Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月23日

黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪形

黒髪グラデーションという言葉をご存知ですか。海外セレブがヘアカラーにグラデーションを取り入れたことから、日本でも取り入れられ、トレンドになっています。日本人の黒髪をベースにしたグラデーションカラーを黒髪グラデーションといい、そのメリットや魅力を紹介します

黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪形

グラデーションカラーとは

黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪形

グラデーションカラーは、一つの色が徐々に他の色に変わっていく様子をいいます。古くからテキスタイルやファブリックが染める手法とされていましたが、ヘアカラーにも応用されるようになりました。

グラデーションカラーとは、根元から毛先にかけてだんだん明るくなっていくヘアカラーの事で、徐々に色合いが他の色合いに変わっていく手法です。

根元のダメージが少ない

グラデーションカラーは、根元から毛先にかけて明るくなっていくヘアカラーです。トップの根元を暗い色にしておけば、髪の毛が伸びてきても根元の黒髪が目立ちにくく、リタッチの回数が少なくて済みます。

リタッチの回数が減らせるということは、髪の毛に与えるダメージが少なくなるということです。他のメリットとしては、毛先のみなのでハイトーンにチャレンジしやすいこと、トップが暗めなので、厳しい職場でも大丈夫なことなどがあります。

自然な色合いに仕上がる

日本人のイメージはつややかな黒髪ですが、髪質によってはグラデーションカラーで透明感をプラスすることで、大人感が出ます。ダークカラーをベースにして、黒髪に近い色味だと、深みのある透明感が出て、自然な色合いに仕上がります

黒髪と変わらないグラデーションカラーは、光によって見え方が変わったり、室内と屋外でも変わるので、さりげないおしゃれになります。

プリンを気にする必要がない

ヘアカラーをすると、色落ちしていくときに赤っぽくなったり、伸びた部分がプリンのようになってきます。しかし、グラデーションカラーにすると根元は地色に近い色味なので、伸びてきても目立ちません。

特にショートヘアの方はプリンが気になるでしょう。しかし、グラデーションカラーなら、毛先に向かって明るくなっていくため、新しく生えてきた髪との境目が目立ちにくいので、プリンを気にする必要がありません。

黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選

黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪形

黒髪は色合いから重い印象になりがちですが、毛先にカラーを入れることで、黒髪ベースでも軽く見えるようになります。黒髪をベースに、入れるカラーによって女性らしさや可愛さ、大人の色気などを表現することができまます。

黒髪グラデーションカラーに、似合うカラーを考えた時、明るめ、暗い目によって見え方が変わってくるアッシュ系を毛先に入れるのが人気です。また、グラデーションカラーは色味の自由度が高いのも人気です。

カラー1:ミルクティーアッシュ

アッシュとは、青みを帯びたカラーの事を言います。日本人の髪色は黒髪ですが、赤味の強いメラニン色素をもっているので、普通にアッシュにそめるだけでは「ただの茶色」になってしまうことが多いです。

ミルクティーアッシュは、はじめにブルーで赤味を消してからミルクティーベージュを重ねますが、ミルクティーっぽくするには少し明るめに仕上げます。透明感と柔らかい質感を演出するには、ベージュ系が良いでしょう。

カラー2:ブルー

ブルーカラーは新鮮な色ですが、単色だとかなりインパクトが強いでしょう。ブルーカラーでも黒髪グラデーションなら違和感なくキレイですし、ブルーの単色はためらうことがあっても、グラデーションなら手を出しやすいでしょう。

黒髪ロングなら挑戦しにくいブルーでも、きれいで大人っぽいヘアスタイルになります。また、個性的でマーメイドのようなイメージになるので、夏にピッタリです。

カラー3:グレージュ

グレージュの黒髪グラデーションカラーは馴染みやすく、外国人のような自然なヘアカラーになり、また、透明感があるので、派手すぎないのも良い点です。グレージュカラーは、おしゃれ女子の間で大人気の髪色です。

グレージュというのは、グレー×ベージュのヘアカラーのことで、海外セレブ風でもあり、おしゃれで余裕のある大人の外国人のような、さりげないおしゃれが楽しめます。

カラー4:ピンク

スイートな甘さのピンクも、黒髪ベースのグラデーションなら取り入れやすいでしょう。ピンクグラデーションも、黒髪がベースなら明るい目のトーンでも黒髪に溶け込んで、甘い女の子らしさを演出できます

くすんだグラデーションカラーなら大人っぽい雰囲気にもなるので、ピンク系のカラーも取り入れやすいでしょう。毛先数センチの遊び心でも、目を惹くおしゃれさんになれます。

カラー5:グリーン

グリーンもブルーとおなじく個性的なカラーですが、ベースをアッシュカラーにしたり、黒髪グラデーションなら、抜け感があってオシャレです。グリーンの黒髪グラデーションは、派手さを抑えながらも、色の変化がきれいに強調され、個性的なグラデーションカラーにしたい方におすすめです。

ブルー同様、グリーンも取り入れにくいカラーですが、ブルーと同じく、マーメイドのようなイメージが作れるため、夏にピッタリのカラーです。

カラー6:レッド

ピンク系のカラーは人気ですが、もう少し個性を出したい方はレッドをおすすめします。ピンク系や赤系は、色白効果を高めてくれ、ショートからロングまで、黒髪グラデーションを楽しめる色です。

毛先になるにつれて赤味が強くなるレッドは、意外となじみが良いのが魅力です。

カラー7:ハイトーン

ハイトーンというのは、低ダメージブリーチで、色素をしっかりと抜いて白に近づけるカラーです。ブリーチを3回以上することで、ホワイトグレーの透明感がでて、ブリーチを入れてのハイライトカラーで、立体感のある、外国人風カラーになります。

カラー8:オレンジ

ポップな雰囲気にしたいけれど、派手すぎにはなりたくない人におすすめなのが、黒髪プラスオレンジです。オレンジ系を加えると、女の子らしい元気な印象になり、オレンジでも絵の具のようなカラーからさりげないオレンジと色々あります。

また、グラデーションにすることで、飽きにくくもなります。オレンジやブラウンはベージュ系のヘアカラーの相性が良く、日本人の肌とも良くなじみます

カラー9:パープル

パープルというとよく年配の方が染めておられるのを目にします。しかし、黒髪グラデーションにパープルを使うとワンランク上のおしゃれなヘアーに変わります。暗めのパープルだと、黒髪に自然になじみ、派手すぎない色味なので、初めてグラデーションカラーに挑戦する方におすすめです。

全体的にハイトーンなカラーの毛先にパープルを入れるとアンニュイな印象になり、色落ちしてもさらになじむ色になるでしょう。

カラー10:シルバー

黒髪グラデーションのシルバーにするには、まずブリーチをして、グラデーションのベースを作り明るくします。次に濃厚なバイオレットアッシュでシルバーに仕上げます。シルバーカラーは、黒髪だからこそ合わせられるカラーで、アレンジを特にしなくてもおしゃれに見えて大変人気があります。また、クールで涼しげな印象になります。

ヘアーカラースプレー ルービーズジャパン

シュッと一振りで、髪の毛が思いの色に染まるスプレータイプのヘアーカラーです。シャンプーで簡単に落ちます。スプレータイプのヘアカラーは、ブリーチなしでカラーが入るので、簡単で、髪が痛まないのが人気です。

黒髪グラデーションが似合う髪型

黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪形

黒髪グラデーションはショートからロングまで、似合います。ロングは抜け感が外国人風だったり、ハイトーンカラーならインパクトがありパープルはセクシーで、アレンジすると可愛くなり、ミディアムは女っぽく決められ、ショートボブはナチュラルなグラデーションで印象的になります。

外はねミディアムヘア

伸ばしかけのボブや、ハネやすいミディアムスタイルも外ハネにすれば、決まります。伸ばしかけのボブスタイルは、顔周りを長くした前下がりでシュッとシャープに見えます。また、エラが張っている人がショートボブにする場合も外ハネにすると小顔効果があります。

外ハネミディアムは、寒色系のグラデーションカラーとの相性が良く、個性をアピールするのに良いでしょう。

ゆるふわロング

ゆるふわな髪型は、柔らかで優しい印象になるため、人気の高い髪型です。ゆるふわロングなら、旨の下まであるロングでも重く見えず、透明感のあるグラデーションカラーなら、外国人風で柔らかな印象になります。

アレンジをすると魅力が増し、動くたびに揺れるポニーテールはグラデーションカラーがアクセントになり、編み込み風にすると、女性らしい上品さを演出できます。品があり、個性も出せるグラデーションカラーの魅力です。

アンニュイカールボブ

黒髪グラデーションは、透明感や立体感を出してくれるので、ショートにピッタリなカラーです。グラデーションカラーは、外国人風の演出ができ、暗色系でもふわっとしたアンニュイな雰囲気になり、重くなりません

ショートボブは、前髪を長めにすることで、アンニュイな雰囲気に仕上がります。黒髪グラデーションなら、抜け感が出せます。ただし、ボサボサのような「手抜き感」がでないように、スタイリング剤などでケアしましょう。

黒髪グラデーションで他の人と差をつけよう

今、トレンドなのは、黒髪・暗髪です。トレンドははずしたくないけれど、他の人と同じではイヤだという方には、黒髪グラデーションがおすすめです。ダークトーン、ダークカラーなどは黒髪に近く、大人っぽい雰囲気になると人気で、また使い方によっては外国人風にもなれるので、注目のカラーです。

黒髪グラデーションは、カラーによっては雰囲気が全く違い、個性を出すのにぴったりで、カラーは暗めが大人セクシーな印象です。

髪の染め方について知っておこう

ヘアカラーはたくさんあり、自分に合うカラーを見つけるのも大変です。ヘアカラーというのは、一度脱色して、目的の色に染め上げるという事です。染める前はシャンプーだけにしておきます。

ヘアカラーは、好みの色に染めることができるのがメリットですが、アルカリや酸化剤を使っているため、髪が乾燥しやすくなるので、トリートメントなどで潤いを与えることが大切です。また、パッチテストは忘れずにしましょう。

Related