Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月27日

ボブの人にお勧めのインナーカラー8色・インナーカラーの入れ方

モデルや芸能人を中心に大流行中の人気のボブヘアには、髪の内側だけを違う色にカラーリングするインナーカラーがおすすめです。今回はボブヘアーにおすすめのインナーカラー8色とインナーカラーの入れ方についてご紹介します。記事を参考にぜひ挑戦してください。

ボブの人にお勧めのインナーカラー8色・インナーカラーの入れ方

インナーカラーはこんな人におすすめ

ボブの人にお勧めのインナーカラー8色・インナーカラーの入れ方

おしゃれのアクセントとして人気のヘアカラーがインナーカラーです。

インナーカラーは、髪の内側に隠れカラーを入れるカラーリングの方法のことで、髪をかき上げたときや、アレンジをしたときにチラリと見えるカラーが可愛いと人気があります。

インナーカラーは、入れる色でさまざまな雰囲気を演出することができるので、おしゃれにこだわりにある人や、人とは違う個性を主張したい人におすすめです。

垢抜けたい

ボブの人にお勧めのインナーカラー8色・インナーカラーの入れ方

インナーカラーは、垢抜けて見せたい人にぴったりのカラーです。

髪の表面に入れているカラーとは、まったく違うアクセントの隠しカラーが入った髪型は、スタイリッシュで都会的で、ワンランク上のおしゃれ上級者のような印象になります。

髪の表面のカラーと対照的な、カラーを選ぶことで、インナーカラーがチラリと見えたときの印象が強く残るのでより垢抜けた印象を演出できるのでおすすめです。

髪に違う色を入れてみたい

ボブの人にお勧めのインナーカラー8色・インナーカラーの入れ方

髪色を変えたことがないカラーリング初心者の人や、髪全体に使うには勇気がいるカラーもインナーカラーでは失敗なく挑戦することができます。

髪の内側にアクセントカラーとして入れるインナーカラーは、髪全体では挑戦するのに躊躇してしまうような明るいカラーや、赤や青のようなビビットなカラーや原色もぴったりのカラーです。

髪に違う色を試してみたい時にはインナーカラーが気軽に楽しむことができます。

ボブの人におすすめのインナーカラー8色

ボブの人にお勧めのインナーカラー8色・インナーカラーの入れ方

ボブヘアは髪に動きがあり、インナーカラーが似合うおすすめの髪型です。モデルや海外セレブを中心に人気のボブヘアですが、黒髪や暗いカラーリングでは重たい印象にみえます。

インナーカラーは重たく見えてしまうボブヘアも、おしゃれで個性的な雰囲気にしてくれるおすすめカラーです。

ここでは、ボブヘアにおすすめのインナーカラーについて8つご紹介しますので、記事を参考に自分にぴったりのカラーを見つけてください。

カラー1:青

ボブヘアにおすすめのインナーカラー1つめは「青色」です。

ボブヘアは女性らしいシルエットで、かわいい印象になりやすい髪型ですが、インナーカラーに寒色系の青色を取り入れることで、洗練されたかっこいい印象になります。クールでかっこいい印象に憧れる人には、黒髪に青色のインナーカラーが相性が良くおすすめです。

カラー2:ピンク

ボブヘアにおすすめのインナーカラー2つめは「ピンク」です。女性らしい印象のボブヘアは、ガーリーなピンクのインナーカラーをプラスすることで、存在感のあるフェミニンで愛らしい雰囲気になります。

黒髪やダークカラーがベースにピンクのインナーカラーは、都会的でスタイリッシュな印象の雰囲気がお好みの方に、ハイトーンのベースカラーにピンクのインナーカラーは、個性のあるかわいい雰囲気がお好みの方におすすめです。

カラー3:緑

ボブヘアにおすすめのインナーカラー3つめは寒色カラーの「緑色」です。

緑のインナーカラーは、明るい緑や暗めの緑で違った印象になりますので、ボブヘアに取り入れることで個性があるおしゃれな雰囲気が演出できます。おしゃれのアクセントとしてインナーカラーを楽しみたい方には、明るめの派手な緑が、インナーカラー初心者の方や、落ち着いた雰囲気がお好みの方はアッシュ系の緑を選んでください。

カラー4:赤

ボブヘアーにおすすめのインナーカラー4つめは「赤色」です。

色っぽく妖艶な印象を与えてくれる赤色をインナーカラーに取り入れることで、幼くみえてしまうボブヘアも大人っぽい雰囲気になります。フルカラーでも人気のある赤色ですが、インナーカラーに取り入れることで、存在感のある強い印象と魅力が表現できるので、個性を主張したい方に人気があるカラーです。

カラー5:ベージュ

ボブヘアにおすすめのインナーカラー5つめは「ベージュ」です。

ベースカラーで定番のベージュカラーもインナーカラーに取り入れるとナチュラルなのに、スタイリッシュで垢抜けた印象をあたえてくれます。ベージュは、派手になりすぎず、挑戦しやすい髪色ですので、初めてインナーカラーに挑戦する方や、派手なカラーが苦手な方に人気があるカラーです。

カラー6:グレージュ

ボブヘアにおすすめのインナーカラー6つめは「グレージュ」です。

グレージュは、グレーがかったベージュのハイトーンのことで、インナーカラーに入れることでアクセントになるのでおしゃれ上級者に人気があります。

グレージュのインナーカラーは、ボブヘアに取り入れることで、おしゃれのアクセントになるだけではなく、髪に立体感をあたえて、全体のシルエットを軽くみせてくれる万能カラーです。

カラー7:オレンジ

ボブヘアにおすすめのインナーカラー7つめは「オレンジ」です。

元気な印象を与えてくれるオレンジカラーですが、ロングヘアに入れると主張が強過ぎてしまう場合がありますが、ボブヘアのインナーカラーに選ぶと、甘すぎないフェミニンで可愛い雰囲気になります。

明るく元気な雰囲気にぴったりのオレンジカラーは、暖かい時期には特におすすめのカラーです。

カラー8:紫

ボブヘアのインナーカラーにおすすめのカラー8つめは「紫色」です。紫色には、青味がかった落ち着いた紫色から、ピンクよりの赤みの強い明るめの紫色まで、さまざまな色合いがありますが、どの紫色も可愛らしいシルエットのボブヘアに取り入れることで女子力が高くなります。

落ち着いた紫色は妖艶で大人っぽい印象になり、明るい紫色は無垢で可愛らしいイメージです。

インナーカラー初心者さんにおすすめのサービス

インナーカラー初心者さんにおすすめのサービスが「ホットペッパービューティ」です。

ホットペッパービューティーは全国の美容室をネットで予約できる美容専用サイトで、美容室の得意なジャンルやイメージに合わせてお店の予約ができます。

カラーリングが得意な美容室もたくさん載っていますので、インナーカラー初心者の方は、美容師さんと相談しながらカラーリングできるので安心できておすすめです。

インナーカラーの入れ方

ボブの人にお勧めのインナーカラー8色・インナーカラーの入れ方

インナーカラーは、髪の内側部分にベースカラーとは違う色味をカラーリングする必要があります。インナーカラーの入れ方の方法には、大きくわけて2種類あり、1日だけ楽しむワンデータイプと、3週間ほど色持ちのする自毛をカラーブリーチやマニキュアで色を変える方法です。

ここでは、インナーカラーの入れ方と入れ方のポイントについてご紹介します。

美容院

インナーカラーは美容院でも入れることができます。

ボブヘアにインナーカラーを入れる場合は、セルフでは届かない場所のカラーリングや、髪をブリーチでカラーリングしてから入れる特殊なカラーに挑戦したいときは、美容院で入れることで、失敗することなく理想どおりに仕上げてくれるので安心です。

美容室でインナーカラーをオーダーするときは、美容師さんがイメージしやすいようにカラーや入れ方を伝えるようにしてください。

セルフ

髪を部分的にカラーリングするインナーカラーは、簡単にセルフでカラーリングすることができます。

ナチュラルなカラーやダークトーンのインナーカラーの場合は、市販のカラーリング剤を使用してセルフですることができるので、気軽に気分転換したいときや、お金をかけずにおしゃれを楽しみたいときにおすすめです。

技術が必要な特殊なカラーやインナーカラー初心者の方には、プロにお任せできる美容室出の施術をおすすめします。

ボブの人にはインナーカラーがおすすめ

ボブヘアの人は、インナーカラーを入れることでさまざまな雰囲気を楽しむことができるのでおすすめです。ロングヘアの方に比べてアレンジがしにくく、スタイリングがマンネリ化しやすいボブヘアは、インナーカラーを入れることで印象を変えてスタイリングを楽しむことができます。

ボブの人におすすめのヘアアレンジ

ボブヘアはヘアアレンジをするだけでガラリと印象を変えることができます。ヘアアレンジには、巻き髪や三つ編みのようにさまざまな方法がありますが、ボブヘアには長さが足りなかったり難しいヘアアレンジもありますが、インナーカラーはボブにヘアにおすすめのアレンジです。

インナーカラーが入ったボブヘアは、耳にかけるだけでも雰囲気が変わるおすすめのアレンジですのでぜひ挑戦してください。

Related