Logo
menu
メイクの基礎と順番|やり方8つとメイク法サイト
更新日:2020年08月28日

より美しく魅力的な女性になりたいのならば、自分に合ったメイクをマスターすることが大切です。この記事では、おさえておきたいメイクの基礎と順番に加えて、メイク方法を学べるサイトをご紹介しています。ぜひご覧ください。

メイクの基礎と順番|やり方8つとメイク法サイト

メイクはたしなみ

今より魅力的で美しい女性になって、自分にもっと自信を持ちたいとお考えならば、ぜひ自分に合ったメイクをマスターしてみてはいかがでしょうか。メイクをすることで、女性はより一層美しく輝くことができます。

また、女性にとってメイクはたしなみの一つであり、マナーでもあると言われています。人により好印象を与えるためにも、ぜひメイクのテクニックを磨いて、自分を美しく演出しましょう。

基本を知っておこう

自分の美しさや魅力をもっと引き出すためには、メイクの基本を知っておくことが何よりも大切です。メイクの基本をマスターしておけば、ワンランク上のメイクテクニックも簡単に身につけることができますし、何より自分にあったメイク方法を研究することもより容易になるでしょう。

この記事では、女性にマスターしてもらいたいメイクの基礎と順番についてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
関連
メイクの基礎と順番|やり方8つとメイク法サイト
メイクの基本のやり方10ステップ|初心者が陥りがちな失敗点 - コスメ情報をチェックするならCutee

メイクの基礎

おしゃれには興味があるけれど、手先が不器用でメイクがあまり得意ではないという女性も少なくありません。そのために、メイクに苦手意識を持ってしまっている方もおられることでしょう。

そこでここからは、誰にでも簡単にトライできるメイクの基礎と順番についてご紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

その1:洗顔

メイクの基礎としてまず挙げられるのが、洗顔です。美しいメイクを完成させるためには、肌に化粧品をつける前に洗顔を行い、皮脂汚れなどをきれいさっぱりと落としておく必要があるからです。

洗顔をすることで、化粧ノリのいいツルツルのお肌へと導くことができるでしょう。泡立てネットを使ってモコモコの泡を作り、肌と手が触れないように優しく丁寧に洗顔をするのがポイントです。洗顔後は、きちんと保湿を行いましょう。
関連
メイクの基礎と順番|やり方8つとメイク法サイト
洗顔フォーム人気ランキングTOP8・使い方のコツ - スキンケア情報をチェックするならCutee

その2:ベースメイク

洗顔と保湿を行って化粧ノリのいいお肌に整えた後は、化粧下地などを使ってベースメイクを行いましょう。ファンデーションを直接お肌につけると、化粧ノリが悪くなりますし、皮脂や汗によって崩れ易くなってしまいます。

このようなことを防ぐためにも、必ず化粧下地を使うようにしましょう。化粧下地を使って素肌を整えた後、ファンデーションやパウダーを使ってムラのない均一なトーンの美肌を作っていきます。

その3:眉毛

ベースメイクが完了した後には、眉毛メイクにとりかかりましょう。眉毛は、顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。ペンシルタイプのアイブロウを使って、眉毛を一本一本丁寧に描き足して左右対称になるように整えていきましょう。

ポイントは、正面から見た時だけでなく、横から見た時も美しい眉毛の形になるように、合わせ鏡を使いながら眉毛メイクをするということです。

その4:アイシャドー

眉毛メイクが終わったならば、アイシャドーにとりかかりましょう。アイシャドーと一口に言っても、さまざまなカラーのものがありますが、どんな雰囲気・顔立ちの女性にも似合うブラウン系のアイシャドーがです。

ブラウン系のアイシャドーは肌馴染みがよく、上品でありながら自然なデカ目を演出してくれる万能アイテムです。グラデーションを作るようにして、丁寧にアイシャドーメイクをしましょう。

その5:アイライン

アイシャドーを塗り終わった後には、アイラインを引きましょう。初心者さんには、にじみにくくてメイク直しの必要がないウォータープルーフタイプのアイライナーがです。

目のキワを埋めるようにして、少しずつ丁寧にアイラインを引いていきましょう。垂れ目にしたい時には目尻を下げ気味に引きましょう。セクシーに見せたい時には、目尻をハネるようにアイラインを引くのがポイントです。

その6:まつ毛

アイシャドーとアイラインを完了させた後には、マスカラを使ってまつ毛を長く濃く見せましょう。まつ毛メイクを丁寧に行うことで、ナチュラルなデカ目を演出することができます。

