイク向けのアイテムを以下に口紅とリップグロスの2種類をご紹介します。

口紅

着物にリップカラーと言えば赤系です。そんな赤系のリップでも特になのが、レブロンのバーム ステイン045です。このリップはクレヨン型で唇のふちなども細かく濡れるのが特徴です。

キレイに発色するうえに塗り心地も軽く、潤うのにベタベタしません。また、繰りだし式なので削る必要もありません。

リップグロス

着物にリップカラーと言えば赤系なので、リップグロスももちろん赤系がです。そんな赤系のリップグロスでも特になのが、インテグレートのジューシーバームグロス RD575 です。

透き通るような赤色に発色するうえに、艶が落ちづらい点がこのリップグロスのポイントです。リップグロスをつけている間中唇は潤ったままです。

着物だからこそできるメイクを楽しみましょう

日本の伝統的な服装である着物は、女子力をかなりアップさせるアイテムです。洋服をまとうときのがっつりメイクやナチュラルメイクも素敵ですが、着物映えする着物用のメイクもステキです。

時には、洋服から着物にチェンジして着物だからこそできるメイクを思う存分楽しみましょう。

メイクで好印象を与えよう

着物着用時には、キレイに着付けをしたりヘアスタイルをキレイにセットするだけでなく、着物用メイクをすることで相手に好印象を与えることができます。

以下にメイクのやり方の基礎やピンクメイクの基本が書かれているサイトのリンクを2つご紹介します。着物着用時のメイクの参考に、ぜひ、ご覧になってください。
関連
着物用メイクで押さえたいポイント5コ|コスメ5コ
メイクの基礎と順番|やり方8つとおすすめメイク法サイト - cutee
関連
着物用メイクで押さえたいポイント5コ|コスメ5コ
ピンクメイクの基本のやり方5ステップ|メイクのポイント - cutee
初回公開日:2018年09月27日

記載されている内容は2018年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED