Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

暗めの髪色のハイライトヘアカラー5つ・似合うヘアアレンジ

ハイライトカラーの特徴やメッシュとの違いを説明します。どのカラーを選べばよいのか悩んでいる方の為におすすめのトレンドカラーを5つ紹介しています。また、それに合ったヘアアレンジのやり方が詳しく載っています。暗い髪をオシャレにみせたい方におすすめです。

暗めの髪色のハイライトヘアカラー5つ・似合うヘアアレンジ

ハイライトを入れたヘアカラー

暗めの髪色のハイライトヘアカラー5つ・似合うヘアアレンジ

ヘアカラーは一般的ですが、「ハイライトカラー」を入れたことはありますか。普通のヘアカラーを施した髪に比べると、ハイライトカラーを入れた髪では見た目の雰囲気がガラリと変わります。皆さんもハイライトカラーでオシャレにイメチェンしてみませんか。

ハイライトの意味

ハイライトとは、メイクでいえばコントーリングの内の白く明るい所を指します。ハイライトを入れることで小顔効果・美肌効果になり、立体感が出ます。映画やドラマ、スポーツシーンでは、一番の見所の事をハイライトと呼びます。

ヘアカラーにおいてのハイライトとは、ベースの髪色より明るめのカラーを細い線状に入れた物です。髪一面同じカラーにするのではなく、そこにハイライトを加えるのがトレンドとなっています。

ハイライトカラーとは

ハイライトカラーとは、暗めのベースの色よりも明るめの色を細めのラインでヘアカラーを入れたものを指します。幾つものハイライトカラーを入れることで髪に動きが生まれ、普通のカラーよりも魅力的に見えます。

ハイライトの他に、ローライトがあります。ハイライトはベースより明るいのに対し、ローライトはベースより暗めなものを指します。

ハイライトの効果

ハイライトを入れると、髪に立体感が出ます。特にウェーブヘアやコテで巻いた髪にハイライトが入っていると、光の屈折でよりボリューミーに見え、より魅力的な髪になります。

「3Dハイライトカラー」は、ベースのヘアカラーに加え明るめのハイライトと暗めのローライトを組み合わせてグラデーションにするもので、普通のハイライトよりもより立体的に見せる技法です。3Dにすることで外国人風の髪に近づけます。

暗めの髪色にもよく合う

最近のトレンドは、暗めのベースと明るめのハイライトカラーではっきりした陰影をつけたハイライトカラーです。

ハイライトカラーのみ入れる場合はプリンになりにくいですし、元から暗めのヘアカラーの方、バージンヘアの方にも、髪全体に大きなダメージを加えることがないので髪を広範囲に傷めたくない人にもお勧めできます。

暗めの色なら似合う洋服も自然と大人っぽくなってきますし、ドレスでもカジュアルでも何にでも合います。

ハイライトカラーを入れてみよう

ハイライトカラーを入れたい時は、まず自分の髪質・髪量を知りましょう。ハイライトカラーが合う髪質・髪量があるので、ハイライトを入れる前にそれを踏まえてから取り掛かりましょう。

次にトレンドヘアカラーを知る事です。ハイライトカラーは暗めのトレンドヘアカラーをチョイスするのがおしゃれです。ハイライトカラーの色選びは美容師と相談するか、カタログの写真を見せるかすれば悩むこともありません。

ハイライトによく合う髪質・髪量

太めの髪よりはそれより細め、毛量が多めではないほうがハイライトに向いています。ですが、太めで毛量が多くてもハイライトを入れることができます。重たくなりがちな髪もハイライトを入れることで髪に動きが生まれ、軽やかに見えます。

細すぎる髪や痛みやすい髪の方は、後のお手入れが普段以上に必要になってきますので注意が必要です。ブリーチを使う場合のハイライトはその箇所だけ髪が痛みやすくなります。

ハイライトおすすめのヘアカラー実例5つ

最近のトレンドは、暗めのヘアカラーです。トレンドヘアカラーを使いながら、ハイライトカラーが映える5つの実例をあげていきましょう。ダークブラウン、アッシュカラー、グレージュ、ピンクブラウン、暗めのブルージュカラーの5つの項目に分けてご紹介していきます。

暗めのヘアカラーにしてみたい方は、ぜひご覧ください。

おすすめ1:ダークブラウン

ダークブラウンは、極一般的なヘアカラーですが、自然に見えて人気のヘアカラーです。ハイライト初心者でも、気楽に楽しめます。暗めのヘアカラーにすることで、ハイライトカラーが映えるため、おすすめです。今まで暗めのヘアカラーにしたことがないという方は、ダークブラウンにチャレンジしてみませんか。

おすすめ2:アッシュカラー

アッシュ系は、くすんだ感じの色味で暗めのヘアカラーです。一つにアッシュといえど、さまざまな色のバリエーションがあり、カーキアッシュ・オリーブアッシュ・ピンクアッシュ・グレーアッシュなどがあります。

外国人のようなヘアスタイルにしたい方は、暗めのヘアカラーがおすすめです。

アッシュとは、青みを帯びたカラーの事を言います。日本人の髪色は黒髪ですが、赤味の強いメラニン色素をもっているので、普通にアッシュにそめるだけでは「ただの茶色」になってしまうことが多いです。

出典: https://cutee.jp/hairstyle/hair-color/1060822 |

おすすめ3:グレージュ

グレージュはその名のとおり、グレーとベージュを混ぜ合わせたような色が特徴で、上品な色味です。髪に透明感が出るので髪が軽く見え、ハイライトカラーを入れても派手になりません。

また、周りとかぶりにくいようなヘアカラーにしたい、個性を出したいという方にもおすすめです。手軽におしゃれに見える髪型なので、おすすめできます。

グレージュというのは、グレー×ベージュのヘアカラーのことで、海外セレブ風でもあり、おしゃれで余裕のある大人の外国人のような、さりげないおしゃれが楽しめます。

出典: https://cutee.jp/hairstyle/hair-color/1060822 |

おすすめ4:ピンクブラウン

ピンクブラウンは、女性らしい柔らかいヘアカラーで、可愛らしい印象を与えます。ピンクのハイライトカラーを髪の裾部分に入れたり、ピンク系のハイライトカラーを細めに入れれば、個性的で可愛い雰囲気になります。温かくて柔らかい印象を受けるヘアカラーなので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ5:暗めのブルージュカラー

ブルージュカラーもグレージュ同様、名のとおりブルーとベージュを混ぜ合わせたようなヘアカラーです。色味を暗めにすることでよりハイライトカラーが映えます。画像のようにグラデーションにしても綺麗です。

ブルージュカラーは黒髪との相性が良く、浮いて見えにくいため、ベージュ系のカラーにしてみたい方や、さりげないおしゃれを楽しみたいという方におすすめです。

自分に合ったハイライトカラーを探すならこちら

ホットペッパービューティーでは、上記おすすめのハイライトカラーの他、多種・多様なカラーやスタイルを紹介しています。お気に入りのヘアスタイル、サロンを探すならホットペッパービューティーです。

ジャンルや場所別に項目が分かれているため、探したい情報が見つけやすいです。トレンドを積極的に取り入れたいという方は、ぜひヘアスタイルやヘアカラーを変えるときの参考にしてみてください。

ハイライトのヘアカラーに合うヘアアレンジ

ハイライトのヘアカラーに合うのは巻き髪ですが、巻き髪でなくてもアレンジ次第でハイライトが活きてきます。ハイライトを際出させるコツは、いかにハイライト部分を光反射させるかです。重要視するのは「崩しと髪の流れ」です。

トレンドは、堅苦しくならずカジュアルな感じに見せる「崩し」によってこなれ感を出すことです。

では、ショートヘアからロングヘアまでのハイライトに合ったお勧めのヘアアレンジを見ていきましょう。

ショート

無造作ヘアもこなれ感を出すのによい方法ですが、女性らしいアレンジとしては、アシメに分け目を分けてから髪をコテで巻き、マットワックスなどで毛の束を摘みながら髪の流れを作ってあげると明るめな部分と暗めな部分がくっきりとし、綺麗に見えます。

暗めのヘアカラーでもハイライトがあることで髪の流れがくっきりと見え、ショートヘアが華やかなショートヘアになります。

ボブ

全部アップにしても良いですし、編みこみを入れて崩しハーフアップにしても可愛いです。

簡単にできるのにとてもおしゃれに見えるため、とてもおすすめです。無造作にキメたいのなら、まずスタイリングしやすいようコテで髪を巻きクセを付けます。そしてカチューシャやヘアピンを使って髪をアップし、無造作にとめるだけです。襟足はアイロンでまばらにクセをつけましょう。

最近トレンドのパッツンカットのミディアムは、暗めのヘアカラーが一押しです。

セミロング

こなれ感を出すには、基本は「崩す」ことが大切です。

ハーフアップのポニーを作ったら崩してラフなスタイルにします。編みこみをした時も崩しましょう。ラフなヘアスタイルとハイライトカラーはとても合います。後れ毛がよりセクシーに演出してくれます。かっちり決めるより、崩してルーズ感を出した方が可愛らしい雰囲気になるでしょう。おしゃれな崩し方を研究しましょう。

ロング

ロングヘアはそのままでも十分魅力的ですが、気分を変え今日はアレンジしてみたいなと思ったら、お勧めはポニーテールとハーフアップです。

ハイライトを十分に活かせるアレンジを、2つの項目に分けてご紹介していきます。ロングヘアは、できるヘアアレンジの幅がひろいので、何もしないのはもったいないです。その日の気分や出かける先、イベントなどに合わせて、いろんな髪型にチャレンジしてみませんか。

ポニーテール

ポニーを楽にトップ位置にする方法として、「2パートポニー」があります。

やり方は、高い位置でハーフアップにしてクリップでホールドして、残りの下の髪をポニーテールにします。そして、クリップで留めておいた髪をブラシで整え、下パートポニーの真上にもう一つのポニーを作り、髪を広げながらおろしましょう。

こうすることで、ポニーにボリュームが生まれ、ハイライトの部分と暗めの部分がくっきり見えます。

ハーフアップ

ロングヘアの方で手軽にヘアスタイルを変えたいという方は、ハーフアップが良いでしょう。その中でもおすすめは、「ねじりハーフアップ」です。シンプルなハーフアップよりも、編みこみやねじりハーフアップにした方が、ハイライトカラーには合っています。髪にねじりやウェーブがあると、光に照らされた部分が、くっきり見えます。

暗めの髪色からスタイルチェンジ

今までの明るめの髪色から、暗めの髪色にするだけでもイメージが変わりますが、そこにハイライトカラーを入れると一層オシャレ感が増します。外国人のようなヘアスタイルを目指すなら断然暗め+ハイライトです。

真っ黒なベースに、パープルやブルーなどの奇抜な色をハイライトに入れるのも、おしゃれです。個性的でおしゃれな黒髪になります。周囲の視線を集めることができるでしょう。

新しい自分を楽しもう

暗めの髪色とハイライトがどのように魅力的にみせてくれるのかお分かりになったでしょうか。

新しいヘアスタイルに自分なりのアレンジを加えたら、もう今までの自分スタイルにはもうさよなら、きっと新しくなった自分に自身が持てるはずです。

以下の「髪色ベースにおすすめのメッシュのカラー10選・似合う髪型」と「黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪型」は黒髪の方におすすめの記事です。ぜひご覧ください。

Related