Logo
menu
愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント
更新日:2020年08月28日

みなさんは、たれ目メイクに挑戦したことがあるでしょうか。優しい雰囲気を演出できるたれ目は、女性にも男性にもの目の形です。今回は、たれ目の魅力や、たれ目メイクの仕方について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント

たれ目の魅力

みなさんは、自分の目の形についてどう思っていますか。もう少し大きければ、もう少し二重がくっきりしていたらなど、さまざまな思いがあるでしょう。目の形にも、つり目、たれ目、ネコ目、アーモンドアイなど色々な形がありますが、中でも、優しい雰囲気を出せるたれ目は常にの形です。

たれ目は、顔の印象を柔らかくしてくれるため、優しく可愛らしい雰囲気を演出することができます。

たれ目とつり目の印象の違い

たれ目とよく比較されるのが、つり目ですが、みなさんはたれ目とつり目の違いが説明できるでしょうか。たれ目かつり目かは、目頭と目尻の位置関係によって決まります。目頭と目尻を結んだときに、目頭より目尻が下がっていればたれ目、反対に、目頭より目尻が高い位置にあれば、つり目です。

たれ目は、先ほどもご紹介したように、柔らかく優しい印象を与えますが、つり目は、気が強い印象やキツイ印象を与えることがあります。
関連
愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント
たれ目女子とつり目女子の魅力3つ・芸能人・たれ目メイクの方法 - メイク情報をチェックするならCutee

たれ目メイクの4つのポイント

さて、ここまでたれ目が与える印象についてご紹介してきましたが、たれ目になりたいと思っても、なかなか簡単に目の形を変えることはできません。目の形を大きく変えることはできませんが、メイクを工夫すれば、たれ目に見せることはできます。

そこで今回は、たれ目に見せるためのメイクのポイントを4つご紹介していきます。たれ目にあこがれている方は、ぜひ実践してみてください。

ポイント1:アイラインの引き方

はしめにご紹介する、たれ目メイクのポイントは、アイラインの引き方です。アイラインは、目力をアップさせてくれるだけでなく、引き方を工夫すれば、自分の理想の目の形に補正してくれる効果があります。

たれ目に見せたいときには、目尻を跳ね上げるのではなく、やや下がり気味に引くようにしましよう。また、黒目の上を太めに引くことで、よりたれ目を強調することができます。
関連
愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント
アイラインのキレイな引き方7ステップ|タイプ別アイライン - コスメ情報をチェックするならCutee

ポイント2:アイシャドウの入れ方

つづいてご紹介する、たれ目メイクのポイントは、アイシャドウの入れ方です。アイラインと同じように、アイシャドウを使うことでも、目の形を理想の形に近づけることができます。

アイシャドウを使ってたれ目に見せたいという時は、ベースの色をまぶた全体に広げたあと、中間色をまぶたの中心にのせ、目尻側と目頭側に広げていきましょう。締め色をのせる時は、目尻を強調させないことがポイントです。

上まぶた

アイシャドウの入れ方について、上まぶたと下まぶたに分けて、それぞれさらに詳しく解説していきます。まずは、上まぶたについてです。上まぶたは、先ほど説明したように、まぶたの中央を中心にのせるのがポイントです。

たれ目に見せたい場合は、目尻ではなく、まぶたの中央や目頭側にポイントをもってくるようにするとよいでしょう。

下まぶた

続いては、下まぶたにアイシャドウを入れる時にたれ目に見せるポイントについて解説していきます。下まぶたは、目尻の3分の1ほどに上まぶたで使った中間色を入れるようにしましょう。 つり目の方は、目頭から並行に目尻まで延長したときの延長線と目尻の間を埋めるようにのせるとたれ目に近づけます。

ただし、あまり濃い色をこの部分に入れると、崩れた時に汚くなってしまうので、あくまで中間色を入れるようにしましょう。

ポイント3:マスカラの付け方

つづいてご紹介する、たれ目メイクのポイントは、マスカラの付け方です。マスカラはまつ毛を長くする、またはボリュームを出すために使っている人が多いでしょうが、目の形を補正することもできます。マスカラを使ってたれ目に見せるには、いつも均一に塗っているマスカラを、目の中央をしっかり目につけるようにして、目尻は軽くつけるようにしましょう。

ポイント4:まゆ毛の書き方

つづいてご紹介する、たれ目メイクのポイントは、まゆ毛の書き方です。たれ目に見せたいときには、まゆ尻を眉頭の高さまで、もしくはそれ以下まで延ばすことが重要です。また、まゆ山をはっきりとさせるよりは、なだらかなまゆを描くことを意識しましょう。これらのポイントを押さえたまゆの形は、並行眉です。眉を並行にすることで、たれ目に近づけるでしょう。

あなたにたれ目メイクアイテムはこちら

たれ目をメイクで作りたいというあなたになのは、ETVOSのアイシャドウです。こちらの商品は、ミネラルなので、デリケートな目元も優しくメイクするアイシャドウです。たれ目メイクをするときにはぜひこのアイテムを使ってみてください。

たれ目に男性が感じる6つの魅力

ここまでたれ目の魅力や、たれ目に見せるメイクの方法をご紹介してきましたが、たれ目がなのはなぜなのでしょうか。女性が思うたれ目の魅力と、男性が思うたれ目の魅力は、同じものもありますし、違うものもあります。

今回は、たれ目に男性が感じる6つの魅力をご紹介していきます。たれ目の魅力を知って、たれ目メイクへのモチベーションをさらに高めていきましょう。

魅力1:癒される

はじめにご紹介する、男性が感じるたれ目の魅力は、癒されるということです。たれ目は、顔の印象を穏やかにしてくれるため、たれ目に癒されるという男性が多いです。

一緒にいて癒される女性というのは、男性にとって貴重な存在です。気になる男性や、彼氏を癒したいという気持ちがある方は、ぜひたれ目メイクに挑戦してみてください。

魅力2:優しそう

続いてご紹介する、男性が感じるたれ目の魅力は、たれ目の女性は優しそうということです。もちろん、見た目から感じる印象にすぎないので、本当に優しいかどうかは保証できませんが、優しそうな印象を纏うことで、好感度も自然と上がるため、です。

周りからキツく見られがちで嫌だという方は、たれ目メイクを試してみると、印象が和らぎそうです。
関連
愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント
優しい人になるための心がけと優しくなるための方法15個 - 性格・タイプを調べるならCutee

魅力3:笑顔が可愛い

続いてご紹介する、男性が感じるたれ目の魅力は、たれ目の女性は笑顔が可愛いということです。たれ目でなくても、笑顔が可愛いという人はたくさんいますが、たれ目の人の笑顔は破壊力が違います。真顔でも、たれ目なだけで可愛らしい雰囲気が出ているのですから、笑った時の可愛さはいうまでもないでしょう。

魅力4:怒っても威圧感がない

続いてご紹介する、男性が感じるたれ目の魅力は、怒っても威圧感がないということです。これは、たれ目の女の子と付き合っている時に魅力を発揮しそうです。付き合っていれば、たまにはケンカもするでしょうが、その時に彼女の威圧感がありすぎると引いてしまいます。たれ目だと、どうしても柔らかい雰囲気が残るため、怒ったとしても威圧感はたいしてありません。

魅力5:守ってあげたい雰囲気

続いてご紹介する、男性が感じるたれ目の魅力は、守ってあげたい雰囲気があるということです。この雰囲気をもっている女性は、はっきり言って得です。男性が女性を好きになるきっかけの一つとして、守ってあげたいと思うことが挙げられます。たれ目メイクを習得して、守ってあげたい雰囲気を出せると、好きな人を振り向かせることもできるでしょう。

魅力6:甘えてくれそうな雰囲気

続いてご紹介する、男性が感じるたれ目の魅力は、甘えてくれそうな雰囲気があるということです。男性は、誰しも女性から甘えられたいという願望をもっています。意中の男性がいる場合は、その人に甘えてくれそうな雰囲気を察知してもらうことは重要ですので、ぜひたれ目メイクに挑戦してみてください。

たれ目メイクはアイラインが一番のポイント

ここまで、たれ目の魅力やメイク方法についてご紹介してきましたが、たれ目メイクで一番のポイントとなるのはアイラインです。 たれ目メイクをしたい時には、まぶたの中央、黒目の上あたりを強調するようにアイラインを引くよう意識してみてください。

アイメイクで印象が変わる

たれ目メイクに限らず、アイメイクは顔の印象を左右する最も重要なポイントといえます。 アイメイクで自分の理想の印象を演出することができるので、アイメイクの研究をさらに重ねていきましょう。きっと理想の自分に近づくことができるはずです。以下の記事を読んで、アイメイクの参考にしてみてください。
関連
愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント
つり目メイクのやり方・猫目・タレ目の人向けつり目メイク-最新人気の美容・コスメならuranaru
関連
愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント
離れ目の人におすすめのメイク方法・髪型・改善方法-最新人気の美容・コスメならuranaru
初回公開日:2018年09月07日

記載されている内容は2018年09月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED