Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月26日

黒髪の人に似合うインナーカラー10選・入れるメリット

みなさんはインナーカラーについてどの程度知っていますか。黒髪にインナーカラーをいれることで垢抜けたりするなどイメージが変わってきます。そんな黒髪に入れるインナーカラーはどんな色がオススメなのかなど、インナーカラーを詳しく紹介しています。

黒髪の人に似合うインナーカラー10選・入れるメリット

インナーカラーとは

インナーカラーとは、髪の毛の内側だけを好きな色に染めるヘアカラーのことをさしています。そんなインナーカラーには、たくさんのメリットがあるので、そのメリットを詳しく紹介します。

仕事で髪色が厳しい人におすすめ

インナーカラーをする最大のメリットは、髪の毛全体を派手なカラーで染めると目立ちますが、インナーカラーは髪の毛の内側だけを染めるため奇抜なカラーをいれても、地毛が上からかぶるため見た目はかわりません。

そのため仕事などで髪色に指定があってもヘアカラーを楽しめます。しかしインナーカラーも100%隠せません。そのため絶対にバレたくない人は、美容師さんに相談しながら染めることをおすすめします。

ヘアアレンジが楽しめる

インナーカラーが1番魅力的なのは、ヘアアレンジをしたときになります。

インナーカラーは、普段は黒髪の中に隠れており、ふとした瞬間に見える程度ですが、ヘアアレンジをすることで黒髪に派手なインナーカラーがアクセントになり、最高に可愛いく魅力的になるため、いろいろなヘアアレンジを楽しむことができます。

またヘアアレンジが苦手でも、ヘアゴムでただ結ぶだけでも黒髪にインナーカラーが映えるため魅力的です。

黒髪の人に似合うインナーカラー10選

インナーカラーのことや、インナーカラーをするメリットなどを詳しく紹介しましたが、そんなインナーカラーには豊富にカラーがあり、もちろん黒髪に似合うインナーカラーも存在しています。そのおすすめのインナーカラーを詳しく紹介するので、ぜひインナーカラーを選ぶときの参考にしてください。

インナーカラー1:赤

黒髪の方に似合うインナーカラー①は「赤色」です。この赤色の特徴は、活発な格好よさと可愛さの両方を兼ねているカラーです。そんな赤色のインナーカラーは、黒髪にインナーカラーとして入れることで、赤色が強いアクセントになっています。

またこの赤色は、コンサバ系の女性に人気のある色になっており、普段は綺麗で大人しい印象がありますが、そんな女性がインナーカラーに赤色を入れると赤色がスパイスになってくれます。

インナーカラー2:ピンク

黒髪の方に似合うインナーカラー②は「ピンク」です。ピンクのインナーカラーは、女の子らしく可愛らしいスタイルの方におすすめのカラーになります。

また同じピンクでも、淡いピンクのインナーカラーならフワッとした雰囲気になりますし、ビビットなピンクを黒髪に入れるとモダンな雰囲気になるなど、色によって雰囲気が異なるため自身のなりたい雰囲気に合わせたピンクを選んでください。

インナーカラー3:グレー

黒髪の方に似合うインナーカラー③は「グレー」です。そんなグレーは、インナーカラーの中でも人気のある色になります。またグレーは黒髪にいれることで、グラデーションのようになり、黒髪に立体感がでてより綺麗に見えます。

しかし明るいグレーを黒髪に入れると逆に目立ってしまう場合もあるため、バレたくない場合には、暗めのグレーを選ぶことで黒髪と馴染んでくれるためオススメです。

インナーカラー4:青

黒髪の方に似合うインナーカラー④は「青」です。クールなイメージにしたい人は、青のインナーカラーがおすすめです。また青色は黒髪に馴染みやすく、暗めのカラーでまとめることで奇抜になりにくいです。

また夏になると、青色のインナーカラーが爽やかなイメージになります。また青色のインナーカラーは、同じインナーカラーの中でも入れることでおしゃれ上級者のように感じられる雰囲気があります。

インナーカラー5:緑

黒髪の方に似合うインナーカラー⑤は「緑」です。緑のインナーカラーは、周囲との差を付けたいと考えている個性的な人におすすめします。同じ緑のインナーカラーは、濃い色のグリーンなら黒髪のアクセントになりますし、淡い色ならふんわりとした優しいイメージにすることができます。

また緑はもとから、黄色味のある肌に合いやすいカラーになり、日本人の顔立ちにも合うと言われているためおすすめなカラーです。

インナーカラー6:黄色

黒髪の方に似合うインナーカラー⑥は「黄色」です。黄色と言われるとどうしても派手になるイメージになります。しかしインナーカラーで黄色を入れることで、派手なイメージになりません。黄色はインパクトのあるカラーですが、黒髪との相性もバッチリなためとても栄えてオススメなカラーになります。

また黒髪だけなく、ブラウンの髪色でもとても相性がいいので、いろんな方が楽しめるインナーカラーになります。

インナーカラー7:オレンジ

黒髪の方に似合うインナーカラー⑦は「オレンジ」です。オレンジは、色の中でもビタミンカラーになるため、明るく元気な気分に盛り上げてくれるカラーになります。しかしそんなオレンジは、派手すぎるために髪全体に染めるのは勇気がいりますが、インナーカラーで使うことで、ふとした瞬間に覗くオレンジが見えるのがとても素敵です。

そんなオレンジ色と黒髪の相性はとてもよく、暗い黒髪に明るいオレンジはとても栄えます。

インナーカラー8:紫

黒髪の方に似合うインナーカラー⑧は「紫」です。紫は、ヘアスタイルに透明感を足したいと考える人に、おすすめしたいカラーになります。

そんな紫は、赤よりも強いインパクトはなく、青ほどクールな印象は与えません。しかし赤と青の両方の色のメリットを合せもつカラーになります。また同じ紫でも赤っぽい色~青っぽい色までカラーに幅があるのが特徴になるため、試せる範囲が広いのが特徴です。

インナーカラー9:ハイトーン

黒髪の方に似合うインナーカラー⑨は「ハイトーン」です。ハイトーンを黒髪に入れることで、ペッタンコな髪質の人でも立体的に見えます。そんなハイトーンにもたくさんの色がありますが、ギャップを付けたいと考える場合には「ゴールド」がオススメです。

ゴールドは強い膨張色なため、そのゴールドを髪全体に入れると顔の輪郭が大きくなって見えてしまいますが、インナーカラーに使うことでスタイリッシュに見せられます。

インナーカラー10:レインボー

黒髪の方に似合うインナーカラー⑩は「レインボー」です。このレインボーは、何種類ものカラーを混ぜたカラフルなインナーカラーになります。レインボーは、寒色系~暖色系までまとめて使うためとても個性的ですが、見る方向によって印象が変わるインナーカラーになります。

また、たくさんあるインナーカラーの中から、1色にだけを選ぶのが難しいときにも、複数選ぶことができるレインボーはおすすのインナーカラーになります。

髪色は洗い流さないトリートメントで維持しよう!

せっかくインナーカラーを入れたのなら、その髪色を長持ちさせたいです。そんな髪色を持続させるポイントは、髪の毛を「紫外線・摩擦・乾燥」から守ってあげることになります。

そこでオススメなのが、流さないタイプのトリートメントになり、その中でもオイル系のトリートメントがオススメです。その中でも今回オススメしたいのが「リシリッチシリーズ 」になり、50種類のオーガニック植物オイルなどがバランスよく入っています。

黒髪にインナーカラーを入れるメリット

黒髪に入れるオススメのインナーカラーを紹介してきましたが、そんなインナーカラーを黒髪に入れるメリットはあるのでしょうか。もちろんインナーカラーを黒髪に入れるメリットはあります。そのインナーカラーを黒髪に入れるメリットを詳しく紹介します。

垢抜けた印象になる

黒髪の所々から見えるインナーカラーは、とてもおしゃれになるため、ただの黒髪よりもインナーカラーを入れることで垢抜けた印象が強くなります。そのため、黒髪にインナーカラーを入れている人はおしゃれ上級者のように見える特徴があります。

また黒髪にカラフルなインナーカラーを入れることで、黒髪からときどき覗くインナーカラーがさまざま表情をみせてくれます。

髪のダメージが少ない

髪の毛を染めると髪の毛にダメージが生まれます。それがカラフルなカラーを入れるために、一度脱色するためより傷みます。それが髪毛全体になると、綺麗に染めても手触りが悪くなり、後々くすんだ色になる可能性が高いです。

インナーカラーにすると、髪全体を染めるわけではないため、髪の毛のダメージが少なくてすみます。また髪の毛の内だけを染めることで、外側の髪の毛は傷んでいないので綺麗に見えます。

気分によってカラーチェンジできる

髪の毛をインナーカラーのような派手な色に、髪の毛全体を染めるのはとても勇気がいります。インナーカラーの場合だと、染めるのが髪の毛の内側の部分だけになるため、染めても奇抜になりにくいため簡単に染めることができます。そのため、そのときの気分でインナーカラーを変えることができます。

黒髪で印象を変えたい人はインナーカラーがオススメ

黒髪はとても綺麗ですが、そのままだと髪の毛全体が重たく感じられ、野暮ったい雰囲気がとれません。そのため、長期的に黒髪でいる人は、ヘアカラーに変化が欲しいと感じています。

髪の毛全体を染めるのにはなかなか勇気が出なかったり、職場などの規定などで染められない場合にオススメなのが、内側だけを染められるインナーカラーになります。ぜひ好きなカラーを選んで変化を楽しんでください。

インナーカラーについてもっと知ろう

紹介しているインナーカラーには、たくさんのメリットがあります。そんなインナーカラーは豊富に色が作れるため、自身のなりたいイメージや雰囲気に合わせて色が選べます。

また髪の毛が傷みにくく、髪の毛が伸びて根元の色が出てきてもあまり気になりません。そんな紹介したインナーカラーの情報はほんの一部です。インナーカラーのことをもっと知ってインナーカラーの世界をもっと楽しみましょう。

黒髪ヘアカラー

Related

セルフカラーを綺麗に仕上げるコツ6つ|道具・お勧めヘアカラー

サロンでカラーリングをしてもらうことはあっても、自宅でセルフカラーをしたことはあまりないという女性は多いのではないでしょうか。しかしカラーリングだけだとお金がかかるという場合、セルフカラーをしてみてはいかがですか。今回はセルフカラーについてご紹介します。
セルフカラーを綺麗に仕上げるコツ6つ|道具・お勧めヘアカラー

黒髪ベースにおすすめのメッシュのカラー10選・似合う髪型

女性をきれいに見せてくれる憧れの髪型黒髪は、髪型によっては重くやぼったい印象になりますが、黒髪をベースにメッシュを入れると軽やかでおしゃれな雰囲気になっておすすめです。今回は黒髪ベースにおすすめのメッシュのカラーや黒髪メッシュが似合う髪型をご紹介します。
黒髪ベースにおすすめのメッシュのカラー10選・似合う髪型

人気を集めるピンクの髪色10選・染め方の種類5つ

人気の高いピンクの髪色にはさまざまな種類があります。ピンクカラーは種類が豊富で、明るめのピンクの髪色から暗めのピンクの髪色など、自分の好みによって選ぶことができます。可愛らしい髪色になりたいと考えている方は、ピンクの髪色の染め方なども参考に変えてみましょう。
人気を集めるピンクの髪色10選・染め方の種類5つ

黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪形

黒髪グラデーションという言葉をご存知ですか。海外セレブがヘアカラーにグラデーションを取り入れたことから、日本でも取り入れられ、トレンドになっています。日本人の黒髪をベースにしたグラデーションカラーを黒髪グラデーションといい、そのメリットや魅力を紹介します
黒髪グラデーションのおすすめのカラー10選・似合う髪形

黒髪美人の特徴7コ|ヘアスタイル/ケア方法/芸能人

最近若い女性の間で黒髪がブームになっていることをご存知でしょうか。この記事では男性受け抜群の黒髪美人の特徴や、黒髪美人になるためのヘアケア方法などをご紹介しています。ぜひ毎日丁寧に髪の毛のお手入れをして、黒髪美人を目指してみてください。
モテ女黒髪美人
2018年12月14日
黒髪美人の特徴7コ|ヘアスタイル/ケア方法/芸能人