Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月30日

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

近頃「ボタニカル」という言葉をよく見かけるようになりましたが、本来の意味をご存知でしょうか。また、似たようなイメージがある「オーガニック」という言葉とは何が異なるのでしょうか。ボタニカルについて興味がある方は、ぜひご覧ください。

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

ボタニカルとオーガニックの違い

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

ボタニカルとオーガニックの違いをご存知でしょうか。どちらもナチュラルで自然派というイメージがありますが、具体的には何が違うのでしょうか。

実は、ボタニカルとオーガニックは似ていますがボタニカルの一種がオーガニックという位置づけになっています。その他にも細かい違いがあります。ぜひ、この機会にボタニカルとオーガニックの違いを学んでみてはいかがでしょうか。

ボタニカルの本来の意味

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

ボタニカルの本来の意味をご存知でしょうか。ボタニカルは英語で「botanical」と表記します。「植物の」「植物から作られた」という意味があります。主に植物由来成分を使っていることを表す言葉ですが、モチーフとして使われることもあります。

例えば「ボタニカルファッション」のように、ファッション用語として使う場合は植物をモチーフにしたデザインのことを意味しています。

オーガニックとは

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

オーガニックとは、有機栽培を意味する言葉です。主に、化学肥料や農薬を使用しない野菜や添加物を入れていないものを指します。生産方法にこだわったり、エコロジーを意識するということでもあります。

人間は、植物や微生物がいなければ生きていけません。そのためには、植物や微生物の生存する環境を考える必要があります。それが化学農薬・化成肥料・環境ホルモン・遺伝子組み換え技術を避けることに繋がっています。

ボタニカルなものたちを集めてみました

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

ボタニカルもオーガニックも植物が関連している製品だということが共通しています。ボタニカル製品は植物由来です。オーガニック製品は有機栽培の植物由来です。これが2つの違いです。

ここからは、ボタニカルについて理解を深めるために「ボタニカルライフ」「ボタニカルシャンプー」「ボタニカルファッション」「ボタニカルインテリア」「ボタニカルフード」についてご紹介していきます。

ボタニカルライフ

ボタニカルライフとは、ライフスタイル用語の一つです。緑のある生活・植物を取り入れた生活を意味する言葉です。これらを使ったインテリアを表す言葉として使われるようになりました。

例えば、癒やされたいときに植物の力を取り入れることでリラックスできるといわれています。具体的には、観葉植物を部屋やベランダに置くなどの方法があります。

ボタニカルシャンプー

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

ボタニカルシャンプーとは、主な成分が植物由来成分の低刺激シャンプーです。髪や頭皮に優しいと人気で、美容成分を含んだものやノンシリコン・アミノ酸系などさまざまなものがあります。

ボタニカルシャンプーはノンシリコン処方のものが多いため、きしみや毛先のパサつきが気になる傾向がありますが、天然系オイルが配合されているものを選ぶことできしみやパサつきが緩和されるといわれています。

ボタニカルファッション

ボタニカルファッションとは、植物をモチーフにしたデザインです。主にボタニカル柄と呼ばれるプリントを使ったファッションのことです。

具体的には、植物の草花・木・葉・茎・実などをモチーフにしています。落ち着いた柄や色使いのものが多いので大人っぽい印象を与えることができます。品のあるコーディネートにおすすめの柄です。

ボタニカルインテリア

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

ボタニカルインテリアとは、植物をモチーフにした小物を取り入れたインテリアです。植物の緑色が与える色彩効果には、安心感を与えてくれるというメリットがあります。

昔から人気なのは、部屋に大きな観葉植物を置いてみたり窓辺に小さな植物を置くことです。近頃は、部屋の印象を変えるために壁紙などをボタニカル柄にして、部屋の雰囲気を変えることが人気です。

ボタニカルフード

ボタニカルフードとは、植物の力を取り入れることができる栄養価の高いものを表しています。植物の力を取り入れることで活力を得ることができるといわれています。

例えば「赤ビーツ」は高い抗酸化作用があります。肝機能強化にも効果的といわれています。同じく「アサイー」も抗酸化成分を含んだアマゾン原産のボタニカルフードです。また「キヌア」は完全な栄養バランスを均一に含んでいるといわれています。

ナチュラル志向のあなたにおすすめのサロン検索

ナチュラル志向のあなたにおすすめのサロン検索・予約ができるのは「ホットペッパービューティー」です。ホットペッパービューティーは、国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロン検索・予約サイトです。

「ボタニカル」「オーガビック」などのワードで検索をかければ、あなたにぴったりのサロンが見つかることでしょう。サロン検索にお悩みの方は、ぜひ検索してみてください。

実践ボタニカル!人気の観葉植物5選

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

ここからはボタニカルを語る上でかかせない観葉植物を5つご紹介していきます。「ポトス」
「パキラ」「オリーブ」「サンスベリア」「ガジュマル」です。聞いたことがある植物もあるのではないでしょうか。

観葉植物とは葉の美しい色や形などを見て楽しむための栽培植物です。おしゃれでリラックス効果もあるので、屋外・屋内問わずお部屋作りにもおすすめです。

1:ポトス

ポトスとは、サトイモ科エピプレムヌム属の植物の一種です。空気をきれいにしてくれる効果の高い植物ということで人気のある植物です。ポトスは乾燥にも強く、生命力も高いので植物の栽培が苦手な方にも人気です。

日光を好みますが直射日光に弱く耐陰性があるため、半日陰で管理することをおすすめします。春~秋は土の表面が乾いたら水やりをします。冬は土の表面が乾燥してから数日経ってから水やりをします。

2:パキラ

パキラとは、アオイ科に属する植物です。丈夫でても生命力があるという特徴があります。大きさもさまざまなものがあり、小さいものは手のひらサイズから大きいものは人間の身長程のサイズのものまであります。

どんな場所でも気軽に育てられるのも魅力ですが、基本的には日当たりのいい部屋がいいといわれています。水やりは、土の表面全体が乾いていたら水を与える程度です。冬場の水の与えすぎには注意してください。

3:オリーブ

オリーブとは、モクセイ科の常緑高木です。オリーブの木は鋭い葉や青くみずみずしい葉の色に特徴があります。非常に成長が早く、防虫効果もあるといわれています。

基本的に風通しの良い戸外で育てることをおすすめします。冬は霜があたらないよに注意が必要です。水やりのポイントとしては、土の表面が乾いたら鉢底から水が出るぐらいまでお水をあげるようにしましょう。

4:サンスベリア

サンスベリアとは、スズラン亜科チトセラン属の多年草です。サンスベリアは最も空気を浄化する能力の高い観葉植物といわれています。室内の日当たりのいい場所に置くことをおすすめします。

サンスベリアは乾燥に強いといわれています。5月〜9月頃はしっかり水やりをして、10月頃から水やりを減らし、11月〜2月頃までは水やりをしなくて大丈夫です。もしエアコンの風で乾燥している場合は霧水を与えましょう。

5:ガジュマル

ガジュマルとは、クワ科イチジク属の常緑高木です。日本では沖縄に多いといわれています。葉が独特な形をしているので人気があります。また、ガジュマルの木の根は生命力がとても強いのが特徴です。

日当たりのいい場所に置くといいですが、夏場の直射日光には注意が必要です。春~秋は土の表面が乾燥したら水をやります。冬は土の表面が乾燥してから数日経ってから水をやります。

やっぱりナチュラルが一番

ボタニカルってよく聞くけど本来の意味は?オーガニックとの違い

いかがでしたか。ボタニカルは、知れば知るほど魅力を感じるものだといわれています。長く使い続けるものは、ナチュラルな方が安心感があるでしょう。皆さんも、生活にボタニカルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

ボタニカルに関連する記事もチェックしてみましょう。下記の記事では「ナチュラルファッションコーデ10選」や「ナチュラルモダンスタイルのインテリア3選 」についてご紹介しています。こちらの記事もあわせて、ぜひご覧ください。

Related