まずはビューラーを使ってしっかりとまつ毛を立ち上げ、ダマにならないようにまつ毛一本一本を意識しながら丁寧にマスカラを塗っていきましょう。より長く濃いまつ毛にしたい場合には、マスカラ下地を使うのがです。

その7:チーク

アイメイクが完了したならば、チークを使ってほっぺたをほんのりとキュートに色づかせましょう。チークを入れることで血色がよく見えるため、顔全体の印象がパッと明るく華やかになります。

なお、顔を立体的に見せたい時には頬骨に沿ってチークを入れるとよいでしょう。また、キュートな印象にしたい時には頬骨よりも下の位置にふんわりとチークをいれましょう。

その8:口紅

メイクの最後には、口紅をつけましょう。まずは、リップライナーを使って唇の輪郭を整えていきます。その後、リップブラシを使って口紅を唇につけていきましょう。

食べたり飲んだりするとどうしても口紅が落ちやすくなってしまうので、口紅の持ちをよくするためにも、リップライナーとリップブラシを使って丁寧にリップメイクをすることをします。

メイク前にはこのスキンケアが

化粧ノリのよい美しい肌を手に入れたいならば、ETVOS(エトヴォス)の「スキンケアトライアルセット」がです。肌に優しい成分を厳選したETVOSのスキンケアラインが、お得なお試し価格でゲットできます。

使い続けるうちに、化粧ノリが抜群なスベスベの透明感溢れる美肌を手に入れることができるでしょう。メイク成功の鍵は丁寧なスキンケアにありますので、ぜひETVOSの製品を使ってみてください。
【ETVOS(エトヴォス)】メイク・スキンケア

メイクの注意点2つ

以上では、メイクの基礎と順番についてご紹介していきました。どれも簡単な作業ですので、メイクに何となく苦手意識を感じていた女性でも、一度試せばきっとすぐにマスターすることができるでしょう。

なお、メイクの力で美しくなるためには、やってはいけないNG行為をあらかじめ知っておくことが必要です。ここからは、メイクをする際に覚えておきたい注意点についてみていきましょう。

注意点1:濃くなり過ぎないように

メイクをする際に覚えておきたい注意点としてまず挙げられるのが、濃くなりすぎないように、ナチュラルメイクを心掛けるということです。自分をより美しく見せようとして厚塗りをしてしまうと、けばけばしく下品な印象になってしまいます。

ベースメイクは、薄づき感を重視しましょう。また、アイメイクをバッチリするのならばリップメイクは控えめにするなど、全体のバランスを考えてメイクをすることも必要です。
関連
メイクの基礎と順番|やり方8つとメイク法サイト
ナチュラルメイクやり方8選|ナチュラルメイクで可愛くなろう! - メイク情報をチェックするならCutee

注意点2:おばさんメイクにならないように

メイクをする際には、おばさんメイクにならないようにしましょう。メイクにはその時その時のトレンドがあります。若い頃に流行ったメイク方法に固執していると、いつの間にか時代遅れのおばさんメイクになってしまうでしょう。メイク方法をアップデートすること、化粧の厚塗りをしないことが何よりも大切です。

メイクの参考になるサイト

メイクについてもっと詳しく学びたいという方は、女性向けの美容サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。ここからは、メイクの参考になること間違いなしのサイトをご紹介していきます。

サイト:美的.com

メイクの参考になるサイトとして、「美的.com」をご紹介します。「美的.com」の「メイクHOW TO」のページでは、初心者向けのメイクの基本から最新トレンドメイクのテクニックまで、ありとあらゆるメイクに関する情報をゲットすることができます。

写真もたくさん掲載されているので、わかりやすくメイクの方法を学ぶことができるでしょう。
美的.com

メイクでよりきれいになろう

今回はメイクの基礎やサイトなどについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。メイクの基礎をマスターすることで、今よりもっと美しく魅力的な女性になりましょう。

お肌のケアもしておこう

メイクで美しく変身したいのならば、化粧ノリのお肌の状態をスキンケアで作っておくことも大切です。以下の関連記事では、美肌に欠かせないスキンケア方法をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
関連
メイクの基礎と順番|やり方8つとメイク法サイト
肌が綺麗な人の特徴|化粧品/スキンケア/食生活-自分やみんなの性格を深く知るならuranaru
関連
メイクの基礎と順番|やり方8つとメイク法サイト
【年代別】基本のスキンケアのやり方|高校生/20代/30代-最新人気の美容・コスメならuranaru
初回公開日:2018年09月19日

記載されている内容は2018年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED