Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月18日

30代女性におすすめのメイク法とは|ポイント5つ紹介

30代のメイクは質感と上品さにこだわりましょう。自分のスタイルのある、自分に似合うメイクを見つけましょう。肌の乾燥は厳禁。ハリや潤い感を与えるおすすめアイテムも紹介しいます。20代の頃はできなかった大人のオシャレを楽しみませんか。

30代女性におすすめのメイク法とは|ポイント5つ紹介

30代女性にふさわしいメイクとは

30代女性におすすめのメイク法とは|ポイント5つ紹介

30代からのメイクは、ただ流行を追うのではなく、自分に合ったスタイルが必要です。自分がイメージする自分の理想像に近づけるメイクを始めましょう。

似合うテイストは人によって違っています。パーソナルカラーや骨格診断を受けて、自分にぴったりなオシャレを探している人も多いでしょう。

TPOに合わせカジュアルにもフォーマルにも対応できるメイクテクニックも身につけておきましょう。憧れられる30代の大人が目標です。

大人のメイク法

30代のメイクはナチュラルメイクであっても、しっかりと作り込んでいることが重要です。あるいは逆にスッピンで勝負をしたり、肌の質感にこだわりましょう。

メイクに大事なのはテクニックと道具です。メイクブラシやスポンジも良質なものを選び、衛生状態にも気を配ります。メイクポーチの中までキレイな状態を保ちましょう。

化粧直しも最低限で済むよう、朝のメイク時の仕込みから念入りに、メイク上手になりましょう。

30代のメイクで大事なポイント

30代女性におすすめのメイク法とは|ポイント5つ紹介

30代のメイクは朝のベースの土台作りや、自分に似合うカラーやテイストの選び方が大切です。メイク上手になりましょう。

朝からきちんと身支度をして、メイク崩れもスマートに直せるようになれば、いつも涼しげで余裕のある大人に見えます。流行も適度に取り入れつつ、自分のスタイルを持つ女性はカッコよく、同性からも憧れられます。

自分に似合うメイクが見つからないなら、思い切ってプロのレッスンを受けても良いでしょう。

ポイント1:ベースメイクはしっかりと

30代の大人のメイクは、崩れないベースメイクを心がけましょう。皮脂が多く困っている人は、インナードライから脂が過剰に分泌されている可能性があり、しっとりタイプの基礎化粧品も試してみてください。

化粧品が肌に密着せず浮いていると、そこから剥がれてきてしまいます。ブラシを使って、四方八方から毛穴の奥まで化粧品を塗り込むイメージでスキンケアから化粧下地、ファンデーションと乗せてゆきます。

ポイント2:厚塗りにならないように

肌に均一にファンデーションを塗ると厚塗りに見えてしまいます。逆に言えば、肌に色むらがあると、ナチュラルに見えます。

ファンデーションは顔の中心、Tゾーンとほほの高いところにだけ乗せ、輪郭まわりはかなり薄づきに。自分では顔の赤みやシミ、クマが気になってコンシーラーやカラーコントロールでしっかりカバーしたくなりますが、程々に色むらを残して素肌感を出しましょう。

化粧品もミックスカラーのものを選びましょう。

肌悩みをカバーしつつナチュラルに

ハイカバーなコンシーラーはピンポイントで肌悩みを隠すのに使いましょう。

黄色人の肌は半透明で、肌の奥の肉や血管の色が半分透けて見えています。ファンデーションも半透明だから肌なじみがよく見えます。

しかしカバー力の高いコンシーラーは不透明に近いので、広範囲に乗せると肉や血管の色が隠れてしまい、その部分だけ不自然に見えてしまいます。

ナチュラルメイクには、カバー力は弱め~普通のコンシーラーがおすすめです。

ポイント3:アイブロウは髪の色よりやや明るめ

自分の肌や髪色に合ったアイブロウが定番で、今やアイブロウマスカラは必須アイテムです。カラーは、自分の元々の眉の色と髪色の中間か、髪色よりワントーン明るい色が抜け感が出てステキです。

アイブロウは上手に書けると、自分の顔の骨格を強調し、顔のメリハリを表現できます。

30代のメイクでは、アイブロウは自分の顔を決める重要なパーツです。トレンドとともに、自分に似合うアイブロウを見つけておきましょう。

眉山はなだらかに眉尻はやや高めに

最近のトレンド眉は、まっすぐ気味でなだらかなカーブがあり、優しい雰囲気です。眉の長さも短めが流行し続けています。

かつて眉尻を下げて書く「困り眉」が流行しましたが、30代のメイクでは眉尻をやや上がり気味に書き、さわやかな印象に仕上げましょう。

眉の形は骨格や雰囲気によって、自分の魅力をより引き出す形が基本です。基本を押さえたうえで、トレンド眉を取り入れましょう。

ポイント4:30代の目もとはシンプルに

30代のアイメイクは作り込むよりも、色数少なくまとめるのと30代のメイクにはよく似合います。クリームタイプのアイシャドウ一色で仕上げたり、その日のコーディネートに合った厳選したカラーでまとめます。

アイシャドウのカラー、マスカラ、アイラインと、アイメイクの要素のうち、どれか一つを強調するなら、他の部分はあえて抜いて、引き算メイクがオシャレです。

目を大きく見せようと、頑張りすぎないのもポイントです。

目立ち過ぎないようにする

30代は、浜崎あゆみさんや倖田來未さんのような、目を強調するメイクが流行した世代です。ですから、ついクセで目の周りを濃い色で囲んでしまいたくなる人も多いでしょう。

しかし、今のトレンドはナチュラルメイクで、濃い色を広い範囲に使うと老けた印象で見られがちです。

また、目が小さいことをコンプレックスにアイメイクを頑張りすぎると、そこだけ浮いてしまい、逆にコンプレックスを強調してしまうことにもなります。

ポイント5:チークはナチュラルな血色感を出す

30代のメイクは、チークで血色管をプラスしましょう。クリームタイプのチークは、ジュワッと頬が上気したような色味が出ておすすめです。

頬の真ん中に濃いめにチークを丸く入れると、若作りをしている印象を持たれ、かえって老けて見えてしまいます。自分の顔型に合ったチークを入れましょう。

出勤時のメイクは、頬の高い位置に斜めにチークを入れ、クールにしても構いません。業務内容な立場にあったメイクを心がけましょう。

上品で健康的な肌に

30代は年齢に合った落ち着いたメイクをした方が、老けて見られず、結果的に若々しくいられるコツです。若作りをしてしまうと途端に「痛いオバサン」入りしてしまいます。

上品な雰囲気も、30代だからこそ楽しめるテイストです。

世界的にアンチエイジングはトレンドで、健康的であることが美しさに必須です。

無理なダイエットや、後先考えない無謀な美容法は卒業し、栄養面や運動を取り入れた正しい美容にチャレンジしましょう。

質にこだわる30代におすすめの化粧品

ETVOSは国産のミネラル成分を使った自然派ブランドとして人気です。基礎化粧品のモイスチャーラインは、ヒト型セラミド使用の、みずみずしい素肌感が自慢です。

2週間分のお試しセットは、お手頃価格でWEB限定でさらに割引があります。トラベルセットとしても優秀です。

30代の口紅の選び方

30代女性におすすめのメイク法とは|ポイント5つ紹介

口紅はコスメ用品の代表的なアイテムですから、見た目が美しく、見ているだけで美意識があがるようなブランドのものを、30代の自分のために選んでも良いでしょう。

現在ではプチプラのブランドでも高品質なコスメが販売されていますが、ラグジュアリーブランドの口紅はやはり、気持ちが上がります。

選び方1:質感を重視して選ぶ

口紅を選ぶときはデパートやドラッグストアのカウンターで試供させてもらい、お店の人の客観的な感想も聞きながら選ぶのがおすすめです。

人によって、ツヤ感が似合う人、マットが似合う人など、質感にも似合う似合わないがあります。30代のメイクで一番やってはいけないのは、似合わない質感の口紅を選び、それが下品に見えてしまうことです。

街の化粧品屋さんの中に、行きつけのお店を作るのもアリでしょう。

選び方2:クリーミーなものや透明感のあるもの

30代のメイクには潤い感、ハリ感が出る口紅がおすすめです。普段メイクではぽってりと濃いカラーより、うす付きで透明感のあるタイプが今っぽく仕上がります。

マットな口紅は唇が乾燥して見えがちですから、その人のトータルコーディネートで考える必要があり、やや難易度の高いオシャレアイテムでしょう。

30代のメイクは上品に

30代女性におすすめのメイク法とは|ポイント5つ紹介

30代のメイクは、自分のスタイルを確立し、落ち着いて上品な雰囲気を作りましょう。若い頃に流行ったテイストをそのまま引きずっていたり、子どもっぽい印象は、逆に老けて見られますし、上品ではありません。

化粧品の場合、値段が高ければ良いとも限りませんが、自分をプロデュースする感覚で、持ち歩き用の化粧品のブランドを厳選してみても良いでしょう。

ナチュラルは好印象

ナチュラルメイクは、手抜きメイクではありません。ナチュラルに見えるように作り込んだメイクです。

ナチュラルメイクは、土台作りが肝心です。肌が乾燥しているとトラブルの原因になりますし、清潔感を出すためにも、適度な潤いとハリ感を意識しましょう。

もっとナチュラルメイクについて知りたいなら、次の記事をご覧ください。

メイク

Related

まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

あなたは自分に合ったまゆげの書き方をご存知ですか。今回の記事は、まゆげの整え方とメイク方法が気になるという方におすすめの記事です。まゆげの書き方を知りたい人や、眉メイクにおすすめのアイテムが知りたいという方は、ぜひご覧ください。
メイクメイク
2019年02月15日
まゆげの整え方とメイク方法|おすすめアイテム5選

V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

V系メイクに欠かせない必需品と完成させる5つのステップを紹介します。V系メイクは、いつもとは違う自分に変身でき、いつもとは違うメイク方法で美しさを表現できます。男女の垣根を越えてメイクができるのもポイントです。V系だけでなく、ハロウィンメイクにもどうぞ。
メイクメイク
2019年02月15日
V系メイクのやり方5ステップ|V系メイク2つの魅力

おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ

最近よく目にする「おフェロメイク」ですが、どのような意味から生まれた言葉なのでしょうか。この記事では、おフェロメイクの特徴からおすすめの化粧品、さらには、おフェロ顔の作り方まで紹介していきます。ぜひ、参考にし、おフェロメイクをマスターしてみてください。
メイクメイク
2019年02月18日
おフェロメイクにおすすめなコスメ8選・メイクのコツ

着物用メイクで押さえたいポイント5コ|おすすめのコスメ5コ

ここでは、着物用のメイクとは何かと着物用メイクで押さえておきたいポイントを5種類、ベースメイクやチーク、アイブロウとアイメイクアイテムや、口紅とリップグロスなど着物用メイクにおすすめのコスメを5つご紹介しています。着物用メイクにご興味のある方は要チェックです。
メイクメイク
2019年02月18日
着物用メイクで押さえたいポイント5コ|おすすめのコスメ5コ

愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント

みなさんは、たれ目メイクに挑戦したことがあるでしょうか。優しい雰囲気を演出できるたれ目は、女性にも男性にも人気の目の形です。今回は、たれ目の魅力や、たれ目メイクの仕方について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。
メイクメイク
2019年02月18日
愛され顔になるためのたれ目メイクの4つのポイント

憧れる!ハーフ顔の6つの特徴・ハーフ顔になれるメイク術

日本人の憧れのハーフ顔メイクを知らない人はいないでしょう。顔の造りなどが違う日本人からしたら、どのようにすればよいかわからない人が多いのではないでしょうか。意外と難しいハーフ顔メイクは、上手にできる人も多くはないです。今回はハーフ顔メイク術を詳しく紹介します。
メイクメイク
2019年02月14日
憧れる!ハーフ顔の6つの特徴・ハーフ顔になれるメイク術