Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

髪の毛を染めることはその人の印象を変えることにも繋がります。ヘアカラーによって周りに与える印象が変わったり、自分自身の気持ちにも作用することがあります。お気に入りのヘアカラーはあなたの魅力をさらに引き出してくれるでしょう。

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

ヘアカラーとは

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

現在若い人の多くは髪の毛を染めておしゃれを楽しんでいます。今や髪の毛の色を染めることは、メイクをしたり可愛い服を着たりするのと同じくらいに、おしゃれな人々には欠かせないこととなっています。

ヘアカラーは単に髪の毛の色を染めるだけではなく、その色や範囲などによって個性を表すことができます。ヘアカラーは若い女性の間で最も行われていますが、男性や歳を重ねた人であっても髪の毛の色を染めている人は多くいます。

髪の明るさのレベル

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

髪の毛の色はその人によっていろいろですが、どんな色でも明確なレベルが存在します。その人の元の髪の毛の色は、生活環境や食べ物、遺伝や精神状態などいろいろな要因からできています。

髪の毛の色を染めてなくても、生活環境によってレベルが変わることもあります。日に当たりすぎると髪の毛の色が明るくなるように、外の影響を受けることも多いです。髪の毛の色を染める前に自分の元の髪の毛のレベルを知っておくことをオススメします。

日本人の自毛は4〜6レベル

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

日本人の自毛は4〜6レベルと言われています。髪の毛の色に個人差はありますが、生まれた直後は明るく大人になるにつれて暗くなっていきます。また髪の毛の量や密度には個人差があるため、髪の毛が多かったり、密度が高い人は、髪の毛の色が暗く見えます。

4〜6レベルといえば、集会などで集まった時に見分けがつかないレベルの違いです。

7レベルで黒髪の中に個性が見える

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

6と7ではレベルは1つしか違いませんが見た目には大きな違いがあります。レベルは7になると黒髪の人と並んだ時に明確に違いがわかります。その人単体であれば髪の毛の色を染めたことには気づきませんが、髪の毛の色を染めていない人と比べると違いがわかるレベルです。

会社によってはレベル7までのヘアカラーを許しているところもあります。ビジネスマナーに引っかからないギリギリのラインがレベル7であると言えます。

8レベル以上でカラーしたと分かる明るさ

レベル8になると誰が見ても髪の毛の色を染めたことが明確にわかります。光の加減や角度によればさらに明るく見えることもあります。髪の毛の色を染めることにより個性を打ち出したいのであれば、レベル8以上のカラーリングをすることをオススメします。

レベルが上がるほど髪の毛は明るくなっていきます。初めて髪の毛を染めるという人であればレベル8から始めてみるのがよいでしょう。自分にあった髪の毛の色も探しやすいです。

髪の毛を明るい色にしたい人におすすめのカラー

髪の毛を明るい色にしたいと考えていても、具体的にどんな色にするのかで悩んでいるという人も多いでしょう。髪の毛の色はその人の雰囲気を決定づけてしまうこともあるので慎重に選ぶ必要があります。

髪の毛の色は、その人の顔や雰囲気によって似合う色というものが存在します。自身に似合う髪の毛の色にした時は、魅力を何倍にもしてくれるでしょう。逆に似合わない色にしてしまうと、魅力を半減してしまうこともあります。

カラー1:アッシュ

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

アッシュはヘアカラーの中でも最も人気のある髪の毛の色の1つです。アッシュは英語で「灰」という意味で、その名のとおり灰色を指します。アッシュ系の髪色にはいろいろなものがありますが、その特徴として艶のない髪の毛の色であることが挙げられます。

同じ灰色系の髪の毛の色でシルバーがありますが、シルバーは艶があり白く光ります。アッシュ系は鈍い色が特徴で、派手な色を好まない人にとても人気です。

アレンジ1:アッシュ

アッシュ系で最もポピュラーなのがアッシュです。髪の毛の色が派手ではなく、服装やメイクに合わせやすいので女性からの人気が高い髪色です。アッシュの特徴として光や角度で見え方が変わることが挙げられます。

角度によっては落ち着いて見えて、角度によっては個性を主張できるアッシュは近年さらに人気が高まっています。基本のアッシュを経験した後は、違う色が混ざったアッシュ系のヘアカラーにチャレンジしてみましょう。

アレンジ2:アッシュブラウン×デザインカラー

アッシュブラウンはそれ単体でも人気の髪の毛の色ですが、他の色と組み合わせることでさらにオシャレになります。単なる黒髪や茶髪では他の色と喧嘩してしまうこともありますが、主張の少ないアッシュブラウンは他の色を際立たせてくれる効果があります。

アッシュブラウンと合わせるのであれば、ピンク系かオレンジ系がオススメです。春はピンク系、秋はオレンジ系のように季節によって髪の毛のアレンジを変えてもいいでしょう。

アレンジ3:ミルクティーアッシュ

ミルクティーアッシュは柔らかい印象を与えることができるので、若い女性にとても人気があります。メイクも薄めでファッションもビビットなカラーを着ない女性にとっては、ミルクティーアッシュは合わせやすい髪色と言えるでしょう。

もちろんどの季節でもミルクティーアッシュは人気ですが、秋から冬にかけて人気が高まる傾向にあります。

アレンジ4:アッシュベージュ

アッシュベージュの髪の毛は、目鼻立ちのはっきりした顔の人によく似合います。現在はメイク術も多数開発され、外国人っぽい顔に寄せていくメイクも流行っています。色が白い人は、他の髪色だと浮いてしまう可能性がありますが、アッシュベージュであればその心配はないでしょう。

ミルクティーアッシュと同じように、秋から冬にかけて人気の高まる髪色だと言えます。

アレンジ5:ショコラブラウン

ショコラブラウンの髪色は、ピンク系のカラーととても相性がいいです。ピンクが好きでメイクにもファッションにも取り入れているという人には、ショコラブラウンをオススメします。ショコラブラウンの髪色は、ショートカットであってもロングであっても違和感のない髪色であると言えます。

巻いたりやったりすることで、また違う表情を見せてくれる髪型です。

カラー2:グレージュ

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

グレージュという名前を聞いたことがないという人もいるでしょう。グレージュとはグレーとベージュの中間の色で、両方の名前をつけて名付けられました。

グレーだと明るすぎる、ベージュだと薄すぎるという意見を持っている人にオススメの髪色です。グレージュ系の髪色は落ち着いている印象を与えてくれます。グレージュ系は現在流行りだしているところなので、今のうちに染めていれば時代を先取りすることができるでしょう。

アレンジ6:グレージュブラウン

グレージュブラウンは、グレー、ベージュ、ブラウンの三色の間をとった髪色といえば分かりやすいでしょう。グレージュブラウンは柔らかい印象を与え、パーマなど動きのある髪型にピッタリの髪色です。

グレージュ系の髪色は太陽光の下で綺麗に見えることが多いです。冬は空気が澄んでいるので、よりグレージュブラウンの髪の毛を綺麗に見せることができるでしょう。

アレンジ7:イノセントグレージュ

イノセントとは、純粋や無垢といった意味を持つ言葉です。イノセントグレージュとは、純粋でどこか幼い雰囲気を感じる髪色のことをいいます。

髪の毛を染めると大人っぽい印象になりやすいですが、イノセントグレージュは子供の純粋な雰囲気を醸し出すことができます。メイクやファッションも髪色に合わせて、派手さを抑えたものにするとよいでしょう。

アレンジ8:アッシュグレージュ

アッシュグレージュはグレージュ系で個性を出したい人にオススメの髪色です。アッシュは鈍い色なのでグレージュととても相性がいいです。もちろん長い髪の毛でも似合いますが、短髪やショートカットでもかっこいい髪色といえます。

アッシュグレージュの髪色にする人は、黒を基調としたファッションを好む傾向にあります。凛とした主張のある服との相性がピッタリです。

カラー3:ピンク

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

ピンク系のカラーは可愛らしさを表現するのにオススメです。ピンク系にはビビットなものから淡いものまで幅があり、その濃淡によって表現したいことも変わっていきます。ピンク系の髪色は現代においても多くないので、自分の個性を思う存分主張することができます。

ピンク系の髪色は、黒色と相性がいいのもポイントです。黒とピンクの組み合わせは、どこか妖艶で可愛らしい印象を与えることができます。

アレンジ9:エアリーピンク

エアリーピンクはピンク系の髪色の中でも、薄い部類に属します。軽い印象を与えるので、フワフワと可愛らしいイメージを与えやすいです。髪色が明るくなりやすいので、太陽光や強い照明の下では色が飛んで見えてしまうこともあります。

アレンジ10:ハニーピンク

ハニーピンクはツヤ感の強い髪色です。光に反射するとツヤツヤと輝くので、太陽光の下でこそ最も綺麗に見える髪色だといえます。巻いている髪型よりも、ストレートの方がより綺麗に見えるでしょう。

アレンジ11:フェミティピンク

フェミティとは女性らしさがあることを示す言葉です。つまりフェミティピンクは女性らしさをアピールするのにピッタリの髪色といえます。ピンク系の髪色は可愛らしく幼く見えてしまいがちですが、フェミティピンクであれば可愛らしさに加えて女性らしさを感じさせることができます。

アレンジ12:ピンクブラウン

ピンクブラウンの髪色は、「異性に愛されたい」と考えている人にオススメです。男性はピンクとブラウンの組み合わせが好きな傾向にあるので、ピンクブラウンが嫌いという人は少ないでしょう。ピンクとブラウンという主張の強い髪色を使いこなせていれば、おしゃれ上級者と言えそうです。

カラー4:ブラウン

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

ブラウンは街中で最も目にすることが多い髪色といっても過言ではないでしょう。初めてヘアカラーをする人であればまずブラウンに染めてみるという人も多いです。アレンジもしやすく元の髪から印象が大きく変わらないという点もポイントです。

アレンジ13:ダークブラウン

ダークブラウンはブラウン系の中でも落ち着いた印象を与える髪色です。派手さがないので、大人からの印象も良いです。セクシーなメイクやファッションと会うので、女性らしさをアピールするのにピッタリの髪色といえます。

アレンジ14:モーブブラウン

モーブブラウンは赤みがかったブラウンの髪色です。ダークブラウンでは大人しい印象を与えますが、モーブブラウンでは親しみやすい印象を与えます。ショートカットでモーブブラウンの髪色にしていれば、親近感を持ってもらえることが多いでしょう。

アレンジ15:マロンカラー

マロンカラーは一昔前では、栗色、栗茶色などと呼ばれていました。柔らかいブラウンで現在でも人気がある髪色です。ボブカットやショートボブなどの髪型と相性が良く、その人が持つ愛らしさを引き出してくれます。

おしゃれな髪色にしたいあなたにオススメ

今まで髪色を染めたことがないという人は、自分に似合う髪色がわからず悩んでしまうでしょう。また、現在髪の毛を染めている人でも、自分に似合う髪色を模索し続けているという人もいます。髪色に悩んだ時には、美容師さんに相談してみるのが一番でしょう。

病室によってはヘアカラーに定評がある美容師さんがいたりするので、予約サイトをしっかりとチェックしてみましょう。

髪の毛を明るい色にした時の注意点

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

ヘアカラーは特殊な染料で髪の毛を染めているため、ケアによって持続時間が変わっていきます。せっかく染めたのにすぐに色が落ちてしまってはもったいないです。髪の毛を明るくした時には、髪色を長続きさせるために気をつけるべきポイントがあります。

注意点1:カラーした日は髪を洗わない

染料は髪の毛に浸透していますが、水により流れ落ちてしまうことがあります。髪の毛を染めたその日には髪を洗わずにカラーを浸透させるようにしましょう。

染料は自然由来のものも多いですが少なからず化学成分が入っているので、シャンプーにより流れ落ちてしまう可能性があります。どうしても髪を洗いたいという人は、シャンプーなどを使わずにお湯で洗い流すだけにしておきましょう。

注意点2:髪の毛をすぐに乾かす

濡れた髪はダメージを負いやすいです。ダメージを負ってしまうとせっかくのヘアカラーご落ちてしまうことにも繋がりかねません。髪の毛を染めた後、シャワーを浴びた時にはすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう。髪のダメージケアの面からも有効です。

ドライヤーによってはイオンの力によりダメージケアを助けてからるものもあります。今後ヘアカラーを持続していくなら持っておいた方がいいでしょう。

注意点3:洗い流さないトリートメントを活用する

トリートメントをして空を洗い流す時には少なからず染料も洗い流してしまいます。洗い流さないトリートメントを使用することで、染料が髪にしっかりと浸透するようにしましょう。現在はヘアカラー用のトリートメントも販売されています。

トレンドカラーで髪の毛の色を楽しもう

髪の毛を明るい色にしたい|人気のヘアカラー15選・ポイント

カラーには流行があります。その年の流行色というものがありますし、季節によって映える髪色も異なります。トレンドカラーの髪色にすることで、流行の最先端のおしゃれを楽しむことができるでしょう。

黒髪グラデーションがおすすめ

現在はカラーだけでない、黒髪グラデーションが流行り始めています。あえて黒髪の中でグラデーションを作ることで個性を表すことができます。黒髪グラデーションについてもっと知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

Related