Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月13日

黒髪におすすめのインナーカラー11選|相性の良い髪型5つ

黒髪はヘアスタイルによっては野暮ったく見えてしまう可能性があります。そこでおすすめなのがインナーカラーです。黒髪はどんなインナーカラーとも相性が良いので、お好みのインナーカラーが試しやすいです。今回はそんな黒髪に合わせたいインナーカラーについてご紹介します。

黒髪におすすめのインナーカラー11選|相性の良い髪型5つ

印象をガラッと変えたい方へ

黒髪におすすめのインナーカラー11選|相性の良い髪型5つ

黒髪は髪の毛を少し切ったり、ヘアカラーを変えたり、ヘアアレンジを加えたり、印象をガラッと変えやすいヘアスタイルです。今回はそんな黒髪の印象をガラッと変えるヘアスタイルについてご紹介します。

黒髪の印象は重みがあって、ヘアスタイルによっては野暮ったく感じてしまいがちです。そんな黒髪はインナーカラーでイメチェンしてみるのはいかがでしょうか。

髪色を変えてみよう

黒髪のヘアスタイルは髪色を変えると一気にイメチェンすることができます。髪色を明るくすると顔色を明るく見せてくれるので、髪色を変えると柔らかい雰囲気も出て女性らしさもアップします。

黒髪よりも少し明るめなダークトーンでも、知的で清楚な印象は保たれて雰囲気は柔らかくイメチェンすることができます。

インナーカラーを入れるのがおすすめ

今回は黒髪の印象をガラッと変えたい方におすすめのインナーカラーについてご紹介します。黒髪は清楚で知的な印象が素敵な髪色ですが、ヘアスタイルによっては少し思い印象になってしまう可能性があります。

そんなヘアスタイルのお悩みはインナーカラーで解決しちゃいましょう。インナーカラーは髪の毛の内側だけカラーリングするヘアアレンジのことです。ベースカラーは黒髪でインナーカラーでアクセントを出すことができます。

黒髪におすすめのインナーカラー11選

黒髪におすすめのインナーカラー11選|相性の良い髪型5つ

ここでは黒髪に似合うおすすめのインナーカラーを11パターンご紹介します。実はベースカラーが黒髪だと、インナーカラーのバリエーションも広がります。黒髪は無機質なヘアカラーなのでいろんなカラーのインナーカラーと組み合わせやすいです。

黒髪ならこのインナーカラーとの相性は悪い、というのが比較的ないためお好みのカラーでインナーカラーをすることが可能なので、個性を出しやすいのもおすすめのポイントです。

カラー1:ブルー

知的で清楚な黒髪の魅力を残しつつ、ちょっぴり個性も取り入れることができるインナーカラーはブルーです。黒髪の魅力と相性のいいクール感を出すこともできます。

ブルーのヘアカラーは実はカラーリングに一手間加える必要があります。また、カラーをキープさせるためにもケアやメンテナンスが必要です。そんな上級者向けのヘアカラーだからこそ、おしゃれさんは抑えておきたいインナーカラーとして人気があります。

カラー2:ホワイト

流行りのモノトーンをヘアカラーに取り入れた黒髪にホワイトのインナーカラーは、斬新で新感覚です。シンプルなカラーですが意外に個性的に仕上げることができるのでGOODです。

実はホワイトのインナーカラーはホワイトブリーチをするだけなのでセルフでも簡単です。他のインナーカラーをする際もホワイトブリーチで髪色をホワイトにしてカラー剤の発色を良くさせるため、他のインナーカラーよりも一手間省くことができます。

カラー3:ブラウン

黒髪だからこそ、ブラウンのインナーカラーが地味にも派手にもならず大人可愛いヘアスタイルにしてくれます。

ブラウンは明るめから暗めまで幅広くあり、印象が変わりやすいので、インナーカラーに取り入れる際もこだわりのブラウンを追求することができるおすすめカラーです。

カラー4:パープル

若い世代を中心に流行っているのがパープルのインナーカラーです。赤みとくすみのバランスがちょうどいいパープルは顔色が良く見える効果もあって、女性らしい温かみも演出することができます。

実はパープルのインナーカラーは、ベースカラーがブラウンよりも黒髪の方が映えるカラーです。ブラウンの色味によってはバランスが悪く見えることがあります。黒髪だからこそ、パープルのインナーカラーの魅力を引き立ててくれます。

カラー5:レッド

黒髪インナーカラーには定番のレッドのインナーカラーがおすすめです。メンズ・レディースを問わず黒髪にレッドの組み合わせは人気があるので、黒髪のインナーカラーにもレッドは鉄板です。

黒髪にレッドのインナーカラーは、ヘアスタイルによってイメージがガラッと変わります。かっこいい印象にも可愛い印象にも仕上げることができるので、毎日のヘアアレンジが楽しくなるでしょう。

カラー6:イエロー

黒髪インナーカラーにイエローを取り入れると、がっつりメリハリが出て個性的に仕上がります。遊び心満載でちょっぴり中性的にも仕上げることができますが、女性らしさを残したい場合には、パーマやウェーブでふんわりさせるとGOODです。

イエローはパッと目につきやすいので一見派手に見えますが、悪目立ちしないので初心者さんにもおすすめです。

カラー7:グリーン

グリーンのインナーカラーはエレガントに仕上がります。グリーンも赤みとの相性があまり良くないので、ブラウンのベースカラーとの相性が良くありません。だからこそ、黒髪の魅力的に見せることができるインナーカラーです。

また、グリーンはエレガントな色味なので大人女子にもおすすめのカラーです。上品だけど垢抜けたヘアスタイルに仕上がります。深みのあるグリーンなら、派手なインナーカラーを避けたい方にもおすすめです。

カラー8:ベージュ

黒髪には明るめなベージュでニュアンスを出すと、抜け感アップで今風に仕上がります。重くなりがちな黒髪ボブも、ベージュのインナーカラーが野暮ったい印象をガラッと変えてくれます。

黒髪はインナーカラーのカラーを問わないので、黒髪とインナーカラーの組み合わせはGOODです。それと同じくらいボブはインナーカラーでニュアンスを出すのがおしゃれなヘアスタイルなのでインナーカラーで黒髪ボブの魅力を引き立てましょう。

カラー9:ミルクティーアッシュ

ミルクティーアッシュのインナーカラーは、ふんわり女性らしさをアップしてくれる人気カラーです。ミルクティーアッシュはインナーカラー以外でも人気の定番ヘアカラーなので、外すことがありません。黒髪との相性も悪くなくナチュラルに馴染んでくれます。

赤味を抑えることができるアッシュカラーは衰えない人気カラーです。流行りに左右されたくない方や、目立ちすぎないインナーカラーがお好みの方にはおすすめです。

カラー10:グレージュ

グレーとベージュの混ざったトレンドカラーのグレージュをインナーカラーにすれば、トレンドを抑えた流行りのヘアスタイルに仕上げることができるでしょう。スタイリッシュな仕上がりが一気におしゃれになります。

グレージュはアッシュと同じく赤味を抑えたくすみが可愛いヘアカラーです。くすませすぎると肌色が悪く見えるのに対して、グレージュは程良くくすみがあって赤味はしっかりとカバーできるちょうどいいヘアカラーです。

カラー11:ブルージュ

トレンドカラーを取り入れるなら、ブルージュのインナーカラーで個性的なポイント抑えたヘアスタイルに挑戦してみましょう。ブルーとベージュが混ざったブルージュは黒髪と相性も良く、深みのある透明感を手に入れることができます。

ブルージュはブルーを強めにすれば個性を出すことができます。深みのあるヘアカラーなので、さりげなく神秘的でエレガントな雰囲気が大人っぽいヘアスタイルにもナチュラルに馴染んでくれます。

インナーカラーもホットペッパービューティー!

「ホットペッパービューティー」なら、おしゃれな美容院を探してお得に素敵なヘアスタイルを試すことができます。気になっていた美容院を検索してみるのもおすすめですが、穴場的な美容院を探すこともできます。

ヘアスタイルにお悩みの方は、ホットペッパービューティーでお得に美容院に行くチャンスです。ヘアスタイル以外にもネイルサロンも検索できます。

インナーカラーを入れた黒髪に合う髪型5つ

黒髪におすすめのインナーカラー11選|相性の良い髪型5つ

インナーカラーを入れたヘアスタイルだから「このヘアアレンジはNG」というのは基本的にはありません。ヘアスタイルや髪の毛の長さに合ったヘアアレンジを楽しむことができます。

インナーカラーを入れたヘアスタイルは「アップヘアにするとインナーカラーが丸見えになって主張してしまうのではないか」と不安に感じる方も少なくありません。しかし、インナーカラーが丸見えになっても不自然にはならないので大丈夫です。

アレンジ1:<ハーフアップお団子>

どんな髪の毛の長さでもどんなヘアスタイルでもできるヘアアレンジ、ハーフアップお団子ヘアはインナーカラーとの相性もバッチリです。ハーフアップにすると内側のインナーカラーががっつり見えてしまいますが、少し巻き髪をすることでヘアアレンジに動きを出してくれます。

ハーフアップお団子ヘアは流行りの外国人風に仕上がるので、インナーカラーでもワンランク上のおしゃれヘアに見せてくれます。

アレンジ2:<ポニーテール>

モテヘアアレンジの清楚でキュートなポニーテールも、インナーカラーでアクセントを入れると個性的です。結び目を髪の毛でくるくると隠すアレンジは、インナーカラー部分でくるくるするととてもかわいく仕上がります。

アレンジ3:<シニヨン>

簡単アレンジ、シニヨンもインナーカラーでふんわりボリューム感をアップさせてみましょう。インナーカラーの方がシニヨンをすると、インナーカラーがハイライトの役割を果たしてくれてふんわり感がアップします。

落ち着きがあるヘアアレンジなので、インナーカラーがしっかりとアクセントになってくれて、派手にもなりすぎずデイリー使いにぴったりのヘアアレンジになります。

アレンジ4:<編み込み>

インナーカラーを編み込みにすると、黒髪とミックスされてきれいなマーブルカラーのヘアアレンジが完成します。編み込みはいろんなヘアアレンジに取り入れることもできるので、インナーカラーのヘアアレンジにはおすすめです。

アレンジ5:<ラプンツェルヘア>

ロンアグヘアの方には、インナーカラーでのラプンツェルヘアがおすすめです。ロングヘアの髪の毛の長さと髪の毛の量があれば、ヘアアレンジのバリエーションが豊富になります。そんな中でもラプンツェルヘアは特にロングヘアだからできるヘアアレンジです。

ラプンツェルヘアは編み込みの方法によっていろんなイメージに仕上げることができます。インナーカラーの組み合わせの際は複雑であればあるほどきれいに仕上がります。

インナーカラーでおしゃれな黒髪へ

黒髪におすすめのインナーカラー11選|相性の良い髪型5つ

インナーカラーはしっかりとアクセントになってくれるヘアアレンジなので、黒髪の重くなりすぎてしまう雰囲気も一気に華やかに仕上げてくれます。ベースカラーが黒髪なら、お好みのヘアカラーで試してもカラーバランスが悪くなることはないのでGOODです。

今回は黒髪に似合うおすすめのインナーカラーをご紹介しました。セルフでも簡単にできるヘアアレンジなので、気軽に試してみることができるのでおすすめです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

黒髪にできるおしゃれなヘアスタイルはインナーカラーだけではないので、他にも黒髪がもっとおしゃれになるヘアアレンジを試してみましょう。黒髪は雰囲気次第でおしゃれに輝くことができます。

黒髪が野暮ったく見えてしまうのを防ぐにはヘアカラーを変えるのが簡単ですが、黒髪に似合うヘアスタイルに変えると黒髪の魅力を最大限引き出すことも可能です。いろんな黒髪のヘアスタイルを見て黒髪の魅力をアップさせてみましょう。

Related